返答 類語。 クーデターの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

「返答」をメールで使うには?敬語の使い方や返事の書き方も解説

返答 類語

『』() 夜、のにすわるに、が「お前はだ。 をせよ」と迫る。 しかしは、・冠子(し)の言いつけを、も口を。 は殺されて、に落。 に脅されても、鬼たちにされても、彼はを守る。 『』(『』) が、のからを守るため、のにをつけて、「もをするな」とる。 夜、のがに来るが、はを守る。 『とり付く』() 爺がを切りに行くと、「とーり付こうか、ひっ付こうか」とする。 爺はわからぬままに、「とーり」とをする。 がて、くっつく(*隣りの爺がをすると糞がつく。 『か人か』() 夜、でするの肝を試そうと、主がに立つ。 はおびえ、「人か。 そこなは人かか」と問う。 主が「じゃ」とると、は「なら物を言わぬはずじゃが」と首を(「で」と安、というもある)。 『() 』() がに、「ニャオ」「」と、やのをしてごまか。 しかしまれて、は庭の池に、頭だけを出す。 が「池にあるのはかか」と問うと、は「」とる。 『湊(みなと) の』() がに、舟を持って行くをする。 をうとが舟に、「どこにもがないなあ」とで言って、のたに気づかぬと、が「くいっ」。 は「ああ、ここにがあった」とを、棒で打つ()。 『』「をたい男の喩」 男がウトパラの(優鉢羅)を盗んで、をしつつ王のの池に。 が「」と問うので、男はうっかり「私はだ」とをしてしまう。 捕らえられてから、男はてをするが、もう遅かった。 『』「眼を覚ましたの」版第~夜 アブール・ハサンと妻がをして、アル・ラシードと妃からなを。 と妃がのを、「どちらが、どちらがあとを追ったのか、くれた者にをる」とに言う。 すると死んだはずのが、「まず妻が、私がの死んだのです」とる。 『』巻11-592「米」 がをている、がする。 はをに入れ、「米だ」ごまかそうとる。 しかしから「その袋は」とと、はしてが。 すると袋の中のが「米です」とる。 『』()巻3 はだったため、()によって、舌のをされた。 はからをことができなくなり、が発したののを、てことだけが許された。 『』(『』) の内に置かれたは、名前とを聞かれた時だけは、ちゃんとた。 「名前は」「」「としは」「まだ若いのよ」。 しかしは、客のをことしかできなかった。 「服だね」「服でしょ」「なにが好き」「なにが好きかしら」。 『』第 はになり、後にされてしたが、のようにのへことは、できなくなった。 のが「はありし昔にかはらねど見しうちやき」と歌を書いてた時、成範は「や」を、に「ぞ」と書いてた。 ただ1でをしたのは見事なことであった。 『』巻 の・威子が帝の后になった日。 では、「の歌をので、必ずい」と実資に、「をば世とぞかけたると思へば」と詠じた。 実資は「い歌で、とてもなどできません。 この歌をすべきです」、は「をば・・・・」の歌を詠じた。 は満て、のをしなかった。 『』「」 直助は「」とし、へ出されても、「直助など知らぬ。 はだ」とする。 やがてされてを出る直助のに、が「直助」と。 直助は思わず「へい」と、てしまう。 『』「」第4 ・がの名前を、の『伝』を聴いていた。 は「は、?」と、朝、まだに、「子慎(=のあざな)」とた。 は驚いて、思わずをしてしまった。 こうしてはになった。

次の

返答(へんとう)の類語・言い換え

返答 類語

スポンサーリンク 「ご猶予」の意味は? まず、最初に 「ご猶予」の詳しい意味について見ていきましょう。 読み方については大丈夫だと思いますが念のために 「ご猶予」と書いて 【ごゆうよ】と読みます。 「ご猶予」は「猶予」に接頭辞「ご」を付けた丁寧な言い方ですね。 「猶予」は「猶」と「予」という二つの漢字から成り立っています。 「猶」はもともとは猿の一種で、疑い深い動物だったともいわれてますが、それが転じて 「ためらう、ぐずぐずする」といった意味になりました。 「予」は「豫」という字の略字体です。 「豫」とはもともとは大きな象のことを指したそうです。 他の生き物に危害を加えない、のんびりした動物ということから 「のびのびした、ゆっくりした」といった意味を示しますね。 このように「猶」も「予」も 「疑い深い、鈍重な動物のこと」とする説もあります。 半面これを否定する学説もあり、熟語としての語源ははっきりとしません。 一方日本語には、上代から「いさよう」、また平安時代以降は「いざよう」という言葉があります。 「前に進もうとするが、なかなか進めない」、「進むことを躊躇する、ためらう」、「進まずに停滞する」といった意味合いを持つ語です。 芥川龍之介の小説に 「傾きかかった月の光が、いざよいながら残っている」という一節があります。 情景が目に浮かぶ、趣のある表現です。 この古い言葉が「猶予」と意味合いが近いことから、「いざよう」を「猶予う」と表記することもありますが、本来はこれは当て字だと考えられます。 いずれにせよ、 「猶予」は、現代では 「どうしたらいいか、迷ってためらうこと」、「ぐずぐずして、なかなかものごとを決めないこと」という意味を持つ語です。 あるいは 「実施の期日を延ばすこと。 延期を認めること」という意味合いもあります。 ビジネスシーンなどでは、相手に丁寧に延長をお願いする際の言葉として、こちらの用法の方が多くみられるといえるでしょう。 「ご猶予」の正しい使い方は? 次に 「ご猶予」の正しい使い方について見ていきましょう。 スポンサーリンク 主にビジネスシーンで「ご猶予」を使う具体的なケースとしては、取引先などから要望や依頼を受けた際に、返答に当たって、まず自社内で調整や相談をしたり事前調査が必要なため、「すこしお時間をいただきたい」と申し出る場面などが挙げられます。 もちろん、相手が昵懇の間柄であれば 「ちょっと時間をくれる?」、「少し待ってほしいんだが」などと、くだけて直接的に言うこともできます。 しかし、大切な顧客などの要請に対して、会社を代表して正式な回答を準備する場合では、やはり「しばらくご猶予いただけますでしょうか」と、丁寧にお願いする必要があるでしょう。 ビジネス文書でも、納期の延長や作業の遅れなどをおわびする際には、 「心ならずもご猶予をいただく形となり、まことに申し訳ございません」と丁重に表記するのがマナーだといえます。 ただし「ご猶予」は、何度も使ってよい言葉とはいえません。 前段で述べたとおり、この語は元来「ぐずぐずと決められない」という意味を持ちます。 相手との信頼関係を保つためにも、返答待ちや繰り延べをお願いする際はできれば一度だけの使用とし、そのときにも併せて、返答期日や延期の日数を可能な限り明示すべきなのは言うまでもありません。 「ご猶予」の類語や例文は? 最後に 「ご猶予」の類語や例文を見ていきましょう。 「ご猶予」の類語としては次のようなものが挙げられます。 お繰り延べ• 見合わせる• お時間を頂戴する• 日延べさせて(いただく=以下同)• 保留にさせて~• 持ち越させて~• 持ち帰らせて~• 先送りにさせて~ 「ご猶予」や「猶予」の例文には次のようなものがあります。 一度持ち帰って検討させていただきますので、ご返事までには少しご猶予をいただけますと幸いです。 資金の用立てに時間がかかっております。 恐縮ですがお支払いは、あと数日ご猶予いただけないでしょうか。 被告に執行猶予が言い渡された。 一刻の猶予も許されない状況だ。 「ご猶予」の類語と例文をまとめてご紹介しました。 類語や例文を知ることでより一層、その言葉の理解が深まると思うので是非、参考にしてみてください。 まとめ いかがでしたでしょうか? 「ご猶予」の 詳しい意味や正しい使い方、そして類語や例文について詳しくご紹介しました。 主にビジネスシーンで活用する場合が多いので、仕事で使う場合は是非、参考にしてみてくださいね。

次の

「ご返答」の使い方を総まとめ|シチュエーション別の例文・類語との使い分けも解説

返答 類語

「返答」の意味と敬語としての使い方 「返答」の意味 「返答(へんとう)」は「相手からの質問・依頼・要求などに対して、こちらからその答えを相手に伝えること」という意味です。 「返答に窮する」「メールで返答する」などと用います。 また、「返答」は「主に口頭で伝えること」と辞書に記載されていることが多いのですが、「返事」が「口頭または文書での回答」を意味することに対比しての説明の意味合いが大きいと思われるため、メールや書面など口頭でない場合でも「返答」を用いるのに問題はありません。 「返事」との使い分けについては、後述します。 「相手に返答を求める場合」の使い方 ビジネスの取引先や目上の人に対してなんらかの答えを求めたい場合は敬語表現を用います。 「ご返答をお願いいたします」とお願い表現にすることが一般的です。 あるいは、「待つ」の謙譲語「お待ちする」を添えて「ご返答をお待ちしております」もよく使われます。 いずれも「返答」には必ず「ご」をつけて丁寧語にします。 さらに「ご返答お願いいたします」ではなく、「ご返答を」というように間に「を」を入れると丁寧な印象になります。 また、相手からの返答をもらいたいのだが、こちらが何らかの状況により弱い立場にあるなど、より丁寧な表現が必要な場合もあるでしょう。 そのような時は次のような表現例があります。 「恐れ入りますがご返答をいただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」 構造を細かく説明すると次のようになります。 「恐れ入りますが」「何卒よろしく」とクッション言葉をプラス• (「もらう」の謙譲語「いただく」)+(丁寧語「ますように」)で「いただきますよう」とし、謙譲の気持ちを表現• 「言う」の謙譲語「申し上げる」を使うことで、お願い表現に謙譲の気持ちを表現 さらに状況的に相手に返答を求めるのが厳しいようなシチュエーションの時は 「お忙しいところ誠に恐縮ではございますが、ご返答をいただければ幸いでございます」 などとクッション言葉を重ねて用いてから、返答いただければ嬉しい、という婉曲表現にすることで命令口調を回避することができます。 この場合、文章としては相手に返答するかどうかの判断をゆだねているかのようですが、実際は返答をしてもらう必要があるので、「〇月〇日までに」という期限をさりげなく入れるなど、状況に応じて工夫が必要です。 「相手の返答に返信する場合」の使い方 「返答」をお願いしてその返信をいただいたら、そのリアクションに対してお礼の文章を返信することになります。 その場合は「ご返答ありがとうございます」「ご返答をいただきありがとうございます」「ご返答をいただきまして誠にありがとうございます」などと、相手との関係性や状況に応じて適当な表現を用います。 「相手の求めに対して自分が返答する場合」の使い方 取引先や上司から返答の依頼があり、自分が返答する場合に「ご返答」と自分の動作に「ご」をつけていいのか、迷う人が多いようです。 結論として返信メールや文書、口頭で「ご返答いたします」と表現して間違いはありません。 「返答」となる元の言葉に「ご…いたします」という謙譲語の基本形を使用しているからです。 「ご説明いたします」「ご案内いたします」「ご遠慮いたします」などと同様の表現形です。 「ご返答いたします」が正しいのかどうか迷ってしまう原因としては、「ご返答」の「ご」が相手に対して用いる場合は「尊敬語」であるため、自分の行為に尊敬語を用いるのはおかしい、と感じる人がいることが考えられます。 しかし自分の行為の「返答」につく「ご」は上述したように「謙譲語」となるため、間違いではありません。 ビジネスメールでの使用例 最近は直接会って対話したり電話で会話したりするよりメールのやりとりで仕事を進めていくことが多くなっています。 様々なシチュエーションで「返答」を使いこなせるよう、ビジネスメールでの使用例を紹介します。 「返答」を求める場合• ご返答のほど、よろしくお願い申し上げます。 お忙しいところお手数ですが、ご返答をいただきますようお願いいたします。 ご返答をいただければ幸いです。 誠に恐縮でございますが、〇月〇日までにご返答をいただければ大変助かります。 ご返答をお待ちしております。 自分が「返答」する場合• 添付資料のとおり、ご返答いたします。 次のとおり、ご返答させていただきます。 〇〇の件につきまして、ご返答申し上げます。 「返答」の類語 「返答」の類語には「回答」「返事」があります。 どちらも同じような意味ですが、使い方に違いがあります。 「返答」と「回答」の違い 「回答」は「文書による正式な返事」の意味合いがあります。 「回答を求める」「回答を迫る」などと用い、「返答」と文書で書くよりも形式にのっとった返事を強く要求する意味が強くなります。 「返答」と「返事」の違い 「返事」は「呼びかけに対して答えること、またその言葉」という意味合いがあります。 質問に対して「返答」する場合と同じように「返事」も用いられますが、名前を呼ばれて返事をする、というように動作に用いられることがあります。 また狭義では「答えの手紙を出す」という意味があり、「すぐに返事を出す」などと用います。 まとめ 「ご返答をお願いいたします」と取引先に依頼したいことがある時の敬語表現には、工夫が必要な場合があります。 特にメールの文面は事務的で冷たい印象になりがちなため、丁寧語や謙譲語をうまく使いこなせるようにしておきましょう。 また、自分の動作に「ご」をつける「ご~いたします」という謙譲表現がさっと出てくるよう、普段から意識して周囲の会話を聞き、フレーズとして覚えておくのも一案です。

次の