アメリカ 感染 者 推移。 新型コロナウイルス グラフで見る世界各国の感染者数 (1月19日~6月12日)

知っていた?米国(アメリカ)では、インフルエンザの年間死者数が多い事実!

アメリカ 感染 者 推移

感染者数 死亡者数 米国 2,074,082 115,402 (うちニューヨーク州) (382,630) (24,527) ブラジル 850,514 42,720 ロシア 519,458 6,819 インド 308,993 8,884 英国 294,375 41,662 スペイン 243,605 27,136 イタリア 236,651 34,301 ペルー 220,749 6,308 ドイツ 187,267 8,793 イラン 184,955 8,730 トルコ 176,677 4,792 チリ 167,355 3,101 フランス 156,813 29,398 メキシコ 142,690 16,872 パキスタン 132,405 2,551 サウジアラビア 123,308 932 カナダ 98,410 8,107 中国 83,132 4,634 日本 17,429 925 韓国 12,085 277 厚生労働省の公表資料から感染者数の多い国をピックアップしている。 WHOや各国の公表値とは異なる場合がある。 米国の内数であるニューヨーク州のみ同州のウェブサイトの公表数値 日本の感染者数及び新型コロナウイルス感染症に関わる政治・社会の動きは 米国の感染者が200万人を突破(6月11日) 米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、日本時間11日昼、米国の感染者数が200万人を突破した。 感染死者数は11万3000人。 インドも感染者急増(6月8日) 厚生労働省の6月8日時点のとりまとめで、インドの感染者数が24万6000人となった。 4月に感染爆発が起こったスペインやイタリアの感染者数を上回り、世界で5番目の感染国となっている。 世界全体の感染者が700万人突破(6月8日) 米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、日本時間8日午後、世界全体の感染者が700万人を突破した。 感染死者は40万人超。 3月後半から4月にかけて感染拡大の中心となった欧州では新規感染者は減少傾向にある。 一方、5月に入って感染爆発が起こったのはブラジルで、既に感染者は60万人を突破。 ペルー、チリでも感染が拡大しており、冬に向かう南米全体が急増地帯となっている。 ブラジルの感染者数が58万人超に(6月4日) ブラジルの感染拡大の勢いが止まらない。 厚生労働省の6月4日時点でのまとめでは、58万4000人で、2日連続して約2万9000人増となった。 ブラジルの感染者、1カ月で6倍増(6月1日) 5月1日時点では8万5000人だったブラジルの感染者数が6月1日に51万5000人に達した。 1カ月で6倍以上に増えたことになる。 ペルー、チリでも感染者が急増しており、冬を控えた南米全域での感染拡大が懸念されている。 また、ロシアの感染者数が40万人超となった。 世界の感染者が600万人突破、10日で100万人増加(5月31日) 米ジョンズ・ホプキンス大学の集計で日本時間31日朝、世界の感染者が累計600万人を突破した。 500万人を超えたのは5月21日で、10日で100万人増えた。 最大の感染国は米国で176万人と、全体の約3割を占める。 3~4月にかけて感染爆発が起こった欧州は感染拡大のペースが緩んでいる一方で、5月1日時点では8万5000人だったブラジルの感染者が5倍以上の約46. 5万人まで増加。 ペルー、チリ、メキシコなど中南米各国での感染拡大が顕著となっている。 ブラジルの感染者43万人を突破、1カ月で5倍以上に(5月29日) 5月1日時点では8万5000人だったブラジルの感染者は、日本時間29日朝の時点で43万8000人となり、1カ月で5倍以上に。 ペルー、チリ、メキシコなど他の中南米諸国も感染拡大が顕著となっている。 米国の感染死者10万人を突破(5月28日) 米ジョンズ・ホプキンス大学の集計で日本時間28日朝、米国の感染死者が10万人を超えた。 感染者は170万人。 米国ではこのところ感染拡大のペースがやや落ち着いてきているが、経済・社会活動の再開によって再び感染が拡大している地域もあり、ウイルスとの闘いの終わりが見えない状態だ。 世界全体の感染者は569万人、死者は35万人を超えた。 ブラジル、ロシアの感染者急増続く(5月26日) 米ジョンズ・ホプキンス大学の集計で日本時間26日朝、世界の感染者数は547万人、感染死者は34万人を超えた。 欧州や米国の増加ペースがやや緩んだ一方で、新たなけん引役となっているのはブラジルとロシアで、いずれも35万人超。 ペルー、チリ、エクアドルでも感染者はハイペースで増加しており、冬を前にした南米全体でウイルスが猛威を振るっている。 ブラジル感染者数が33万人で世界2位に(5月23日) 米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター CSSE の集計で、日本時間23日、ブラジルの感染者数が33万人となり、世界第2位の感染国となった。 ブラジルでは4月に入って感染の拡大が始まり、5月以降、ペースが上がっている。 死亡者も2万人を超えた。 ボルソナロ大統領は、新型コロナ感染症を「ただの風邪」として早期の経済再開を求めており、感染拡大が続きそうだ。 ペルー、チリ、エクアドルでも感染者はハイペースで増加しており、冬を前にした南米が新たな震源地となっている。 米国の感染者数は160万人を突破した。 世界の感染者500万人を突破(5月21日) 日本時間21日、 米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター CSSE の集計で、世界の総感染者数が500万人を突破した。 3~4月にかけて感染者が急増したスペイン、イタリア、ドイツで増加ペースがやや緩む一方で、4月中旬以降、ロシアとブラジルで感染爆発が発生し、それぞれ感染者数が30万人まで膨らんだ。 ペルーやメキシコでも感染者が急増しており、中南米が新たな震源地となっている。 米国の感染者150万を突破、死亡者9万人超に(5月19日) 米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の集計で、日本時間19日朝、米国の感染者数が150万人、死亡者数が9万人を超えた。 世界の総感染者数478万人の約3分の1を占め、NY州の感染者数だけで35万人に上る。 南米、中東で感染者数急増(5月17日) 欧州では感染者拡大ペースがやや緩み、ドイツのサッカー・ブンデスリーガの再開など、社会・経済活動再開の動きが出始めている。 その一方で、ロシアやブラジルは急増が続いている。 ペルーとインドが中国を抜き、サウジアラビアも5万人超となった。 南米、南アジア、中東の感染拡大が懸念される。 世界の感染死者数が30万人を突破(5月15日) 米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の集計で、日本時間15日朝、世界の死者数が30万人を超えた。 国別では米国の8万5000人が最多で、英国(3万4000人)、イタリア(3万1000人)と続く。 感染者数は442万に達し、米国が141万人と全体の3分の1を占める。 足もとでは欧米の感染者増下ペースはやや緩みつつある一方で、南米や南アジアでの感染拡大が顕著となっている。 ロシアが世界2位の感染者数に(5月13日) 米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の集計で日本時間13日朝、ロシアの感染者数が23万人を突破して米国に次ぐ世界第2位のコロナ大国となった。 ロシアでは4月初旬までは感染者数が低く抑えられていたが、中旬以降に急激な増加に転じていた。 一方、ロシアの感染死者数は2000人強で、同じく20万人を突破したスペイン、英国、イタリアと比べて桁が1つ少ない水準。 米国の感染死者数が8万人を突破(5月12日) 米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の集計で日本時間12日朝、米国の感染死者数が8万人を突破した。 感染者数は134万人超で、いずれも世界全体の3割程度を占める。 CSSE集計では、ロシアの感染者数は22万人に達し、欧州で最も感染が拡大しているスペイン、英国の感染者数に肉薄している。 英国が外出規制など段階的に緩和(5月10日) ジョンソン英首相は、3月から実施しているロックダウン(都市封鎖)を段階的に緩和する方針を表明した。 当面は、1日1回に限定していた一般市民の運動のための外出の回数制限を撤廃するほか、在宅勤務が困難な製造業や建設業などの業務再開を奨励。 6月には小売業などの再開も認めるという。 英国の感染者数は20万人を超え、国別の感染死者数は米国に次いで2番目に多い3万1500人。 米国の感染者数130万人を突破(5月10日) 日本時間10日夜、 米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の集計で米国の感染者数が130万人を突破した。 米国は世界感染者404万人の約3分の1を占め、突出している。 ロシアの急増も止まらず21万人に迫り、ブラジルやインドでも感染拡大の勢いを増している。 一方、患者数増加がほぼ止まったことで制限緩和に踏み切った中国、韓国では新たなクラスターが発生し、緩和のタイミングを模索する日本に教訓を与えた。 世界感染者400万人を突破(5月10日) 米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の集計で、日本時間10日朝、世界の感染者数が400万人を突破、死者数は27万8000人となった。 4月28日の300万人突破から12日で100万人増加した。 イタリア、スペインなど先行して感染爆発が起こった国での増加ペースがやや緩んだ一方で、ロシアや、ブラジル、ペルーなどの南米諸国の急伸が顕著となっている。 米国の失業率、戦後最悪の14. 非農業部門の就業者数は2050万人減少で、1939年の集計開始以来、最大の落ち込み。 世界の感染者数380万人超—ロシア、ブラジルで1日1万人以上の急増(5月8日) 米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の集計で、日本時間8日夕、世界の感染者数は386万を超えた。 死亡者数は27万人に迫る。 国別の感染者数は、米国が125万人で突出。 欧州では3月に爆発的に感染者が増えたスペイン、イタリア、ドイツなどの増加ペースがやや緩んだ一方で、ここにきて英国がイタリア、スペインに迫る勢いだ。 5月に入って急伸するロシアは世界5位となり、現在ブラジルとともに1日1万人ペースで感染者が増えている。 国別の感染死者数、英国がイタリアを超える(5月6日) イタリア、ドイツ、フランスの感染者増加ペースがやや緩む一方で、英国では急増が続く。 死者数では英国がイタリアを抜いて、米国に次ぐ世界2位となった。 ロシアでは感染者数が3日連続で1万人以上増加して15万人を超えた。 南米では11万人超のブラジルに続いて、ペルーが5万人に到達している。 米の感染死者数が7万人を突破(5月6日) 米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の集計で、日本時間6日朝、新型コロナウイルスによる米国の死亡者数が7万人を突破した。 世界全体の死亡者数の27. また、感染者数は120万人超となり、世界全体の32. 米国の各州では経済再開を模索する動きが出始めているが、コロナウイルスは依然として世界一の大国を苦しめ続けている。 世界の感染死者数が25万人に(5月5日) 米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター CSSE の集計で、日本時間5日、世界の死者数が25万人を超えた。 4月3日時点の5万人から約1カ月で5倍増した。 世界の感染者数350万人超—ロシア急増で世界6位、ブラジル10万人突破(5月4日) 日本時間4日未明、米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の集計で、新型コロナウイルスの感染者数が世界全体で350万人を突破した。 イタリアやスペイン、フランスなどでは感染拡大ペースが鈍化する一方、ロシアでは集計開始から初の1日1万人超の増加となった。 ブラジルが10万人に到達し、ペルーが4万5000人を超えるなど、南米でのまん延も懸念される。 1月30日に宣言を出してから2カ月以上が経過し、 欧米での流行はピークを越えたという見方も強まっているが、医療体制の脆弱な地域での感染拡大はまだまだ懸念される。 ロシアの感染者数が10万突破、ミシュスチン首相陽性に(5月1日) 3月末からロックダウン(都市封鎖)措置を開始したロシアだが、感染拡大は止まらず、感染者数は10万6331人となった。 4月30日には、ミハイル・ミシュスチン首相が陽性となり、自主隔離を表明した。 NY州の感染者が30万人を突破(4月30日) 米NY州の感染者数が30万人を突破した。 世界の感染者約310万人の3分の1に相当する100万人が米国、その約3割がNY州の感染者ということになる。 米国では多くの州で経済活動の再開を模索する動きが出ているが、NY州のクオモ知事は依然、慎重な姿勢だ。 米GDP4. 4%減)以来約11年ぶりの大幅な落ち込み。 米国は世界全体の感染者の3分の1、感染死者数の4分の1を占めていずれも最多。 米国にスペイン、イタリア、フランス、ドイツ、英国を加えた6カ国の感染者は192万人に達し、世界の中でも欧米主要国がウイルス拡大の中心となっている。 世界の感染者数300万人を突破(4月28日) 米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の集計で、日本時間28日未明、新型コロナウイルスの感染者数が世界全体で300万人を突破した。 国別では、米国が全体の3分の1に相当する97万3000人で、スペイン29万9000人、イタリア19万9000人が続く。 これにドイツ、フランス、英国を加えた6カ国で感染者数は世界全体6割強を占める。 中国の武漢から流行が始まったウイルスはほんの数カ月で世界を席巻し、欧米諸国を混乱に陥れている。 世界感染死者数が20万人超に(4月26日) 米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の集計で、日本時間26日早朝、新型コロナウイルスによる世界の死者が20万人を突破した。 国別の死者数は米国が約5万3000人で最も多く、イタリアは2万6000人、スペイン、フランスが各2万2000人、英国が2万人超。 欧米5カ国だけで死亡者は14万人以上に達し、世界全体の7割を占める。 世界の感染者数は288万人で、米国が約92万6000人で最多。 ブラジルが5万人超えなど、南米の感染拡大が深刻化(4月25日) ブラジルの感染者数が5万人を突破して5万2995人となった。 感染が拡大しているエクアドルでは2万2719人に急増し、ペルーも2万人超。 南米では発生状況の把握が遅れていることもあり、さらに深刻な感染状況が予想される。 中国、韓国の新規の感染者が各6人まで減少(4月24日) 世界の感染者数が1日で8万人以上増えて266万人を超え、死者数も19万人に迫っている。 そうした中、早期に感染が拡大した中国と韓国は、共に新規の感染者が6人、死者数はゼロと封じ込めに成功している。 NY原油暴落、初のマイナス価格に(4月20日) ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、経済活動縮小による需要減への懸念から売り一色となり、史上初のマイナス価格となった。 WTI5月物の清算値は1バレル=マイナス37. 63ドルで、売り手がお金を払って原油を引き取ってもらう前代未聞の事態。 世界の感染者230万人超に : ジョンズ・ホプキンス大集計(4月19日) 米ジョンズ・ホプキンス大システム科学工学センター(CSSE)の集計で、世界の感染者数は日本時間19日夜の時点で234万人を突破、感染死者数は16万人を超えた。 国別で最多の米国の感染者数は約72万2761人で、世界全体の3割を占める。 最も深刻な事態に陥っているニューヨーク州の公表によると、同州の感染者は23万6732人、死亡者は1万2192人。 世界の死者15万人超に : ジョンズ・ホプキンス大集計(4月18日) 米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の集計で、日本時間の18日未明、世界の感染死者数が15万人を超えた。 最も多い米国は3万6700人で全体の4分の1近くを占め、イタリア2万2700人、スペイン1万9600人が続く。 世界の感染者数が200万人を突破(4月15日) 米ジョンズ・ホプキンス大システム科学工学センター(CSSE)の集計で、世界の感染者数は日本時間15日夜の時点で200万人を突破、感染死者数は13万人を超えた。 国別で最多の米国の感染者数は約64万人で、世界全体の3割を占める。 最も深刻な事態に陥っているニューヨーク州の公表によると、同州の感染者は21万3700人、死亡者は1万1000人を超えている。 米国の死者数が2万人を超え、国別で世界最多に(4月12日) 米ジョンズ・ホプキンス大システム科学工学センター(CSSE)の集計で、米国の感染者数は52万4903人、感染死者数は2万389人となった。 米国の死者数はイタリアの1万9468人を超えて世界最多となった。 ニューヨーク州の公表によると、同州の死者は8672人に上り、米国全体の4割に達する。 下のグラフ(厚労省発表データ)は、米国の感染者数が突出しているため、縦軸の上限を25万人として作成した。 イタリアの感染者数の増加がやや緩んだ一方で、スペインや英国の上昇ペースが上がっていることが見てとれる。 世界の死者10万人に(4月11日) 米ジョンズ・ホプキンス大システム科学工学センター(CSSE)の集計で、世界の感染死者数が10万人を突破した。 死者数はイタリア、米国、スペイン、フランス英国の上位5カ国だけで7万5324人に上り、世界全体の73%を占める。 英ジョンソン首相が入院(4月5日) 3月27日に陽性を公表、英ジョンソン首相が入院した。 自主隔離の上、テレビ会議などで指揮を執っていたが、高熱が続いたため入院となった。 米国の感染者数30万人を突破(4月5日) 米国で感染者数が30万人を突破した。 このうちNY州は3分の1超に相当する12万人。 世界全体の感染者数は117万人となったが、米国、スペイン、イタリアの3カ国でほぼ半数を占める。 米NY州の感染者が11万人を突破(4月4日) 米国で感染者の激増が続いており、世界全体の4分の1に相当する27万7000人の感染者を数える。 中でも深刻な事態に陥っているのはNY州で、イタリアやスペインに匹敵する11万3000人の感染が確認されている。 世界の感染者が100万人を突破(4月3日) 世界の感染者数が100万人を突破した。 死亡者も5万人超となり、新型コロナウイルスの猛威は衰える気配がない。 中でも、米国で爆発的に感染者が増加しており世界全体の4分の1近くに相当する24万人の感染者を数える。 欧州ではイタリアとスペインがそれぞれ感染者10万人、死亡者1万人を超えている。 各国政府は外出の禁止、経済活動の実質的な停止で感染の拡大に歯止めを掛けようとしているが、目に見える効果は出ていない。 米国の感染者数が20万人を突破(4月3日) 米国の感染者増が加速している。 前日より2万7000人増えて21万3372人とついに20万人を突破した。 最も深刻な事態に陥っているニューヨーク州の感染者数は8万3000人超と、当初の震源地だった中国1国分を上回る。 欧州では、スペインがイタリアに迫る勢いで急増している。 ウィンブルドン、戦争以外で初の中止を決定(4月1日) テニスの四大大会の中でも歴史と格式を誇る ウィンブルドン選手権(6月29日~7月12日開催予定)の中止が決まった。 戦争以外の理由で中止になるのは史上初で、1945年以来、75年ぶり。 各国の感染者数の推移(3月31日) 欧米諸国での感染拡大が続いている。 31日正午時点の厚生労働省のまとめでは、米国の感染者数が16万20人となった。 ニューヨーク州では全米の4割強に相当する6万6497人の感染が確認されている。 また、イタリアの感染者数が10万人を突破し、スペインやドイツでも急増が続いている。 各国の感染者数の推移(3月29日) 3月29日正午時点の厚生労働省のまとめでは米国の感染者数は12万2666人となった。 1週間前の22日には2万5494人だったが、わずか1週間でほぼ5倍増したことになる。 最も深刻な事態に陥っているニューヨーク州では5万2318人の感染が確認されている。 また、イタリアの感染死者が1万人を突破、スペインやドイツでも感染者の急増が続いている。 各国の感染者数の推移(3月27日) ジョンソン英首相が感染(3月27日) 英国のジョンソン首相がツイッターで陽性反応が出たことを明らかにした。 前日から発熱やせきなどの軽い症状が出ていたという。 米国の感染者数が世界最多に(3月26日) 米ジョンズ・ホプキンズ大学の集計によると、米国の感染者数は26日に8万3507人となり、中国(8万1782人)やイタリア(8万589人)を抜いて国別で世界最多となった。 ニューヨーク州は3万7258人と突出しており、米全体の4割以上を占め、病床や人工呼吸器など医療資源の不足が深刻になっている。 各国の感染者数の推移 英チャールズ皇太子が感染(3月25日) 英王室チャールズ皇太子の感染が確認された。 症状は軽く、自主隔離しているという。 中国を除く各国の感染者数の推移(厚労省公表日ベース) 米国で感染者3万人突破(3月23日) 米国の感染者数の増加に拍車が掛かっている。 前日から一気に7000人以上増えて、3万2644人となった。 カリフォルニア州、イリノイ州、ニューヨーク州など主要州が相次いで外出規制などの措置を打ち出している。 イタリアの感染者6万人に迫る(3月22日) イタリア保健衛生省のまとめによると、22日時点で感染者は前日より5560人増えて5万9138人、死亡は651人増えて5476人となった。 コンテ首相は生活必需品以外の生産活動を停止すると発表、「第二次世界体制以降で最も困難な危機」として国民に協力を求めた。 イタリアの感染者5万人を突破(3月21日) イタリア保健衛生省のまとめによると、21日時点で感染者は前日より6557人増えて5万3578人、死亡は792人増えて5476人となった。 イタリアの感染死者4000人超に(3月20日) イタリアの感染死者は1日で600人以上増え、20日時点で4032人となった。 感染者も14%以上増えて4万7021人になった。 米NY州が全労働者出勤停止(3月20日) 米ニューヨーク州が、22日から州内の全事業者に対し、労働者の出勤を禁止し、在宅勤務にさせることを義務付けると発表。 食料品や医療機関など生活に不可欠なサービスは例外。 カリフォルニア州も、19日から住民に対して身の回りの買い物や通院などを除く外出禁止令を出している。 イタリアの感染死者3405人で、世界最多に(3月19日) イタリアの感染拡大の勢いが止まらず4万人を突破した。 保健衛生省によると、19日時点で感染死者が3405人となり、中国の死者数を超えて世界最多となった。 中国を除く各国の感染者数の推移(厚労省公表日ベース) ドイツが国境封鎖(3月15日) ドイツ政府は感染拡大を抑えるため、フランス、スイス、オーストリア、デンマーク、ルクセンブルクとの国境を封鎖。 物流、通勤、ドイツ人の帰国などを除き出入国を禁止した。 期限未定。 スペインで感染者急増、非常事態宣言(3月14~15日) 感染者が急増しているスペインでサンチェス首相が14日、非常事態を宣言。 生活必需品などの買い物を除く外出を制限した。 15日には首相の妻ベゴニャ・ゴメスさんの感染が判明。 男子ゴルフのマスターズ中止(3月13日) 米ジョージア州で4月9日開幕予定だった男子ゴルフのメジャー初戦、マスターズ・トーナメントの中止が決まった。 米大リーグが開幕延期とオープン戦の残り試合の中止などを決めたほか、欧州サッカー界ではイングランド、ドイツ、フランス、スペイン、イタリアの5大リーグが中断。 男子のテニスツアーが6週間の中断、女子テニスツアー2大会中止など、スポーツ界にもコロナウイルス感染拡大の影響が及んでいる。 コロナウイルス感染拡大の五輪への影響については トランプ米大統領が国家非常事態宣言(3月13日) トランプ米大統領は、新型コロナウイルスの感染拡大に対応するため国家非常事態を宣言。 最大500億ドル(約5兆4000億円)の連邦資金が活用可能となり、検査・治療態勢を強化する。 中国を除く各国の感染者数の推移(厚労省公表日ベース) 米国、英以外の欧州諸国からの入国禁止(3月11日) 11日のニューヨーク株式市場は新型コロナウイルスの世界的な感染拡大による先行き不透明感から売りが先行し、ダウ工業株30種平均は1464. 94ドルの急落だった。 トランプ米大統領は、英国を除く欧州諸国からの入国禁止などを盛り込んだ新型コロナウイルス対策を発表。 WHOがパンデミック表明(3月11日) 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が、「新型コロナウイルスはパンデミック」と表明。 1月末の「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」よりも踏み込んだ危機感を示すことで、世界各国に全力で感染拡大を抑制するよう求めた。 イタリアの感染者数が1万人を突破(3月11日) イタリアの感染者数が1万149人となった。 中国以外の国・地域で1万人を超えるのは初めて。 イタリアの感染者は3月7日時点の4636人から、4日で倍増以上の勢いで増えている。 中国を除く各国の感染者数の推移(厚労省公表日ベース) イタリアの感染者数が急増。 日本政府はイタリア北部のロンバルディア州など5州を入国拒否の対象に加える。 バナー写真 : 閑散とした関西国際空港の出発ロビー(3月9日、時事).

次の

アメリカの感染者数の中国・イタリア・日本が話題

アメリカ 感染 者 推移

アメリカインフルエンザ(2018-2019年シーズン) 死者:34,157人(61,099) 入院者:490,561人(808,129) 医療訪問:16,520,350人(20,731,323) Symptomatic Illness : 35,520,883人(44. 802. 感染者1000万人。。。 これも本当だったらヤバくないですか? 具体的なデータが見つからなかったので、もしもご存じの方がいたらぜひ、ひじパンダに教えて頂けると助かります。 アメリカインフルエンザと中国コロナウイルスどちらが怖い? ひじパンダのブログ読者の方は既にご存じかと思いますが、自分は現在、中国四川省成都という街に語学留学をしております。 周りから色々と説得されつつも、日本には一時帰国しませんでした。 先日、母親に「往復の飛行機代出すから一時帰国したら?」と心配されました。 両親や友人から心配されているのは理解しているしありがたいのですが、自分で判断して中国に残りたいと思いました。 頑固な息子で申し訳ない。 中国人の友人と一緒に中国でコロナウイルスと戦いたいと思ったので。 ひじパンダも含めてコビット19のせいで留学生活が狂ってしまった方も多いと思います。 コビット19が少しでも早く終息するよう、1人1人の努力が必要だと思います。 皆でこの大変な時期を乗り切ることが出来ればと考えています。 […].

次の

新型コロナ感染者・死者の「増加ペース」世界中で日本だけ落ちず

アメリカ 感染 者 推移

死者数 2020-01-21 1 n. 州ごとに統計時期・方法が異なるので、合計は単純の加算ではない。 患者は、近郊の在住の30代男性で、1月15日に武漢市からアメリカに戻り、その後にワシントン州内の医療機関を訪れたという。 1月24日、在住の60歳女性の感染が確認された。 患者は1月13日に武漢市からアメリカに戻ったという。 1月26日、在住の1人と在住の1人の感染が確認された。 同日、 ()は ()の職員および一部の在留アメリカ市民の撤収を発表した。 1月27日、の学生1人の感染が確認された。 1月30日、シカゴの女性感染者の夫の感染も確認された。 1月31日、武漢から戻ってきたカリフォルニア州在住の男性1人の感染が確認された。 2月1日、校の学生1人の感染が確認された。 2月2日、カリフォルニア州サンタクララ郡在住の女性1人と在住の夫婦2人の感染が新たに確認された。 2月5日、北京市への渡航歴がある在住の1人の感染が確認された。 2月10日、で隔離中の540人の帰国者のうち、1人の感染が確認された。 2月12日、同じ帰国者のうち、1人の感染が確認された。 2月13日、付近で1人の感染が確認された。 2月20日、カリフォルニア州北部ので1人の感染が確認された。 2月21日、ダイヤモンドプリンセス号からチャーター機で帰国した約300人のうち、18人の感染が確認された。 同日、カリフォルニア州で中国渡航歴のある1人の感染が確認された。 2月24日、新たにダイヤモンドプリンセス号から帰国した18人の感染が確認された。 2月25日、新たにダイヤモンドプリンセス号から帰国した4人の感染が確認された。 が、感染者がまだ1人も確認されていないにもかかわらず、の感染拡大に備えて「非常事態宣言」を発令。 教授のが「来年までに、世界の40〜70%の人々が、新型コロナウイルスに感染するだろう」と予想。 2月26日、ダイヤモンドプリンセス号から帰国した2人と、出国歴がないカルフォルニア州在住の女性1人の感染が確認された。 2月28日、ダイヤモンドプリンセス号から帰国した2人と、感染経路不明のカリフォルニア州サンタクララ郡在住の高齢女性の感染が確認された。 また、で在住のの小学校の職員1人、で出国歴のない高校生と韓国から帰国した50代女性の推定事案が出た。 2月29日、ワシントン州で70代女性と40代女性の感染が確認され、で前日に感染が確認された50代男性が死亡。 また、カリフォルニア州で接触者1人の感染が確認され、イリノイ州で在住の1人の推定事案が出た。 3月1日、ワシントン州でキング郡在住の60代男性2人、70代男性2人、80代、90代女性各1人 、スノホミッシュ郡在住の40代男性 、でから帰国した在住の30代女性医療スタッフ、カリフォルニア州での1人、ソラノ郡の1人、エジプトから帰国したサンタクララ郡の夫婦2人と女性1人、で2月中旬にイタリアに行った40代男性と少女の感染が確認された。 同日、ワシントン州キング郡で70代男性が死亡。 また、フロリダ州で在住の1人と在住の1人、オレゴン州でも1人の推定事案が出た。 3月2日、ダイヤモンドプリンセス号から帰国した1人、カリフォルニア州でサンタクララ郡の男性2人、接触者であるの1人、ワシントン州でキング郡在住の4人、スノホミッシュ郡在住の1人、でミラノ出張から帰国した在住の56歳男性とその15歳の息子の感染が確認された。 同日、ワシントン州の特別養護施設で4人(うち3人は同郡内在住、1人はスノホミッシュ郡在住)が死亡。 また、で在住の医療スタッフ1人、イリノイ州で感染者の配偶者であるクック郡在住の70代女性、オレゴン州での1人、で在住の20代女性、カリフォルニア州での1人、の1人の推定事案が出た。 3月3日、ワシントン州での従業員を含むキング郡の5人、スノホミッシュ郡の2人、ニューヨーク州で在住の50歳男性、でワシントン州を訪れたことのある在住の1人、で在住の20代男性、カリフォルニア州でサンタクララ郡の男性2人、イタリアから帰国した在住の1人、2月11日〜21日に発行きの社のクルーズ船「」に乗ったプレイサー郡の1人とソノマ郡の1人、の1人、の1人感染が確認された。 また、ワシントン州で死亡した3人(うち2人は2月26日にキング郡内で死亡)の感染も確認された。 同日、ニューハンプシャー州で接触者1人、フロリダ州でヒルズボロ郡在住の1人、カリフォルニア州での男女2人の推定事案が出た。 3月4日、ニューヨーク州でウェストチェスター郡在住の感染者の息子であるの男子学生ら家族3人、隣人1人、その知人の一家5人、カリフォルニア州でロサンゼルス郡在住の6人、サンタクララ郡在住の男性3人、ワシントン州での従業員1人を含むキング郡在住の10人、スノホミッシュ郡在住の3人の感染が確認された。 また、カリフォルニア州でクルーズ船乗客であったプレイサー郡在住の71歳男性、ワシントン州でキング郡在住の1人が死亡。 同日、テキサス州で在住の70代男性、で在住の30歳男性の推定事案が出た。 3月5日、ワシントン州でスノホミッシュ郡、キング郡、の31人、カリフォルニア州でサンタクララ郡の6人、ロサンゼルス郡の4人、サンフランシスコの90代男性と40代女性、テキサス州で旅行から帰国した在住の男女2人、でに滞在中の州外在住30代男性と在住の女性、でから帰国したの70代夫婦と50代女性ら4人、在住の1人、でボストンで開催されたの会議に参加した在住の44歳男性、アリゾナ州で20代の州外在住男性、イリノイ州でからに到着した20代男性、でワシントン州・テキサス州を訪れたことのある在住の50代男性と在住のグランドプリンセス号の元乗客の50代男性の感染が確認された。 同日、ワシントン州キング郡で1人が死亡。 また、フロリダ州で在住の高齢男性、マサチューセッツ州での60代女性、ニュージャージー州でバーゲン郡の30歳女性、テキサス州でエジプト旅行から帰国した男女2人の推定事案が出た。 3月6日、に乗船していた19人の乗員と2人の乗客 、で在住のグランドプリンセス号の元乗客 、グランドプリンセス号に乗った2人を含む在住の3人 、在住のグランドプリンセス号元乗客3人 、在住の1人を含むの4人 、在住の高齢女性 、で・ダグラス郡・・在住の6人 、で在住の2人、で在住の女性 、でニューヨーク州在住の医療スタッフの女性 、でを訪れていた在住の男性 、で在住の1人 、でイタリアから帰国した在住の男性 、でイタリアから帰国した在住の男性 、で在住の1人と在住の1人 、でニューヨーク州の感染者と接触した女性 、でグランドプリンセス号の元乗客である高校の助手 、マサチューセッツ州でバイオジェンの会議に参加していたと在住の5人 、ニューヨーク州で感染者の接触者11人、在住の8人、の在住の3人 、テキサス州でエジプト旅行から帰国した在住の1人と在住の2人 、ワシントン州での従業員2人、のの従業員1人、の職員1人を含む多数の感染が確認された。 同日、フロリダ州在住の1人と同州在住の1人、ワシントン州でキング郡在住の3人が死亡。 また、で在住の46歳女性 、でに乗ったことのある在住の高齢者 、でから帰国した在住の30代女性 、でヨーロッパから帰国した在住の女性と在住の高齢女性 、でグランドプリンセス号に乗船した1人 、ニュージャージー州で在住の60代男性とバーゲン郡在住の50代男性の推定事案が出た。 3月7日、でサンタクララ郡の8人 、医学部の1人 、・・在住のグランドプリンセス号元乗客3人 、在住の一家数人 、カンザス州で北東部地域から帰った在住の50代女性 、で海外旅行から帰国した駐在の員 、でのと人旅行者 の感染が確認された。 同日、ワシントン州での養護施設の1人が死亡。 また、カリフォルニア州での6人 、マサチューセッツ州で在住の60代男性など5人 、オレゴン州で・・ワシントン郡在住の4人 の推定事案が出た。 3月8日、カリフォルニア州でコントラコスタ郡の5人 、在住の50歳男性 、コネチカット州でカリフォルニア州から帰ってきた在住の40代1人 、ジョージア州で在住の1人、在住の2人とフルトン郡在住の1人 、で旅行歴のない在住の60代男性 、でボストンを訪れていた在住の男性との小学校の学生1人 、でへの旅行から帰国した3人 、ミネソタ州で在住の50代1人 、でイタリアからオヘア国際空港に到着した後、から列車でに帰った在住の20歳女子大生 、ニューヨーク州で16人 、ワシントン州でシアトルの介護施設の職員ら多数 の感染が確認された。 同日、ワシントン州で1人が死亡。 また、マサチューセッツ州でバイオジェン社の会議に参加していた・・在住の15人 、で在住の1人と在住の1人 、オレゴン州でワシントン郡の5人、の1人、の1人 、で在住の1人、バージニア州でのクルーズから帰国した在住の80歳男性 、ワシントン州での在住の60代1人 の推定事案が出た。 3月9日、カリフォルニア州で在住の小学生1人 、の5人 、コネチカット州での病院の60代女性スタッフ 、フロリダ州で在住の68歳女性、64歳女性、73歳男性、在住の67歳男性と64歳男性、在住の46歳男性、在住の68歳男性、在住の69歳女性、に滞在中の住民1人 、で在住の4人 、で在住の1人 、でエジプト旅行から帰国した在住の4人とカリフォルニア州を訪れていた在住の成人1人 、ケンタッキー州での1人との1人 、ノースカロライナ州でバイオジェン社の会議に参加した在住の5人 、ミズーリ州で最初の感染者の親族2人 、ニュージャージー州で5人 、ニューヨーク州で管理委員会のトップ、やのトップ、 、でエジプトから帰国した在住の50代2人とから帰った同郡在住の50代1人 、ユタ州で在住の高齢女性、ワシントン州でカークランドの介護施設関係者ら26人 、ワシントンD. で教会関係者1人を含む3人 の感染が確認された。 同日、カリフォルニア州で60歳女性 、ワシントン州で3人 が死亡。 また、で4人 、ルイジアナ州で都市圏在住の1人、で13人 、テキサス州でを訪れていた在住の3歳の子供を含む一家3人 、バージニア州で在住の60代男性、フェアファックス在住の感染者の配偶者、在住の1人 の推定事案が出た。 3月10日、選出の議員の助手1人 、カリフォルニア州で在住の感染者の配偶者 、サンフランシスコ在住の接触者1人 、在住のグランドプリンセス号の元乗客など 計24人 、フロリダ州でアラチュア郡在住の1人 、ジョージア州で5人 、ルイジアナ州でニューオーリンズ都市圏在住の2人 、マサチューセッツ州で在住の男性を含む50人 、で在住の女性と在住の男性 、ミネソタ州で在住の1人 、で在住の40代男性、在住の50代男性、在住の30代女性、在住の40代男性 、バージニア州で在住の夫婦と職員1人 、ワシントン州での女性1人、の1人やの1人ら105人 、での職員1人 の感染が確認された。 同日、カリフォルニア州での介護施設に入居していた90歳女性 、ニュージャージー州で在住の60代男性 、サウスダコタ州で在住の60代男性 、ワシントン州キング郡で2人 が死亡。 また、コロラド州で17人 、イリノイ州で8人 、ルイジアナ州でニューオーリンズ都市圏在住の3人 、オレゴンで在住の1人 、テキサス州での1人との1人 、バージニア州で在住の1人 の推定事案が出た。 3月11日、で感染者と同居している在住の2人 、ターミナルB駐在の職員3人 、在住の1人 、で在住の1人 、での2人と研究者1人 、ジョージア州で9人 、イリノイ州で6人 、インディアナ州で郡在住の男性や在住の1人ら5人 、ミシガン州で中部在住の中学生1人 、ミネソタ州で在住の50代1人と在住の30代1人 、でフロリダ州から帰った在住の1人 、ニューヨーク州でから帰国した在住の男性 、オハイオ州で在住の53歳男性 、で所属のである 、オレゴン州で・マリオン郡・・のそれぞれ1人 、で在住の若い女性 、バージニア州で在住の10代1人 、ワシントン州で在住の1人 の感染が確認された。 同日、カリフォルニア州でなどを旅行したフロリダ州在住の68歳女性 、ワシントン州でキング郡の5人 が死亡。 また、で在住の1人 、デラウェア州で在住の50代男性 、ルイジアナ州で13人 、でエジプトから帰国した60代夫婦とニューヨーク州から帰ってきた70代女性 、オレゴン州で在住の2人 、サウスダコタ州でミネハハ郡在住の40代と50代男性2人、在住の60代男性、で他州から帰った在住の1人 の推定事案が出た。 3月12日、カリフォルニア州でアラメダ郡在住の接触者4人 、在住の4人 、在住の消防士4人とその家族 、在住の2人 、ジョージア州での飲食施設職員1人 、イリノイ州でシカゴ在住の40代女性とその息子、在住の70代男性、クック郡在住の70代女性2人と50代男性、在住の60代男性 、インディアナ州で1人 、カンザス州でフロリダ州から帰ってきたジョンソン郡在住の男性3人 、で在住の50代男性 、メリーランド州で出国歴のない在住の男性ら数人 、マサチューセッツ州でバイオジェン社の会議に参加した人を中心とした数十人 、ミネソタ州で・・在住の4人 、ニューヨーク州で在住のの20代男子大学生、30代女性と在住のの職員1人 、オレゴン州でリン郡の看護施設の6人 、テキサス州で在住の5人、、、、、、在住の多数 、ワシントン州で在住の2人、在住の高齢者1人ら多数 の感染が確認された。 同日、ジョージア州の病院で67歳男性 、カンザス州での養護施設に入居していた70代男性 が死亡。 また、アーカンソー州でパインブラフの感染者と接触した4人を含む5人 、コロラド州での職員1人 、ミシガン州で10人 、テキサス州でハリス郡在住の40代男性、フロリダ州から帰ってきた在住の40代 、バージニア州で在住の2人 の推定事案が出た。 3月13日、での従業員や在住の1人を含む6人 、カリフォルニア州で在住の13人、サンノゼ国際空港の運輸保安庁職員1人、サンノゼ在住の消防士2人 、スタンフォード大学の学部生1人 、コロラド州でに滞在中の人客10人を含む約50人 、フロリダ州で訪問団とのに参加していたの など26人、でを訪れていた在住の50代女性 、で14人、カンザス州のでから帰国した在住の70代男性 、メリーランド州で在住の1人とプリンスジョージズ郡在住の50歳男性を含む7人 マサチューセッツ州で15人 、ミネソタ州でヘネピン郡・ラムゼー郡・アノーカ郡・ダコタ郡・カーバー郡・在住のそれぞれ1人 、ニューヨーク州で在住の1人 、オハイオ州で・・・など在住の9人 、オクラホマ州で所属の 、でから帰国した1人を含む20人 、で在住の1人 、テキサス州でニューヨークから帰った理事長のの妻 、ワイオミング州で在住の高齢男性 の感染が確認された。 同日、カリフォルニア州で80代女性 、同州内でフロリダ州在住の1人、で在住の80代女性 が死亡。 また、アーカンソー州で海外旅行から帰国したカップルと在住の1人 、ミシガン州で13人 、テキサス州で在住の40代男性、在住の70代女性と在住の30代女性 の推定事案が出た。 ブラジル訪問団の感染者と接触したも同日に検査を受け、陰性だと判明した。 3月14日、カリフォルニア州で在住の17人 、サンフランシスコ在住の5人 、マリン郡在住の2人 、外在住のの院生1人 、に滞在中の同州北部地域在住の高齢者1人 、在住の1人 、市議、元市長の 、デラウェア州で在住の50代女性と60代男性 、フロリダ州で駐在の運輸保安庁職員1人 、アイダホ州で在住の50代女性、エイダ郡在住の50代男性、在住の50代女性、南部在住の70代女性 、イリノイ州で在住の70代男性、在住の70代男性、在住の1人と同郡に来たフロリダ州在住の女性、のに入居している60代女性 、カンザス州でジョンソン郡の関係者女性 、メリーランド州で在住の7人、在住の69歳接触者、在住の60代男性 、マサチューセッツ州でにある在住の60代男性、在住の1人、在住の1人など15人 、ミシガン州で所属のを含む8人 、ミネソタ州で在住の60代2人と30代1人の一家3人、在住の30代1人、在住の60代1人、在住の30代1人、在住の10代1人 、ニューヨーク州で在住の3人と在住の議員、 、オハイオ州で・など在住の13人 、での1人、の1人、の2人、の1人、の1人、の1人、の3人、の4人、の2人 、サウスカロライナ郡で在住の3人、在住の2人、在住の1人 、で職員1人、在住の小学校教師1人を含む10人以上 、ワシントン州で在住の3人 、ワシントンD. で6人 、で在住の4人と、、在住の各1人 の感染が確認された。 同日、で在住の58歳患者 、ニュージャージー州で在住の50代女性 、ニューヨーク州の病院で82歳女性 、同州の住宅で65歳の患者 、バージニア州ので70代男性 が死亡。 また、アーカンソー州での医療スタッフ3人 、カンザス州で在住の男性1人 、ミシガン州で8人 、テキサス州で在住の60代女性、在住の40歳前後の2人、モンゴメリー郡在住の40代女性、ヒューストン在住の50代男性 の推定事案が出た。 からへ向かう途中の飛行機内で亡くなったマサチューセッツ州ウースター郡在住の59歳男性はボストンの警察当局は新型コロナウイルスとの関連性について調べていた結果、感染していなかったと判明した。 3月15日、カリフォルニア州での医療スタッフ2人を含むサンフランシスコ在住の9人 、サンタクララ郡在住の23人、在住の60代1人 、在住の53歳女性 、サンルイスオビスポ郡に滞在中の同州南部在住の1人 、デラウェア州でニューキャッスル郡在住の30代女性と上院議員のスタッフ1人 、フロリダ州で在住の17人、在住の4人を含む39人 、イリノイ州で・・・など在住の29人 、カンザス州で在住の50代女性 、ルイジアナ州で26人 、メイン州で7人 、メリーランド州での養護施設在住の82歳女性を含む5人 、マサチューセッツ州で在住の1人ら約30人 、ミシガン州で20人、ミネソタ州で在住の10人、在住の2人、在住の2人、在住の1人、在住の1人、在住の1人、在住の1人、在住の1人 、ニュージャージー州で在住の43歳男性、在住の63歳女性など31人 、で在住の2人 、オハイオ州で10人 、オクラホマ州で1人 、サウスカロライナ州で在住の3人、在住の3人、在住の2人、在住の1人 、バージニア州で4人 、ワシントン州で在住の1人 、ワシントンD. で接触者である38歳女性。 同日、カリフォルニア州で1人 、ルイジアナ州オーリンズ郡で1人 、で79歳女性 、テキサス州での養護施設在住の77歳男性 が死亡。 また、テキサス州で在住の40代女性と50代男性 の推定事案が出た。 3月16日、アーカンソー州で中央部在住の2人と在住の2人 、カリフォルニア州でアラメダ郡在住の8人、サンフランシスコ在住の3人、ロサンゼルス郡在住の25人、在住の1人 、コロラド州で29人 、デラウェア州で在住の50歳以上の女性 、イリノイ州で・など在住の12人 、カンザス州でジョンソン郡在住の接触者ら2人 、ルイジアナ州で28人 、メリーランド州で在住の40代男性、50代男性、70代女性と在住の20代女性を含む10人 、マサチューセッツ州での学生1人 、ミネソタ州で19人 、ミシシッピ州で在住の1人と在住の1人 、ニューヨーク州で在住の男性 、オハイオ州で在住の2人を含む14人 、テキサス州で前日に亡くなった在住の90代男性 、バージニア州で在住のの50代女性職員ら6人 、ワシントンD. で23歳男性、ヨーロッパ旅行から帰国した42歳女性、54歳女性、54歳男性、56歳男性 、ワイオミング州で在住の7人 の感染が確認された。 同日、ルイジアナ州ので養護施設在住の84歳患者 、ネバダ州ので60代男性 、ので看護施設の居住者1人 、バージニア州ので70代男性 、ニュージャージー州で在住の90歳患者 、ワシントン州ので80代夫婦 が死亡。 3月17日、アラバマ州でとを中心とした複数住民 、カリフォルニア州で在住の3人、在住の50人、在住の8人、在住の17人、在住の23人、在住の5人、在住の2人、在住の3人 、デラウェア州で在住の7人と在住の1人 、フロリダ州でフロリダ州立大学の学生4人、在住の40歳女性と51歳男性、在住の1人を含む24人 、イリノイ州での養護施設関係者22人、シカゴの職員やの従業員らを含む55人 、カンザス州でに滞在中のオレゴン州在住者1人、に滞在中のミズーリ州在住者1人、在住の2人、で40代、50代の女性2人と10代男子学生、でフロリダ州から帰ってきた20代男性 、ケンタッキー州で在住の1人と在住の1人 、メリーランド州で・など在住の20人 、ミネソタ州で在住の2人、在住の2人、在住の1人と在住の1人 、ニュージャージー州で89人 、ノースカロライナ州で在住の1人、在住の4人、在住の2人、との職員数人、在住の2人 、オハイオ州で在住の23歳女性 、サウスカロライナ州での5人、の2人、、、、、、、の各1人 、ワシントン州で在住の1人、在住の29歳男性と在住の56歳男性、在住の20代女性 、ワシントンD. で9人 、ワイオミング州で・・在住の数人 、で在住の1人 の感染が確認された。 これにより感染が全50州に広がったこととなる。 同日、フロリダ州ので77歳男性 、イリノイ州で在住の61歳元女性看護師 、ルイジアナ州ので養護施設在住の80歳患者 、テキサス州で在住の64歳男性 が死亡。 3月18日、ワシントンD. でフロリダ州選出の議員、の2人、の、の学部生1人を含む8人 、イリノイ州でウィローブルックの養護施設の関係者20数人、と在住の数人、大学・学校関係者多数を含む128人 、カンザス州でジョンソン郡在住の2人、ワイアンドット郡在住の退役軍人1人、で40代女性ら2人 、ケンタッキー州で市長の妻である者の61歳女性 、ルイジアナ州で在住の1人 、メリーランド州で在住の5人を含む22人 、ミシガン州で30人 、ニュージャージー州での従業員1人、の職員1人を含む160人以上 、ペンシルベニア州で在住の2人、在住の1人を含む37人 、サウスカロライナ州での3人、の3人、の2人、、、、、、の各1人 、バージニア州で9人 、ワイオミング州で在住の1人 の感染が確認された。 同日、ペンシルベニア州のでニュージャージー州で亡くなった50代女性の兄弟である在住の55歳男性 、ミシガン州ので在住の50代男性 、ミズーリ州ので在住の患者1人 、ルイジアナ州で在住の72歳患者 、同州で60歳以上の患者1人 、メリーランド州で在住の60代男性 、ニュージャージー州でと在住の高齢女性2人 、オレゴン州のでワシントン州在住の70代男性 が死亡。 3月26日、アメリカの感染者数は8万3500人を超えて世界最多となり、中国の8万1782人とイタリアの8万589人を上回った。 ルイジアナ州 [ ] で2020年2月に開催されたが感染拡大を加速させたとみられる。 ハワイ [ ] 2020年3月6日、でに乗船した1人の感染が確認された。 3月8日、から帰ってきた在住の高齢男性の感染が確認された。 3月14日、からに来た観光客2人の感染が確認された。 3月15日、オアフ島で住民2人、で外来者1人の感染が確認された。 3月16日、オアフ島で住民2人、マウイ島で外来者1人の感染が確認された。 3月17日、オアフ島で2人、で1人、マウイ島で1人の感染が確認された。 アラスカ [ ] 2020年3月12日、でに到着したの乗員1人の感染が確認された。 3月17日、新たに3人の感染が確認された。 アメリカ領ヴァージン諸島 [ ] 2020年3月13日、最近にに帰国した1人の感染が確認された。 プエルトリコ [ ] 2020年3月14日、でから来た70歳男性と68歳女性の夫婦との病院に入院中の71歳男性の感染が確認された。 3月15日、のから搬送されてきたカリフォルニア州在住の87歳元とを訪れていた在住の65歳女性の感染が確認された。 3月18日、1人の感染が確認された。 グアム [ ] 2020年3月15日、からに帰国した2人を含む60歳以上3人の感染が確認された。 3月17日、から帰国した1人と国内接触者1人の感染が確認された。 3月18日、新たに3人の感染が確認された。 北マリアナ諸島 [ ] 2020年3月28日、のリゾート地で40代男女2人の感染が確認された。 連邦政府・州・地方自治体の対応 [ ] この節のが望まれています。 2020年1月30日、は中国渡航情報をレベル4の渡航中止勧告 Do Not Travel へと引き上げた。 1月31日、 (HHS は「公衆衛生上の緊急事態」を宣言し、14日前までに中国に滞在したことがある外国人の入国禁止および湖北省に滞在していた米国人の隔離義務を発表したほか 、到着空港を以下の7空港に制限した :• (ニューヨーク• (シカゴ• (サンフランシスコ• (シアトル• (アトランタ• (ホノルル• (ロサンゼルス 2月7日、はとの電話会談で中国への支援を表明し 、は中国などへの約18トン分の医療物資支援や最大1億ドルの資金援助を発表した。 2月16日、のチャーター機2機を派遣し、翌17日にダイヤモンドプリンセス号の乗客328人を帰国させた。 3月6日、はマスクや、手袋など一部の医療用品を対中関税から除外した。 3月11日、トランプ大統領はとを除くからの入国を13日から30日間禁止する措置を発表し 、首都のでは市長が非常事態宣言を行い 、非常事態宣言を出した州は24州に達した。 12日にはの市長も非常事態宣言を出した。 3月13日、トランプ大統領はを行い 、14日に副大統領はイギリスとアイルランドも入国禁止対象に加えることを発表した。 、新型コロナウイルス感染症対策として、緊急時に政府が産業界を直接的に統制できる権限を付与するを大統領が発動した。 3月19日、アメリカ国務省は全国民に海外渡航の中止を求める勧告を出した。 同日、はアメリカで初めて州全体の外出禁止令を出した。 3月28日、トランプ大統領はニューヨーク州などでを検討していることを述べるもニューヨーク州の知事から「連邦政府による州への宣戦布告であり、完全封鎖は中国・武漢で行われたことで、我々は中国でもないし、戦時中でもない」と猛反発されたことを受け、断念した。 検査体制 [ ] 「」も参照 2020年3月12日の連邦議会下院公聴会で、()のアンソニー・ファウチ博士は、現在の検査システムは我々の必要に即していない、「他の国のように、誰もが簡単に(検査を)受けられるという体制になっていない」と述べた。 によると、アメリカでは1月以降、1万1079個の検体が調べられた。 ただ、患者1人が少なくとも2つの検体を提出するのが一般的なため、検査を受けた人数は検体数より少ないとされる。 民間の病院での検査はCDCに報告されないケースもあり、当局は全体の把握が難しいとしている。 一方、米誌アトランティックはこれまでの検査人数を約8000人としている。 韓国では21万人以上が検査を受け、現在も毎日約2万人を検査しており、イギリスでは2万9700人以上が検査を受け、1日の検査人数は1000人を超える。 アメリカは1月、WHOが承認した検査キットの使用を断り、CDCが独自に検査を開発したが、その製造過程において欠陥が見つかり、多くの検査結果が判定不能となった。 検体を取るための綿棒や手袋も不足している。 CDCは「十分な器具も人も内部能力もない」「公衆衛生の研究所に対する投資が少な過ぎた」と述べた。 病院のアレックス・アダミ博士は、今回の感染症の予防、検査、治療法について「誰も実際に訓練を受けた人はいなかった」と述べ、その結果、が発生したという。 病院は当初、新型ウイルスに対応するスタッフは少ない方が、感染のリスクを限定できると判断していた。 アダミ博士は、同じ過ちはアメリカのどこででも起こり得るもので、「他の病院は私たちの例を見て、『どうすれば、もっとうまくいく?』と考えてほしい。 国民には私たちの例から、後手後手に回るのではなく早め早めの対応が必要だと学んでほしい」と述べた。 グランドプリンセス集団感染への対応 [ ] 詳細は「」を参照 感染した著名人 [ ]• (俳優)• (女優、トム・ハンクスの妻)• (女優)• ()(劇作家)• (映画プロデューサー)• (ミュージシャン)• (ニュースキャスター)• (クリエイティブ・ディレクター、在米日本人)• (ミュージシャン)• (元フットボール選手)• ()(フォーク歌手)• (元プロ野球選手)• (ジャズ・トランペッター)• ()(ジャズ・ミュージシャン、作曲家)• ()(ジャズ・ピアニスト)• ()(ジャズ・ギタリスト)• (歌手) 脚注 [ ] [] 出典 [ ]• 読売新聞オンライン 2020年4月30日 、2020年4月30日閲覧。 (Pars Today、2020年6月10日)• Alabama Department of Public Health• Alaska Department of Health and Social Services• Arizona Department of Health Services• Arkansas Hearst Television Inc. Los Angeles Times• CONNECTICUT'S OFFICIAL STATE WEBSITE• Delaware. gov• Florida Health• Georgia Department of Public Health• Idaho Resources for Novel Coronavirus• Illinois Department of Public Health• Indiana Public Media• Iowa Department of Public Health• Kansas Department of Health and Environment• Commonwealth of Kentucky, Cabinet for Health and Family Services• Louisiana Department of Health• Maryland Department of Health• Commonwealth of Massachusetts• Michigan. gov• Minnesota Department of Health• Mississippi State Department of Health• Montana DPHHS• University of Nebraska Medical Center• New Hampshire Department of Health and Human Services• NJ Health• New Mexico Department of Health• New York State Department of Health• NC Department of Health and Human Services• North Dakota Department of Health• Ohio Department of Health• Oklahoma State Department of Health• Oregon Health Authority• WGAL• Department of Health• South Carolina Department of Health and Environmental Control• KELOLAND• Department of Health• Texas Health and Human Services• KUER NEWS• Vermont Department of Health• Virginia Department of Health• STOWERS, SHANNON 2020年4月18日. WCHS. 2020年4月19日閲覧。 Wisconsin Department of Health Services• Wyoming Department of Health• Government of the District of Columbia• Departmento de Salud• Commonwealth Healthcare Corporation. United States Virgin Islands Department of Health. Government of Guam• Correspondent, Elizabeth Cohen, CNN Senior Medical 2020年1月22日. CNN. 2020年1月22日閲覧。 Miller, Ryan W. 2020年1月24日. USA TODAY. 2020年1月24日閲覧。 Turak, Natasha 2020年1月26日. CNBC. 2020年1月26日閲覧。 KNXV 2020年1月26日. 2020年1月27日閲覧。 News, A. 2020年1月27日. ABC News. 2020年1月27日閲覧。 Feuer, Berkeley Lovelace Jr ,William 2020年1月30日. CNBC. 2020年1月31日閲覧。 Feuer, Berkeley Lovelace Jr ,William 2020年1月31日. CNBC. 2020年2月1日閲覧。 Boston Herald 2020年2月1日. 2020年2月2日閲覧。 Reuters. 2020年2月3日. 2020年2月3日閲覧。 News, A. 2020年2月3日. ABC News. 2020年2月3日閲覧。 Wisconsin Department of Health Services 2020年2月5日. 2020年2月6日閲覧。 Reuters. 2020年2月11日. 2020年2月12日閲覧。 KCRA 2020年2月13日. 2020年2月13日閲覧。 NBC 5 Dallas-Fort Worth 2020年2月13日. 2020年2月13日閲覧。 Humboldt County DHHS 2020年2月20日. 2020年2月21日閲覧。 CNN, Michael Nedelman and Ben Tinker 2020年2月22日. CNN. 2020年2月22日閲覧。 FOX40 2020年2月21日. 2020年2月22日閲覧。 Reuters. 2020年2月24日. 2020年2月25日閲覧。 CNN, Eliott C. McLaughlin and Steve Almasy 2020年2月25日. CNN. 2020年2月26日閲覧。 2020年2月28日閲覧。 www. msn. com 2020年2月27日. 2020年2月26日閲覧。 Weixel, Nathaniel 2020年2月26日. TheHill. 2020年2月26日閲覧。 ABC7 San Francisco 2020年2月27日. 2020年2月28日閲覧。 Reuters. 2020年2月28日. 2020年2月29日閲覧。 www. msn. com 2020年2月28日. 2020年2月29日閲覧。 Los Angeles Times 2020年2月28日. 2020年2月29日閲覧。 NBC Boston 2020年2月29日. 2020年2月29日閲覧。 MyNorthwest. com 2020年2月29日. 2020年2月29日閲覧。 Seattle, WA Patch 2020年2月28日. 2020年3月1日閲覧。 Griggs, Mary Beth 2020年2月29日. The Verge. 2020年3月1日閲覧。 KRON4 2020年2月29日. 2020年3月1日閲覧。 www. dph. illinois. gov 29th Feb, 2020. 2020年3月1日閲覧。 2020年3月2日閲覧。 Snohomish Health District, WA 2020年3月1日. 2020年3月2日閲覧。 Q13 FOX News 2020年3月1日. 2020年3月1日閲覧。 Reuters. 2020年3月2日. 2020年3月2日閲覧。 Press, Associated 2020年3月1日. Press Herald. 2020年3月2日閲覧。 www. sccgov. org 2020年3月1日. 2020年3月2日閲覧。 News, A. 2020年3月1日. ABC News. 2020年3月2日閲覧。 NBC 6 South Florida 2020年3月1日. 2020年3月2日閲覧。 gov 2020年3月1日. www. gov. 2020年3月1日閲覧。 The Oregon Health Authority and Department of Human Services 2020年3月1日. 2020年3月2日閲覧。 www. sccgov. org 2020年3月2日. 2020年3月3日閲覧。 www. placer. gov 2020年3月2日. 2020年3月3日閲覧。 Karasz, Hilary N. 2020年3月2日. PUBLIC HEALTH INSIDER. 2020年3月3日閲覧。 Raymond, Jonathan 2020年3月3日. 2020年3月3日閲覧。 Snohomish Health District, WA 2020年3月2日. 2020年3月3日閲覧。 Downey, K. 2020年3月2日. WPTZ. 2020年3月3日閲覧。 dph. illinois. gov 2nd Mar, 2020. 2020年3月3日閲覧。 www. oregon. gov 2020年3月2日. 2020年3月3日閲覧。 Mass. gov 2020年3月2日. 2020年3月3日閲覧。 ABC7 San Francisco 2020年3月2日. 2020年3月3日閲覧。 Haselton, Todd 2020年3月2日. 2020年3月3日閲覧。 Campbell, Jon 2020年3月3日. lohud. com. 2020年3月4日閲覧。 www. msn. com 2020年3月3日. 2020年3月4日閲覧。 www. snohd. org 2020年3月3日. 2020年3月4日閲覧。 2020年3月4日閲覧。 2020年3月3日. 2020年3月3日閲覧。 Raguso, Emilie 2020年3月3日. Berkeleyside. 2020年3月4日閲覧。 www. placer. gov 2020年3月3日. 2020年3月4日閲覧。 cchealth. org 2020年3月3日. 2020年3月4日閲覧。 Johnson, Hannah 2020年3月3日. PUBLIC HEALTH INSIDER. 2020年3月4日閲覧。 News, A. 2020年3月3日. ABC News. 2020年3月4日閲覧。 CBS Boston 2020年3月3日. 2020年3月4日閲覧。 www. msn. com 2020年3月3日. 2020年3月4日閲覧。 2020年3月4日閲覧。 www. edu. 2020年3月4日閲覧。 Los Angeles Times 2020年3月4日. 2020年3月4日閲覧。 New Rochelle, NY Patch 2020年3月4日. 2020年3月5日閲覧。 www. sccgov. org. 2020年3月5日閲覧。 Wagner, Kurt 2020年3月4日. Bloomberg. 2020年3月5日閲覧。 www. placer. gov 2020年3月4日. 2020年3月5日閲覧。 www. doh. gov. 2020年3月5日閲覧。 ABC13 Houston 2020年3月1日. 2020年3月5日閲覧。 NBC New York 2020年3月4日. 2020年3月5日閲覧。 www. sccgov. org 2020年3月5日. 2020年3月6日閲覧。 2020年3月6日閲覧。 Samuels, Alex 2020年3月5日. The Texas Tribune. 2020年3月5日閲覧。 FOX31 Denver 2020年3月5日. 2020年3月6日閲覧。 NPR. org. 2020年3月6日閲覧。 WTVF 2020年3月5日. 2020年3月6日閲覧。 2020年3月5日. 2020年3月5日閲覧。 2020年3月5日. 2020年3月5日閲覧。 Emerson, Elaine 2020年3月5日. 2020年3月5日閲覧。 2020年3月6日閲覧。 2020年3月8日. 2020年3月9日閲覧。 Fortier, Marc; Rosenfield, Marc 2020年3月6日. NBC Boston. 2020年3月13日閲覧。 Williams, Carolyn 2020年3月6日. 2020年3月6日閲覧。 Robinson, Kevin 2020年3月5日. Pensacola News Journal. 2020年3月6日閲覧。 masslive 2020年3月5日. 2020年3月6日閲覧。 McCullough, Tom Avril, Marie 2020年3月5日. 2020年3月6日閲覧。 2020年3月5日閲覧。 Swanson, Ian 2020年3月6日. TheHill. 2020年3月6日閲覧。 Green, Jason 2020年3月6日. East Bay Times. 2020年3月8日閲覧。 2020年3月6日閲覧。 placer. gov. 2020年3月6日閲覧。 publichealth. lacounty. gov 2020年3月5日. 2020年3月5日閲覧。 Rodriguez, Tristi 2020年3月6日. 2020年3月6日閲覧。 yolocounty. org. 2020年3月6日閲覧。 The Denver Post 2020年3月6日. 2020年3月7日閲覧。 Maricopa County, AZ. 2020年3月6日閲覧。 Fawcett, Zach Murdock, Alex Putterman, Eliza. courant. com. 2020年3月7日閲覧。 WRTV 2020年3月6日. 2020年3月14日閲覧。 2020年3月6日閲覧。 2020年3月6日閲覧。 KJRH 2020年3月6日. 2020年3月6日閲覧。 via 2020年3月6日. 2020年3月6日閲覧。 2020年3月6日閲覧。 Leone, Gregory Pratt, Angie Leventis Lourgos, Javonte Anderson, Hannah. chicagotribune. com. 2020年3月7日閲覧。 WCVB. 2020年3月6日. 2020年3月11日閲覧。 Millman, Jennifer 2020年3月7日. 2020年3月13日閲覧。 2020年3月6日閲覧。 2020年3月6日閲覧。 Gantt, Taylor 2020年3月6日. 2020年3月6日閲覧。 www. health. state. 2020年3月13日閲覧。 governor. nebraska. gov. 2020年3月13日閲覧。 Rivera, Ray 2020年3月6日. 2020年3月15日閲覧。 2020年3月13日閲覧。 Alex, Sergio BichaoDan. New Jersey 101. 2020年3月15日閲覧。 2020年3月6日閲覧。 KRON4 2020年3月7日. 2020年3月8日閲覧。 The Mercury News 2020年3月7日. 2020年3月15日閲覧。 Bay City News 2020年3月7日. 2020年3月12日閲覧。 Sheehan, Tim 2020年3月7日. 2020年3月7日閲覧。 2020年3月7日. 2020年3月7日閲覧。 Staff, KCRA 2020年3月8日. KCRA. 2020年3月15日閲覧。 Kansascity 2020年3月7日. 2020年3月13日閲覧。 2020年3月7日. 2020年3月7日閲覧。 NBC4 Washington. 2020年3月7日. 2020年3月14日閲覧。 2020年3月9日閲覧。 KRON4 2020年3月7日. 2020年3月8日閲覧。 CBS Boston. 2020年3月7日. 2020年3月13日閲覧。 2020年3月15日閲覧。 External Relations Division, State of Oregon 2020年3月7日. 2020年3月14日閲覧。 KRON4 2020年3月8日. 2020年3月8日閲覧。 Times, The New York 2020年3月8日. The New York Times. 2020年3月16日閲覧。 Georgia Department of Public Health 2020年3月8日. 2020年3月9日閲覧。 NBC 5 Chicago NBC. 2020年3月8日. 2020年3月15日閲覧。 2020年3月8日. 2020年3月8日閲覧。 2020年3月8日. 2020年3月8日閲覧。 KWWL. 2020年3月15日閲覧。 Star Tribune March 8, 2020. 2020年3月8日閲覧。 NBC 5 Chicago NBC. 2020年3月8日. 2020年3月15日閲覧。 Freytas-Tamura, Kimiko de 2020年3月8日. The New York Times. 2020年3月9日閲覧。 2020年3月9日閲覧。 staff, Seattle Times 2020年3月8日. The Seattle Times. 2020年3月9日閲覧。 Sheridan, Kate; Feuerstein, Adam; Herper, Matthew 2020年3月6日. STAT. 2020年3月9日閲覧。 newjersey. news12. com. 2020年3月8日閲覧。 oregon. gov. External Relations Division, State of Oregon 2020年3月8日. 2020年3月16日閲覧。 Virginia Department of Health. 2020年3月10日閲覧。 Nathan Pilling 2020年3月8日. Kitsap Sun Bremerton, Washington. 2020年3月10日閲覧。 CBS 13 Sacramento 2020年3月9日. 2020年3月10日閲覧。 KRON4 2020年3月9日. 2020年3月10日閲覧。 WFSB. 2020年3月16日閲覧。 Llerena, Reinaldo. 7 News Miami WSVN-TVSunbeam Television Corp. 2020年3月11日閲覧。 Florida Department of Health. 2020年3月11日閲覧。 2020年3月9日. 2020年3月9日閲覧。 2020年3月9日. 2020年3月9日閲覧。 Lexington Herald Leader• Brown, Joell 2020年3月9日. abc11. com. 2020年3月13日閲覧。 Munz, Michele. STLtoday. com. 2020年3月11日閲覧。 northjersey. com 2020年3月9日. 2020年3月9日閲覧。 Sheehy, Kate 2020年3月9日. New York Post. 2020年3月17日閲覧。 Haag, Matthew; McGeehan, Patrick 2020年3月9日. The New York Times. 2020年3月19日閲覧。 2020年3月9日. 2020年3月9日閲覧。 The Seattle Times. 2020年3月9日閲覧。 Q13 Fox News Associated Press. 2020年3月9日. Gelman, Scott; Alvarez, Alejandro 2020年3月9日. WTOP. 2020年3月14日閲覧。 KRON4 2020年3月9日. 2020年3月10日閲覧。 Department of Public Health and Environment 2020年3月10日. 2020年3月11日閲覧。 Sobey, Rick; Cohan, Alexi 2020年3月9日. Boston Herald. 2020年3月13日閲覧。 Escobedo, Jozelyn 2020年3月9日. WFAA. 2020年3月10日閲覧。 Virginia Department of Health. 2020年3月10日閲覧。 Virginia Department of Health. 2020年3月10日閲覧。 Lightman, David. thenewstribune. 2020年3月12日閲覧。 staff, Berkeleyside 2020年3月10日. Berkeleyside. 2020年3月13日閲覧。 KRON4 2020年3月10日. 2020年3月11日閲覧。 Ventura County Star 2020年3月10日. 2020年3月12日閲覧。 KRON4. 2020年3月10日閲覧。 2020年3月11日. 2020年3月13日閲覧。 Georgia Department of Public Health. 2020年3月11日閲覧。 nola. com. 2020年3月12日閲覧。 McNamara, Neal 2020年3月10日. Sudbury, MA Patch. 2020年3月11日閲覧。 Fortier, Marc 2020年3月10日. NBC Boston. 2020年3月13日閲覧。 2020年3月10日. 2020年3月10日閲覧。 Star Tribune. 2020年3月11日閲覧。 2020年3月10日. 2020年3月13日閲覧。 WJLA. 2020年3月14日閲覧。 The Seattle Times. 2020年3月10日閲覧。 The Bellingham Herald 2020年3月10日. 2020年3月10日閲覧。 Island County Public Health 2020年3月10日. 2020年3月16日閲覧。 Brandon Stone 2020年3月10日. Mount Vernon, Washington. Mickle, Jordan 2020年3月10日. 2020年3月11日閲覧。 CBS13 Sacramento 2020年3月10日. 2020年3月10日閲覧。 Fitz-Gibbon, Jorge 2020年3月10日. New York Post. 2020年3月15日閲覧。 Ziegler, Suzie 2020年3月10日. KRDO. 2020年3月13日閲覧。 Horng, Eric 2020年3月10日. abc7chicago. 2020年3月10日閲覧。 External Relations Division, State of Oregon 2020年3月10日. 2020年3月12日閲覧。 WFAA. 2020年3月11日閲覧。 Report, Times-Mirror Staff. LoudounTimes. com. 2020年3月10日閲覧。 KRON4 2020年3月12日. 2020年3月12日閲覧。 www. msn. com. 2020年3月15日閲覧。 KRON4 2020年3月11日. 2020年3月14日閲覧。 NBC Connecticut. 2020年3月15日閲覧。 2020年3月15日閲覧。 The Atlanta Journal-Constitution 2020年3月11日. 2020年3月12日閲覧。 ABC7 Chicago. 2020年3月12日閲覧。 News 2020年3月11日. 2020年3月15日閲覧。 Winter Keefer. MLive. com. 2020年3月13日閲覧。 MPR News. 2020年3月15日閲覧。 msdh. gov. 2020年3月12日閲覧。 RochesterFirst 2020年3月12日. 2020年3月12日閲覧。 WLWT 2020年3月12日. 2020年3月12日閲覧。 reports, From NBA Twitter and media. NBA. com. 2020年3月15日閲覧。 oregon. gov. External Relations Division, State of Oregon 2020年3月11日. 2020年3月12日閲覧。 Ackerman, Todd; Hensley, Nicole 2020年3月11日. 2020年3月13日閲覧。 Leonor, Mel 2020年3月11日. 2020年3月11日閲覧。 プレスリリース , Thurston County Public Health and Social Services, 2020年3月11日 ,• Sandoval, Erik 2020年3月16日. WKMG. 2020年3月19日閲覧。 publichealth. lacounty. gov. 2020年3月13日閲覧。 Arkansas Online 2020年3月12日. 2020年3月15日閲覧。 State of Delaware News 2020年3月11日. 2020年3月15日閲覧。 Deslatte, Melinda. Stamford Advocate. 2020年3月11日閲覧。 KRQE. 2020年3月11日閲覧。 oregon. gov. External Relations Division, State of Oregon. 2020年3月13日閲覧。 Casper Star-Tribune. 2020年3月11日. 2020年3月18日閲覧。 KRON4 2020年3月13日. 2020年3月13日閲覧。 KRON4 2020年3月12日. 2020年3月12日閲覧。 KRON4 2020年3月12日. 2020年3月13日閲覧。 CBSSacramento 2020年3月12日. 2020年3月13日閲覧。 2020年3月15日閲覧。 FOX 32 Chicago 2020年3月12日. 2020年3月15日閲覧。 , Dude Solutions, Inc. calendar. gov. 2020年3月15日閲覧。 Kansascity 2020年3月12日. 2020年3月13日閲覧。 Hein, Alexandria 2020年3月12日. Fox News. 2020年3月15日閲覧。 Swanson, Ian 2020年3月12日. TheHill. 2020年3月12日閲覧。 Massachusetts Department of Public Health 2020年3月12日. 2020年3月13日時点のよりアーカイブ。 2020年3月15日閲覧。 MPR News. 2020年3月15日閲覧。 2020年3月12日. 2020年3月12日閲覧。 2020年3月12日. 2020年3月12日閲覧。 Zarkhin, Fedor 2020年3月12日. 2020年3月13日閲覧。 Ura, Alexa 2020年3月12日. 2020年3月13日閲覧。 Tamplin, Harley 2020年3月13日. 2020年3月13日閲覧。 Tri-City Herald. 2020年3月12日. CNN 2020年3月12日. 2020年3月15日閲覧。 Kansascity 2020年3月12日. 2020年3月13日閲覧。 Kruse, Nyssa 2020年3月12日. 2020年3月12日閲覧。 Boulder Daily Camera 2020年3月12日. 2020年3月13日閲覧。 wxyz. com. 2020年3月12日閲覧。 2020年3月16日. 2020年3月16日閲覧。 Staff, WAFF 48 Digital 2020年3月13日. 2020年3月15日閲覧。 KRON4 2020年3月13日. 2020年3月14日閲覧。 Health Alerts 2020年3月13日. 2020年3月15日閲覧。 Bourke, Latika 2020年3月13日. The Sydney Morning Herald. 2020年3月14日閲覧。 3AW. 2020年3月14日閲覧。 Flechas, Joey 2020年3月13日. 2020年3月13日閲覧。 KTVB. com. KTVB. 2020年3月13日閲覧。 2020年3月15日閲覧。 Campbell, Colin 2020年3月13日. Baltimore Sun. 2020年3月13日閲覧。 Campbell, Colin. baltimoresun. com. 2020年3月14日閲覧。 NBC Boston. 2020年3月15日閲覧。 2020年3月15日閲覧。 Times Telegram 2020年3月12日. 2020年3月16日閲覧。 Ian Cross 2020年3月13日. News5Cleveland. 2020年3月13日閲覧。 CBSSports. com 2020年3月13日. 2020年3月17日閲覧。 News. 2020年3月16日閲覧。 KELOLAND. com 2020年3月13日. 2020年3月16日閲覧。 Drew Knight March 13, 2020• writers, Joshua Wolfson and Seth Klamann Star-Tribune staff 2020年3月13日. Casper Star-Tribune Online. 2020年3月19日閲覧。 Paul, Jesse 2020年3月13日. The Colorado Sun. 2020年3月13日閲覧。 Herzog, Rachel 2020年3月13日. 2020年3月13日閲覧。 WXYZ. com 2020年3月13日. 2020年3月13日閲覧。 El Paso Times. 2020年3月13日. Helmore, Edward; Miami, Martin Pengelly Richard Luscombe in 2020年3月15日. The Guardian. 2020年3月15日閲覧。 KRON4 2020年3月14日. 2020年3月15日閲覧。 www. sfdph. org. 2020年3月15日閲覧。 KRON4 2020年3月14日. 2020年3月15日閲覧。 KRON4 2020年3月15日. 2020年3月15日閲覧。 KSBY 2020年3月15日. 2020年3月15日閲覧。 2020年3月16日閲覧。 Jennewein, Chris 2020年3月15日. Times of San Diego. 2020年3月17日閲覧。 www. wboc. com. 2020年3月15日閲覧。 Orlando Sentinal. 2020年3月14日閲覧。 2020年3月14日. 2020年3月14日閲覧。 Morgan, Josh. WREX. 2020年3月15日閲覧。 ABC7 Chicago 2020年3月14日. 2020年3月15日閲覧。 KSNT. com. 2020年3月15日閲覧。 III, Wilborn P. Nobles. baltimoresun. com. 2020年3月14日閲覧。 web. archive. org 2020年3月15日. 2020年3月15日閲覧。 Treffeisen, Beth. capecodtimes. com. 2020年3月15日閲覧。 WCVB 2020年3月15日. 2020年3月15日閲覧。 ESPN. com 2020年3月15日. 2020年3月17日閲覧。 Dane Kelly 2020年3月14日. ClickOnDetroit. com. 2020年3月14日閲覧。 MPR News. 2020年3月15日閲覧。 WGRZ. 2020年3月15日閲覧。 Hogan, Bernadette 2020年3月15日. New York Post. 2020年3月17日閲覧。 WEWS 2020年3月14日. 2020年3月15日閲覧。 Philadelphia, PA: WPVI-TV. 2020年3月15日. 2020年3月15日閲覧。 www. scdhec. gov. 2020年3月15日閲覧。 Nolte, Jessica. dailypress. com. 2020年3月17日閲覧。 Spokane Regional Health District 2020年3月14日. 2020年3月16日閲覧。 coronavirus. gov. 2020年3月15日閲覧。 MPR News. 2020年3月15日閲覧。 Team, WDSU Digital 2020年3月14日. WDSU. 2020年3月15日閲覧。 mcall. com. 2020年3月19日閲覧。 com, Spencer Kent NJ Advance Media for 2020年3月15日. 2020年3月15日閲覧。 Croft, Jay. CNN. 2020年3月14日閲覧。 NBC New York. 2020年3月14日. 2020年3月14日閲覧。 2020年3月14日閲覧。 Hibblen, Michael 2020年3月14日. UALR Public Radio. 2020年3月14日閲覧。 KSNT. com. 2020年3月15日閲覧。

次の