アラフォー 婚活 後悔。 アラフォー婚活女子です。ご意見ください

アラフォー独身女性の婚活成功7つのポイントまとめ!結婚を諦める必要はありません

アラフォー 婚活 後悔

この記事のポイント• アラフォー女性の婚活は厳しいのが普通。 結婚できないアラフォー女性は「現実を無視している」。 結婚できるアラフォー女性は「力強く成長した女性」。 この記事は約6分で読めます。 こんにちは、婚活FP山本です。 一般論として、アラフォー独身女性の婚活は厳しいなどと言われていますよね。 確かに若い頃と比べれば衰えも感じるものの、誘ってくる男性もいるし、まだまだイケるはずと考えているアラフォー女性も多いことでしょう。 ただ、 もしかしたらそのまま結婚できないのかもしれませんよ。 今回は注意喚起として、結婚できないアラフォー独身女性の特徴や現実をお伝えします。 知りたくもないかもですが、できれば最後までお読みくださいませ。 結論からいえば、アラフォー女性の結婚が厳しいのは「確かな現実」です。 きっとあなたも、若い頃は相応にモテたのではないでしょうか。 モテた理由は、シンプルに「若かったから」です。 若かったからモテたのですから、若くなくなったらモテなくなる、モテにくくなるのは当然ではないでしょうか。 アラフォーになっても男性から誘われる女性もいますが、 声をかけてくる「男性の質」は確実に落ちているはずです。 何となく、思い当たることはありませんか? 男性にとって若い女性、若さを感じる女性とは、素直に「30歳未満の女性」を指します。 30歳を過ぎれば、すでに若くありません。 アラフォーともなれば尚更なのが現実です。 人気のあるアラフォー女性などいないのが実情 最近では「モテる40代女性の特徴」などといった記事をよく見かけますね。 アラフォーになってもモテる女性芸能人もいますし、「アラフォーでもモテる」と考える女性も確かに一定数います。 しかし…… 人気のあるアラフォー女性などいないのが厳しい実情です。 アラフォーでもモテる女性は、 若い頃もっとモテたはず。 「まだモテる」というだけで、女性としての魅力は、年齢とともに確実に落ちる一方です。 イヤな現実でしょうが、結婚するためにもしっかり知っておきましょう。 実際のところ、多くのアラフォー女性は「婚活が厳しい」などと感じていません。 なぜなら、 婚活をしていないからです。 例えば男性にとって婚活と飲み会は別物ですが、これを理解せずに飲み会に参加し、声をかけてくる男性がいるからとも言えます。 一部の女性は婚活に励んでいますが、理屈でいえば、アラフォーになったらモテにくいのですから、 その前に婚活に励むべきでしょう。 ところが実際には、モテにくくなったアラフォーになってから焦って婚活に励み、想像以上にモテなくてさらに焦るのが現実といえます。 あなたの仲間も多いのかもしれませんね。 それはそれで一つの「嬉しい発見」かもしれませんが、 一緒に結婚できなかった人生を歩みたいですか?ぜひ、じっくりと考えてみて下さい。 「アラフォー限定婚活」の悲しい失敗談エピソード 筆者は過去、「アラフォー限定婚活パーティ」を企画しました。 どのような結果になったと思いますか?結論からいえば「企画倒れ」でした。 女性については即、定員いっぱいまで集まったのですが、 男性は誰一人、申し込みをしてこなかったのです。 筆者の集客力不足も否めませんが、実に悲しい失敗談エピソードといえます。 これが男性の、そしてアラフォー女性の一つのリアルです。 少なくとも、のんびり構えていてはダメでしょう。 残された時間はわずかですから、強く気合を入れて婚活に励みましょう。 まず結婚できないアラフォー女性は「実態を見ない」というのが特徴です。 これは複数の角度でいえますが、一番は「自分の魅力に関する実態」になります。 残念ながら、 もうモテないのが現実です。 魅力だけではありません。 自身の経済力、人間力、精神力……そういった「自分の欠点」も見ない傾向にあります。 欠点を見ないから改善もせず、 延々と同じ失敗を繰り返すのが結婚できない女性です。 自分の欠点を棚に上げ、男性の欠点ばかり気にする女性も多いですね。 少しは見ていても、やはり改善まではせず、 「そのまま受け入れてくれる男性を探す」女性も極めて多いといえます。 心当たりのある女性は、まず友人などに客観的な意見を求めたほうが賢明かもしれません。 男性はほぼ100%外見・年齢で女性を選ぶのが特徴 相応の年齢になると、そもそもイケメンが残っていないため、多くの女性は「年収や勤め先」で最初に男性を足切りしますね。 これと同じく、 多くの男性は「容姿や年齢」で最初に女性を足切りします。 なまじ年収で選ぶ男性が少ないからこそ、ほぼ100%外見や年齢で最初に女性を選ぶのが男性の特徴です。 残念ながら、 大半のアラフォー女性は選別の土台にすら上げてもらえません。 これを前提に、「では上げてもらう、見てもらうにはどうしたらいいか」を考えて動くことが大切です。 言い換えれば「(強めの)欠点がない人」でしょうか。 見た目も経済力も性格も、 全てにおいて大きな欠点がない人を探そうとします。 そして、少しでも欠点を感じるとすぐに見限る傾向です。 そもそも、人間には誰にでも欠点はあります。 イケメンなどは、その欠点を上回る長所を感じるから、見えなくなっているだけです。 無意識に見てないだけ……かもしれません。 そのような長所がある男性は、 周囲の女性がほっておかずに、すでに完売でしょう。 仮に残っていたとして、あなたを選ぶでしょうか?あなたは「普通の人」ですか? 結婚や男性に夢を見ているうちは、現実に耐えられず結婚できないでしょう。 なんとか、考えを改めましょう。 普通なのに残っている独身男性など滅多にいない ランク分けではありませんが、仮に男性を「上級・普通・下級」に分けます。 誰だってより良い人と結婚したいですから、自然と最初に上級から売れ、 次に普通の男性が売れるはずです。 女性がアラフォーになる頃には、もう普通水準の独身男性など残っていないのが基本といえます。 「まだマシな男性」であるほど、「まだマシな女性」を狙いますが……あなたは狙われるでしょうか。 選ぶ視点ばかりではなく、 アラフォー婚活では「選ばれる視点」が大切だと理解していきましょう。 本人の年収が極めて低い、そもそも働く気が弱い、男性の年収を気にしすぎ、などです。 女性は結婚して男性に養ってもらうもの……という昔の価値観を現代で持つ女性でしょうか。 少なくとも、女性として男性に養ってほしい、支えてほしいという気持ちは本能的なもので、自然なこととさえいえます。 しかし、その 本能の赴くままに婚活をしていても結婚には至りません。 そもそも、年収が低いからアラフォーまで残っていた男性に経済力を求めるのはムリがあるでしょう。 経済力のある男性が相手なら、今度はあなたを選ぶのかが問題です。 中には男性の年収を無視して強引に結婚し、無理やり専業主婦になる女性もいますが、多くは長続きしません。 アラフォーで残る男性の多くは、年収300~400万円です。 結婚しても貧困対策にならない点を理解して、それでも結婚したいなら婚活に励みましょう。 なお、別角度での結婚できない原因が知りたい方は以下記事も参考にどうぞ。 結論からいえば、それは「力強く成長した女性」です。 経済的にも人間的にも成長し、そして女性としても「大人の魅力」を兼ね備えているなら、アラフォーでも問題なく結婚できるでしょう。 あなたは今、どんな女性ですか? 十分な成長を遂げた女性なら、同年代の女性の中でも輝いて男性の目に止まりますし、時に無敵なはずの「若い女性」にすら勝てます。 このような女性は、 男性から見て「頼れる人生のパートナー」と映るわけです。 ただし、だからといって高望みするのは危険ですけどね。 今まで苦労を重ねてきた女性には、大きな朗報ではないでしょうか。 男性もそうですが、女性もけっして努力はムダにはなりません。 今までの自分を誇り、 自信を持って婚活に励みましょう。 今からでも経済力・人間力を養おう! 経済力や人間力というのは、一朝一夕では手に入りません。 今まで、特に何も努力してこなかったアラフォー女性には酷かもしれませんが、残念ながら自業自得です。 相応に努力していても、結果が付いてないなら同じといえます。 あなたなら、年収300万円の男性をどう見ますか? どんなに反省しても後悔しても、過去には戻れません。 できることは「未来に向かって」のみです。 アラフォーまでくると「結婚できない可能性」も高いですから、 独身人生への対処も兼ねて、今からでも経済力や人間力を養っていきましょう。 なお、他にもアラフォー女性の成功への方法が気になる方は以下記事も参考にどうぞ。 結婚できないアラフォー独身女性の婚活に関するまとめ 今や結婚はゴールとは言いません。 あくまで結婚は始まりで、その後も苦労の連続です。 「結婚したらラクになれる」という心境の婚活では厳しく、仮に結婚できても離婚でしょう。 アラフォーともなれば男性も甘やかしてくれませんから、ぜひ就活に似た心境で婚活に挑み、そして幸せを掴み取っていきましょう。 まずは行動!ゼクシィから生まれた新しい形の結婚相談所に登録してみませんか? 「ゼクシィ縁結びエージェント」は、リーズナブルに始められる手軽さとリクルート運営という安心感から2015年サービス開始にも関わらず既に紹介対象会員数は23,400人を突破。 今、最も勢いのある結婚相談所です。

次の

アラフォー婚活女子です。ご意見ください

アラフォー 婚活 後悔

アラフォー世代は1年間に15万人結婚しています これは国立社会保障・人口問題研究所が発表している最新の人口統計資料です。 国立社会保障・人口問題研究所は厚生労働省管轄の機関ですので信頼できる情報ですし、どなたでもネットからアクセスすることができます。 アラフォー世代(30代後半~40代前半)の男女の年齢別初婚推移のグラフです。 1980年からのグラフですが、初婚の年齢は男性、女性ともに高齢化しており、ニュースなどでよく言われている 『晩婚化』の実情がわかります。 ただ、このグラフから言いたいのはそういうことではありません。 2013年の 男性30代後半の方は 6万人以上、40代前半の方は 25,000人以上が結婚しています。 また、 女性30代後半の方は 5万人近く、40代前半の方は 14,000人以上が結婚しているということです。 アラフォー世代で考えると、じつに1年間で 15万人近くの方が結婚しているのです! アラフォー女性の出産が増えています もうひとつの統計情報は、女性の年齢別修正数のグラフです。 つまり、子供を出産した女性の人数を年齢別にプロットしたグラフです。 2000年のデータと2013年のデータを対比させてみました。 いかがでしょうか。 2000年では20代での出産が圧倒的に多いですが、2013年では20代での出産が減って、 30代後半~40代前半での出産が増えているのがわかります。 まさに アラフォー女性の出産が増えているのです! アラフォーだって結婚できるし、出産もできる! と言うかむしろ、 仕事も恋愛も一通り酸いも甘いも経験し、人生の楽しみ方を知っているアラフォーだからこその「大人婚」、 そして成熟したからこそ、余裕ある子育てを楽しむ男女が増えているのです。 でも、 行動しなければ、それは無理。 もし、そんな結婚生活や出産そして育児を望んでいても何もしなければ叶いません。 そうは言っても何をすればいいか、何から始めればいいか分からない。 どうやって婚活したらいいか分からない。 そんな疑問持っていませんか? そんなあなたをサポートするのが 『結婚相談所』です。 結婚相談所はそんな婚活初心者の道しるべのような存在です。 独自のサービスで婚活成功に向けて強力なサポートを提供してくれます。 結婚への近道は結婚相談所 たとえ結婚相談所の紹介がきっかけで結婚しても、出会いを除けば 普通の恋愛と何も変わりません。 普通の恋愛における出会いと根本的に違うのは、お互いに 「良い人がいたら、すぐにでも結婚したい」と思っていること。 そして、 相手に結婚願望があることをお互いが知っていること。 結婚相談所が「必勝の婚活」という理由のひとつがそれです。 つまり 「話が早い」のです。 この人という人が見つかれば、ゴールまではとんとん拍子で進みます。 また、結婚相談所は、 女性慣れしていない男性の味方でもあります。 それは、カウンセラーが初対面から交際期間、プロポーズに至るまで、あれやこれやとアドバイスしてくれるからです。 女性と話すのが苦手だったり、あまり女性とお付き合いしたことのない男性でもカウンセラーのアドバイスを素直に聞いて、短期間でゴールに至った例は山ほどあります。 女性でも、適度に干渉され、客観的アドバイスが欲しい人、またはどんどん踏み込んで欠点を指摘して欲しいという人は結婚相談所に登録すれば短期間でのゴールインも可能です。 結婚相談所が注目される理由 結婚相談所が今、注目されています。 その理由のひとつが 「婚活ブーム」。 今まで結婚に関心が無かった人、結婚したくても一歩踏み出せなかった人がもこのブームにより、 密かに動き出しているのです。 会社での評価も高く、経済的にも余裕のあるアラサーやアラフォー世代。 出会いの機会を増やすための手段の一つとして、そして遊びの恋ではなく、 生涯を共にするパートナーを見つけるために効率よく相手を探すために、結婚相談所に登録する人が急増中です。 仕事を頑張って、自分磨きをして、あとは結婚というステップのなかで、結婚相談所は大人の男女が将来をしっかり見据えて出会うための最強で最良なパイプ役となっています。 自分のスタイルにあった結婚相談所を選ぶと、結婚願望が高い相手と出会える可能性が高くなります。 数ある結婚相談所の中からどれを選んだら良いか分からないという方は多いです。 そういう場合は、自分のスタイルにあった結婚相談所をピックアップしてくれるサービスがあります。 10個の質問で あなたに合ったオススメの結構相談所を教えてくれます。 独自の審査基準をクリアした 信頼できる結婚相談所が厳選されています。 徹底したセキュリティで 個人情報が保護・管理されますので安心です。 無料で一括比較でき、オススメの結構相談所を見つけることができます。 もちろん、 資料請求も無料です。 しかも今なら 婚活支援金もゲットできちゃいます! 厳しい基準をクリアした 厳選16社からあなたに合った結婚相談所が選べます! 最大10社の結婚相談所の資料を一括請求できます。 もちろん 無料! 個人情報の取扱い、セキュリティも万全です。

次の

アラフォー婚活を成功させる方法7つ! 40代の婚活は厳しい?

アラフォー 婚活 後悔

もくじ• アラフォー女性はあえて厳しい婚活を選びがち!? わたしのアラサー当時は真剣さが欠如していたのは事実ですし、婚活と言いましても婚活サイトに登録したり婚活パーティーに参加したくらいでしょうか? しかもどれもこれも中途半端。 気が付けば30半ばで焦りを覚え、本格的に結婚相談所にて婚活を開始し6年間(休会やサービスの乗り換えを入れると実質3年間)もおこないなんとか成婚にいたりました。 成婚後はその結婚相談所の担当の口利きで婚活カウンセラーを職業としております。 ですのでアラフォーの婚活事情は、 自身の体験から得たものと カウンセラー従事で得たものとで皆様の思いや悩みを十分理解できると自負しております。 アラフォー女性のベストな婚活スタイルとは!? わたしもそうでしたが、アラフォーともなるとマッチングアプリや結婚相談所のお見合いなど、「初めまして!」から始まる1対1のやりとりが面倒となりませんか? そうなると人が多く集まるような婚活パーティーなどに行ってしまいがちなのですが、それがアラフォー女性はあえて厳しい婚活を選んでいるということになります。 理由は明確で、短い時間に多くのかたと接するも多くの男性が判断するのは女性の容姿であり、こちらも相手の性格を判断できずただの遊び相手探しの男性にふりまわされるだけのケースも。 わたしがもし今活動をおこなうとすればまず結婚相談所に入会し、それと同時に無料で使えるマッチングアプリを並行でいくつか利用するのがベストであると思います。 「面倒で大変そう!」と思われるかもしれませんが、短期集中で頑張られてみてはいかがでしょうか?3ヵ月集中したら1ヵ月お休みするといったペースで十分です。 私もアラフォーで婚活していたので、そこを悟りました。 面倒であれ一期一会を大切にしながら活動することが一番の近道であることを。 参考記事: 参考記事: アラフォー女がマストである現実的なターゲット設定と今すべきこととは!? あなたの年齢はいくつで、いくつの男性をターゲットとされますか? まずは年齢的なものをみていきましょう。 未婚者アンケート 対象:男性2155名 女性1461名 出典元:エキサイト婚活 上の図のとうり、• 37歳と38際の方でお相手の男性はギリギリ 42歳以上~• 39歳以上の方では 45歳以上~• 41歳の方で 48歳以上~ の方がターゲットとなっていきます。 たまに年下を希望されているアラフォー女の方がいらっしゃいます。 未婚で驚かれている芸能人の石田ゆり子さんや深津絵里さんなどであれば、たくさん希望者はいらっしゃるでしょうが、一般の方では余程の美貌をお持ちでないとまずお申込みされません。 現実は、 上の図よりもターゲットは上のかたになると自覚された方がよいでしょう。 アラフォー女性の婚活は見た目年齢で厳しさに大きな差が生じる! 30代後半の男性と40代後半の男性というと10歳も違いますが、この年代からの見た目で言いますと人によって見た目年齢はまったく異なり、30代後半の方よりも40代後半の男性の方が ずっと若々しく見えるケースは多分にありませんか? 大半の要素は、頭髪の問題を先頭に普段のお仕事柄や責任感からくるエネルギーにより、清潔感や身だしなみ等などで圧倒的な差が見受けられるのです。 男性でさえそうですので、 女性の場合は日常のスキンケアや体型維持、トレンドのアンテナなどを意識されているかたとそうでないかたとでは雲泥の差を生じさせるのですが、とくに女性は毎日お化粧をすることで鏡で自身の顔を見るので麻痺していく傾向が強いのが難点。 なかなか見た目年齢において老化には気づけません。 たまには自身のスマホで自撮りされると「ハッとなるはず」。 そこに映っている写真こそが相手が見えている姿。 これはオススメの確認方法です。 けっきょくアラフォー世代の年齢的な問題は男女問わず、見た目年齢が大切な要素となりますので、素敵な王子様がいつ現れてもよいようにアラフォー女は 自分磨きの準備を普段から忘れないことが肝心となります。 厳しいと感じる大きな要素は同年代に振り向いてもらえないからでは!? 男性の大半は若い女性を好む傾向にあるのが問題点。 その傾向は、生理的に男は子作りを求める本能が備わっているからです。 40代の男性が平気で20代の女性に駆け寄り軽くあしらわれる光景を婚活を通じて何度も目にしました。 カウンセラーをおこなっていてもアラフォー男性の希望相手の年齢は同年代はほぼなく、30代前半から30代半ばであるのは事実です。 なかには 絶対20代と言い切る手に負えないアラフォー男性もいますが、プロフィールを見て アラフォーの美人に申し込んでいるという「けっきょく、顔?」とつっこみたいパターンの男性もいます。 男は単純な生き物だなと感じるいっぽう、やはり見た目年齢が大事だなと思われます。 同年代のアラフォー男が「絶対に20代女性を」とか滑稽でしょうが、 男はそういう本能が備わった生き物であり、何度も繰り返したあげくにやっとムリな行動であることを学習します。 同年代のアラフォー男性が30代前半狙いというのは、出産の件があがってくるとアラフォー女としてはツライですよね。 その話題になると厳しいというのは納得せざる負えません。 ただし昨今は医療技術もハイペースで飛躍的な進化をしておりますので、高齢出産の例も数多く出てきております。 とはいえアラフォー女はまさに ギリギリのライン であることは事実ですので、子供の件を抜きにしましても将来の人生設計を真剣に考え、後悔しないように行動に移すことが大切でしょう。 同じアラフォー女といえど30代後半と40代前半では婚活の厳しさはまったく違うのでしょうか!? 30代後半と40代前半の厳しさはまったく違ってきますし、さらに言いますと1歳違うだけで変化するのが現在の婚活です。 と言いますのも、マッチングアプリや婚活サイトに結婚相談所しかりすべての婚活サービスがデータベースの検索が活用されるからです。 たとえばある男性は出産のことを考慮に入れ、上が38歳までと検索するかたもいれば、30代までと上が39歳と検索されるかたもいらっしゃいます。 40代においても43歳まで42歳までと、入力はさまざまです。 ここが非常にポイントであり、たった 1つの歳の違いで検索画面にプロフィール 表示される されないとなり、つまり男性の目に映るかまったく映らないかの差は確率が1か0しかありません。 これはわたしも思いっきり感じてきました。 とくに37歳から38歳になった歳と、39歳から40歳になった際の申込み激減ぶりはすさまじかった。 ですのでわたしの担当会員さんには後悔させないようにいつも「 過去に戻れないあなたの人生で一番若いのは今!」を言い続けております。 アラフォー30代後半女の婚活の現実とおこなうべき行動とは!? そもそも 30代後半女に婚活需要はあるのか?という質問をされることがあります 実は 「 大アリ 」です。 30代後半女がいなくなると、アラフォー~アラフィフ男性の婚活はまったく機能しなくなるでしょう。 とはいえ30代後半女に関しては、「焦りはせずとも急げ!」が本音であり大きなポイントです。 決して大袈裟ではない30代後半の1歳の重み! ここ数年、少子高齢化という文字がメディアを通じてよく目にします。 あわせて関連付けされているのが晩婚化であり、これに関しては国や地方自治体においても注力しております。 女性の社会進出を推進することと、このことは相反して矛盾しているようにも感じはしますが、そのような背景のもとネットやSNSや婚活パーティーや結婚相談所等の婚活支援サービスが、増加とともに多種多様に変化しているのも実情です。 とくにスマホ普及による ネットサービスは莫大な情報データを利用し、便利で簡単に婚活支援をおこなえるツールとして取り上げられ、今や結婚相談所も同等なコンテンツをフル稼働させております。 ここで上にも記しましたが、30代後半女性に襲いかかる「データ漏れでプロフィールさえ表示されないという現実」 1歳年齢を重ねるだけで お相手からの年齢の 条件検索から漏れる ことになりかねないという事です。 ~37歳まで~38歳まで~39歳まで、男性それぞれ考えが相違し検索します。 急ぎましょう! 30代後半女でバツイチの影響は!? はっきり言いまして今の時代はバツイチなど まったく影響はないですよ。 婚活で成婚した私の旦那曰く、「プロフィールを見て子持ちでなければバツイチであることを気にしたことはない、今までに籍を入れたか?かだけで、 過去の彼氏の一人という感覚で見ていた」と申しております。 私は初婚でしたが、逆にこの年齢で初婚というのを気持ち悪がられているのでは?という発想さえ浮かんだものです。 時代の流れだと思います。 アラフォー世代の考え方であり、無責任な発言かもしれませんが、籍といものの出し入れがあっただけで、長いお付き合いをした元カレがいたんだ!って感覚の方が多いのではないでしょうか? あとは、上記の「30代後半女で未婚の婚活」と意識する点は変わらないと思います。 30代後半女性でバツイチ子持ちの婚活 ご自身が思ってらっしゃるとうり、お子様がいらっしゃるという事実は正直婚活に大変 不利ではあると思います。 正直に記して気持を悪くさせたらごめんなさい。 これも男性である旦那の意見の方が役立つと思いますので、旦那曰く「お申し込みがあって、お子様がいらっしゃった場合は、お断りさせて頂いておりました」との事。 しかし普段出会いが無く再婚を希望されているならば婚活を行うしかありません。 ここ最近ではバツイチ前提の婚活パーティーなども行われておりますし、そういった企画の体験談を見てみると子持ちの件は普通に多いようです。 しかしアラフォーという年代も考えますと、専属のアドバイザーが付いてくれる結婚相談所を利用するのが妥当であると私は思います。 ちなみに私がカウンセラーをおこなっている結婚相談所の会員様の中にも同じ境遇の方はたくさんいらっしゃいますし、私が担当している会員さんで先日成婚されたかたもいらっしゃいます。 苦労されてらっしゃったので、自分のことのようにともに喜びを分かち合えました。 とはいえ無責任な発言はできませんので、まずは無料で入会前に相談所のアドバイザーにヒアリングしてみられてみてはいかがでしょうか? 参考記事: アラフォー40代前半女の婚活の現実とおこなうべき行動とは!? 39歳と 40歳は検索条件において 大きな違いが出ることは上で説明させて頂きました。 とはいえ過去を振り返って後悔してもタイムマシンもありませんので、 過去に戻れるわけはなく悔やんでいるだけでは前にはまったく進めません。 40代前半女で未婚の婚活 この恐ろしく晩婚化した日本では40代前半女性であっても 需要はあると言い切れます。 なぜならばこんな私でさえ現実に41歳で初婚成婚できましたから。 ただしこれから婚活をされようと考えられているならば選択肢は限られますので絶対に遠廻りをされないでください。 まずお見合いパーティー(結婚相談所などが主催するパーティーは除く)や婚活サイトなどは正直言って厳しいと思われますし、40代前半世代には効率が良くありません。 対策としましてコストはかかりましても、結婚相談所で活動された方が宜しいかと思います。 また多くの結婚相談所があり悩まれるかもしれませんが、サポートセンターなどではなく 専任のアドバイザーがしっかり付くようなところを選ばれたほうが絶対に宜しいかと思います。 立ちはだかる出産問題 あなたが余程の美貌をお持ちなら話は別ですが、男性は40代であろうが身の程も知らず平気で30代前半をターゲットにしがちです。 また相談所も相手の希望欄に年齢を記します。 今では40歳超えての出産も出来ると思いますが、男性側が 出産の事も念頭にあるのが事実です。 厳しいことばかりと感じられるでしょうが、あくまでもデータ上の話であり、婚活サイトのようなデータがすべてのようなものでなく専任のアドバイザーが付くような相談所では、データを抜きにしたお世話も親身になっておこなってくれるところはたくさんあります。 また条件希望欄には当てはまらないが、その条件希望近辺の方をアドバイザーさんに勧められて直接会ってみたら意気投合というケースも多いです。 これって 条件検索の欠陥ですよね? あと追記しますと、ターゲットはアラフィフにされるのが賢明です。 同年代の男性の大半は完全に30代をターゲットとされていることだけは間違いないと思われます。 アラフィフなどムリ!と言われる方は難しいでしょうが、アラフィフでも見た目年齢が若い方もいらっしゃるでしょうし、仕事に生きてしまってご縁のなかった素敵な方もいらっしゃいますよ。 40代前半女でバツイチの婚活 30代後半女でバツイチの婚活でも記しましたが、今の時代はバツイチなど 関係ないと思います。 婚活で成婚した私の旦那曰く、「プロフィールを見てバツイチであることを気にしたことはない、今までに籍を入れたか?かだけで、過去の彼氏の一人という感覚で見ていた」と申しております。 私は初婚でしたが、逆にこの年齢で初婚というのを気持ち悪がられているのでは?という発想さえ浮かんだものです。 時代の流れだと思います。 アラフォー世代の考え方であり、無責任な発言かもしれませんが、籍といものの出し入れがあっただけで、長いお付き合いをした 元カレがいたんだ!って 感覚の方が多いのではないでしょうか? あとは、上記の「40代前半女で未婚の婚活」と意識する点は変わらないと思います。 40代前半女性でバツイチ子持ちの婚活 ご自身が思ってらっしゃるとうり、40歳を超えてらっしゃってお子様がいらっしゃるという事実は正直婚活に 相当不利ではあると思います。 正直に記して気持を悪くさせてしまって申し訳ありません。 とはいえ再婚願望があり、普段の生活でそのような出会いがないのであれば、専任のアドバイザーがしっかり付く結婚相談所にて活動されてみては如何でしょうか?中にはあなたの魅力を受け入れてくれると同時に、お子様を喜んで受け入れてくれる方がいる確率がないわけではありません。 お子さんが欲しくても出来なかった バツイチのアラフィフの素敵な方と巡り合えるチャンスもあるわけです。 そのようなセッティングはプロのアドバイザーさんに任せるのが一番であると思います。 アラフォー女の婚活の条件について 昔の女性は男性に対し3高: 高身長・ 高学歴・ 高収入というものを結婚相手に求めたものです。 今でも3高を条件にという方も一部いらっしゃるとは思いますが、高収入に関しては日本人男性の平均年収は年を追うごとに下降傾向にあり、全体平均でも500万円を切っております。 そのような中で、高収入というものをいくらからと設定するかにもよりますが、もし高収入かつ、独身である、かつ出会いの機会があった、かつその人が自分を気に入ってくれるということを考えると・・・。 その確率は?って感じです。 そのような背景から求める条件も、• 性格の相性• 思い遣り• 収入の安定• 食事の好み というように、緩和されてきております。 たとえば結婚相談所の自身のプロフィールには、出身地、現住所、年齢、続柄、身長、体重、血液型、婚歴、結婚後の同居家族、学歴、資格、職業、年収、勤務地、資産、養子縁組、宗教活動、お酒、たばこ、趣味、家族構成などなど、たくさんのことを記します。 では緩和された条件をプロフィール上で判断するには、 職業および年収くらいでないでしょうか。 その他の条件は、結局 お会いしてお話をしてみないことには何も始まらないということです。 会う前から条件へこだわりが強い(そもそも条件にこだわれる年齢ではない自覚が大切)と出会いの幅を狭めてしまいかねないのと、たとえ条件が素晴らしくともお会いしてガッカリするケースは多いです。 条件の幅を広げるということは、決して妥協をするということではありません。 ご自身に意気投合できる相手が見つかる選択肢が広がるということです。 まとめ いかかでしたか?• アラフォー女の婚活が厳しいかどうかは本人次第• 男性の大半は若い女性を好む傾向にある• アラフォー女の婚活は1歳年齢を重ねるだけで命取りである• アラフォー女においてのバツイチは婚活になんの影響もない• 条件の幅を広げることが成婚への近道である 最後に・・・ 冒頭で30代後半女は、焦りはせずとも急げ!と記しました。 急いで何をすれば!? まず、当記事に記しましたとうり、アラサーのような時間の余裕はありません。 本文の繰り返しにはなりますが、とくにお伝えしたいのが自身の経験上30代後半からの婚活サイトや婚活パーティーは時間とお金のムダで 遠回りになるケースが多いので、結婚相談所しかありえないとわたしは思っております。 私は手探りで寄り道(色々なサービスを試す)や休憩(疲れて)ばかりして、遠回りをしてしまいました。 長く婚活を経験してきた今現在の知識があれば、1年くらいで成婚できると思います。 コンレク管理人:美喜.

次の