ピル 出血 止まらない。 プラノバールを飲んでも出血が止まらない!病気の可能性も。

ピルの服用中に不正出血が…!どれくらい続く?飲み忘れも原因に!

ピル 出血 止まらない

避妊薬としてだけでなく、生理痛の軽減やニキビの治療にも広く使われる低用量ピル。 安全性が認められている一方で、副作用が気になるのも事実です。 今回はとくに不正出血に注目し、ピルの身体への影響とその対処法についてお伝えします。 ピルの副作用で不正出血が起こる原因 ピルとは?月経や妊娠・出産に深く関わる2種類の女性ホルモン「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の成分が配合されている薬です。 避妊効果が得られるのは、排卵をストップさせる作用があるからです。 通常は21日間ピルを内服し、7日間休薬するというスケジュールで服用します。 休薬中に月経よりも量の少ない出血があります。 飲み忘れを予防するため、偽薬として休薬期間にもビタミン剤などを併用し、毎日薬を飲む方法もあります。 ピルを服用することで月経周期をコントロールしたり、重い生理痛を緩和する効果を期待できたり、子宮内膜症やニキビなどの治療に用いられたりすることもあります。 また、コンドームなどを使用した避妊方法に失敗した際などに、緊急避妊薬として処方されるケースもあります。 不正出血の原因ピルを内服することで起こり得る副作用としては、吐き気や偏頭痛、むくみなどがありますが、3ヶ月以内に治まることがほとんどです。 初めてピルを使用する場合、月経の開始に合わせて飲み始めると、ブレーキがかけられたような状態になり、少量ずつの出血が長く続いてしまうこともあります。 身体から分泌されている女性ホルモンとピルに含まれる女性ホルモンが合わさることで、ホルモンバランスが乱れて出血が起こる可能性もあります。 このような不正出血は、身体が慣れてくると治まることがほとんどです。 基本的には処方されたとおりに薬を飲み続けることが原則です。 出血が気になって自己判断で薬をやめてしまうと、抑制されていた排卵が再開します。 するとさらに不正出血が起こることもありますし、ピルの内服によって期待できる効果も得られなくなってしまいます。 とはいえ、どれほどまで様子をみていても問題ないのか、薬の効果が本当に得られているのかなど、最初はとても心配になるでしょう。 不正出血がある場合には、出血量やタイミングを記録しておき、続く場合はかかりつけ医に相談することをおすすめします。 また、長期にわたって内服をする際は、身体に異常や変化がないか、定期的に検査を受けて確認しておくと安心です。 不正出血が塊で出てくる、色が茶色い場合 塊で出る場合の原因月経でも血の塊のようなものが混じる場合がありますが、ピルを内服している/していないに関わらず、いつもと違う不正出血があったときには注意が必要です。 何か病気が隠れている可能性もあるからです。 不正出血の症状を伴う病気としては、子宮筋腫や子宮内膜症、子宮頸がん、卵巣がんなど、子宮や卵巣などに関わるさまざまなものが考えられます。 ホルモンバランスが乱れやすい更年期や閉経後にも、不正出血がみられることもあります。 そのほか、クラミジアなどの性病も不正出血を起こす原因の一つです。 良性のものであれば治療によって完治しますが、がんなど悪性の病気が原因となっているケースでは、治療に時間を要する場合もあります。 不正出血がみられるとき、とくに塊のものが続くときは、一度受診することをおすすめします。 色が茶色い場合の原因性器からの出血は、必ずしも赤色とは限りません。 出血してから身体の外に出るまでに時間がかかっている場合は、茶色になっていたり、少量であれば黄色にみえたりすることもあります。 色だけで原因を判断することはできませんが、出血の原因としてはさまざまな可能性が考えられます。 茶色だから心配ないと思っても見逃さず、量や頻度を把握しておきましょう。 いつまで経っても不正出血が治まらない場合は? 原因病気が原因でない場合には、他の要因も考えられます。 たとえばピルが身体に合っていないとき。 使い始めはとくに不正出血が続くことも珍しくありません。 錠剤のホルモン成分配合量の違いによって、ピルにもさまざまな種類があります。 個人によって効果や副作用の出方にも差があるため、ピルの種類が合わず、うまくコントロールされていない可能性もあります。 また、体調不良や下痢などで、腸の粘膜から薬の成分が十分に吸収されていない場合もあります。 さらに一部の下剤や便秘薬など、ピルの働きを抑える薬を一緒に飲んでいるときも、不正出血が続くことがあります。 対処法ピルは、正確に内服し続けることで効果が期待できる薬です。 飲み忘れが続くことも不正出血の原因となるため、処方された内容を守りましょう。 また、薬の種類が身体に合っていない場合や、他の薬との飲み合わせに問題がある場合などは、症状を詳しく医師に伝え、相談してみましょう。 不正出血の陰には病気が隠れている可能性もあるため、早めに対処することが大事です。 出血が続いてもピルはやめない方がいい? ピルを初めて使用する場合や、お休みしていたピルを再開した場合などは、不正出血が起こることも珍しくありません。 少量の出血であれば内服を続けることが原則ですが、判断が難しいこともあります。 まずは電話で病院に相談することもできます。 気になる症状は放置しないようにしましょう。 薬のタイプによっては、出血の量が減り、ほとんどなくなる可能性もあるため、そのようなケースで診察の結果も問題ないようであれば、様子をみましょう。 参考URL・日本産科婦人科学会 「不正出血」・日本家族計画協会 「不正出血」 参考北村邦夫 『からだにやさしいピルの本』講談社,1999 執筆者:南部 洋子(なんぶ・ようこ)助産師・看護師・タッチケアトレーナー。 株式会社 とらうべ 社長。 国立大学病院産婦人科での勤務を経て、とらうべ 社設立。 医療職が企業人として女性の一生に寄り添うことを旨とし、30年にわたって各種サービスを展開中。 監修者:株式会社 とらうべ助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士などの医療職や専門家が在籍し、医師とも提携。 医療や健康、妊娠・出産・育児や女性の身体についての記事執筆や、医療監修によって情報の信頼性を確認・検証するサービスを提供。

次の

低用量ピル使用中の不正出血

ピル 出血 止まらない

このページの目次• 生理の出血が止まらない!正常な生理って? 生理の出血が止まらずに長引いてしまうと、精神的にも肉体的にも苦痛に感じますよね。 いつまでもナプキンを使用しなくてはなりませんし、病気ではないかと心配して過ごしていると心も不安定になってしまいます。 では、一般的に問題のない生理周期や生理の期間、生理の時の出血量はどのくらいになるのでしょうか。 正常な生理周期 正常な生理周期は25日~28日と言われています。 生理の周期については、毎月必ずこの周期だとは言い切れませんので、この周期から5日程度までならずれてしまっても問題はありません。 正常な生理期間 正常な生理期間は3日~7日になります。 ほとんどの女性は生理が来てから2日目の出血量が一番多くなり、5日目くらいまでには生理が終わります。 正常な出血量 生理の周期や期間以外にも大切なのが生理の出血量です。 正常な出血量は50ml~150mlで個人差があり、その月の体調やホルモンの状態によっても出血量は変わります。 生理の出血が8日以上続く原因は? 生理の出血が8日以上続いてしまうときは、病気や身体の不調のサインのことがあります。 毎月の生理が8日以上続く場合は、婦人科を受診して正しい診断を仰ぎましょう。 生理が8日以上続くことを「 過長月経」といい、過長月経は色々なことが原因で起こります。 生理の出血は、古くなった子宮内膜が剥がれ落ちることにより起こります。 子宮内膜が剥がれる時間には個人差があるため、ゆっくりと剥がれる人は生理の期間も長くなります。 元々出血する期間が長かったわけではないのに、生理の出血が8日以上ダラダラと続く症状が毎月起こるようであれば婦人科を受診しましょう。 ホルモンバランスの乱れ ストレスや生活習慣の乱れ、ダイエットなどでホルモンバランスが乱れてしまうと、生理が止まらない原因になることがあります。 女性の身体は卵胞ホルモンの「エストロゲン」と黄体ホルモンの「プロゲステロン」という2つの女性ホルモンが分泌されることによって生理が来ます。 でも、ストレスや生活習慣の乱れ、ダイエットなどが影響して ホルモンのバランスが崩れてしまうと、生理の出血がなかなか止まらずにダラダラと続いてしまうことがあります。 低用量ピルの服用 低用量ピルには一定のホルモンが含まれています。 低用量ピルを服用している人は、ピルの影響で経血がスムーズに排出されなかったり、ホルモンを抑えることが出来なくなることで少量の出血が続いてしまうことがあります。 特にピルを飲み始めたばかりの頃はこういった症状が出やすいので、ピルを処方してくれたお医者さんに相談してみるようにしまよう。 生理の出血が長く続くのは病気のサイン? 生理の出血が止まらずにいつまでも続いてしまうときは、婦人科系の病気が隠れている可能性もあります。 出血が続く症状と合わせて、ひどい生理痛や出血の量が多いなどほかの症状もある場合は、過長月経になってしまう原因が病気の可能性も考えられます。 早めに婦人科を受診しましょう。 また、生理が長く続いてしまう過長月経と一緒に起こりやすいのが「 過多月経」というもので、これは生理の時の出血の量が多くなってしまう症状のことを言います。 過多月経の症状は、1時間ごとにナプキンを取り換えなければならないほど出血量が多い、昼間でも夜用ナプキンを使う、寝ている間にシーツを汚してしまうという症状が見られます。 また、レバーのような血の塊が出るというのも、過多月経の兆候になります。 婦人科系の病気かどうか心配な時は、 過長月経と合わせて過多月経の症状がないかについても確認してみましょう。 無排卵月経 生理が来ているのに排卵が起きていないことを無排卵月経といいます。 更年期や初潮を迎えたころに起きやすいですが、30代の女性にも起きることがあります。 排卵が起きていないとホルモンのバランスが崩れて生理が長引いてしまうことがあります。 生理の期間が2週間以上ある場合や妊娠を望んでいる場合はもちろんのこと、卵巣機能の異常などの病気が隠れている心配もありますので、早めに婦人科を受診するようにしましょう。 子宮筋腫 子宮の壁に出来るコブで、30歳以降の成熟期に多く見られるものです。 コブの大きさや出来た場所によっては生理の出血が長引いてしまうことがあります。 子宮筋腫の場合は出血量も多くなり、症状によっては手術が必要なこともありますので、婦人科を受診して医師の診断を仰ぎましょう。 子宮腺筋症 子宮内膜の細胞と似た細胞が子宮の中に入り込んで増えていく病気で、30代後半~40代の女性に見られます。 ひどい生理痛、出血量が多いといった症状が現れ、症状が進むと生理の時以外にも腹痛が起きることがあり、排便の時や性交の時にもお尻の奥の方に刺すような痛みを感じることがあります。 強い痛みを感じる理由は、子宮の中の壁が厚くなって子宮自体も大きくなり、生理の時に起きる子宮の収縮の痛みがひどくなるからです。 子宮腺筋症とは、子宮内膜に類似する組織が子宮の壁である子宮筋層内で増殖し、子宮全体または筋層の一部が厚くなり、子宮が腫大する病気です。 子宮が大きくなることにより、下腹部にお腹の張りを感じることもありますし、子宮の周辺の臓器や神経が圧迫されて腰痛や骨盤の痛み、頻尿といった症状が起きることもあります。 子宮内膜ポリープ 生理になる前から少量の出血があり、生理が終わる頃になっても出血がなかなか止まらないという症状が現れます。 40代~50代の女性に多く見られ、生理の時以外の排卵時に出血をすることもあります。 生理痛がひどくなる、月経量が多くなるといった症状が出ることもあります。 子宮頸がん 子宮頚部に出来るがんで、初期の場合は症状が出ないことがほとんどです。 がんが進行すると出血がなかなか止まらなくなったり、生理と生理の間に出血することがあります。 子宮頸がんは、20代後半~40代前後に多く見られます。 年齢別にみた子宮頸がんの罹患率は、20歳代後半から40歳前後まで高くなった後横ばいになります。 近年、罹患率、死亡率ともに若年層で増加傾向にあります。 子宮体がん 子宮内膜に出来るがんで、がんと診断されるのは40代から増えていき、50代や60代の閉経前後に最も多くなります。 妊娠の経験や出産の経験がない人に多くみられるがんで、生理不順が長く続いていた人にも多くみられます。 エストロゲンが関係していると考えられる子宮体がんに関しては、肥満、閉経が遅い、出産経験がないなどの場合に、発症のリスクが高くなることがわかっています。 生理が終わらないのは不正出血の可能性も 生理周期が安定しない人や、生理が来るころ・終わるころに不正出血をしてしまうと、生理と見分けがつかないこともあります。 そんな時は、基礎体温を計って自分の生理周期を把握しておくと良いです。 基礎体温を記録しておくと、生理の周期や排卵の有無、次の生理のタイミングを予測することが出来ます。 基礎体温のグラフをつける 基礎体温は「 高温期」と「 低温期」に分かれています。 生理周期が25日~38日の正常な周期の人の場合は、 生理が開始した初日を第1日目として低温気が14日間ほど続くようになります。 低温期の後に排卵日があり、 高温期になって体温が高い期間が約14日間続きます。 そのあとに生理が気て低温期になるのですが、グラフを付けたときに綺麗な2層のグラフになれば女性ホルモンが正しく分泌されているということになります。 排卵の有無を確認することが出来れば、無排卵が原因で生理の出血が長引いているのかどうかのおおよその判断をすることが可能です。 基礎体温を計測して自分の生理周期を把握できれば生理のタイミングを予測することが出来るため、止まらない出血が不正出血なのか・生理なのかを判断することが出来るのです。 生理が終わらずに茶色の出血が続く場合 生理の時の出血の色は鮮血ですが、生理が終わる頃になって茶色の出血がダラダラと続くこともあります。 生理が終わるころ、おりものに混ざったような茶色の出血と鮮血だった出血期間を合わせて8日以上出血がある場合は心配する必要がないケースが多いです。 茶色の出血がある場合、その経血は膣の中から出てくるまでに時間がかかった経血で、スムーズに身体の外に出て来ずに体内に長くとどまっていた経血です。 生理の始まり付近に茶色の出血があった場合は前回の生理で排出できなかった経血の可能性があり、生理の終わりころに出た茶色の出血は経血の残りがおりものに混じって出ていることが考えられます。 ですが、 下腹部の痛みや下腹部の張りなどの違和感がある場合は子宮筋腫などの病気の可能性もありますので婦人科を受診しましょう。 まとめ 生理がいつまでも止まらない時は、ホルモンバランスの乱れやストレス、病気が原因になっていることがあります。 また、低用量ピルを服用している人も、ピルの影響でホルモンを抑制することが出来ずに生理がダラダラと続いてしまうことがあります。 病気が隠れている場合は早めに婦人科を受診した方が良いですから、生理がいつまでも止まらなかったり、経血の量が多いときはなるべく早く婦人科を受診しましょう。 また、生理が止まらないと思っていたのに実は不正出血だった!ということもありますので、毎日基礎体温を計測して自分の生理周期を把握しておくのも良い方法です。 女性の身体はとてもデリーケート。 ストレスやダイエットなどが影響して生理に異常が出ることもありますので、心や体に負担をかけない生活を心がけましょう。

次の

女性の出血って複雑!消退出血ってどんなもの?

ピル 出血 止まらない

東京女子医科大学医学部出身 現在産婦人科医として多方面にて活動をおこなっている。 信憑性ある情報を発信していく。 低用量ピルの服用中に不正出血が起こることがあります。 服用開始から1シート目 10錠 で出血がみられる場合が多く、出血の量や症状、おさまるまでの期間は人によって異なります。 この記事では不正出血の原因や症状、対処法について詳しく説明します。 ピルによる不正出血の特徴 1. 不正出血とは?ピルの服用中に起こりやすい 不正出血とは生理ではないタイミングで出血する状態を指します。 ピルの服用中に起こることは珍しくありません。 不正出血の症状について 不正出血の症状は、生理が長引いているような状態として現れます。 出血量はどのくらい? 生理と同じくらい大量の出血があったり、おりものに混じる程度の少量の出血であったりと、量は人によって様々です。 血液状態について 出血の色についても、次のように様々なケースがあります。 不正出血の期間 個人差はありますが、不正出血は1日〜長期にわたって続くことがあります。 1シート目で不正出血がみられても、ほとんどの場合は2シート目でおさまります。 しかし3シート目以降も不正出血が続く場合は、子宮筋腫や子宮癌などの可能性もあるため医師に相談しましょう。 ピルで不正出血が起こる理由 1. ホルモンバランスの変化が影響している ピルによる不正出血は、理由としてホルモンバランスの変化が挙げられます。 一般的にピルは生理が始まったタイミングで服用しますが、服用を開始した頃はホルモンバランスの変化が起こります。 これにより本来生理で排出されるはずだった経血が、子宮内に留まってしまうことがあります。 子宮に残った経血は不正出血として、タイミングを調節しながら徐々に排出される仕組みです。 ピルの飲み忘れも原因の一つ! ピルの飲み忘れにより不正出血が起こる場合もあります。 ピルは体内に女性ホルモンを投与する効果があります。 そのため飲み忘れると女性ホルモンが減少し、子宮内膜 子宮の内側の薄い膜で、月経の際に一部はがれ落ちて血液と一緒に排出される)の維持が難しくなります。 結果として生理のような状態で出血が起こることがあります。 ピルによる不正出血の対処法と注意点 1. ピルは飲み続けても大丈夫? 飲み続けて大丈夫です。 ピルの使用中に不正出血がみられるのは珍しくなく、一定数の方に起こることです。 不正出血がみられたからといってピルの効果が薄れたり、体に悪影響を及ぼしたりすることはありません。 体調不良がある場合は要注意 ただし下痢や嘔吐などの体調不良がある場合は、ピルを服用しても体に十分に吸収されず排出されている可能性があります。 ピルを飲み続けても悪影響はありません。 しかし、不正出血のあるなしにかかわらず効果が薄まっていることも考えられるので注意が必要です。 病院へ行くべき? 不正出血が起こっても、一時的なものなら特に病院へ行く必要はありません。 不正出血について気になることがある場合は、病院でピルを処方してもらう時に聞いておくと良いでしょう。 不正出血が続く場合は病院へ 2、3シート目も不正出血が続く場合は病院へ行く必要があります。 この場合の不正出血はピルによる副作用ではなく、子宮筋腫や子宮癌などの病気が潜んでいる可能性があります。 3シートに入っても不正出血が続くようであれば、早めに医師に相談しましょう。 メモを取ってスムーズな受診を 不正出血が起こった場合は、時期や症状を記録しておくと良いでしょう。 万が一出血が長引く場合は、その記録を持って病院へ行くと診察がスムーズです。 他の薬との併用について 他の薬やサプリメントとの併用は、できるものとできないものがあります。 薬の種類によっては体に不調をきたす原因になりかねません。 併用したい薬やサプリメントがある場合は、医師に相談しましょう。 まとめ ピルによる不正出血は決して珍しいことではないので、焦らなくても大丈夫です。 出血量や出血の状態、期間については個人差がありますが、多くの場合は2シート目でホルモンバランスが落ち着いて出血もおさまります。 まずは経過を観察し、3シート目に入っても不正出血が止まらなければ一度病院を受診しましょう。

次の