ウイング ガンダム フェ ニーチェ。 HGBF ガンダムフェニーチェリベルタのパッケージ・ランナー レビュー

HGBF ガンダムフェニーチェリベルタのパッケージ・ランナー レビュー

ウイング ガンダム フェ ニーチェ

色が同じなのでパッと見は通常のフェニーチェに近いですがほぼ全てが新規で各部刺々しいフォルムに。 今回はマスクも新しくなってるので元々のウイングからの流用は一切なし。 左右もきっちり同じに。 目つきも鋭くシルエットもシャープでアニメの印象そのままの格好良さ。 各部位など。 胴体も各部の形状など全く別物に。 中央のレンズはシールの上からクリアパーツで左右ダクトの黒もシール。 腰回り。 腰アーマーなども微妙に形が変更。 中央上部のグレーはシール。 腕や足。 肩の黄色はシール。 特徴だった前腕のクローは位置が変わり脚部も脛横に緑のパーツが付くなど色々と変更。 クローは腕の後ろ側になり上下から生えた形に。 ウイングも大型化され色形ともに大きく変化。 基部は上下左右に可動し外側の羽のみ開くことも。 4色で色分けされ見栄えも良好。 オプション。 フル装備状態。 前後の重さのバランスが取れるので武器を装備した方が自立は安定。 リナーシタライフル。 上のバスターライフル部分は共通ですが下は新規に。 主部のバスターライフル。 縦に分離する構造はフェニーチェと同じ。 分離した下部はこのままでも使える他、 更に分離してハンドライフルと、 ビームソードにすることが。 ビーム刃はサーベル用の物とは別の物が付属。 通常のフェニーチェにはなかったシールドも追加。 見た目は似てますがウイングの物とは異なりほぼ新規。 保持はウイング同様グリップを握る方式。 カバーは可動式。 ビームマント。 今回は左右に付けられるように2枚付いてました。 変形はウイングに近い感じで首を回して肩を引き下げ手首を取り外し。 ただ腰はそのまま。 股間にジョイントを取り付け太腿で挟んでロック。 膝を畳んで位置を調整し、サイドアーマーと脛横のパーツを接続。 肩とウイングも接続してロック。 ウイングの赤部分を折り曲げ。 後はシールドとライフルをつけてバードモード完成。 シールドやウイングの形が尖ってるので通常のウイングより鋭角的なシルエットに。 横から。 ジョイントはアクションベース2の他3mm径の軸のある物なら何でも使用可能。 ライフルを外すとクローも引き出すことが。 この状態でもウイングは開くことが出来ます。 ほぼ新規なだけあってサイズもフェニーチェより少し大きめに。 成型色は同じでした。 適当に何枚か。 バードモードは普通のウイングよりまとまりが良くフォルムもシャープで更に格好良くなってる印象。 リナーシタライフルはかなり大型ですがHGなので保持は片手でも十分。 シールドもグリップを握る方式ですがカバーで固定出来るので回ったりすることもなく安定してました。 関節はフェニーチェと共通のオールガンダム用なので両手持ちも問題なし。 分離させて両手に持つことも。 両側にビームマントを付ければより華麗なイメージに。 マントは裏向きでも取り付け可。 サーベル刃も長くなって迫力アップ。 サーベルは1本ですがライフルから分離したソードと組み合わせれば2刀にすることも。 他に比べるとかなり地味ですがピストルも一応。 もはやいじめ。 終わり。 以上、HGBF ガンダムフェニーチェリナーシタのレビューでした。 クロスボーン魔王と同じく終盤のみにしか出てこない出番の少ない機体でしたがこちらも無事にキット化。 関節や武器など一部は共通なものの大半は新規になっており細身なプロポーションやシャープなフォルムなど劇中のイメージそのままで色分け率も高く、関節もいつものオールガンダムプロジェクト共通の物なので可動も申し分なく非常に完成度の高い出来に仕上がってました。 だいぶ時間が経過してるみたいなので前作のキャラや機体がどこまで出てくるか謎ですが10月からは2期も始まるのでそちらにも期待です。 (プレミアムバンダイ) (あみあみ).

次の

HGBFフェニーチェリナーシタ レビュー

ウイング ガンダム フェ ニーチェ

機体解説 [ ] 諸元 ウイングガンダム Wing Gundam 型式番号 XXXG-01W 頭頂高 16. 3m 7. パイロットはドクターJの英才教育を受けた少年工作員ヒイロ・ユイが務め 、地球圏統一連合に対する一大テロ作戦「オペレーション・メテオ」に投入される。 本機はウイングゼロの設計思想がもっとも強く反映された汎用機であり 、飛行形態「バード形態」への変形や大火力武装のバスターライフルなどに共通項が見出せる。 ただし、技術的な問題点をもつインターフェイス「ゼロシステム」や、その他過剰とされる部分は撤去され、パイロットのヒイロの技量によって不足分を補っている。 本機の機動性の大半は、バックパックに接続された一対のウイングユニットに集約されている。 このユニットは単純に揚力を発生させるのみならず、翼の分割されたパーツを可動・変化させることで機体の空力特性を適宜変化させ、失速から極超音速飛行までに至るあらゆる速度域に対応することができる。 宇宙空間においても、質量移動 や内蔵されたバーニアスラスターを併用した高い姿勢制御能力を発揮する。 さらにバード形態に変形し、機動力と行動範囲を上昇させることで、ほかのガンダムよりも上の作戦行動が可能。 胴体中央に配置されたサーチアイは、頭部のカメラアイでは収集できない映像や電波情報も補足可能としている。 膝裏のレッグスラスターを駆使することで高い走力を発揮し、バード形態時の推進器としても機能する。 Endless Waltz版 [ ] 劇場作品『』公開時に、OVAでカトキハジメによってリファインされたから逆算して、テレビ版ウイングガンダムをリファインした機体。 大河原デザインのテレビ版に対し、初期はカトキ本人のイニシャルを取って「Ver. 」、もしくは「アーリータイプ」とも呼ばれていたが、漫画『I(敗栄)』で当デザインの機体が登場することなどをきっかけとして、EW版と呼称されるようになった。 本体形状はEW版ウイングガンダムゼロとほぼ同一のもの。 背部ウイングはより大型かつ複雑なパーツ構成をもち、カラーリングは鮮やかな原色系のトリコロールになり、武装も大幅なデザイン変更がなされている。 可変機構もテレビ版と一部異なる。 リファインされた機体は上記の様に、シリーズで「ウイングガンダム Ver. Ka 」、また完成品フィギュアとしてシリーズで「ウイングガンダム・アーリータイプ」という商品名で発売されている(一部媒体では ウイングガンダムカスタムという呼称も用いられた)。 本来ウイングガンダムとウイングゼロは別の機体であるため、同商品以後はアーリータイプと呼称されたことはない。 PS2用ゲーム「」では、一定の条件を満たすことで入手可能な隠しユニットとして登場する。 コクピット [ ] オペレーション・メテオによって使用された5機のガンダムのコクピットは各機共通のものを用いながらも、シートやグリップの位置は各機それぞれに個体差が存在する。 また、コクピットシートは少年の体格に合わせて作られており、大人が座席に搭乗することはできない。 コクピット部分は球状のカプセルとなっており、機体頭部の動きに連動して同じ向きに稼働する方式をとっている。 コクピットカプセル周囲はリニアフレームで覆われる。 ガンダムのコクピット部はOZ製のものとは異なり、衝撃を緩和する機能を備えたフローティングコクピットとなっている。 バード形態 [ ] ウイングガンダムの高速飛行形態。 ACの世界では航空兵力として戦闘機が現役であり、MSを飛行戦用とした場合、エアリーズのように攻撃力が低下する機体も見られた。 ウイングガンダムでは、バード形態の変形機構によって戦闘機とMS双方の機体特性を獲得することに成功している。 変形は全自動で行われ、スラスター位置や空力特性が変化する。 これによってバード形態では、各スラスターのベクトルが後方へ集中する。 バード形態は移動から空中戦闘で使用され、バスターライフルの使用も可能。 同形態時の性能は従来型の戦闘機をしのぎ、大気圏突入も可能となる。 EW版では腰は旋回せず、膝の折り畳み方向もテレビ版と逆になっている。 武装 [ ] バスターライフル ウイングゼロのツインバスターライフルをもとに開発されたビーム砲。 オリジナルのツインバスターライフルは機体本体からエネルギーを供給する方式を採用しているが 、本兵装の場合は、エネルギーを物質化寸前まで縮退化させて詰め込んだ専用カートリッジを銃身に3基装着しており 弾数は3発となる。 戦艦の主砲クラスと同等の威力を発揮する。 出力もツインバスターライフルの半分以下に抑えられている が、最大出力射撃時のエネルギーは中規模都市の1日の消費量にも相当し、射軸を中心とした周辺の大気を一瞬にして電離(化)させ、半径150メートルにおよぶ激烈なプラズマ過流と数十キロメートルにおよぶ灼熱の奔流を巻き起こすほどの威力をもつ。 また、このビーム自体が複合的な層をもち、高速で貫通力の高いビーム帯を中心に、低速で破壊力の強い粒子束がさらに貫通する。 バード形態を併用した本機の機動性と合わせれば、戦略兵器としての運用も不可能ではない。 エネルギー経路がカートリッジで完結しているため、規格の異なる別の機体でも使用可能な利点を持ち、作中でもカトルが(「敗者たちの栄光」ではヒイロが)発砲している。 プラモデル「 ウイングガンダム」では下腕部のランディングクローを使い、バスターライフルの保持を補佐する新解釈が取られている。 EW版では機体の全高並みに長大化され、銃尻にはバード形態時に頭部を覆うフェアリングパーツが追加されている。 同時に、片腕に3発、左右合わせて6発分の予備カートリッジを収めた専用ラックを懸架する。 撃ちきると軍用の補給施設でないと再充填が行えないこともあり、「敗者たちの栄光」の劇中ではヒイロが残弾数を常に意識していた。 ビームサーベル シールドに1基格納された接近戦用武装。 耐久性に優れたガンダニュウム合金製部材を採用することで、水中でもいっさい減衰しないほどの高出力を発生させる。 抜刀時はシールドが中折れしグリップが露出する。 EW版ではシールドの中折れギミックが省略され、裏面に格納される。 バルカン 頭部に2基内蔵された機関砲。 斉射した際はマシンキャノンとともに、1分も経たずに弾切れとなる。 主な用途は牽制や接近戦での使用となる。 EW版には装備されていない。 マシンキャノン 両肩に2基内蔵された機関砲。 中・近距離用の兵装で、内部はドラム構造であるため連射ができる。 シールド バード形態時の機首を兼ねるガンダニュウム合金製シールド。 バード形態時は先端にバスターライフルを接続する。 先端部は鋭利で、そのまま打突武器としても使用される。 テレビ版では先端部にセンサーが設けられているが、EW版では省略されている。 メッサーツバーク 『敗栄』に登場。 本来は 用に設計された武装。 本機に装備されたものはヒイロがゼロシステム内の設計データからコピーした急造品であり、ガンダニュウム合金を用いていないために耐久性が低い。 1発発射しただけで自壊するため、計6基をパイロンに搭載することで発射回数を増やしている。 バスターライフルに3基のユニットを接続させて火力を増大させる「ドライツバークバスター」形態で運用されるが、単体のビームガンとしても運用可能。 バスターライフルの装着位置の関係から、バード形態時でも使用可能。 製作エピソード [ ] テレビ版のデザインを担当した大河原邦男は自著において、『新機動戦記ガンダムW』の前作『機動武闘伝Gガンダム』の流れから日本をモチーフにしたガンダムをデザインしており、肩の意匠はをベースにしたと語っている。 また、その可変機構はの画稿の中で没になったものにも通ずるとしている。 作中での活躍 [ ] 第1話での地球降下中に率いるMS部隊と交戦し、エアリーズ2機を撃破するも、ゼクスが乗機のリーオーを組み付かせたまま、乗り捨てるという策にはまり海溝に沈められる。 ヒイロはOZに回収されるまえに破壊を試みるも失敗、結局やハワードらの助力によりヒイロの手に戻り、各地を転戦する。 シベリアでの戦闘で一度自爆するが、ヒイロとの決着を望んだゼクスの意向により、自爆したウイングガンダムに構造のよく似たの予備パーツを組み込み、技術者たちの努力の結果、ほぼ完璧なかたちでされる。 南極でのヒイロとゼクスの決闘では、に搭乗するヒイロと機体を交換するかたちでが搭乗し、南極の基地に差し向けられるロームフェラ財団のMS部隊襲撃に備える。 その後、ヒイロは宇宙に上がる際に目立ち過ぎるという理由から本機を海底に遺棄するが、サリィ・ポォによって回収され、地球帰還後のサンクキングダムにおける戦闘で再び搭乗する。 直後のルクセンブルク戦で損傷放棄されるが、のちに世界国家軍に回収され、MO-II決戦時には、それまで意識不明だったがウイングガンダムに乗り宇宙へ飛び出す。 の主砲の射線上に立ちはだかっていたのを庇い大破、放棄される。 劇中では一貫して「ガンダム01」と呼ばれており、「ウイングガンダム」と劇中で呼称されるのは前述したトールギスIIを庇う際にトレーズが一言発するだけで、正規パイロットのヒイロでさえ呼称しない。 初期のガンダム5機の中で唯一、改修が施されない。 ボンボン版では、ガンダムエピオンを初操縦したヒイロの様子を見に行く際に、がバードモードの本機を操縦。 世界国家軍による回収時期はサンクキングダム防衛戦後、サンクキングダムに放置された状態から回収され、宇宙用のブースターが装備される。 ウイングガンダム Endless Waltz バージョン [ ] 書籍『新機動戦記ガンダムW エンドレスワルツ 最強プレイングブック』の表紙および Chapter 2 に登場。 AC195年、OZの地上基地を強襲した謎の機体とされている。 デザインは石垣純哉。 外観は、デスザイズヘルの膝部スパイクに似た鋭角な脚部スパイクやカラーリングの細かい各部の違いこそあれ、全体ではウイングガンダム EW版 やウイングガンダムゼロ EW版 に酷似しており、ウイングガンダムに似たデザインの一対の内翼と、ウイングガンダムゼロ EW版 ウイングバインダーに似たデザインの一対の外翼をもつ。 一方バスターライフルの存在は確認できず、代わりにパーティクルソードという実体剣を持っている。 Chapter 3 である『』には登場しない。 「Endless Waltz バージョン」という名前になっているのは当時ウイングガンダムのがデザインされていなかったため。 武装 [ ] パーティクルソード 実体剣。 切り付けた相手の装甲に分子レベルで侵入し内部から破壊する機能を持つ。 その原理上、刀身の質量は低く重量も軽い。 備考 [ ] 一瞬ではあるが『機動武闘伝Gガンダム』最終回の終盤、の迎撃のため出撃した「ガンダム連合」の中に本機の姿が確認できる(ただしカラーリングが異なる)。 またその際ビームにより複数回撃破されている。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• などでは呼称されている。 出典 [ ]• 『電撃データコレクション 新機動戦記ガンダムW 増補改訂版』アスキー・メディアワークス、2012年2月、8-9頁。 『サンライズARTBOOKシリーズ 3 新機動戦記ガンダムW 設定記録集 PART-1』 ムービック、1995年10月、81頁。 『サンライズARTBOOKシリーズ 3 新機動戦記ガンダムW 設定記録集 PART-1』 ムービック、1995年10月、97頁。 神代創『新機動戦記ガンダムW OPERATION 3 故郷』角川書店、221頁、。 『新機動戦記ガンダムW MSエンサイクロペディア』一迅社、2007年12月1日初版発行、30頁。 『新機動戦記ガンダムW』公式ホームページ. 2011年1月4日閲覧。 『新機動戦記ガンダムW』公式ホームページ. サンライズ. 2018年2月3日閲覧。 『電撃データコレクション 新機動戦記ガンダムW 増補改訂版』アスキー・メディアワークス、2012年2月、68-69頁。 『サンライズARTBOOKシリーズ 3 新機動戦記ガンダムW 設定記録集 PART-1』 ムービック、1995年10月、79頁。 大河原邦男『大河原邦男GUNDAM DESIGN WORKS』ムービック、1999年10月、96-97頁。。 『新機動戦記ガンダムW エンドレスワルツ最強プレイングブック』実業之日本社、1998年9月、66-67頁。 関連項目 [ ]• -テレビアニメ『』に登場する。 「HGAC ウイングガンダム」を改造したもの。

次の

HGBF ウイングガンダムフェニーチェ/メテオホッパー レビュー

ウイング ガンダム フェ ニーチェ

リカルド・フェリーニとは、の登場人物である。 概要 選手権大会第7回の代表で、 2回の出場経験がある大会常連の。 使用はウイングガンダムフェニーチェ。 精と、なが特徴の24歳。 意外と若い。 中をしており、にやって来てに行ったり、の体育館へふらっと観戦に来ていたり、ら次はに行っていたりと、はかなり軽い。 にもを仕込むとはも想像していなかったろう。 く、『を使ったトは成功率を誇る』という、別名「の」。 「使ったってどういう事だ…?」と疑問に思ったであろうに答えるように、5話にてその術の一端が披露された。 その手法たるや ター「あちらのお客様からです」(を出す) 「えっ」 ニ) (ズキュウウゥン) というものであった。 このに関して、本人く「駄のい洗練された姿」と評していたが、識者の間では「女殺しって事か」「いやいや素のVだからマーさん生き残ったし」と、しばしばが交わされるである。 10話でもラ相手に、を敢行し見事落とした ……のだが、その結果といえば、を飲み過ぎてに酔っ払った挙句、-BOXの特典について熱くりすぎて、される始末であった。 イタリアの駄目男!! 登場ではと話している場面が多く、成功率であることは確か なようだが、成功後に長続きするわけではない模様。 これだけ書くとただの愉快な人なのだが、初登場で25したり、と200戦の特訓に付き合ったり、 の状態で4人同時戦を勝ち抜いたりと、選手権の常連だけあってかなりの実者であることが見て取れる。 のビルダー、「暴れ」グレコ・とは関係にあり、前回大会のニ対グレコの一戦は時間いっぱいまで決着が着かず、 「当てた方の(所以)」を適用した延長戦に入っても、間以上に及ぶ戦いを繰り広げたとして数えられている。 (8話グレコのより)しかしグレコは今大会の予選でによって敗退を喫し(またも対はお流れに)、その他の有選手も敗退した事から、「の世代」を代表している人物のようになってきた。 その他にも、代表の・チョマーからも 取られたという理由で恨まれており大会出場者だけでまで作られ、11話で大変なに遭うのだった。 普段の飄々とした態度とは裏に、 やセイ、達に勝るとも劣らない熱い情熱を秘めた男である。 既に本選進出を決め、友人であるセイや達のためにわざと負けてもいい状況で本気で戦いに挑んだ理由は、 男なら、であるなら言うまでもないであろう。 地形を巧みに利用し、相手機のを掴んだ上で適切に対処するらしい戦法で達を圧倒。 機体性で勝るビルド相手に互以上に渡り合って見せた。 ! 結果、も尽きた終盤では互いの意地をかけた素手での殴り合いの末引き分けるという、第7回大会予選におけると呼ぶにふさわしいを繰り広げた。 15話直前まで、組が予選を通過できないかもしれない状況ということから、「どうせニは負けるだろう」と思っていたも多かっただろうが、そんな思惑のか上をんでいったのである。 さすがの! 20話ではのというにもしっかりと対応するものの、エンボディをにした機体の圧倒的に屈。 一度はを試みるがラの叱責で思い直し、棄権という形で。 8まで勝ち残った。 その後のフェはしたに容赦なく痛めつけられたものの、試合後に高しを抱いて戦に挑もうとするを拳で諭し、を楽しんで欲しいという思いを伝えた。 のは、の対応も出来る良い男。 ウイングガンダムフェニーチェ のであり、フェとはで「」を意味する。 左側に集中した、、肩アーマー、のなど左右非対称の外見が特徴的で、このため変形機構はオミットされている。 なお、頭部右側のとの当てが欠けているのはであるらしく、意図的に残されている模様。 左右の重量は論、を広げれば左後ろに大きくが移動するキワモノィングなのだが、これを逆に利用してな挙動に活かしている点からその高い技量が伺える。 武装は口が縦2門のは分離して二挺にできる他、フォアによる両手保持、右背面へ可。 接近戦用のはを装備。 これも左腕に可で、ガンとしても使える。 左肩アーマーからは形状が変わる……を防御兵装として使用。 はと布の良いとこ取りで、の爆やを防御したり、腕部に巻いて殴打の威を増したりといった応用が出来る。 はホッパー、としては以来の。 機首部がのになっており、を取り付けるとドさながらの外見となる。 単純に並みのの以上のを出す事が出来るほか、地上を巡航するに留まらず、最大出で3発分しか携行できないの追加リッジのキャーとしても機し、射撃面のスタミナも補うことができる。 ちなみに本機は最初からこのようなが施されていたわけではなく、もとはなだけのの『』であった。 ニがを始めた当初から使用し続けてきた機体(幼少期に組み立てた機体そのものを使用している可性がある)が、数多くの戦を経ては・を繰り返し続けてきた結果、の姿になったのである。 前述のが残されているのはこれが理由。 彼がをする理由、そしてフェを使い続ける理由は 『の作ったが、ウイングガンダムフェニーチェが、一番強いんだとに向かって叫ぶためだ!』 という、を作ったならでも思ったことのある夢を実現させるためである。 即ちフェは、リカルド・フェリーニというなのである。 彼の機体に対するは、登場人物の中でもであろう。 ができたよ!やったね! には軟なニであるが、に対してとん一途な男の模様。 ! 何度傷つき壊されようと再びるその姿は、まさにフェ()の名にふさわしい。 ニにとって大切な「 」であり、この機体はまさに彼ののそのものであると言えよう。 逆に言えば、修復なまでに壊れることも厭わずを掴みにいったことは、ビルド戦に対する彼の覚悟とフェへの思いがいかに大きいものであったかがわかるでもある。 である15話の後、等で売り切れが続出。 劇中の活躍でが急に売れる事は等のの例もあるのだが、で「をもえる事件の再来」とも称されている。 (元可変機の、尋常ならぬなどで共通点を見出す人もいる。 邪推と信じたい) ガンダムフェニーチェリナーシタ 20話においてに膚なきまでに破壊されたフェを、ニが数日かけ大幅に良を加えった。 名前が長いので名前を言うときはもっぱらの部分がされる。 リナーシタは「復活」という意味。 破壊される前から左右非対称のフェをにする構想をニが持っており、それを実現した機体。 既にのいくつかはあらかじめしておりそのため短期間のうちにさせることができた。 まだ原たるの面がかなり残っていたフェが、全体にわたりかなりの形状変更がなされており、非常に鋭的なとなった。 またフェでオミットされていたド形態が復活。 それに関係してかのとなっている。 こうしたことから見たは大きく違うものの、基本構造については元のに近くなったといえる。 ただし、がド形態時に下半身をさせるのに対しリナーシタはそのまま、リナーシタはド形態時にとを左右の腕部にそれぞれ装着するという違いがある。 前が一切なく、話にて突如として登場。 キののを掻い潜り一両断、とののつばぜり合いでごとぶった切るなどその性を 気なく知らしめた。 しかしラのと対戦した際には、「お手柔らかにね」と言われたせいもあってかにがっつり体術で締め上げられ、よりにもよってその締め上げに を染めるというもない姿を披露した。 関連動画 リカルド・フェリーニが見ていたと思われるOP。 まさに彼の原点。 グンとか言っちゃダメ。 関連静画 関連立体 関連商品 関連コミュニティ リカルド・フェリーニに関するを紹介してください。 関連項目•

次の