エバー テイル パーティ。 【エバーテイル攻略】トレーナー道場第1~13の門クリア方法

おすすめパーティ

エバー テイル パーティ

ポイズン軸なのでフォルナクスに比べて汎用性が高い。 ・ガードエンジェルやホーリーオーラがあるのでサバイバルブロウを発動させるのは比較的容易。 さらにプッシュバックでリセットされる心配もない。 ・ミカエラのバニッシュはタイミング次第では非常に強力な武器になる。 ・基本的に相性の悪いキャラクターはいないので汎用性が高い。 燃焼パーティで重宝すること間違いなし。 ・初動が遅くなりがちな燃焼パーティにおいてブレイブフォースというカードを持っている点も魅力的。 ・燃焼時耐久が上がるので、いかに燃焼状態を保つかが生き残るカギ。 ブロッカーを置いたり全体攻撃で燃焼をばら撒いたりしてサバイバルブロウ発動まで耐えよう。 しかもチェンジで1マッチにつき2度発動可能。 ・火力を犠牲にすることにはなるが、リーダースキルで開始時に前衛4体にクイックを自動付与できるというぶっ壊れ性能。 ・初手クロノスタンをぶっ放せることも見逃せない。 どちらかというとメインアタッカーというよりは補助を得意とする。 ・全ての攻撃に対象をスタンさせる効果がつくのが強み。 タイムブレイカー系スキルが格段に使いやすくなる。 ・アーマーギフトで味方の耐久を上げられるのも強い。 総じて万能なサポーター。 味方に控えがいない状態なら単純に耐久が3倍近くになる。 ・弱点はプッシュバック。 特に敵1体を最後尾に送れるミカエラや水着アストリッドは天敵。 保険としてチェンジギフトやブロックが使えるキャラを手前に置くのもありかもしれない。 ・少人数パーティを組むことが多いバトルアリーナに限って言えば文句なしに最強性能を誇る。 ・現時点で唯一絶望状態を付与できるプレイヤーキャラだが、ランダム性が強いためロマン技の域に留まっている。 ブロッカーが1体しかいないパーティではブロックをすり抜けて狙った対象に攻撃できる。 ・ソウルインパクト持ちなのでハイスピリット系のパーティでのアタッカーとしても活躍する。 ・耐久力も高く、前半はスリープで後半はサバイバルブロウと非常に使い勝手が良い。 ・撃破されるとランダムスリープを発動するので厄介。 ・基本体にブロッカーを入れることになるエバーテイルで、容易に条件を満たしやすいレイジブラスターは魅力的だ。 ・ランダムポイズンを使用することにより、ポイズンドレインの発動タイミングを調整しやすいのも魅力。 ・実装前に弱体化されてもぶっ壊れ性能。 ・レイジスタンが凶悪で、ブロッカーの配置によって発動条件も軽くなり、TUも速い。 ・ノーザに攻撃すると危険な状態も多く、かと言って放置すればサバイバルブロウが解禁されてしまう。 ・0スピリットの条件が緩和され汎用性が高くなり、低スピリットで運用するチームでの採用が現実的となった。 ・スキルの0スピリット縛りが消え、単純に火力の高いキャラクターへと変更された。 ・行動の遅くなりがちなバーンの速度を速めるユニット。 ・低コストスキルが並び使いやすい反面、自身ではスピリットを回収できないので燃費が良いわけではない。 ・輪廻のリゼットのサポーターとして一番相性が良い。 ・自己着火を持たないキャラと組み合わせたい。 ・燃焼軸のサポーターとアタッカーを両立できる。 火力系キャラとの相性が特に良い。 低TUなのでレイジブラスターの発動条件を満たしてしまうとこの流れを止めることは難しい。 ・リスクはあるが、状況次第では他のアタッカーにアンガー付与しても強い。 さらにアンガーリベンジで 最後の1体でなければ 確実にアンガーを付与するチャンスがあるのでアタッカーと組み合わせると破壊的な攻撃力を持つ。 ・ライフドレイン、フリップギフトで回復できるので一斉攻撃を受けなければ結構生き残ってくれる。 しかし倒されるとアンガーをばら撒くので、他にアタッカーがいる場合どちらを倒しても地獄、という状況になる。 ・バーンに組み込むととりあえず強いので、必須級なのは確か。 ・火力を出す準備段階で、敵への妨害や味方の耐久度UPなどの副産物がある。 ・水サバイバルブロウ持ちを耐久させることで、発動しやすくする。 ・瀕死の味方を凍結させ、瀕死の味方のターンまで守ることが可能。 ・光属性は耐久力の高いキャラが多く、ルイスのパッシブスキルで更なる長期戦を可能とした。 ・無条件でのカウンターパッシブを付与でき、耐久力が上がった。 config. nocookie. wikia. nocookie. wikia. nocookie.

次の

【エバーテイル】エルミナは水着ステルスパに必要?

エバー テイル パーティ

設定したリーダーの「リーダースキル」に応じた効果をパーティ全体で受けることができます。 なるべくパーティに編成しているキャラクターの属性に応じたリーダースキルを設定するのが基本ですが、主軸のアタッカーに合わせたリーダースキルを設定するのもありです。 例えば、「ボルテジオン」をメインアタッカーに添えるなら、「雷属性の攻撃力アップ」系のリーダースキルを編成するといった感じですね。 主な理由としては、 アタッカーを守るためですね。 特に対人戦では敵のアタッカーに仕事をさせると負けてしまうため、強いアタッカーほど真っ先に狙われます。 そのため、味方のアタッカーに活躍してもらうためにも、パーティにブロッカーを編成して主軸のアタッカーを守ってあげる必要があります。 アタッカーを守るために「ブロッカーを編成しよう!」という話をしましたが、逆に敵のブロッカーを素早く潰すために「ブロックバスター」等を持ったキャラクターをパーティの前列に入れておきましょう。 理由は単純に、素早くブロッカーを処理して 敵のアタッカーに攻撃が届くようにするためですね。 中級者以上の戦いで、ブロッカーの全く入っていない編成は極稀です。 後列に置くと、発動までにさらに時間がかかってしまいますし、 ブロッカーが途切れてしまうので、敵のアタッカーから落とされやすいです。 例えば、チュートリアルガチャから排出される「シャナ」は余程の理由がない限りは、パーティの前列が安定です。 他にもTU経過が条件のスキルは前列が基本ですね。

次の

エバーテイルのガチャの確率は渋いのか?出ない、当たらないときはどうする?

エバー テイル パーティ

ポイズン軸なのでフォルナクスに比べて汎用性が高い。 ・ガードエンジェルやホーリーオーラがあるのでサバイバルブロウを発動させるのは比較的容易。 さらにプッシュバックでリセットされる心配もない。 ・ミカエラのバニッシュはタイミング次第では非常に強力な武器になる。 ・基本的に相性の悪いキャラクターはいないので汎用性が高い。 燃焼パーティで重宝すること間違いなし。 ・初動が遅くなりがちな燃焼パーティにおいてブレイブフォースというカードを持っている点も魅力的。 ・燃焼時耐久が上がるので、いかに燃焼状態を保つかが生き残るカギ。 ブロッカーを置いたり全体攻撃で燃焼をばら撒いたりしてサバイバルブロウ発動まで耐えよう。 しかもチェンジで1マッチにつき2度発動可能。 ・火力を犠牲にすることにはなるが、リーダースキルで開始時に前衛4体にクイックを自動付与できるというぶっ壊れ性能。 ・初手クロノスタンをぶっ放せることも見逃せない。 どちらかというとメインアタッカーというよりは補助を得意とする。 ・全ての攻撃に対象をスタンさせる効果がつくのが強み。 タイムブレイカー系スキルが格段に使いやすくなる。 ・アーマーギフトで味方の耐久を上げられるのも強い。 総じて万能なサポーター。 味方に控えがいない状態なら単純に耐久が3倍近くになる。 ・弱点はプッシュバック。 特に敵1体を最後尾に送れるミカエラや水着アストリッドは天敵。 保険としてチェンジギフトやブロックが使えるキャラを手前に置くのもありかもしれない。 ・少人数パーティを組むことが多いバトルアリーナに限って言えば文句なしに最強性能を誇る。 ・現時点で唯一絶望状態を付与できるプレイヤーキャラだが、ランダム性が強いためロマン技の域に留まっている。 ブロッカーが1体しかいないパーティではブロックをすり抜けて狙った対象に攻撃できる。 ・ソウルインパクト持ちなのでハイスピリット系のパーティでのアタッカーとしても活躍する。 ・耐久力も高く、前半はスリープで後半はサバイバルブロウと非常に使い勝手が良い。 ・撃破されるとランダムスリープを発動するので厄介。 ・基本体にブロッカーを入れることになるエバーテイルで、容易に条件を満たしやすいレイジブラスターは魅力的だ。 ・ランダムポイズンを使用することにより、ポイズンドレインの発動タイミングを調整しやすいのも魅力。 ・実装前に弱体化されてもぶっ壊れ性能。 ・レイジスタンが凶悪で、ブロッカーの配置によって発動条件も軽くなり、TUも速い。 ・ノーザに攻撃すると危険な状態も多く、かと言って放置すればサバイバルブロウが解禁されてしまう。 ・0スピリットの条件が緩和され汎用性が高くなり、低スピリットで運用するチームでの採用が現実的となった。 ・スキルの0スピリット縛りが消え、単純に火力の高いキャラクターへと変更された。 ・行動の遅くなりがちなバーンの速度を速めるユニット。 ・低コストスキルが並び使いやすい反面、自身ではスピリットを回収できないので燃費が良いわけではない。 ・輪廻のリゼットのサポーターとして一番相性が良い。 ・自己着火を持たないキャラと組み合わせたい。 ・燃焼軸のサポーターとアタッカーを両立できる。 火力系キャラとの相性が特に良い。 低TUなのでレイジブラスターの発動条件を満たしてしまうとこの流れを止めることは難しい。 ・リスクはあるが、状況次第では他のアタッカーにアンガー付与しても強い。 さらにアンガーリベンジで 最後の1体でなければ 確実にアンガーを付与するチャンスがあるのでアタッカーと組み合わせると破壊的な攻撃力を持つ。 ・ライフドレイン、フリップギフトで回復できるので一斉攻撃を受けなければ結構生き残ってくれる。 しかし倒されるとアンガーをばら撒くので、他にアタッカーがいる場合どちらを倒しても地獄、という状況になる。 ・バーンに組み込むととりあえず強いので、必須級なのは確か。 ・火力を出す準備段階で、敵への妨害や味方の耐久度UPなどの副産物がある。 ・水サバイバルブロウ持ちを耐久させることで、発動しやすくする。 ・瀕死の味方を凍結させ、瀕死の味方のターンまで守ることが可能。 ・光属性は耐久力の高いキャラが多く、ルイスのパッシブスキルで更なる長期戦を可能とした。 ・無条件でのカウンターパッシブを付与でき、耐久力が上がった。 config. nocookie. wikia. nocookie. wikia. nocookie.

次の