カイマン トカゲ。 ギアナカイマントカゲ [爬虫類・両生類] All About

カイマントカゲ 成長日記 その1 「もみじ」くんが家族になりました!

カイマン トカゲ

>>>ギアナカイマントカゲ 画像提供: ギアナカイマントカゲ 学 名: Dracaena guianensis 別 名:ガイアナカイマントカゲ 英 名:Northern Caiman Lizard, Guyana Caiman Lizard 分 布:南米(ブラジル、コロンビア、エクアドル、ペルー、仏領ギニア)、ガイアナやスリナムにも分布するともされている 全長:頭胴長42cm以上 最大全長1. 2m 南米に生息する、半水生の大きいトカゲです。 一般に「カイマントカゲ」というと本種を指すことが多いのですが、近縁種としてパラグアイカイマントカゲ Dracaena paraguayensis があり、この2種で Dracaena 属を構成しています。 頭部が頑強で大きく、ワニを思わせる背面の大型の鱗や縦偏した尾が特徴です。 基本的に体色は緑色から褐色で斑紋はありませんが、特にオスは頭部が鮮やかなオレンジ色から赤色に染まります。 森林に生息し、水面の上に張り出した木にも登って日光浴をしていますが、後述するようにエサの関係で水場で活動したり、泳いだり水中に潜ったりする半水生であるとも言えます。 野生での生態はよくわかっていないようですが、主食が水生の巻き貝で、臼歯状になった丈夫な奥歯でかみ砕いて中身だけを上手に食べます。 また現地では乾季があるため、そのような時期にはテグーのように鳥類などの卵や小動物なども食べていると思われています。 繁殖に関する記録はほとんどありませんが、乾季である7月に屋外で捕獲されたメスの卵巣には6個の成熟卵と排卵後の黄体が見つかっているため、2クラッチ以上で6個程度の卵を産むと思われています。 飼育下では7. 5cmの大きな卵を1回に17個を生んだ記録があり、全長25-30cmもの幼体が孵化したそうです。 大型で美しく、その特異な形態や生態から比較的有名なトカゲでしたが、非常に長い期間流通したことが無く、多くのトカゲファンの憧れのトカゲでした。 最近は、非常に機会は少ないのですが、ときどき少数が流通するようになりました。 もちろん、非常に高価ではありますが。 特異な生態から長期飼育が難しかったのですが、多様なエサが流通するようになったことや先人の努力の結果、飼育の方法もかなりわかってきたようです。 ちょっとアンバランスなくらい大きな頭部は美しいのですが、これが少し苦手という方もいると思います。 実を言うと、私がちょっとその口なんです。 しかしこの頭部の大きさも彼らの大好物である巻き貝の頑丈な殻を割るための進化と考えると、また納得し、機能美を感じるから不思議なモノです。 とにかく流通する機会もほとんどなく、高価ですし、何より飼育法が未確立で突然死も多かった頃に飼育にチャレンジしていった多くの先人たちに敬意を表したいと思います。 こんな高価なのに、突然死んでしまったら、そりゃ凹むでしょうから... CITES 附属書II掲載種 赤っ恥をかかない程度の知識• 日本語表記では「ガイアナ」は国名、「ギアナ」は地域名。 本種はガイアナには生息しないのでギアナカイマントカゲが適当かと• 巻き貝が主食• 半水生だが樹上にもよく登る• ほとんど流通しない• 非常に高価• 飼育法が確立していないので、飼育自体は難しい 飼育の基本情報 飼育容器 床面積、高さとも広くとる。 容器下にフィルムヒーターを敷く。 ケージ内に温度勾配を作ること。 水場も保温する 照明 爬虫類用の紫外線灯やバスキングランプが必須。 できれば直射日光で日光浴をさせる 床材 本質的にはヤシガラ土など多少湿度を保持できる素材を厚めに敷くのがいいが、清潔さなどの点で問題もある 容器内レイアウト 全身が入る大きさ以上でアクセスしやすい水場を設置する。 陸場にはシェルターを設置する。 つかまることができる丸太などの登り木を斜めに立てかける 餌 理想的にはタニシなどの水生の巻き貝を与える。 ピンクマウスなども食うが多用はしない。 <おすすめINDEX> from All About from All About Terra Herps. では図鑑作りへのあなたの参加を待っています!• 自分の持っているギアナカイマントカゲに関する情報を書きたい!• 星野の情報はココが間違っている!• みなさんが提供した情報や意見を読みたい! そんなあなたはをクリック!.

次の

ギアナカイマントカゲ [爬虫類・両生類] All About

カイマン トカゲ

形態 [ ] 腹側には大きな四角い鱗が存在し、横一列に並ぶが、背面の鱗は小さく粒状である。 頭部の鱗は頭骨から分離し、歯の基部は顎骨と結合する。 舌はのように二叉し、よく発達した四肢を持つ。 生態 [ ] 地上性・である。 主に肉食・昆虫食性だが、いくつかの種では植物性の餌も食べる。 であり、産卵数が非常に多い種もいる。 単為生殖 [ ] いくつかの種類では雄が少ないか存在せず、を行う。 だが雄が存在しない場合でも、発情期には雌同士で ()を行う。 このことで繁殖力が増加するとされているが、この主張には異論もある。 また、擬似交接時に下にいた個体は、産卵時に大きな卵を産む傾向にある。 子は母親の遺伝的クローンであり、進化や環境への適応がどのように起こるのかという観点から注目されている。 分類 [ ] 2亜科に16属150種が所属する。 テユー亜科に大部分の種が所属する。 は白亜紀後期、南米に出現したとされているが、2亜科が分岐したのはだと考えられている。 - 2種 False monitors• - 3種 ・• - 4種• - 2種 ・• - 1種• テユー亜科• - 3種• - 14種• - 9種• - 10種• - 19種 Whiptail lizards など• - 41種• - 31種 Jungle-runners• - 5種• - 3種 Desert tegus• - 2種• - 1種 系統 [ ] 次のようなが得られている。 Tupinambinae ( ・ )を含む Teiinae 属の一部 ( 、 、 属を含む) 脚注 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 1998. Cogger, H. Encyclopedia of Reptiles and Amphibians. San Diego: Academic Press. 170—171. Collins, H. The Golem: What You Should Know about Science. Cambridge, United Kingdom: , pp. 109-119. Nerve. com — 2007年8月26日, at the.. Simon LeVay, Ph. American Museum of Natural History —• 2015年3月31日閲覧。 Lilian Gimenes Giugliano, Rosane Garcia Collevatti, Guarino Rinaldi Colli 2007. Molecular Phylogenetics and Evolution 45 1 : 168—179. Pyron, R. Alexander, Frank T. Burbrink, and John J. Wiens. 2013. BMC evolutionary biology 13 1 : 93. Pianka, E. and L. Vitt. 2003 Lizards: Windows to the evolution of diversity. University of California Press. Berkeley.

次の

トカゲの種類(名前で五十音順)

カイマン トカゲ

この記事の目次• 見た目は全体的にごつごつとしていてワニやヨロイトカゲに似ていてかなりかっこいいです. トレードマークの目の周りが赤い(オレンジ色)ところも魅力的です。 飼育は容易• 値段は手ごろ• 見た目もすばらしい いいところばかりな本種ですが、 夜行性で不活発かつ臆病なところが玉に瑕です。 そういった控えめな性格が逆に良いという方は別ですが、ビュンビュン動く系のトカゲが飼いたい方にはお勧めできません。 一方で控えめな性格であり力がないゆえに、 凝ったレイアウトをしても壊されないのでレイアウトケージで飼うことができる という利点もありますね。 ちなみに、あんまり凝りすぎると餌を食べているのか否か、生きているのか否かわからなくなる場合もあるのでやりすぎには注意です。 控えめと言っても慣れると飼育者の姿を見るとシェルターから出てくるレベルにまでなるという話もあるので、興味が出たらぜひ飼育してみてください! スポンサーリンク -基本データ- 学名: Tribolonotus gracilis 英名:Orange-Eyed Crocodile Skink 分類:スキンク科 カブトトカゲ属 分布:パプアニューギニア 全長:15~20cm 寿命:15年~ 価格:6000円前後~ 生態:現地では熱帯雨林やココナッツの農園などの地表に生息している。 夜行性であり、昼間は木や落ち葉の下に身を潜めている。 肉食で、昆虫や節足動物、カエルなどを食べる。 飼育ケージ• 遠赤外線ヒーター• 温度計• ウェットシェルター• 水入れ• カルシウム剤 以下で一つ一つ説明していきます。 幅40cm、奥行き30cm程度もあればペアでの飼育も可能でしょう。 アカメカブトトカゲは多湿でなおかつ通気性がある程度保たれている環境を好みます。 爬虫類用ガラス水槽や大きめの虫かごで飼育するといいでしょう。 また、入荷したての個体を飼育する場合は多少通気性が悪くても高湿度な環境を創出したいので、側面に穴を開けたシューズケースなどをケージとして使用するとベストです。 また、温度が上がりすぎる場合にはヒーターを消すか、自動でヒーターのオンオフを行ってくれる爬虫類用のサーモスタットを使用するといいでしょう。 ・湿度(ウェットシェルター、床材、水入れ) アカメカブトトカゲは多湿を好むトカゲです。 ケージ内には必ず ウェットシェルター(内部の湿度を上げられるシェルター)や 水入れを設置してあげてください。 水入れは飲水のためだけでなく、空中湿度を高めるためにも有用です。 また、床材にも少し気を使って保湿力のある ヤシガラ土や 腐葉土などを使用するといいと思います。 もちろんペットシーツなどを床材として使用するのもありですが、その場合はたまに霧吹きしてあげるといいでしょう。

次の