行政書士 直前対策。 【行政書士試験直前対策】究極の語呂合わせ、珠玉の29選。

行政書士試験直前!追い込みに役立つ『START UP 判例解析講座』『一般知識強化講座』をリリース!(2020年7月15日)|BIGLOBEニュース

行政書士 直前対策

いよいよ試験日が11月8日(日)に迫ってまいりました平成27年度行政書士試験。 受験生のみなさん、いかがお過ごしでしょうか。 今回は、本邦初公開。 いわばラーメンでいうところの秘伝スープを細やかながらお裾分けいたします。 みなさんお忙しいことですから、ざっと要素だけ書き出します。 読めばわかる人向けで恐縮ですが、覚え方のポイントがよくわからないという方はコメントを残していただけますと幸いでございます。 ではいきます。 【秘伝の語呂合わせ1】会社法327条 設置義務を・・・ 『 後悔( 公開会社)? いいん( 委員会設置会社)や! 感( 監査役会設置会社)じない!』 【秘伝の語呂合わせ2】会社法327条2項以下 厄介な 役会(取締 役会)には、 感謝役( 監査役)を! 【秘伝の語呂合わせ3】会社法327条2項以下 非行( 非公開会社)し、 解散( 会計 参与)する 役会(取締 役会)なら、 感謝役( 監査役)不要! 【秘伝の語呂合わせ4】会社法327条2項以下 警官の 設置(会計監査人設置会社)には、 感謝( 監査役)しなければならない 【秘伝の語呂合わせ5】会社法327条2項以下 警官(会 計監査人)への感謝は、 禁じる(監査役設置 禁止)のが、 いいん( 委員会設置会社)や! 【秘伝の語呂合わせ6】会社法328条 非行が 大( 非公開大会社)な、 警官(会 計監査人)社会と、 後悔を 大( 公開大会社)する、 警官(会計 監査人)に、 感謝( 監査役会)社会。 例えば、損害賠償の請求を受けたり、担保物権を実行されたり、強制執行を受けたりしない。 ・天皇は、内閣の指名に基いて、最高裁判所の長たる裁判官を任 命する。 第四十六条において同じ。 )の向上を図り、もって国民の権利利益の保護に資することを目的とする。 一 審査請求があつた日から 三箇月を経過しても裁決がないとき。 二 処分、処分の執行又は手続の続行により生ずる著しい損害を避けるため緊 急の必要があるとき。 三 その他裁決を経ないことにつき正 当な理由があるとき。 二 当該処分につき異議申立てをした日の翌日から起算して三箇月を経過しても、処分庁が当該異議申立てにつき 決定をしないとき。 三 その他異議申立てについての決定を経ないことにつき 正当な理由があるとき。 以上、29の語呂合わせ、いかがでしたでしょうか? 受験生のみなさん、追い込み頑張ってくださいね。

次の

2020年11月受験対策 直前対策フルパック WEB通信

行政書士 直前対策

いよいよ試験直前。 行政書士試験の季節がやってまいりました。 「 一般知識問題なんか対策しようがないよ。 」ってのが受験生の本音じゃないでしょうか。 そんなあなたのために、資格スクエア編集部の研究結果をちょっとお裾分けしましょう。 行政書士試験の一般知識の試験は、 14問で構成されています。 カテゴリは大きく分けて3つ。 政治経済社会、 情報通信・個人情報保護、 文章理解の3つ。 政治経済社会で6〜8問、情報通信個人情報保護で2〜4問、文章理解で2〜4問というのが一般的な出題構成になります。 もっとも、 昨年度は情報通信・個人情報保護は2問しか出題されませんでした。 さて、 一般知識の攻略法、それはずばり「 勉強しすぎないこと!!」 これにつきます。 まず、勉強する順番ですが、 1 情報通信・個人情報保護 2 文章理解 3 政治経済社会 の順番です。 この順番を決して崩してはいけません。 勉強時間の割合の比率でいうと 情報通信・個人情報=8 文章理解=1 政治経済社会=1 というイメージです。 文章理解と政治経済社会に時間を使って勉強すればするほど、合格は遠のくと思ってください。 しかも、行政書士の法令科目と一般知識の勉強時間の比率は 9:1が適正です。 つまり、法令科目を900時間勉強するのに対し、一般知識は100時間で足りるということ。 その中でも 80時間は情報通信・個人情報保護にあててほしい、ということです。 文章理解と政治経済社会は10時間ずつ勉強すれば十分です。 一般知識なんかやる暇があれば、民法や行政法の条文や判例を一つでも多く暗記した方が合格に近づきます。 一般知識は14問中、 足切りの6問をクリアできるようにすることを目標にしましょう。 そのうえで、各カテゴリの勉強法に入っていきます。 1 情報通信・個人情報保護 情報通信については用語を理解していないと全く問題が解けませんので、 過去問に出てきた用語を中心に用語の意味を覚えていきましょう。 また、 クラウドや IOTなど、比較的新しい情報通信の用語も出題されますので、社会の動向は常にチェックしておきましょう。 個人情報保護法・行政機関個人情報保護法の2つが出題範囲となります。 個人情報保護については、個人情報該当性、個人情報の取り扱い、個人情報取扱事業者該当の有無などが出題されますので無難に押さえておきます。 行政機関個人情報保護法については個人がどのような情報を、どのような手続で開示できるのか、拒否できる場合はどのような場合なのか、という点を押さえておきましょう。 個人情報保護法、 行政機関個人情報保護法は一般知識の中で 最も得点しやすい科目ですので、絶対にとりこぼしのないようにしましょう。 2 文章理解 文章理解は空欄補充、並び替え、文章要旨の3つの出題形式がありますが、近年は並び替えが多く出題されています。 並び替え問題の場合、 先頭に来る文を最初に探すのがコツです。 接続語や指示語が来る文章はこれで切ることができます。 次にキーワードの連動をみていくことになります。 段落には必ずつながりがありますので、 前の段落で使われていた言葉が、次の段落で使用されることが多々あります。 文章要旨の問題の場合、繰り返し使われている言葉に着目します。 それがその文章のメインテーマであり、メッセージであることが殆どです。 そして、具体例と筆者の説明の部分を区別して、筆者の説明の部分に近い説明を要旨として選ぶことになります。 3 政治経済社会 政治では各国の政治制度、日本の選挙制度、行政改革、経済では財政問題、金融政策、社会では社会保障や環境が出題されます。 こうした事項は、先にも述べた通り、一朝一夕に身につく知識ではなく、これまでの人生でどれだけ政治や経済に興味を持って生きてきたか、ということが重要になります。 したがって、 試験前の付け焼刃はムダです。 もっとも、 政治経済社会については、いわゆる択一式の解法テクニックが使える場合が非常に多いです。 また、「 〜の場合がある」とか「 〜の中には〜なものもある」という選択肢は、 正解の確率が非常に高いです。 こうした事項は政治経済社会の知識とは無関係ですが、 どうやって肢を切ればいいか、という指針にはなりますので、覚えておいて損はありません。 いかがでしたでしょうか? 編集部で出した結論は、「 いまさら政治経済社会と文章理解に時間をつかうな。 」ということです。 もっとも 専業受験生はまだ20時間ぐらいは楽勝に時間取れますので、どんな問題がでるか知っておいてください。

次の

行政書士超・直前対策講座

行政書士 直前対策

今年も行政書士試験受験生のここから本試験までの学習を完全サポートします!! ここからは、時期に合わせた適切な学習が、合否に直接影響を及ぼします。 「いつに、何を、どこまで」学習するのか? このことが、とても大切な時期となります。 伊藤塾の「夏期直前対策講座」は、まさにこの「いつ、何を、どこまで」学習すればよいのかを具現化した講座です。 本試験までを3つの期にわけ、それぞれの時期に必要な学習を段階的に提供してまいります。 これにより、非効率で無駄な学習や行っても効果が出ないやみくもな学習から解放され、2020年度合格に向けて着実に合格できる実力を身につけていくことができます。 「何をすべきか」は私たちにお任せください。 皆さんは学習することに集中してください。 私たちと一緒に2020年度合格を絶対に果たしましょう! 「合格必勝パック」をWEB受講しました。 その中で、 特に私にとって有用だったのが、A「択一式厳選600肢スピードチェック講義」、B「記述式厳選60問スピードチェック講義」、C「公開模擬試験」です。 A「択一式厳選600肢スピードチェック講義」は、坂本講師の 重要事項の取捨選択が俊逸で、講師の一言も逃さまいと耳を傾けました。 B「記述式厳選60問スピードチェック講義」は、岡講師の熱い講義が印象的で、 解法のイメージの仕方も鮮やかで、今年度の合格の原動力となりました。 C「公開模擬試験」は、伊藤塾の講師方々の予想問題なので一問たりとも復習に気を抜いてはならず、現に 中間模試の記述が的中しましたし、分かりやすいレジュメを含めしっかり確認ができました。 そして、私の合格のポイントは、中間模試は190点と良かったのですが、最終模試で140点と落ち込み、目の色を変えて勉強時間(平日4時間、土日8時間)を確保した点と、 択一式厳選600肢のテキストに情報を集約し繰り返したことだと思います。 Aさん 受講講座 合格必勝フルパック 「行政書士 合格講座」に加えて、夏期直前対策の「合格必勝フルパック」を受講しました。 伊藤塾までの片道60分超の 電車の中では、行きが「択一式厳選600肢スピードチェック講義」のテキスト、帰りが「合格講座」の合格カード巻末の一問一答で、出題箇所や講義の重要箇所を確認しました。 合格講座の基礎力完成マスターが終わる頃には、坂本講師担当の「択一式厳選600肢スピードチェック講義」なども確認し、 終盤には志水講師の「完全網羅!条文マーキング講義」の憲法と行政法をいつも読んでいました。 「過去問」を何回もやり直すというアドバイスは、なかなか実践できませんでした。 問題の内容より、どれが正解かを覚えてしまう気がしたからです。 そこで、「合格必勝パック」を受講し、坂本講師の 「択一式厳選600肢スピードチェック講義」を何度も聴くようにしました。 本来は、そのように利用する講義ではないと講師がおっしゃられていましたが、目と耳からの知識の方が頭に入りやすいと考えたからです。 その後、平林講師の「出題予想!直前総まとめ講義」を聴きました。 坂本講師の生真面目な雰囲気の講義で緊張感をもちながら受講し、平林講師の少し砕けた感じの講義でメリハリができたと思います。 9月頃から やや焦りがでましたが、もうその頃からあれこれ手を広げることは愚策だと思い、坂本講師と平林講師が絞ったポイントにかけることにしました。 また、 「文書理解」は森講師の「一般知識等科目スピードチェック講義」による解き方のアドバイスで自信がつきました。 伊藤塾で受講したのは「出題予想フルパック 模試付き」です。 模試では、一度も合格点を下回ることはなかったものの、今度は逆に、これは本当の実力なのだろうか、本試験でもこんなにうまくいくものなのだろうか、という不安な気持ちが湧いてきました。 そんな中で、気づいたことは、 表面的な記憶で正解しても不安な気持ちは不安なままだけど、根本的な理屈を理解したうえで正解したものには自信が持てる、ということです。 「出題予想!直前総まとめ講義」では、全試験範囲の中からポイントとなる箇所にフォーカスし、具体的事例も織り交ぜた平林講師による講義をたっぷり12時間受けることができました。 ちょっと脱線した話し、過去問でどのくらいの頻度で出ているかの情報、昨年の本試の出題を当てたといった話し、模試の問題作成の裏話など、私にとっては 条文や判例だけではなくて、それらを取り巻くいろいろなものをトータルで理解するのにものすごく役立つものでした。 梅澤 典男さん 受講講座 択一式厳選600肢スピードチェック講義、公開模擬試験 私は、 独学で行政法の勉強に着手したあたりのところで、独学の壁にぶち当たり勉強が進まなくなってしまいました。 そこでいろいろ調べた結果、今の自分に最適なのは、伊藤塾の 坂本講師の「択一式厳選600肢スピードチェック講義」で知識を整理し、公開模擬試験でアウトプットの実戦の場数を踏むことでした。 特に坂本講師の講義はかなり速いペースで進み、苦手意識を持っていた行政法のところはついていくだけで必死でした。 それでも坂本講師の説明する論点を必死で理解し、過去問、600肢に食らいついていきました。 8月、9月と講義2回聞きながら問題を解き、10月、11月で過去問3回解き、3か月強で5回転まわしました。 択一の講義であるにもかかわらず記述の論点にも触れていただき、行政法の記述の論点的中には、本試験中に心中でガッツポーズをしました。 公開模試の解説講義は、知識の整理に役に立つとともに、 問題の解き方のコツ、復習が不要な問題まで明確に頂き、時間の節約に役立ちました。 2020年度本試験に向けた改正民法を完全サポート!! 弱点克服から出題予想まですべて対策できるオールインワンパック。 万全な準備で本試験に臨むことができます。 また、多くの方の不安のもとになっている「改正民法」についても、学習の要である「条文」を使ってしっかり基礎と試験対策を行います。 その後、「スピー ドチェック講義」を通して、知識の集約・整理を行い、学習テーマに絞り込みをかけます。 最後に直前期は、「出題予想講義」を通して、学習の取りこぽしがないかをチェックするとともに、出題が予想される論点の確認をしていきます。 直前対策のスタンダード。 「スピードチェック講義」と「出題予想講義」の両方を受講することで、頭の中に散逸している知識がスッキリと整い、 さらに、2020年度用に絞り込まれた予想テーマを重点的に学習することができます。 このパックを学習することにより、知識の精度が高まり、直前対策を万全なものにすることができます。 最後にやるべきことを明確にし、総仕上げを行うには最適のバックです。 この出題予想フルパックを活用して、合格ライン突破へ仕上げましょう。 youtube. 最後の最後まで手を抜くことなく定着させなければならないのが条文。 そして、条文知識を肉付けしていくものが判例です。 本講義では、徹底して条文とその条文に関連する判例を読み込むことで、受験生の実力を一気に上げていきます。 本試験をものともしない実力を身に付けます。 それが、条文マーキング講座です。 大改正された債権法、相続法を抱える民法は、新たにテキストを作り変えて、講義時間を6時間増やし、改正民法対策を万全なものとします。 youtube. 直近の出題傾向分析から「どういったことを知っておけば」択一式の得点を伸ばすことができるのかということを伝授していきます! この講義を受講することで、 主要論点・予想論点を中心に択一式の「急所」を押さえ、合格の核になる知識と解答力を確立することができます。 youtube. この講座では、講義内で実際に厳選された記述式問題を解きながら解説をすることによって、問題作成者が何をきいているのかが分かり、問いに答えられる記述力が養われます。 これにより 部分点だけの解答から「完答」を可能にする思考プロセスが身につきます。 また、40時程度の文で芯をとらえた解答をするために、どのように 問題文を正確に短時間で読んでいくか、また、知識を詰め込むのではなく、理解した基礎を使いどのようなセンテンスで解答していくのかなど、実際に解いた問題を使って解説していきます。 そして、この対策は択ー式にも活きます。 範囲の広い「政治・経済・社会」分野、得点源になりうる「情報系」分野。 これらの分野を 「知識整理」し、1問1答の「問題編」で 重要項目の確認を行っていきます。 法令等科目対策の時間を削らずに、直前期の学習を効率的にすることができます。 また、一般知識等科目で基準点をクリアするためには、 文章理解で1問でも多く正解することが求められます。 そのためには、「読解力」だけでなく「解法テクニック」が必要です。 本講義では、 出題形式ごとの解法テクニックをお伝えし、文章理解での安定した得点の獲得を目指します。 科目の軸となる 知識を整理したテキストと、出題可能性を踏まえたメリハリのある講義で、一般知識等科目の得点力をアップさせます。 youtube. この貴重な時間を活用すべく、本試験までのペースメーカーとなるのが本講義です。 講義では、各回のはじめに重要論点・予想論点の問題演習を行います。 この演習で、 論点習得が上手くできていることを確認するとともに、盲点となっている部分を発見していきます。 また、 全科目から満遍なく出題をするため、全体の学習のペースメイクにも最適です。 youtube. しかし、学習範囲が広いため、どこまでを対象として対策すれば良いかが掴みづらいところです。 そこで、この点をカバーするために、実務家としても最前線で活躍し、近年の新しい社会の実情にも敏感な井内講師が、 伊藤塾オリジナル教材を駆使して2時間で対策を行います。 最後の最後、この講義を受講して本試験に臨んでください。 youtube. 講義で使用する教材は、 頻出テーマと出題予想テーマからバランス良く問題をセレクトしています。 最後の最後に確認しておかなければならないテーマ・知識は何か。 この点を明確にすることで、迷いのない学習をすることができます。 また、近年の本試験を徹底的に分析した結果、 即効性のある解法手順についても言及していきます。 まったく知らない問題が出題された場合、どうしたらより正解の方へ近づくことができるのか。 これを知ることで、最後の得点アップを目指します。

次の