豆腐 しめじ。 丁寧に作る基本の白和えのレシピ/作り方:白ごはん.com

丁寧に作る基本の白和えのレシピ/作り方:白ごはん.com

豆腐 しめじ

キッチンペーパーなどで包み、重石をして20〜30分ほど冷蔵庫に置いておくと水が抜け、手でちぎれるくらいの硬さになります。 このレシピでは白和えの具材として ほうれん草、にんじん、しめじ、こんにゃくを使います。 ほうれん草としめじは火を通すだけでOKですが、 にんじんとこんにゃくには、豆腐の和え衣と味がなじみやすいよう下味をつけておくとよいです。 ほうれん草は根元に切り込みを入れて土を洗い落とし、しめじは石づきを切り落として1本ずつほぐしておきます。 また、にんじんは3〜4㎝長さのせん切り、こんにゃくは細めの短冊形に切ります。 具材が準備できたら、鍋に湯を沸かして火を通す具材をひと通り一気に下ごしらえするとよいです。 はじめに塩をティースプーン1杯ほど入れ、沸いたらしめじを入れて40〜50秒ゆでて取り出します。 続けてほうれん草を入れて1分ほどゆでて冷水に取り、最後に臭み消しのために下味をつける前のこんにゃくも1分ほどゆでてざる上げします。 小さな鍋にAを合わせて、にんじんとこんにゃくも入れて火にかけ、沸いたら火を弱めて3〜4分煮て火を止めます(急いで冷ますときは鍋ごと氷水につけて冷ますとよいです)。 白和え衣の作り方 白和えの衣の作り方は大きく2種類あります。 フードプロセッサーで作るやり方と 裏ごし器とすり鉢を使って作るやり方です。 家庭でやりやすいほうでやってみてください。 まず、フードプロセッサーで作る方法ですが、これはのページで詳しくのせています。 やり方としては、フードプロセッサーで細かくつぶせない白ごまだけを別ですり鉢でペースト状にすっておき、そのごまと豆腐、残りのBの調味料すべてをフードプロセッサーにかけて衣の完成です。 もう一つの裏ごし器とすり鉢を使って衣を作るやり方ですが、こちらは口当たりを良くするために、はじめに豆腐を裏ごす必要があります。 裏ごしのざるの下にボウルをうけ、しゃもじを押し当てて、水切りした豆腐を裏ごしていきます。 一気に裏ごすのではなく少しずつ、しゃもじを上から下に押し当てるように裏ごすとよいです。 続いて、すり鉢に白いりごま入れて粒がなくなるまでよくすり、裏ごした豆腐と残りのBの調味料を加えます。 すりこ木をまわし当てながら、全体がなめらかに調味料が混ざるようにして衣の完成です。

次の

ごはんがすすむ!炒り豆腐のレシピ/作り方:白ごはん.com

豆腐 しめじ

しめじの栄養素について 多くの家庭で愛されているしめじは、種類も栄養素も豊富。 中でもぶなしめじには、健康維持に不可欠な、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンB1,B2,B6、ナイアシンなどのビタミンや、カリウム、鉄などのミネラルなどを含んでいます。 ビタミンDはカルシウムの吸収を助け、疲労回復やストレス対策に役立ちます。 食物繊維の包含量は3. メラニン色素の生成を抑制するチロシナーゼ阻害物質が含まれているため、女性にうれしい美肌、美白効果も期待できます。 しめじの簡単なレシピをマスターして、毎日のメニューに積極的に取り入れて健康を維持したいですね。 しめじの調理法について しめじはクセがなく、食感も良いのでいろいろな料理に活用できる食材。 炊き込みご飯や、煮物、天ぷらなどの和食や、ソテーや酢の物、パスタなど洋食や中華にも良く合いますよね。 しめじの栄養素は、水溶性で加熱しすぎると溶け出してしまうので、手早く調理し、スープも一緒にいただくとよいでしょう。 しめじはいたみやすいので、保存方法を理解しておくことは大切。 ぬれるといたみやすいのでよく注意し、密閉容器に入れて冷蔵庫で保存することができます。 しめじを2-3日、天日干しすると、簡単に干ししめじができちゃいます。 干ししめじは栄養価がアップし、香りも良くなるのでおすすめ。 冷凍すると、壊れた細胞から旨味のもとがあふれてくるので、美味しさがUP。 長期保存もできるので大変便利です。 おつまみにも、お弁当にもぴったりのしめじ料理を紹介。 酒を加えて強火で炒めたあと、砂糖、味噌、マヨネーズを加えて味噌が少し焦げるまで炒めます。 味噌を少し焦がすことで、甘味噌の風味が一層よくなりますよ。 マヨネーズも加え濃い目の味付けなので、冷めてもGOOD。 レシピもシンプルなので、急な来客でおつまみが必要なときや、お弁当にあと一品欲しいときにも最適。 冷めても美味しい、しめじの蒸し煮料理。 作り方は簡単。 まず、なすを食べやすい大きさに切り、しめじを小房に分けます。 分量の調味料を加え8分蒸し煮すれば出来上がり。 シンプルで簡単なのに、見た目も美しい和風レシピ。 蒸し煮をする時に、水を使わず野菜の水分だけで調理するので、コクがあり食欲も進みます。 しめじを水で洗わないで調理することで、味や風味を損ねないようにしましょう。 ごま油を加えてさらに美味しさアップ。 きのこは種類が豊富です。 中でもエリンギ、しめじ、えのき、椎茸、なめこ、マツタケ、マッシュルーム、舞茸がよく知られているきのこではないでしょうか。 きのこには食物繊維が豊富に含まれています。 便秘の改善の効果があります。 また体内の有害な物質を体外に排出する働きもあります。 ミネラルも豊富に含んでいて丈夫な骨や体作りにも効果があります。 カリウムも豊富で高血圧予防などにも効果があります。 きのこはカロリーが低くヘルシーな食べ物と言われていますが栄養がたっぷりの食材ですので毎日でも取り入れたい食材です。 中には毒性のあるきのこもあるので注意が必要です。 この記事では、きのことはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 しめじには、ほんしめじとぶなしめじがあります。 スーパーには通年中出回っています。 人工栽培の為スーパーに並んでいるのはぶなしめじが一般的です。 白いしめじはぶなぴーという名前で販売されています。 しめじは大変栄養価が高いきのこです。 コレステロールを低下させて高血圧の予防にも効果があります。 しめじは野菜との相性も良く炒め物に最適です。 炒める際に触りすぎると水分が出てしまうのできつね色になるまで触るのを我慢してください。 しめじは鍋や味噌汁などの汁物や肉巻きなどの焼き料理、天ぷらにしてもおいしくいただくことができます。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 旨味たっぷりのキノコはどんな料理に入れても風味をよくしてくれる万能食品です。 食物繊維が豊富なことが特徴的で腸内環境を整え、動脈硬化や高血圧の予防に効果が期待されます。 ボリュームもあり満腹感もあるキノコですが、ローカロリーでまさにダイエットの味方です。 様々な料理にカサ増ししてアレンジを楽しんでくださいね。 小さな子供にはキノコ独特な食感や香りが苦手な場合もあります。 細かく刻んだり、肉ダネを詰めてハンバーグにするなど美味しく食べられる工夫をしてみてくださいね。 この記事では、「きのこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 料理に取り入れやすいきのことして人気のある「しめじ」。 包丁を使わず手で割いて簡単に使えるのが便利で、さまざまな料理に使われます。 和風の出汁や洋風の料理ともよく合い、低価格なのでお財布にやさしい野菜として人気があります。 きのこそのものの形を料理に使えるので、見た目のアクセントにもなるのが魅力です。 低カロリーでかさ増ししやすく、食物繊維が豊富なので便秘の解消にも効果がありダイエット中の食材としても活躍します。 しめじは炒めたり蒸したりとさまざまな調理法に使えますが、今回はたくさんあるレシピの中でもしめじを煮るレシピを厳選してお届けします。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 」 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

豆腐のレシピ

豆腐 しめじ

これが一番ベーシックで美味しいと思います。 ・ 鶏肉…ごはんと食べて美味しいように「鶏ひき肉ではなく鶏もも肉」がおすすめ。 カットされたものを用意するか、食べ応えがでるよう皮ごと1cm角に切ります。 ・ にんじん…4cm長さのせん切りにします。 ・ 干し椎茸…戻してから軸を切り落とし、薄切りにします(戻し汁は味付けで使います)。 ・ 薬味ねぎ…小口切りにして最後に加えます。 豆腐は炒める前に下ごしらえが必要です。 鍋に熱湯を沸かして塩小さじ1ほどを入れ、豆腐を粗くくずしながら入れて、芯まで熱くなる程度(2分くらい)ゆでます。 これは、 豆腐の余分な水分を抜く、豆腐の食感をよくする、塩味をつけるという目的です。 ゆでた豆腐は、キッチンペーパーや布巾を広げたざるに開けて冷まします。 手でさわれる温度になれば、豆腐を包むようにして軽く水分を押し出し、豆腐の下処理の完了です。 鍋にごま油を入れて中火で熱し、鶏肉とにんじんを炒めます。 肉の色が全体的に変わる程度になれば干し椎茸を加えます。 全体を炒め合わせて、ここで塩ひとつまみ、こしょう少々で下味をつけておきます。 続けて豆腐を加え、ヘラで豆腐を食べやすい大きさにつぶしながら、炒め合わせます。 全体に油がまわれば、Aの調味料を加え、弱めの中火で汁気を飛ばすように煮ます。 3〜4分煮て煮汁が少なくなれば、溶いた卵を加えます。 卵を加える時は火を少し強め、全体に流し入れます。 ひと呼吸おいてから、ヘラで底から全体をやさしく混ぜ合わせます。 卵が固まってきたら火を弱め、刻んだねぎを加えます。 最後に味見をして、塩気が足りなければ塩で調整をしてください。

次の