犬 名前 和風。 猫につけたい和風な名前まとめ!つけ方のポイントとおすすめ一覧

ペットの名前人気ランキング!犬の名前は和風が人気!「丸」が持つ意外な意味も紹介!

犬 名前 和風

あらし(嵐) か• かい(海)• かむい(神威)• きくじろう(菊次郎)• きくのすけ(菊之助)• きくまる(菊丸)• ぎん(銀)• ぎんが(銀河)• ぎんじ(銀二)• ぎんぞう(銀蔵)• きんたろう(金太郎)• くう(空)• くろ(黒)• くろまる(黒丸)• けん(健)• げん(玄、源)• けんた(健太)• ごえもん(五右衛門)• こじろう(小次郎)• こたろう(小太郎、虎太郎)• こてつ(小鉄、虎徹)• ころすけ(コロ助)• ごんた(権太) さ• さすけ(佐助)• さんた(三太)• ししまる(獅子丸)• じん(仁)• すけさん(助さん)• せみまる(蝉丸)• せんたろう(仙太郎) た• たもんまる(多聞丸)• ちびた(ちび太)• ちょび• ちょび太(ちょび太)• ちゃたろう(茶太郎)• ちゃちゃまる(茶々丸)• との(殿)• とら(虎、寅)• とらきち(寅吉、虎吉)• とらじ(寅次、虎次)• とらじろう(寅次郎、虎次郎)• とらまる(寅丸、虎丸) な• なると(鳴門)• のぶなが(信長) は• はち(八)• はちべえ(八兵衛)• はやて(颯)• はやと(隼人)• はんぞう(半蔵)• ふうが(風雅)• ふうた(風太)• ふうたろう(風太郎)• ふく(福)• ふくまる(福丸)• へいぞう(平蔵)• ほくと(北斗)• ぽんきち(ぽん吉)• ぽんた(ぽん太) ま• まさむね(政宗・正宗)• まつごろう(松五郎)• まめきち(豆吉)• まめた(豆太)• むさし(武蔵)• ももたろう(桃太郎) や• やしち(弥七)• やまと(大和) ら• らい(雷)• らいた(雷太)• らくた(楽太)• らくまる(楽丸)• らんま(乱馬)• らんまる(蘭丸)• りき(力)• りきまる(力丸)• りきゅう(利休)• りく(陸)• りゅう(龍)• りゅうのすけ(龍之介、竜之介)• りょうま・りゅうま(龍馬)• れん(蓮) わ• あおば(青葉)• あげは(揚羽)• あやめ(菖蒲)• あられ• あんず(杏)• いろは(彩葉)• うみ(海)• うめ(梅) か• かえで(楓)• かぐや(輝夜)• こうめ(小梅)• こなつ(小夏)• このは(木葉)• こはる(小春)• こまち(小町)• こまり(小鞠)• こむぎ(小麦)• こるり(小瑠璃) さ• さくら(桜)• さち(幸)• しずく(雫)• しずる• すず(鈴)• すみれ(菫) た• ちゃちゃ(茶々)• つき(月)• つくし• つつじ• つばき(椿)• つむぎ(紬) な• なずな• なつ(夏)• なつめ• なな(七)• ねね は• はな(花・華)• はなび(花火)• ひまわり(向日葵)• ひめ(姫)• ふたば(双葉)• ふぶき(吹雪)• ぼたん(牡丹) ま• まつり(祭)• みかん(蜜柑)• もみじ(紅葉)• もも(桃) や• ゆき(雪)• ゆず(柚子)• ゆり(百合) ら• らん(蘭)• らんらん(蘭々)• りん(凛)• りんご(林檎) わ• わおん(和音)• わかば(若葉) 可愛いペットのために「病気」にも備えておきましょう これまでに9匹の猫と暮らし、4匹の猫とお別れしましたがペットの医療費は高額になりがち。 4匹のうち2匹がガンで、治療のための通院に〜月5万円の覚悟が必要でした。 肥大していくガンを取り除くための手術も、複数回行いました。 愛するペットに少しでも辛い思いをさせたくない、そうなると病院に連れて行かないということはできません。 そこでおすすめなのが、病気に備えておく「ペット保険」。 たとえば10万円の診療費用がかかった時に、補償割合が50%のペット保険に加入していれば50,000円の保険金が受け取れます。 保険を選ぶ際におすすめなのが、。 ペットの種類や保険会社によって、保険料・補償内容が異なります。 パンフレットならそれぞれの内容をしっかりと比較でき、消去法で自分のペットにあった保険が探せるのでおすすめです。 最後まで看取る、それが飼い主の責任です。

次の

犬に和風な名前を♪オスメスに似合う漢字や和菓子のネーミング!

犬 名前 和風

あらし(嵐) か• かい(海)• かむい(神威)• きくじろう(菊次郎)• きくのすけ(菊之助)• きくまる(菊丸)• ぎん(銀)• ぎんが(銀河)• ぎんじ(銀二)• ぎんぞう(銀蔵)• きんたろう(金太郎)• くう(空)• くろ(黒)• くろまる(黒丸)• けん(健)• げん(玄、源)• けんた(健太)• ごえもん(五右衛門)• こじろう(小次郎)• こたろう(小太郎、虎太郎)• こてつ(小鉄、虎徹)• ころすけ(コロ助)• ごんた(権太) さ• さすけ(佐助)• さんた(三太)• ししまる(獅子丸)• じん(仁)• すけさん(助さん)• せみまる(蝉丸)• せんたろう(仙太郎) た• たもんまる(多聞丸)• ちびた(ちび太)• ちょび• ちょび太(ちょび太)• ちゃたろう(茶太郎)• ちゃちゃまる(茶々丸)• との(殿)• とら(虎、寅)• とらきち(寅吉、虎吉)• とらじ(寅次、虎次)• とらじろう(寅次郎、虎次郎)• とらまる(寅丸、虎丸) な• なると(鳴門)• のぶなが(信長) は• はち(八)• はちべえ(八兵衛)• はやて(颯)• はやと(隼人)• はんぞう(半蔵)• ふうが(風雅)• ふうた(風太)• ふうたろう(風太郎)• ふく(福)• ふくまる(福丸)• へいぞう(平蔵)• ほくと(北斗)• ぽんきち(ぽん吉)• ぽんた(ぽん太) ま• まさむね(政宗・正宗)• まつごろう(松五郎)• まめきち(豆吉)• まめた(豆太)• むさし(武蔵)• ももたろう(桃太郎) や• やしち(弥七)• やまと(大和) ら• らい(雷)• らいた(雷太)• らくた(楽太)• らくまる(楽丸)• らんま(乱馬)• らんまる(蘭丸)• りき(力)• りきまる(力丸)• りきゅう(利休)• りく(陸)• りゅう(龍)• りゅうのすけ(龍之介、竜之介)• りょうま・りゅうま(龍馬)• れん(蓮) わ• あおば(青葉)• あげは(揚羽)• あやめ(菖蒲)• あられ• あんず(杏)• いろは(彩葉)• うみ(海)• うめ(梅) か• かえで(楓)• かぐや(輝夜)• こうめ(小梅)• こなつ(小夏)• このは(木葉)• こはる(小春)• こまち(小町)• こまり(小鞠)• こむぎ(小麦)• こるり(小瑠璃) さ• さくら(桜)• さち(幸)• しずく(雫)• しずる• すず(鈴)• すみれ(菫) た• ちゃちゃ(茶々)• つき(月)• つくし• つつじ• つばき(椿)• つむぎ(紬) な• なずな• なつ(夏)• なつめ• なな(七)• ねね は• はな(花・華)• はなび(花火)• ひまわり(向日葵)• ひめ(姫)• ふたば(双葉)• ふぶき(吹雪)• ぼたん(牡丹) ま• まつり(祭)• みかん(蜜柑)• もみじ(紅葉)• もも(桃) や• ゆき(雪)• ゆず(柚子)• ゆり(百合) ら• らん(蘭)• らんらん(蘭々)• りん(凛)• りんご(林檎) わ• わおん(和音)• わかば(若葉) 可愛いペットのために「病気」にも備えておきましょう これまでに9匹の猫と暮らし、4匹の猫とお別れしましたがペットの医療費は高額になりがち。 4匹のうち2匹がガンで、治療のための通院に〜月5万円の覚悟が必要でした。 肥大していくガンを取り除くための手術も、複数回行いました。 愛するペットに少しでも辛い思いをさせたくない、そうなると病院に連れて行かないということはできません。 そこでおすすめなのが、病気に備えておく「ペット保険」。 たとえば10万円の診療費用がかかった時に、補償割合が50%のペット保険に加入していれば50,000円の保険金が受け取れます。 保険を選ぶ際におすすめなのが、。 ペットの種類や保険会社によって、保険料・補償内容が異なります。 パンフレットならそれぞれの内容をしっかりと比較でき、消去法で自分のペットにあった保険が探せるのでおすすめです。 最後まで看取る、それが飼い主の責任です。

次の

【2020】猫につけたい和風な名前一覧!オス・メス別おすすめ紹介

犬 名前 和風

あらし(嵐) か• かい(海)• かむい(神威)• きくじろう(菊次郎)• きくのすけ(菊之助)• きくまる(菊丸)• ぎん(銀)• ぎんが(銀河)• ぎんじ(銀二)• ぎんぞう(銀蔵)• きんたろう(金太郎)• くう(空)• くろ(黒)• くろまる(黒丸)• けん(健)• げん(玄、源)• けんた(健太)• ごえもん(五右衛門)• こじろう(小次郎)• こたろう(小太郎、虎太郎)• こてつ(小鉄、虎徹)• ころすけ(コロ助)• ごんた(権太) さ• さすけ(佐助)• さんた(三太)• ししまる(獅子丸)• じん(仁)• すけさん(助さん)• せみまる(蝉丸)• せんたろう(仙太郎) た• たもんまる(多聞丸)• ちびた(ちび太)• ちょび• ちょび太(ちょび太)• ちゃたろう(茶太郎)• ちゃちゃまる(茶々丸)• との(殿)• とら(虎、寅)• とらきち(寅吉、虎吉)• とらじ(寅次、虎次)• とらじろう(寅次郎、虎次郎)• とらまる(寅丸、虎丸) な• なると(鳴門)• のぶなが(信長) は• はち(八)• はちべえ(八兵衛)• はやて(颯)• はやと(隼人)• はんぞう(半蔵)• ふうが(風雅)• ふうた(風太)• ふうたろう(風太郎)• ふく(福)• ふくまる(福丸)• へいぞう(平蔵)• ほくと(北斗)• ぽんきち(ぽん吉)• ぽんた(ぽん太) ま• まさむね(政宗・正宗)• まつごろう(松五郎)• まめきち(豆吉)• まめた(豆太)• むさし(武蔵)• ももたろう(桃太郎) や• やしち(弥七)• やまと(大和) ら• らい(雷)• らいた(雷太)• らくた(楽太)• らくまる(楽丸)• らんま(乱馬)• らんまる(蘭丸)• りき(力)• りきまる(力丸)• りきゅう(利休)• りく(陸)• りゅう(龍)• りゅうのすけ(龍之介、竜之介)• りょうま・りゅうま(龍馬)• れん(蓮) わ• あおば(青葉)• あげは(揚羽)• あやめ(菖蒲)• あられ• あんず(杏)• いろは(彩葉)• うみ(海)• うめ(梅) か• かえで(楓)• かぐや(輝夜)• こうめ(小梅)• こなつ(小夏)• このは(木葉)• こはる(小春)• こまち(小町)• こまり(小鞠)• こむぎ(小麦)• こるり(小瑠璃) さ• さくら(桜)• さち(幸)• しずく(雫)• しずる• すず(鈴)• すみれ(菫) た• ちゃちゃ(茶々)• つき(月)• つくし• つつじ• つばき(椿)• つむぎ(紬) な• なずな• なつ(夏)• なつめ• なな(七)• ねね は• はな(花・華)• はなび(花火)• ひまわり(向日葵)• ひめ(姫)• ふたば(双葉)• ふぶき(吹雪)• ぼたん(牡丹) ま• まつり(祭)• みかん(蜜柑)• もみじ(紅葉)• もも(桃) や• ゆき(雪)• ゆず(柚子)• ゆり(百合) ら• らん(蘭)• らんらん(蘭々)• りん(凛)• りんご(林檎) わ• わおん(和音)• わかば(若葉) 可愛いペットのために「病気」にも備えておきましょう これまでに9匹の猫と暮らし、4匹の猫とお別れしましたがペットの医療費は高額になりがち。 4匹のうち2匹がガンで、治療のための通院に〜月5万円の覚悟が必要でした。 肥大していくガンを取り除くための手術も、複数回行いました。 愛するペットに少しでも辛い思いをさせたくない、そうなると病院に連れて行かないということはできません。 そこでおすすめなのが、病気に備えておく「ペット保険」。 たとえば10万円の診療費用がかかった時に、補償割合が50%のペット保険に加入していれば50,000円の保険金が受け取れます。 保険を選ぶ際におすすめなのが、。 ペットの種類や保険会社によって、保険料・補償内容が異なります。 パンフレットならそれぞれの内容をしっかりと比較でき、消去法で自分のペットにあった保険が探せるのでおすすめです。 最後まで看取る、それが飼い主の責任です。

次の