チャンミヒャン。 チョン・ヨンヒョク

与党指導部、ユン・ミヒャン当選者をめぐる疑惑に「事実関係の確認が先」(ハンギョレ新聞)

チャンミヒャン

粛清を振り返る(5) (抜粋) キム・ヘギョン氏は氏の死後、収容所へ送られたという。 だが、の巻き添えになって粛清された女優の中には、彼の愛人でも何でもなかった人もいる。 代表的なのが、2007年にでも上映された映画「ある女学生の日記」に主演した「清純派女優」のパク・ミヒャン氏だ。 同作品に出演した彼女の映像を見ると、実にういういしい。 このように世界的に顔を知られた女優が、一夜のうちに姿を消してしまうのが社会の現実なのだ。 (参考記事:【動画】の女子高生「タイマン」場面…映画『ある女学生の日記』) それも、彼女には何の落ち度もないにかかわらずである。 彼女が夫や幼い息子とともに収容所に送られた理由は、夫の父である前駐大使のパク・クァンチョル氏が、氏と近しい間柄だったというだけのことだ。 氏はそこまでして、氏の存在の痕跡を徹底的に消し去ろうとした。 しかし、いくら「禁止リスト」に載せて厳しく取り締まったところで、多くの国民に親しまれた俳優たちの記憶を、社会から完全に除去することなど不可能だ。 高英起氏によると映画「ある女学生の日記」の主演女優であるパク・ミヒャン氏がの巻き添えになって粛清されたとのこと。 2018年10月の高英起記事ではパク・ミヒャン氏の素性についてさらに具体的に記載されています。 <>張氏親族また銃殺か 行政職員が伝える 2014. 石丸次郎 情報を伝えてきたのは、北部に住むアジアプレスの取材協力者P氏。 3月30日に電話で次のように述べた。 「元映画俳優で、の姪の夫チェ・ウンチョルと女優のキム・ヘギョン、パク・ミヒャンの三人が銃殺されたと騒ぎになっている」 この取材協力者P氏は地方都市の行政職員で、党や軍などの幹部情報に接する地位にある。 P氏は、銃殺刑がいつ、どこで執行されたのか、未だ正確には不明だとしつつも、 「幹部たちに情報がもたらされたのはごく最近のこと。 チェ・ウンチョルは張氏の『婿』で、映画『デホンダンの責任秘書』に出ていた。 分派だとして三人の関係した映画は、すべて回収しろと指示が降りてきて騒ぎになっている」 と述べた。 また銃殺された他の二人の女性については、 「女優のキム・ヘギョンは、が寵愛していた女だったらしい。 パク・ミヒャンは楽団にいた若い娘で、張の関係した人間の孫だということだ」 とP氏は説明する。 に居住していたは、処刑されたとされるチェ・ウンチョルについて、次のように話す。 「チェ・ウンチョル氏は、今、年齢が48歳ぐらいだと思う。 性に人気があった。 共演した女優と恋愛関係にあったが、の姪と結婚したため、『金 と権力のために恋人を捨てた』と評判が良くなかった。 俳優をやめて人民経済大学に入学した。 その後、市内のタクシーを独占運営する運輸会社の社長に なったということだ」 また、このによると、キム・ヘギョンは年齢が30代後半、「幹は根から育つ」という映画に主演した美貌の人で、多くの男性との関係があると噂の多い女優だったという。 は昨年12月に「国家転覆陰謀」の罪で処刑されたが、親戚や部下、そして系列とみなされた大勢の人々がして今年1月にかけて大量に粛清された。 今回のP氏の情報が正しいとすれば、張氏粛清に関連する混乱がまだ続いていることになる。 しかし、このアジアプレス記事では「パク・ミヒャンは楽団にいた若い娘で、張の関係した人間の孫」とされています。 高英起記事では「前駐大使のパク・クァンチョル氏」「の息子の嫁」となっており、石丸記事と一致しません。 カンヌ出典の映画の主演女優という情報も石丸記事にはありません。 この件をさらに調べるとおかしな事実が出てきます。 2013年8月17日(この日付が重要です)の記事です。 처벌 이유는 박미향이 화폐 계혁 당시 숙청당한 박남기 전 노동당 계획재정부장의 친척이라는 이유라고 전해졌다. カの自由アジア放送が'한 여학생의 일기(ある女学生の日記)'の主演女優박미향(パク・ミヒャン)が処罰を受けたと報じたとあります。 日付は2013年8月17日です。 高英起記事や石丸記事で言及されているパク・ミヒャンが、'한 여학생의 일기(ある女学生の日記)'の主演女優の박미향(パク・ミヒャン)であるならば、にして2013年8月17日に粛清されることはありえません。 なぜなら、の失脚はこの3ヶ月後の2013年12月だからです。 上記記事では、박미향(パク・ミヒャン)は、通貨改革に失敗して粛清された박남기(パク・ナムギ、朴南基)計画財政部長の親戚だから粛清されたという観測を述べています。 のではありません。 もっともこの自由アジア放送の観測も奇妙です。 박남기(パク・ナムギ、朴南基)の失脚は2010年2月から3月であって時代です。 が権力を継承したのは2011年12月ですから、代替わりしてさらに2年近く経ってから、박남기(パク・ナムギ、朴南基)の関係者をさせたというのはちょっと理解しがたいところです。 考えられる可能性 1.2013年8月の自由アジア放送記事がで、'한 여학생의 일기(ある女学生の日記)'の主演女優박미향(パク・ミヒャン)が粛清されたのは2014年3月である。 2.2018年10月12月の高英起記事がで、2014年3月に粛清された박미향(パク・ミヒャン)は、'한 여학생의 일기(ある女学生の日記)'の主演女優とは別人である。 3.2018年10月12月の高英起記事と2014年3月の石丸記事がで、'한 여학생의 일기(ある女学生の日記)'の主演女優박미향(パク・ミヒャン)は2013年8月にとは無関係に既に粛清されていた。 4.'한 여학생의 일기(ある女学生の日記)'の主演女優박미향(パク・ミヒャン)が表舞台に出なくなったのは別の理由で、粛清されたわけではない。 個人的には2の可能性が高いように思います。 そもそも2018年10月の時点で高英起氏は、2014年3月の石丸記事も2012年8月の記事も知りうる立場にいますから、박미향(パク・ミヒャン)が同名の別人なのか、同一人物なのかをまず確認すべきでした。 高英起氏はそういった最低限の確認を怠っており、情報源としての信頼性を疑わざるを得ないところです。 同時に2014年3月の石丸記事が2013年8月の自由アジア放送記事での박미향(パク・ミヒャン)について別人なのかどうかを明記しておくべきだったかもしれません。 また、情報の多くはや内部の協力者を情報源としていますが裏づけがほとんど取られていません。 報道を行う限られた団体が発する情報が最初は真偽不明の疑惑として慎重に記載されていても、相互に参照されるうちに、事実であるかのようにされることがあります。 박미향(パク・ミヒャン)粛清の件は、その事例の一つと言えるかもしれません。 [출처: 중앙일보] '한 여학생의 일기' 北 유명 여배우 사라진 이유가… [온라인 중앙일보] 입력 2013. 처벌 이유는 박미향이 화폐 계혁 당시 숙청당한 박남기 전 노동당 계획재정부장의 친척이라는 이유라고 전해졌다. 북한 내부에서 상영이 금지된 이 영화는 해외에서는 여전히 상영되고 있는 것으로 알려졌다. ノーカットニュースによればの姪の婿チェ・ウンチョルは映画『大紅湍(テホンダン)責任秘書』などさまざまな映画に出演し、キム・ヘギョンはが寵愛していた女優として知られ、パク・ミヒャンは()楽団に所属する性で、に関係する人の孫娘と伝えられた。 さらに「最近『分子の容疑で処刑された3人が出演した映画も全て回収せよ』という指示が下った」と処刑のニュースを裏付けした。 『アジアプレス』大阪オフィスの石丸次郎代表は今回の処刑について、粛清に関する連鎖粛清第2弾が始まり、すでに粛清は終わったが映画や音楽を通じて住民に良く知られている作品についての整理が必要なため出演作品を消し去る作業に入ったと解説した。 粛清を振り返る(5) デイリーNKジャパンは最近、「コンピュータに入力してはならない電子ファイル目録」と題されたの内部文書を入手した。 2015年5月の日付が入ったもので、韓国誌・月刊朝鮮11月号はこれを、の体制に不都合な映像・音楽作品を取り締まるタスクフォース「109常務(サンム)」が作成したものだと断定している。 内容は視聴が禁止された映像・音楽・ソフト類のリストで、列挙されたタイトルはざっと300以上にもなる。 その多くは、体制に「有害」と見なされた俳優の出演しているものだ。 (参考記事:機関銃でズタズタに…氏に「口封じ」で殺された美人女優の悲劇) その中には、2013年12月に処刑された委員長の叔父・()元党行政部長の「関係者」とみなされた俳優たちの出演作が、多数含まれている。 一時はの権力中枢でも「実力ナンバーワン」と言われたは、複数の女優を愛人にしていたと言われる。 その筆頭は、「」出身で元トップ女優のキム・ヘギョン氏だが、彼女のである「幹は根から育つ」もまた、前述したリストに含まれている。 だが、の巻き添えになって粛清された女優の中には、彼の愛人でも何でもなかった人もいる。 代表的なのが、2007年にでも上映された映画「ある女学生の日記」に主演した「清純派女優」のパク・ミヒャン氏だ。 同作品に出演した彼女の映像を見ると、実にういういしい。 このように世界的に顔を知られた女優が、一夜のうちに姿を消してしまうのが社会の現実なのだ。 (参考記事:【動画】の女子高生「タイマン」場面…映画『ある女学生の日記』) それも、彼女には何の落ち度もないにかかわらずである。 彼女が夫や幼い息子とともに収容所に送られた理由は、夫の父である前駐大使のパク・クァンチョル氏が、氏と近しい間柄だったというだけのことだ。 氏はそこまでして、氏の存在の痕跡を徹底的に消し去ろうとした。 しかし、いくら「禁止リスト」に載せて厳しく取り締まったところで、多くの国民に親しまれた俳優たちの記憶を、社会から完全に除去することなど不可能だ。 (参考記事:【写真】の・洪英姫と映画「花を売る乙女」) そしてむしろ、氏がそのようにムキになればなるほど、権力中枢の歪んだ内実を国民に知らせることになってしまったのである。 7  当局は最近、国内外の音楽や映像作品70余りを「不純宣伝物」に指定し、視聴や上映、配布を禁止する措置を取ったもようだ。 驚くべきは、指定された作品の相当数が、ファミリー()やを礼賛する内容のものだということだ。 (ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋によれば、当局者はその理由について「作品に出演した俳優や歌手が、体制に不満を持ち政治的に処理されたため」と説明したという。 禁止された作品の具体的な名前やより詳細な背景については、いずれ取材結果を交えて述べることにしたい。 ともかくいま言えるのは、またもや芸術かたちの「受難」が始まった可能性があるということだ。 では時代に入り、芸術家が粛清・処刑される事件が繰り返し起きている。 ひとつが、氏の元妻・(リ・ソルチュ)氏がかつて所属していた銀河水(ウナス)メンバーの虐殺事件である。 氏の「異性問題」に絡み、複数の芸術団メンバーがきわめて残忍な方法で処刑されたのだが、当局はその様子を、刑場に集めた芸術関係者数千人に見せつけた。 前列で見ることを強要された女性歌手らの中に、失禁しなかった者はいなかったという。 (参考記事:氏「美貌の妻」の「元カレ写真」で殺されたの芸術家たち) また、氏の叔父である()鮮行政部長が粛清された際にも、多数の芸術家が巻き添えになった。 その中には一時、の銀幕スターだった女優キム・ヘギョンがいる。 (参考記事:【写真】女優 キム・ヘギョン--その非業の生涯) 彼女の悲惨な運命については、で中枢の人事情報に精通する李潤傑(イ・ユンゴル)戦略情報センター代表が詳しくレポートしている。 粛清情報は太永浩氏の証言と一致する。 また、氏の粛清に際しては、彼につながる外交官たちも粛清された。 その中に、前駐大使のパク・クァンチョル氏がいる。 彼の息子の嫁は、2007年にでも上映された映画『ある女学生の日記』に主演した「清純派女優」のパク・ミヒャンだ。 (参考記事:【写真】映画『ある女学生の日記』の主演女優パク・ミヒャン) 彼女は夫や幼い息子とともに、収容所に送られてしまったという。 さらにはの大人気映画で、海外でもよく知られている『(ホンギルトン)』のヒロインも粛清された。 これまた「清純派女優」であるパク・チュニは、氏の甥である張ヨンチョル元駐マレーシア大使の妻だった。 彼女自身は処刑を免れたものの、収容所に送られたとも、山間僻地に追放されたとも言われている。 (参考記事:「あまり美人に育たないで」の親たちが娘の将来を案じる理由) 「粛清の嵐」吹かせる(1)処刑、その時で起こっていたこと 石丸次郎 2015. 22 石丸次郎 で粛清の嵐が止まらない。 5月13日に韓国国情院が公開した長の玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)の処刑情報は世界を驚かせた。 だが、 氏による高官粛清が本格化するのは、言うまでもなく2013年12月の氏の処刑からであった。 張氏が殺された時、当局はどう動いたのか?民衆は、若 い指導者による「叔父殺し」をどのように受け取ったのだろうか?が粛清された直後から、アジアプレスの国内の取材パートナーたちからは続々と 関連情報と感想が寄せられた。 粛清事件は本人の処刑で終了したわけではなかった。 側近、系列とみなされた人たち、親類縁者などに対する追加の調査や、処 刑、連行、追放などの処罰が長期に渡って続いていたのである。 現在に至るも余波が続く粛清事件。 の・金慶姫 キム ギョンヒ の夫であり、70年代から中枢で仕事をし、中国はじめ諸外国中枢とのパイプも太かった。 また若いを傍で補佐していると見られてい た。 だからこそ、2013年12月にが粛清されたことは世界中を驚かせたのである。 粛清直後、電話で内部の様子を知らせてくるのパートナーたちの声は、時に憤懣で上ずり、時に恐怖でヒソヒソとか細かった。 13年12月9日に粛清が報じられた直後から、人民班(末端の行政組織でのようなもの)や職場では、たびたび集会が持たれ、当局は住民た ちに対して「張がいかに悪い奴か」を宣伝していた。 不正、腐敗、横領、女性関係や麻薬使用などの放蕩、分派を作って国家転覆を陰謀していたなどが、その内 容である。 特に、張が失政や横領で国家に莫大な損失を与えたため人民生活が悪化したという宣伝が繰り返されていた。 各地で国家安全保衛部(情報機関)が主催する講演がたびたび行われた。 「粛清の嵐」吹かせる(2)親族と関連者の処刑続く 有名俳優も 石丸次郎 2015. 26 石丸次郎 2013年12月、が粛清された直後から、アジアプレスの国内の取材パートナーたちからは続々と関連情報が寄せられた。 粛清事件は本人の処刑 で終了したわけではなかった。 側近、系列とみなされた人たち、親類縁者などに対する追加の調査や、処刑、連行、追放などの処罰が長期に渡って続いてい たのである。 現在に至るも余波に揺れる粛清事件。 3月末、に住む、党や軍などの幹部情報に接する地位にある取材協力者は電話で次のように伝えてきた。 「元映画俳優で、の姪の夫チェ・ウンチョルと女優のキム・ヘギョン、パク・ミヒャンの3人が銃殺されたと騒ぎになっている。 宗派分 子だとして3人の関係した映画は、すべて回収しろと指示が降りてきた。 女優のキム・ヘギョンは、が寵愛していた女だったらしい。 パク・ミヒャンはモ ランボン楽団にいた若い娘で、が関係した人間の孫だということだ」。 銃殺刑がいつ、どこで執行されたのか、未だ正確には不明だとしつつも、幹部たちに情報がもたらされたのはごく最近のことだったという。 リムジンガン編集部のメンバーでに居住していたのペク・チャンリョンは、処刑されたとされる元俳優のチェ・ウンチョルらについて記憶していた。 scopedog.

次の

北朝鮮報道に関する疑問:박미향(パク・ミヒャン)はいつ粛清されたのか?

チャンミヒャン

「私の愛の治療記」61、62話あらすじ 親から貰った指輪をソンジュに譲るヒョシル。 驚くチウ。 驚くヒョシルとジェハク。 違うの。 チユを行方不明にしたのが他でもなくソンジュだと分かり、ショックを受けて倒れるヒョシル。 ジェハクに確かめられ、チユを行方不明にしたのを認めるソンジュ。 チユを失って奈落の底に居たのを知っているのに、それを見ていたソンジュの仕業だったと分かり激怒するジェハク。 ジェハクに出て行けと言われるソンジュ。 チウに相談なしに家族に言ってしまったことを謝るジンユ。 ジンユの立場を心配するチウ。 許すなり告訴するなり、自分の勝手にするとジンユに話すチウ。 ウンジュが向かいのオフィスで働いていることに驚くワンスン。 チウが、ハヌルを見にやって来たけど様子がおかしかったことをワンスンに話すウンジュ。 チウに何があったのか分からないワンスン。 チウが辛そうに見えて、心配してワンスンに尋ねに来たウンジュだった。 会社から帰ってきたイユは、家の様子がおかしいことに気付く。 ジェハクの家を出る準備をするジンユに驚くソンジュ。 幼いチユのバッグに忍ばせたソンジュのメモも警察の捜査に入り、ホヨンのDNAの件も明らかになるのは時間がかからないだろうと話し、ソンジュに自首を勧めるジンユ。 その二人の話を聞いて驚くイユに、事実を話すジンユ。 退院して来たヒョシルは、まだ家に居るソンジュに驚く。 そんな図々しいソンジュに怒るヒョシル。 だが、まだ家に居座ろうとするソンジュ。 私に隠していることは無いって言ったわよね。 チウがミヒャンの事に感づいたと分かり、ワンスンに怒るジョンスン。 ミヒャンの夫から突然電話がかかって来て、慌てて切るワンスン。 母ソンジュがチウを捨て、ジェハクとの子供が必要で自分を産んだと知り、大きなショックを受けるイユ。 イユの様子がおかしいことに気付き、話しかけるチュチョル。 イユが早退したと聞き、心配するチウ。 会社も辞めることを決心し、チョンチーム長に仕事の引継ぎをすることにするジンユ。 入院している父親の元に行き、キップムを会わせるユンギョン。 ジンユが当分の間会社に出てこないと言っていたと聞き、驚くチウ。 ジェハクに退職届を出すジンユ。 その退職届を受け取るつもりはないジェハク。 会社を辞めるのを引き留めるジェハクに、ソンジュを連れて家を出ることを伝えるジンユ。 ソンジェ達と住むマンションを探しているとチウに話すジンユ。 お祖母さんたちをよろしく頼むと言い、謝るジンユ。 フードトラックをしているワンスンの前に、現れるミヒャン夫。 ジンユの車で警察に駆けつけるチウ。 その言葉に驚くチウ。 ワンスンの相手の名前がチャン・ミヒャンという名前だと分かるチウ。 第63話につづく。

次の

日本のサンケイ新聞、ユン・ミヒャンを皮肉って韓国人を侮辱!!!《韓国人の反応:あんな詐欺師女が国会議員になれる国、非難されて当然だ!!!》

チャンミヒャン

マイヒーリングラブ-韓国ドラマ-あらすじ-最終回まで感想あり-最高視聴率16. 0%!という驚異の視聴率を叩き出したドラマです。 しかも2018年のMBC演技大賞・3冠受賞作!をマークした大爆発的なドラマです。 この【マイヒーリングラブ】のドラマは..。 常に自分のことよりも家族を優先してきたイム・チウ! しかもイム・チウは、娘&お嫁さん!そして優しい奥さんでいたい!と思ったことが1回もなくて..。 いつも家族の為に自分を犠牲にしてきたパワフルなチウです。 そんな主婦のチウが、運命的な出会いによって..。 人生の幸せをGETするサクセスストーリーです。 そのあと、今のお母さんがチウを育ててくれて..。 そんなチウは大恋愛を経て、旦那ワンスンとゴールイン! ところが旦那ワンスンは、ダメンズ亭主で..。 その為、チウが、旦那の代わりにダブルワークで家計を支えていたのだった。 しかも旦那ワンスン以外にも、姑イボクにはいじめられて..。 さらに旦那の妹ジュアはトラブルばかり! 日々、苦労が絶えないチウは苦悩していたのだった。 その後、もう限界がきたチウは、姑達と別居を考え始めて..。 その為、新たな住まいの契約へ出かけたチウ! そんな中、憧れのマイホームに向けて掘削機のテストを受験に行ったイム・チウ! すると同じ試験会場にいたハンスグループ常務のジンユが、チウに助言をしてくれて..。 そのお陰で何とか乗り越えられたチウだったのです。 その頃、ハンスグループ常務のジンユは、モール建設の地域の土地買い取りの為に懸命だったのです。 そこで地主さんを招待していたジンユ! しかもジンユは、車を運転中に接触事故に遭遇してしまい..。 なんと事故をした男性ワンスンの所に、掘削機のテスト会場で会ったチウが登場したのです。 そんな中、チウは、地主さんから高い修繕の費用の支払いを命じられてしまい..。 話を聞いていたジンユは、チウを救助してくれたのだった。 そして夜になって..。 ジンユは、ガソリンスタンドに行ったのです。 すると、ここでも再度、チウと再び会ったのです。 しかもジンユの大学時代に好きでいた ソウル大学のお化け が、なんとチウ!と判明して..。 そしてバツイチで、娘がいます。 愛する娘のために頑張って明るく前向きに生きていこう!と誓ったのです。 そして司法試験を目指していたけれど何回も落ちて、その後、フードトラックを営んでいます。 そして、美容室を経営しています。 旦那さんは交通事故で他界してしまいました。 ハンスグループの保安要員です。 お母さん動揺に美容院でヘルプをしています。 奥様&娘さんを失ってしまいました。 【マイヒーリングラブ-キャスト&相関図はこちらです!】 【マイヒーリングラブ】63話〜64話のあらすじのご紹介です! そして 【マイヒーリングラブ】61話〜62話の前回のあらすじは... ワンスンは今もミヒャンとの関係が続いていたのです。 そのことをとがめたのだった。 さらにイボクは【チユにバレたらどうするんだ!】と激怒して..。 しかも帰宅したチユは、2人の話を聞いてしまったのです。 そこで【チャン・ミヒャン?秘密にしていることがあるの?何もないはずでしょ!】と攻撃したチウ! イボクは、【香水の話題で盛り上がっていた!】と適当にはぐらかしたのだった。 ジョンスは、チウがミヒャンのことに気づいた!とわかって..。 ワンスンに激怒したのです。 そしてワンスン宛にミヒャンの旦那様から電話がかかってきて..。 急いで切ったワンスンだが...。 その頃、イユは、お母さんソンジュがチウを捨てた!と知ったのです。 しかもジェハクと自分の子供がいるからイユが生まれたことまで知ってしまい..。 衝撃を受けたイユだったのです。 ジンユは、そんなイユに..。 【悪いけれど..。 イユがお祖母さんとお父さんを看ることになる。 】と伝えたのだった。 そんなイユの異変に感づいたチュチョル! チュチョルは、イユに声をかけて..。 急に泣いてしまったイユだったのです。 一方、会社を辞める!と決めたジンユ。 チョンチーム長に仕事の後任をお願いしたのだった。 チウは、しばらくジンユが職場に来ない!とわかり..。 驚愕したチウだったのです。 そしてジンユは、ジェハクに退職願いをだして..。 でも受理しないジェハク! そんなジェハクに、ソンジュと家を出ることにしたんだ!と話したジンユ。 そしてジンユは、チウに【ソンジェ達と暮らす家を見つけている!】と伝えて..。 継続して【祖母ちゃん達を頼んだ!】といいながら謝ったジンユだった。 その頃、ワンスンは、フードトラックをしていました。 すると、いきなりミヒャンの旦那さんがきたのだった。 【俺の奥さんに何をするんだ!】といきなり手をあげてきて..。 その後、警察ざたになったのです。 チウは、ジンユと慌てて警察に出向いて..。 ミヒャンの旦那さんは、ワンスンに【おまえも既婚者だろ!人の奥さんをとって面白いのか!】と激怒していたのだった。 そのタイミングでチウは警察に到着して..。 驚愕したチウだったのです。 そこでチウは、ワンスンの相手の女性がチャン・ミヒャン!とわかって..。 マイヒーリングラブ-63話あらすじ チウは、ワンスンが既婚者の女性と会っていた!とわかったのです。 もう想定外のことに衝撃をうけたチユ。 そこでワンスンにチユは【既婚女性と会っているのは事実なの?】と聞いたのだった。 すると言葉に詰まってしまうワンスン! だがミヒャンはチウに【私たちはやましい間柄ではないです!】といい..。 ところがミヒャンの旦那さんは、ワンスンとミヒャンが密会している証の写真を見せたのだった。 【これが証拠だ!】というミヒャンの旦那さん。 チウはワンスンの顔を叩いてしまい..。 【偽りはない!って言ったよね?】とワンスンを攻撃したチウだったのです。 そして去っていくチウ。 ジンユは見ているだけしかできなくて..。 号泣するチウを慰めるジンユだったのです。 そんな中、ワンスンは、チウに秘密で過去に不妊の手術をしているので戦々恐々としていました。 この件がチウにわかってしまったらいっかんの終わり!と思い..。 【また再生できる手術をしてください!】と病院に出向いたワンスンだったのです。 時を同じくして、ジェハクは、ブハンに事実を話して、チウの様子を聞いたのだった。 そこでジェハクは責任を感じてしまい..。 ジュアは【悲しそうにチウが泣いてる夢を見た!】と話したのです。 その頃、ワンスンはまたチウを取り戻したい!と思っていました。 そこで謝罪のメールをおくったワンスン! マイヒーリングラブ-64話あらすじ キップムの生活スタイルを案じていたチウ! ジンユは、案じているチユも幼少期に悲しい思いをしたはずなのに!と申し訳なく感じていたのだった。 その頃、チュチョルは、イユと話をしてて..。 チウを案じていたチュチョルだったのです。 チュチョルは、チウに【食事にいこう!】といい..。 チウは直感して【もしかして?何か情報を知っているってこと?】と驚愕したのだった。 そんな中、刑事さんはジェハクのDNAとチウが合致した女の人を調査していました。 やっとのことで身元がわかり..。 その子は、ジェハクが支援してる施設の子供!とわかったのです。 さらに刑事さんは【ジェハクのDNA!と思われていた遺伝子は、施設にいる子供のDNAでしたよ。 しかも遺伝子を登録した前の日。 ソンジェが施設を訪れていたことまでわかりました!】と伝えて..。 話を聞いたジェハクは、驚愕したのだった。 そして刑事さんは、ジェハクに【ソンジェが絡んでいいますよ!】と言い..。 衝撃のあまりジェハクは、心臓が痛くなってしまったのです。 そんな中、ソンジェはメッセージを残して行方がわからなくなっていました。 イユは、ソンジェのメッセージを見て..。 慌ててジンユに電話をかけたイユだったのです。 一方、チウは、ワンスンと会っていました。 捨てられたことを話したチウ! ワンスンは、【もって早く話してくれたら良かったのに!】と言い出したのです。 だがチウは【いまさら何を言うの?私は何回も話そうとしたわ!貴方が聞く耳をもたなかったんでしょ!】と言い..。 するとワンスンは、適当な理由を言いだして..。 だがワンスンを全く信じていないチウだったのです。 そのタイミングでワンスンは離席をして..。 そこに泌尿器科からワンスン宛にメールが送信されてきたのだった。 チウは送信されてきたメールを見てしまい..。 避妊手術の再現の予約を確かめる内容だったのです。 思わずチウは驚愕して..。 戻ってきたワンスンに確かめたチウ! 詳細を聞いてチウは衝撃をうけてしまい..。 チウは、子供ができない原因がわかったのだった。 そしてチウはワンスンを攻撃して..。 ここでも言い訳ばかりするワンスン! だがチウはもうワンスンとはいられない!と決断したのだった。 ショックなチウは帰りがけに車に接触しそうになってしまい..。 通りかかったジンユが、チユを救助してくれたのです。 でもチユは【私にかまわないで!】といいだして...。 ジンユは、チウが不憫でハグしたのだった。 【感想】 いろんな事実が判明してきましたねぇ〜〜。 ジェハクのDNAの件も、ついにソンジェが絡んでいる!とわかったではありませんか! 悪いことをすればバレますよね? しかも刑事さんはプロですから〜詳細がわかってしまうね? ソンジェも崖っぷちに立たされてしまいましたよぉ〜。 今後、どう出てくるのでしょうか?? さらにチユは、ワンスンが避妊手術をうけていた!とわかってしまいました。 ずっとチユが不妊のことで悩んでいただけに本当にかわいそうです。 ワンスンは再現手術を希望しているけれど..。 もうチユとの関係はピリオッドを打つことになりそうね? さらなる展開を追っていきましょうねぇ〜〜。

次の