車庫 証明 に 必要 な もの。 【重要】車を乗り換える時に必要な車庫証明の申請方法と手続きの流れ

会社・法人名義での車庫証明申請について

車庫 証明 に 必要 な もの

質問の内容 車を購入に際して車庫証明が必要ですが、これはいつ取っておけば良いのでしょうか? 車庫証明の発行は車を買うときの前提ですが、納車前に取る必要があると思います。 調べたら意外に早く取得することが出来るのですね。 いつもは販売店に任せていましたが、今回は自分で取ってみようと思っています。 そこで車庫証明をいつ取得すればいいのか、その時期について教えてください。 よろしくお願いします。 質問した方は自分で車庫証明を取得するということで、いつ取得するべきかというタイミングを考えているわけですね。 確かに代行を依頼すれば手間もなく楽が出来るのですが、逆に代行をすることを前提として購入するような場所では、いざ自分で取得するといったらその手前やり方を聞きづらいところもわかります。 こちらでは、車を買うときにいつ車庫証明を取得するべきかをお話します。 意外に知られていないことですが、良い車は市場に出回る前に業者間で買われてしまい、一般の人が良い車を安く買う事が出来ません。 「安い車を発見した!」ということで喜んでいられる状況ではなく、 質が悪いから安いという現実を知っておく必要があります。 逆に良い中古車は高い金を出して探すことになりますが、今はネットで業者間取引されている一般非公開車両を見ることが出来ます。 またネットだと有利な事が多く 「最長10年保証」「返品に対応」と普通に店舗で探すよりお得です。 もしあなたが中古車選びで失敗したくないならば、 ネットから業者と同じ立場で車探しをオススメします。 その理由は、車庫証明の申請には次の情報が必要であり、買う車を決めていなければ申請が実質的にできないというわけです。 車庫証明に必要な車情報• 車台番号• 車の寸法 このように、車庫証明の申請書には車台番号を記入しなければいけませんので、特定の駐車場と車に関連する書類であることが分かると思います。 そのため、買う車によって取得する車庫証明の中身も変わってくるので、契約した後が望ましいでしょう。 それよりも前に車台番号さえ分かっていれば車庫証明の申請を行うことが出来ますが、ローン審査が通らなかったり、契約前に気変わりした場合には何の意味もなくなってしまいます。 もちろん、取得したとしても何か継続的に必要というものではありませんから、お荷物になるようなものではありませんが、申請には費用も手間もかかりますので出来れば無駄なく行いたいものです。 車庫証明の取得には、その地域を管轄している警察署に申請を出します。 車購入時以外の車庫証明取得タイミング 車庫証明の取得タイミングについては主に車購入時ですが、引っ越しがある場合にも同様に必要です。 取得する車の情報が分からない場合には、車庫証明の取得申請が実質的にできませんが、引っ越しの場合には少し様子が異なります。 また、車購入時以外においても、無料で車を譲り受けるなどした場合には、車購入時同様に車情報が分かったタイミングで車庫証明の取得申請を行います。 車庫証明の取得方法と流れ 車庫証明の取得については次の流れになります。 車庫証明の取得方法と流れ• 車の購入や取得を確定して車情報を得る• 駐車場の確保• 警察署で車庫証明の申請• 警察官による調査等で1週間から2週間ほど• 警察署で車庫証明を受け取り 車庫証明取得の期間としては長いと1か月ほどかかってしまいますが、短くても2週間ほどかかります。 その理由は警察官による駐車場の調査などがあるので、その期間が比較的長めになるということです。 そのため、車庫証明の取得については余裕をもって進める必要があります。 なお、事前に警察署にいって車庫証明の書類を取得することが大切であり、提出する際に簡単に記載して済む書類ではないので、先に取得しておくようにしましょう。 車の購入や取得を確定して車情報を得る 前の段落で話したように、車台番号などが無ければ車庫証明を取得申請することが出来ません。 そのため、車購入や取得についてある程度確定した状況において車庫証明申請をすることになります。 なお、次に説明する駐車場の確保が車情報を得るよりも先でも問題はなく、むしろ車庫を自前で保有している場合はそれに該当しますよね。 駐車場の確保 駐車場の確保を行う必要があります。 自前で家に隣接されていたり、保有している土地を駐車場として利用する場合は、駐車場としての大きさを備えていれば特に問題になることはありません。 賃貸などで駐車場を確保する場合には「保管場所証明」という、他人の土地など施設を駐車場として利用できることを証明できる書類が必要になります。 多くの場合には不動産屋や大家に言えば取得することが出来ます。 駐車場の確保についても、審査などで日数が必要になる場合もあります。 このような点が何個かあることが車庫証明は時間が必要になるもの、というわけです。 警察署で車庫証明の申請 車の情報を確定して、駐車場情報も確定した場合には、警察署で車庫証明の申請を行います。 費用は3000円ほどで、期間は1週間から2週間ほどかかります。 これは次に話す警察官による駐車場として不備がないかどうかを確認調査するためです。 警察官による調査等で1週間から2週間ほど 警察官による調査等で、1週間から2週間ほど時間が掛かります。 これは、警察署で車庫証明の申請を行ったときに次にどれぐらいの期間でくればよいのかを言われるのですが、その間に行っています。 納車を急いでほしい場合において、この期間が非常にもどかしいのですが、事前に日数がわかっているだけマシと考えましょう。 警察署で車庫証明を受け取り 警察署で申請したときに告知された期間の後に訪れ、そこで車庫証明とステッカーをもらいにいくという流れです。 「えっ!ステッカーってなに?」と意外にも知らない方が多いものですが、あまりかっこいいとはいえない車マークのステッカーがもらえます。 実際に車に張る人はほとんどいないため、その存在も自分で車庫証明を取得するなどしなければ知らない方が多いようです。 車庫証明の取得方法など詳細についてはこちらをどうぞ。 車庫証明を自分で取る方法:3行まとめ 2時間で申請を終わらすなら不備のない書類内容と駐車場の条件などを確認し、二度手間を無くすことが重要 書類を事前にダウンロードして印刷・作成しておくことが2時間で申請をするコツ 車庫証 … 申請は平日しか行うことが出来ない 車庫証明は販売店に依頼することができ、そのときには代行費用1万円~2万円かかるのが一般的です。 それでも警察署の申請は平日しか行えませんから、忙しい人は業者に代理で依頼することが多いようですね。 車の値引きを狙うならば車庫証明は自分でやると得なので、それほど難しくもなく申請自体も2時間ぐらいで準備できるので、挑戦してみても良いのではないでしょうか。 自分で車庫証明取得をやりたいという方のために、車庫証明の取得方法を簡単に説明します。 車庫証明は軽自動車では必要でない地域あり 軽自動車の場合には、「自動車保管場所届出書」と名称の変化があることに加えて、都道府県によっては車庫証明のような手続きが必要ない地域もあります。 軽自動車の車庫証明の届出は、東京や大阪の中心から30km圏内にある市、県庁所在地の市、人口10万人以上の市などが車庫証明の届出が必要な対象地域となり、つまりは人口が多かったり首都圏近くならば届出が必要ということなります。 人口は自動車の台数にも比例すること、またそれにあわせて土地が少ない場合には軽自動車保有について届出を必要とするような流れでしょう。 詳しくはこちらから確認することが出来ます。 一般社団法人 全国軽自動車協会連合会の公式webサイトです。 車庫証明は自分でやるべき? 車庫証明は自分でやれば代行費用が掛からないので車を少しだけ安く買えます。 車庫証明を代理でお願いする方は別に良いとして、自分でやってみたいという方は少し注意が必要です。 実は販売店では車を売るときに車庫証明などを代行する前提で車を売っている場合があるからです。 そのため、車庫証明を自分でやりたいという方は、販売店に事前に確認しておくことが望ましいでしょう。 なぜこのようなことが必要かといえば、車庫証明の代行手数料について販売店は利益を想定している可能性があるためです。 車庫証明代理を拒否できないのは不当? 車庫証明ぐらい自分で取得したいという方もいると思いますが、特に車体価格が安い車ほど販売時の手数料で収益を想定しているので、いわゆる諸費用が掛かってしまうのは仕方なしと言えます。 「車庫証明なんて自分で出来るのに勝手に手数料を取るなんて!」と思うかもしれませんが、販売店にもあなたに車を売るかどうかを選択する権利があることを忘れないようにしてください。 特に中古車の場合には利益ぎりぎりでやっている場合もありますから、車庫証明代理による手数料をしっかりとりたい思惑もありますしね。 そのため、トラブルを避けるために車庫証明などの代理によるサービスはカットできるのかを契約前に確認しておくことが望ましいでしょう。 車庫証明のタイミングはいつまで?まとめ 車庫証明の取得タイミングについては、「契約後・納車前」に行います。 買う車が決まっていない段階では車庫証明の申請ができませんから、買うことが決まってから申請するようにしましょう。 以上、「車庫証明の取得するタイミング」でした。 お役立ていただけたら幸いです。

次の

車庫証明が必要な場面は?取り方・費用・書き方・注意点【全知識】

車庫 証明 に 必要 な もの

中古車購入時は必要なものとは? 中古車を購入する際には、さまざまな書類が必要になります。 いざ買おうと思っても、これらの準備がされていないと、すぐには車が手に入りません。 事前に必要書類を集めて、スムーズに契約できるようにしておきましょう。 実印 不動産や車を購入する時に必要なのが実印。 契約前に住んでいる市区町村で、実印登録をしている必要があります。 実印として登録できるのは、ゴムなどの変形しないハンコになります。 事前に登録しておく必要があるものですので、車を購入する予定があり、実印登録をしていないのであれば先に実印登録しておきましょう。 印鑑証明書 印鑑証明書というのは、実印が登録されたものであることを証明する書類です。 発行日から3か月以内のものが必要になりますので、購入を考慮している段階で入手しておいても良いでしょう。 現在の愛車を下取りに出すのであれば、さらにもう1枚必要になります。 自動車検査証 車を登録していることを証明する書類です。 中古車を購入する時には、販売店で保管しているので、購入の後に名前が変更されているのか確認しましょう。 確認する必要があるのは、使用者の欄と全額を納めていれば所有者の欄です。 任意保険に加入する時に必要になる書類ですので、先にコピーを取っておくとスムーズに手続きができます。 委任状 車の登録は、基本的には販売店に代行してもらうことがほとんどです。 その際に、登録に関する手続きを第三者に委任する意思を書類で証明する必要があります。 書類は販売店にあるので、契約時に実印を押して、署名しておきましょう。 そして、上記の他に「車庫証明書」も必要になります。 車庫証明書は、「中古車購入後に、ちゃんと駐車スペースを確保していますよ」ということを証明するための書類です。 取得の際にはお店に依頼することもできますが、15,000円~20,000円ほどの費用がかかるため、自分でやると大きな節約ができます。 誰でも申請することができますので、自分で手続きをすること可能です。 もちろんディーラーにしてもらうこともできますが、委任状を書いたり、手数料も発生したりしまうので、損をすることになります。 なぜ車庫証明が必要なのか? 法律で定められています 市・町に在住の場合、自動車購入時に車庫証明が必要となります(現在は市・町であっても、元々「村」であり、車庫証明の提出の必要が無い地域もあります)。 また、現在「村」となっている地域でも自治体によっては、車庫証明が必要な地域と必要のない地域がありますので、元々「村」の地域または「村」にお住まいの方は確認が必要です。 この車庫証明が求められている背景には、「自動車の保管場所の確保等に関する法律」、通称「車庫法」によって、「車庫証明」を提出することが定められています。 日本は高度経済成長期に急激に自動車社会が発達しましたが、この時期、激増する自動車保有数とそれに対する駐車場の供給が追いついていませんでした。 これにより、公道を駐車場扱いするなどの自動車の駐車問題が多発しました。 これに対応すべく、政府は「車庫法」を制定施行しました。 1991年に改正された「車庫法」ですが、その改正内容は、東京 23区・大阪市内では軽自動車にも車庫の届け出を義務づけ、車庫を変えた場合には別途届出が必要となり、車両にはステッカー 保管場所標章 を張るなどとしています。 この法律があるので、自動車の保有者が自動車の保管場所をすでに確保していることの証明になります。 結果として、道路を自動車の保管場所として、駐車違反が増えないように規制するのが目的。 道路使用を適正化し、道路での危険を防止し、交通が円滑になるようにするための法律です。 自動車の保有者は、自動車の保管場所を道路以外に確保する必要があります。 またその際には、政令で定められている使用の本拠の位置の事項において、定められている条件を満たしている必要があります。 車庫証明書を自分で取る方法 中古車購入にはさまざまな費用がかかってきますが、費用削減のために車庫証明は自分で行う人が多いようです。 少し手間ですが、書類を集めて提出するだけですので、ぜひやってみましょう。 車庫証明書申請の流れ 車庫証明を取得は、以下のステップで行います。 駐車スペースの確保 2. 必要書類の準備 3. 必要書類の記入 4. 警察署へ提出 5. 公布 まずは、どこに車を駐車するのか決めなければなりません。 持家の車庫や賃貸アパートの駐車場など、中古車購入前にスペースを確保してから、必要書類を集めます。 ちなみに、確保する駐車スペースには下記のようなルールがありますので、どこでも良いというわけではありません。 自宅から保管場所までの距離が2kmを超えない範囲で、なおかつ道路から支障なく出入りをすることができることが条件です。 また広さとして、自動車全体を収容することができ、自動車の保有者が保管場所を使用する権限も持っていることが必要になります。 車庫証明書取得に必要な書類 車庫証明書取得に必要な書類は以下となっています。 4枚の複写式の用紙になっており、ボールペンで記入します。 駐車スペースが自分の所有物(持家の車庫など)である場合に使用する書類です。 大家さんや管理会社など、駐車場を所有する人に書いてもらいます。 また最近では警察署サイトからダウンロードできるところも多くなっています。 収入証紙は、車庫証明の申請手続きに行くときに、窓口で購入します。 保管場所証明申請書の手数料が2,000円ほど、保管場所標章交付申請書の手数料が500円ほどかかりますので、合計2,500円ぐらいなると思っておけば良いでしょう。 この収入証紙を、各申請書に貼り付けて提出します。 手数料は、地域によって若干の差があるようなので、確認してください。 これらの書類をすべて集めて記入し、収入証紙を貼り付けたら、警察署に提出します。 書類不備がなければ、1週間程度で交付されます。 交付される時には、印鑑と標章代の500円が必要ですので、忘れないようにしましょう。 証明書の受け取り時に印鑑を押す必要があり、また標章代を支払います。 車のリアウィンドウに貼る証明シールを購入すれば、この手続きは完了です。 車庫証明で虚偽の申請をするとどうなる? 虚偽の申請には罰金があります 車庫の新規届出・変更届出をしない場合や、居住地から2km圏内に車庫を確保しなければいけないところ、2km以上離れた車庫を確保することを「車庫飛ばし」といいます。 これは、都心部の駐車場料金が高い地域を逃れ、農村部の駐車場で登録したり、軽自動車の車庫証明の必要のない地域に都心部に居住している人が登録したり、規制を逃れる為に規制対象外の車庫を確保したりすることです。 このような、車庫証明書を申請する際に虚偽の申請を行うと20万円以下の罰金が科せられることになります。 自分でやると意外と大変な車庫証明 車庫証明を自身で取る方は、平日2回を含めた、合計3回警察署へ通わなくてはいけません(電子申請を行える方は警察署に行くのは1回のみでも済みます)。 時間の無いサラリーマンの方などはなかなか時間をつくれなかったりと大変です。 このように、一見煩わしいと思いがちな手続きですが、車を購入される方は、ディーラーが代行してくれることが多いです。 代行手数料(7,500~23,000円)が追加でかかってきますが、体力や手続きの煩雑さを考えると代行してもらった方が良いという人も多いかと思います。 代行手数料を節約される方は、上記手順に従って、自身で手続きを行うことをおすすめします。

次の

車庫証明とは何かなぜ必要なのかを詳しく解説

車庫 証明 に 必要 な もの

車庫証明の関連リンク• 車庫証明の手続きに必要な申請書類は、普通自動車(小型自動車)と軽自動車では若干異なります。 ここでは、普通自動車(小型自動車)の車庫証明申請に必要な必要書類の一覧を紹介していきます。 警察署で車庫証明の必要書類を入手する場合は、だいたいの警察署では、1階の目のつくところに車庫証明の申請窓口があるかと思うので、「車庫証明の必要書類を下さい」と言えば必要書類を一式もらえます。 また車庫証明に必要な書類については、必要書類の一式又は一部分をインターネットよりダウンロードが可能な地域もあります。 必要書類等は以下の通りです。 (3,4のいずれか一枚の書類が必要)• (3,4のいずれか一枚の書類が必要)• (駐車場の大家さんに保管場所使用承諾証明書を記入してもらえない場合に添付)• 関連項目• 自動車保管場所証明申請書・保管場所標章交付申請書 自動車保管場所証明申請書(届出書)・保管場所標章交付申請書は、警察署にて入手することができます。 自動車保管場所証明申請書(届出書)・保管場所標章交付申請書は、警察署で入手した場合、4枚の複写式の用紙になっています。 自動車保管場所証明申請書(届出書)・保管場所標章交付申請書に記入する際は、ボールペンで記入しなければなりません。 申請書に記入する場合は、車検証もしくは、廃車手続きをしてしまった車を再登録する場合は、抹消登録証明書などを見ながら記入することになります。 関連項目• 駐車場(保管場所)の所在図・配置図 駐車場(保管場所)の所在図・配置図は、警察署で入手できます。 所在図・配置図は、市販の住宅地図等でも可能です。 書類(所在図・配置図)に記入する場合、ボールペンで記入する必要があります。 関連項目• 自認書 自認書(保管場所使用権原疎明書面)は警察署にて入手することができます。 自認書は、車の駐車する場所が自分の所有物である場合は、「自認書」を使用することになります。 駐車場の土地が親の場合や親戚の場合などは、に記入することになります。 自認書の記入は、ボールペンによって記入する必要があります。 申請者の土地又は、建築物を保管場所とする場合。 夫婦共有名義の土地建物を保管場所とした場合。 上記のに該当する場合は自認書(保管場所使用権原疎明書面)を使用することになります。 関連項目• 保管場所使用承諾証明書 保管場所使用承諾証明書は、月極駐車場や、親や親戚の土地を借りて駐車する場合などは、「保管場所使用承諾証明書」を使用します。 月極駐車場などで駐車場を借りている場合は、駐車場の大家さんか、管理会社に必要事項に記入してもらいます。 大家さんによっては、「保管場所使用承諾証明書」に記入してもらうだけで、手数料として、お金を請求してくる所もあるらしいので、なんとか、頼み込んで無料で書いてもらうか、駐車場の賃貸契約書のコピーを車庫証明の申請の際に添付し提出しましょう。 子供が親名義の土地建物を駐車場とする場合。 分譲マンションの駐車場を保管場所とする場合。 会社の社宅を保管場所とした場合。 駐車場付のアパートの駐車場を保管場所とした場合。 上記のに該当する場合は承諾書(保管場所使用承諾証明書)を使用することになります。 関連項目• 駐車場の賃貸契約書のコピー 駐車場の賃貸契約書のコピーは、保管場所使用承諾証明書の借りている駐車場の大家さんに記入してもらうべき箇所に記入してもらえない場合は、駐車場の賃貸契約書のコピーを、保管場所使用承諾証明書に添付することになります。 関連項目• 使用の本拠の位置が確認できるもの 警察署で、車庫証明を申請する際に確認のために「電気・ガス等の公共料金の領収書」、「消印のある郵便物」、「住民票」、「運転免許証」など自動車の使用の本拠の位置が確認できる物が必要となる場合があります。 代理人が車庫証明の申請を行う場合は、それら確認書類のコピーが必要です。 法人の車庫証明の申請の場合は、会社や営業所等が確認できるものが必要です。 関連項目• 収入証紙 車庫証明をとる場合に必要な手数料の収入証紙が必要です。 収入証紙は、車庫証明の申請手続きに行くときに、窓口で購入します。 手数料は保管場所証明申請書の手数料2000円ぐらいと保管場所標章交付申請書の手数料500円、合計2500円ぐらいです。 収入証紙を購入したならば、各申請書に貼り付けて提出します。 車庫証明にかかる手数料(費用)は、お住まいの地域によって若干違うので確認が必要です。 関連項目• 認印 などの申請書に捺印するために必要です。 実際に警察署へ車庫証明の申請しに行く場合にも、「押し直し」などが生じる場合も考えられるため、認印(印鑑)を持参しましょう。 関連項目• 保管場所標章番号通知書 保管場所標章番号通知書は、現在使用している駐車場に新たに車の購入等で入れ替えで車庫証明を取る場合に「保管場所標章番号通知書」を添付することで、所在図・配置図の添付を省略することができます。 関連項目• 代替車両引取り及び引き渡し顛末書 すでに車庫証明を取得している場所に、新たに車庫証明を発行して貰う場合に「代替車両引取り及び引き渡し顛末書」と言う書類が必要になる警察署があるらしいです。 (今はもうないかも) 警察署に車庫証明に必要な書類一式をもらいに行って、その中に「代替車両引取り及び引き渡し顛末書」なる書類がなければ、必要ないです。 関連項目•

次の