源氏 物語 桐 壺 和訳。 源氏物語『桐壺』(1)問題1(光源氏の誕生)

源氏物語『桐壷・光源氏の誕生(いづれの御時にか〜)』の現代語訳・解説 / 古文 by 走るメロス

源氏 物語 桐 壺 和訳

「桐壺の更衣の身分がとても高いものであったら彼女はいじめられていなかったか」というご質問については、Yesです。 まず、後宮の序列は実家(後見)の格と男子(皇子)を生んだかどうかで決まります。 この時点で男子を生んでいるのは弘徽殿女御のみ、しかも父親は右大臣ですから、ダントツの地位です。 桐壷更衣は故大納言の娘ですから、特別身分が低かったわけではありません。 「それより下臈の更衣たちは、ましてやすからず」とある「それより下臈の更衣たち」とは、大納言より下の中納言などの娘たちですから。 それらは表立って桐壷更衣に意地悪はできません。 陰ではいろいろ言ったでしょうが。 大手をふって意地悪ができるのは弘徽殿女御をはじめ、女御クラスの人たちでしょう。 桐壷更衣の死後、先帝の内親王、しかも后腹(母親が皇后なので、そうでない内親王より格上)というこの上なく高貴な身分の藤壺宮が入内します。 これには、さすがの弘徽殿女御も意地悪はできず、陰でぶつくさ言うだけ。 「これ(藤壺宮)は、人の御際まさりて、思ひなしめでたく、人もえおとしめきこえたまはねば、うけばりて飽かぬことなし。 かれ(桐壷更衣)は、人の許しきこえざりしに、御心ざしあやにくなりしぞかし。 」とあります。 このように、実家の格が高ければ桐壷更衣はもちろん「更衣」でなく「女御」ですし、弘徽殿女御はじめ皆もいじめはできなかったでしょう。 「身分なんて関係ない」というのは現代の考え。 当時妃たちは皆、実家を背負って入内しています。 また天皇にはこれらの妃たちを分け隔てなく遇する義務があります。 桐壷更衣が非難されたのは天皇の寵愛が度を越していたためで、本当の非は秩序を無視した桐壷帝にあったのです。 実際に桐壷帝も非難されています。 「唐土にも、かかる事の起こりにこそ、世も乱れ、悪しかりけれ」と、やうやう天の下にもあぢきなう、人のもてなやみぐさになりて、」とあるように。 桐壷更衣はあくまで物語の人物ですが、紫式部より100年余り前の女性で三十六歌仙の一人にも数えられる歌人でもあった伊勢は初め中宮温子(よしこ)付きの女房でしたがやがて宇多天皇の寵愛を受けて更衣になり、皇子も出産します。 (ただし8歳で夭折) 中宮温子には内親王しか生まれなかったので二人の間がギクシャクしたかというと、そんなことは無くて二人は至って仲が良く強い信頼関係で結ばれていて、温子が死ぬ時には娘の均子内親王の後見を伊勢に頼んでいます。 均子内親王は既に宇多天皇の皇子の敦慶親王と結婚(異母兄妹婚ですね)していましたが、もともと病弱だったのでしょうか、母の後を追うように21歳の若さで亡くなりました。 すると当時27歳位だった敦慶親王は既に40歳位になっていた伊勢に求愛して翌年には後に歌人として活躍する中務が生まれています。 伊勢は宇多天皇と敦慶親王と親子二代と結ばれたわけで、桐壷や藤壺のモデルではないかと考えられ、また敦慶親王は光源氏のモデルの一人とも言われます。

次の

『源氏物語』の現代語訳:桐壺1

源氏 物語 桐 壺 和訳

源氏物語に見る内裏の図 1. 紫宸殿(ししんでん) 宮中の行事を執り行う御殿。 「桐壺・第1帖」で第一皇子(弘徽殿の春宮)が御元服の儀を行った所。 「花宴・第8帖」で桜の宴が催された。 清涼殿(せいりょうでん) 帝の住まい。 これより北側の建物を後宮と言い多くの女性が暮らしていた。 「桐壺・第1帖」で源氏の君の御元服の儀が行われた。 「紅葉賀・第7帖」舞楽の予行演奏がこの前庭で催され、源氏の君が清海波を舞われた。 後涼殿(こうりょうでん) 清涼殿の西隣で帝付きの女房の住まい。 「桐壺・第1帖」で淑景舎 8に住む桐壺の更衣が女房達のイジメを受け、帝に最も近いこの御殿を賜ることになる。 弘徽殿(こきでん) 桐壺帝の第1皇子を産んだ女御の住まい。 物語を通して、源氏の君と反目する立場にある。 「花宴・第8帖」源氏の君の須磨流離の原因となる朧月夜の姫君との出逢いの場となる。 飛香舎(ひぎょうしゃ) 藤壷と呼ばれる御殿。 「桐壺・第1帖」桐壺の更衣亡き後、中宮として迎えられた先帝の姫君の住まいで、源氏の君がこの継母を愛することから物語が展開される。 凝華舎 ぎょうかしゃ) 梅壺と呼ばれる殿。 「賢木・第10帖」桐壺院亡き後、弘徽殿の大后が使われた部屋。 当時弘徽殿には、朱雀帝の寵愛を受けていた朧月夜の姫君が住んでいた。 麗景殿(れいけいでん) 帝に仕えた女御の住まい。 「花散里・第11帖」の姫君(花散里)はここに住む女御の妹君に当たる。 淑景舎(しげいしゃ) 桐壺と呼ばれ、北側の一番遠い所にある。 「桐壺・第1帖」光源氏の母君は帝の寵愛を受けながら更衣という低い身分のためここにいた。 温明殿(うんめいでん) 帝に仕える女房の住まい。 「紅葉賀・第7帖」老女典侍と源氏の君とのお戯れの場。

次の

源氏物語『桐壺』(1)問題1(光源氏の誕生)

源氏 物語 桐 壺 和訳

スポンサーリンク 紫式部が平安時代中期(10世紀末頃)に書いた 『源氏物語(げんじものがたり)』の古文と現代語訳(意訳)を掲載していきます。 『源氏物語』は大勢の女性と逢瀬を重ねた貴族・光源氏を主人公に据え、平安王朝の宮廷内部における恋愛と栄華、文化、無常を情感豊かに書いた長編小説(全54帖)です。 『源氏物語』の文章は、光源氏と紫の上に仕えた女房が『問わず語り』したものを、別の若い女房が記述編纂したという建前で書かれており、日本初の本格的な女流文学でもあります。 『源氏物語』の主役である光源氏は、嵯峨源氏の正一位河原左大臣・源融(みなもとのとおる)をモデルにしたとする説が有力であり、紫式部が書いた虚構(フィクション)の長編恋愛小説ですが、その内容には一条天皇の時代の宮廷事情が改変されて反映されている可能性が指摘されます。 紫式部は一条天皇の皇后である中宮彰子(藤原道長の長女)に女房兼家庭教師として仕えたこと、『枕草子』の作者である清少納言と不仲であったらしいことが伝えられています。 参考文献 『源氏物語』(角川ソフィア文庫・ビギナーズクラシック),玉上琢弥『源氏物語 全10巻』(角川ソフィア文庫),与謝野晶子『全訳・源氏物語 1~5』(角川文庫)• 『源氏物語』の現代語訳:桐壺1(現在位置) [古文・原文] いづれの御時(おおんとき)にか、 女御・更衣(にょうご・こうい)あまた侍ひ給ひ(さぶらいたまい)けるなかに、 いとやむごとなき際(きわ)にはあらぬが、すぐれて時めき給ふ、ありけり。 はじめより我はと思ひ上がり給へる御方がた、めざましきものにおとしめ嫉み(そねみ)給ふ。 同じほど、それより下臈(げろう)の更衣たちは、 まして安からず、朝夕の宮仕へにつけても、人の心をのみ動かし、恨みを負ふ積もりにやありけむ、いと篤しくなりゆき、もの心細げに里がちなるを、 いよいよあかずあはれなるものに思ほして、人のそしりをもえ憚らせ(はばからせ)給はず、世のためしにもなりぬべき御もてなしなり。 上達部・上人(かんだちめ・うえびと)なども、 あいなく目を側めつつ、いとまばゆき人の御おぼえなり。 唐土(もろこし)にも、かかる事の起こりにこそ、世も乱れ、悪しかりけれと、やうやう天の下にもあぢきなう、人のもてなやみぐさになりて、 楊貴妃の例も、引き出でつべくなりゆくに、いとはしたなきこと多かれど、かたじけなき御心ばへのたぐひなきを頼みにてまじらひ給ふ。 父の大納言は亡くなりて、母北の方なむ、いにしへの人の由(よし)あるにて、親うち具し、さしあたりて世のおぼえ花やかなる御方がたにもいたう劣らず、なにごとの儀式をももてなし給ひけれど、とりたててはかばかしき後見(うしろみ)しなければ、事ある時は、なほ拠り所なく心細げなり。 [現代語訳] どの帝の御世であったか、女御や更衣が大勢お仕えなさっていた中に、たいして高貴な身分ではない方で、きわだって帝の寵愛を集めていらっしゃる人があった。 入内(じゅだい)した初めから、自分こそはと気位の高い女御の方々は、分不相応な者だと見くだしたり嫉んだりなさっている。 同じ身分やその方より低い身分の更衣たちは、女御たち以上に心が穏やかではない。 朝晩のお仕えにつけても、周囲に不快な思いをさせて、嫉妬を受けることが積もり積もったせいであろうか、ひどく病気がちになってしまい、どこか心細げにして里に下がっていることが多いのを、帝はますますこの上なく不憫なことだとお思いになられて、誰の非難(寵愛する妃の悪口)をもお構いなさることがなく、後世の語り草になりそうなほどの扱いようである。 上達部・殿上人なども、その状況を横目で見ていて、とても眩しくて見ていられないほどの御寵愛ぶりである。 中国の唐でも、このようなことが原因となって、国が乱れ、悪くなったのだと、次第に国中でも困ったことだと言われるようになり、人々が持て余す悩みごとの種となって、(玄宗皇帝を魅了した)楊貴妃の例まで引き合いに出されそうになっていくので、非常にいたたまれないことが多くなっていくが、もったいないほどの帝のお気持ちに類例がないこと(自分を非常に大切にし愛してくれること)を頼みにして何とか宮仕え(後宮生活)をしていらっしゃるのである。 父親の大納言は亡くなって、母親の北の方が古い家柄の出身で教養のある趣味人なので、両親とも揃っていて、今現在の華やかな身分にある方々にも見劣りしない程度に、どのような儀式にも対処なさっていたが、これといったしっかりとした後見人(後ろ盾)がいないので、大事な儀式が行われる時には、やはり頼りとする人もなくて心細い様子である。 スポンサーリンク [古文・原文] 先の世にも御契り(おんちぎり)や深かりけむ、世になく清らなる玉の男御子(おのこみこ)さへ生まれ給ひぬ。 いつしかと心もとながらせ給ひて、急ぎ参らせて御覧ずるに、めづらかなる稚児の御容貌(おかたち)なり。 一の皇子(みこ)は右大臣の女御の御腹にて、寄せ重く、疑ひなき儲け(もうけ)の君と、世にもてかしづき聞(きこ)ゆれど、この御にほひには並び給ふべくもあらざりければ、 おほかたのやむごとなき御思ひにて、この君をば、私物(わたくしもの)に思ほしかしづき給ふこと限りなし。 初めよりおしなべての上宮仕へし給ふべき際にはあらざりき。 おぼえいとやむごとなく、上衆(じょうず)めかしけれど、わりなくまつはさせ給ふあまりに、 さるべき御遊びの折々、何事にもゆゑある事のふしぶしには、先づ参う(まう)上らせ給ひ、ある時には大殿籠もり過ぐして、やがて侍らはせ給ひなど、あながちに御前(おまえ)去らずもてなさせ給ひしほどに、おのづから軽き方にも見えしを、この御子生まれ給ひて後は、いと心ことに思ほしおきてたれば、坊にも、ようせずは、この御子の居給ふべきなめり」と、一の皇子の女御は思し疑へり。 人より先に参り給ひて、やむごとなき御思ひなべてならず、御子たちなどもおはしませば、この御方の御諌めをのみぞ、なほわづらはしう、心苦しう思ひ聞えさせ給ひける。 かしこき御蔭をば頼み聞えながら、落としめ 疵(きず)を求め給ふ人は多く、わが身はか弱く、ものはかなきありさまにて、なかなかなるもの思ひをぞし給ふ。 御局(おつぼね)は桐壺(きりつぼ)なり。 あまたの御方がたを過ぎさせ給ひて、ひまなき御前渡りに、人の御心を尽くし給ふも、げにことわりと見えたり。 参う上り給ふにも、あまりうちしきる折々は、打橋、渡殿(わたどの)のここかしこの道に、あやしきわざをしつつ、御送り迎への人の衣の裾、堪へがたく、まさなき事もあり。 またある時には、え避らぬ馬道(めどう)の戸を鎖(さ)しこめ、こなたかなた心を合はせて、 はしたなめわづらはせ給ふ時も多かり。 事にふれて、数知らず苦しきことのみまされば、いといたう思ひわびたるを、いとどあはれと御覧じて、後涼殿(こうりょうでん)にもとより侍ひ給ふ更衣の曹司(ぞうし)を他に移させたまひて、上局(うえつぼね)に賜はす(たまわす)。 その恨み、ましてやらむ方なし。 [現代語訳] 前世でも深いお約束(縁)があったのだろうか。 この世にまたとないほどに美しい玉のように光り輝く男の御子までがお生まれになった。 早く早くと待ち遠しくお思いになられて、急いで宮中に参内させて御子を御覧あそばすと、類稀な若宮のお顔だちの良さである。 第一皇子は、右大臣の娘の女御がお生みになった方で、後見がしっかりとしていて、当然のように皇太子になられる君だと、世間も大切に存じ上げているのだが、この御子の輝くばかりの美しさとは比べようもなかったので、一通りの形ばかりのご寵愛であって、この若宮の方を、自分の思いのままに可愛がられて、大切にあそばされていることはこの上もない。 母君は本来であれば、女房並みに帝のお側御用をなさらねばならない身分ではなかったのである。 誰からも身分を尊重され、上流貴族としての気品・風格もあったが、帝がむやみにお側近くに引き留められたために、相当な管弦のお遊びがある時、それ以外のどのような行事でも、趣きのある催しがある度ごとに、まっさきに参上させられてしまう。 場合によっては、夜遅くまで一緒に過ごして寝過ごしてしまわれた時でも、昼間もそのままお側近くに置いておかれるなど、無理やりに帝が御前から離さずにお扱いあそばされているうちに、いつしか身分の低い女房のようにも見えたのだが、この御子がお生まれになって後は、特別に大切にお考えになられるようになったので、東宮(皇太子)にももしかしたら、この御子がおなりになるのかもしれないと、第一皇子の母の女御はお疑いになっていた。 この女御は誰よりも先に御入内なされて、その家柄の良さゆえに帝が大切に扱われていることは並々のことではなく、皇女たちなども産んでいらっしゃるので、この御方の諫言だけは、さすがに無視できないことだと、面倒に煩わしくお思いになっているのであった。 更衣は恐れ多い御庇護をお頼り申しあげてはいるものの、軽蔑したり落度を探したりされる方々は多く、ご自身は病弱でその寿命がいつとも知れぬご様子で、なまじ御寵愛を得たばかりにしなくてもよい悩みを抱えておられる。 住んでいる御殿は桐壺である。 大勢のお妃方の前を帝は素通りあそばされて、ひっきりなしの素通りを繰り返されるので、お妃方が思い悩んでおられるのも、なるほどもっともなことである。 参上なさる場合にも、あまりにその更衣の参上ばかりが度重なる時(更衣だけが帝に寵愛を受けている時)には、打橋や渡殿のあちらこちらの通路に、悪意のある仕掛けを施して、送り迎えする女房の着物の裾がひっかかって傷んでしまうことがある。 またある時には、どうしても通らなければならない馬道の戸を締めて通れないようにし、こちら側とあちら側とで示し合わせて、どうにもならないようにして更衣を困らせることも多かった。 何かにつけて、数え切れないほどにつらいことばかりが増えていくので、すっかり悩み込んでいるのを、帝はますますお気の毒にお思いになられて、後凉殿に以前から控えていらっしゃった方々(意地悪をしていた方々)の部屋を他に移させて、上局(桐壺の更衣専用の休憩所)としてお与えになられた。 その恨みは(他に移された更衣たちの恨みは)、なおさら晴らしようがないほどに強くなった。 楽天AD [古文・原文] この御子三つになり給ふ年、御袴着(おはかまぎ)のこと、一の宮の奉りしに劣らず、内蔵寮・納殿(くらつかさ・おさめどの)の物を尽くして、いみじうせさせ給ふ。 それにつけても、世の誹りのみ多かれど、この御子のおよずけもておはする御容貌(おかたち)心ばへありがたくめづらしきまで見え給ふを、え嫉み(そねみ)あへ給はず。 ものの心知り給ふ人は、かかる人も世に出でおはするものなりけりと、あさましきまで目をおどろかし給ふ。 [現代語訳] この御子が三歳におなりの年に、御袴着の儀式が行われたが、一宮がお召しになったのに劣らないほど内蔵寮・納殿の御物を派手に使って、とても盛大に執り行われた。 そのことについても、世人の非難ばかりが多かったが、この御子が成長なされていかれると、そのお顔だちやご性格が世間に類がないほどに素晴らしいので、憎むことがなかなかできない。 物事の情趣を弁えた有識者たちは、このような素晴らしい完璧な方が、この世に生まれてくることがあるものなんだなと、驚き呆れたご様子で目を見張っていらっしゃる。

次の