ぐう グル マップ。 住所検索

グーグルマップのかんたん検索

ぐう グル マップ

まずは自分で簡単な方法を試してみてください。 直接地図を挿入する方法 Google Mapから、直接コードを取得して表示したいところに挿入する方法です。 地図出力用のコードを取得 まず、Google Mapで、挿入したい地図を表示します。 (今回はスカイツリーを選んでみました) 画面の右下に歯車のマークがあるので、クリックします。 すると、ポップアップが立ち上がるので、「地図を埋め込む」をクリックします。 左のプルダウンから、「カスタムサイズ」を選択すると、好みのサイズに変更することができます。 サイズ調整が終わったらコードをコピーします。 WordPressに反映 WordPressの表示したい場所にコードを貼り付けます。 その時、「テキストモード」を選択してから貼り付けてください。 更新すると、このように表示されました。 プラグインを利用する方法 レストランの紹介をするブログの場合など、地図をたくさん埋め込む必要がある場合は、プラグインを使うと効率的に挿入できます。 よく使われるプラグインは、です。 プラグインの使い方がわからない場合は、をご覧ください。 このプラグインの場合は、挿入したい場所にショートコードを入力するだけで地図の挿入ができます。 ショートコードとは、下記のようなものです。 他にも、倍率 zoon なども設定でき、シンプルながら地図挿入に必要な機能は備わっています。 住所と大きさを指定するだけで簡単に地図を挿入できるので、わざわざGoogleマップを開く必要もありません。 先ほどの方法と同じように「テキストモード」にしてからショートコードを貼り付けてください。 これだけで完了です。 以上のように、プラグインを使っても、使わなくてもGoogleマップは簡単に挿入できます。 まずは自分に合った方法を試してみてください。 WordPressのプラグインの使い方を初心者向けに紹介する記事です。 今回は、WordPressに簡単にGoogleマップの地図を表示させることができるプラグイン、simple-mapの使い方を紹介します。 なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。 大石ゆかり 田島メンター!!WordPressの記事に地図を入れたいんですけど、手軽にできる方法ってないですか〜? 田島悠介 それなら「simple-map」なんていいんじゃないかな? 大石ゆかり 「simple-map」ですか!手軽にできそうな名前ですね!! simple-mapとは WordPressで制作したWebサイト上に、Google Mapを追加できるプラグインです。 もともとプラグインがなくても地図は挿入できますが、いちいち検索してタグをコピーするのは意外と手間がかかるものです。 地図をよく使うサイトでは、ぜひ使ってみてください。 プラグインをインストールする このプラグインは、管理画面から「プラグインを検索」してインストールもできますし、プラグイン公式サイトからダウンロードすることも可能です。 インストール方法がわからない場合はWordPressのプラグインをインストールする方法をご覧ください。 [PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中GoogleMapを挿入する 具体的にどのように地図を挿入するか紹介します。 このプラグインは、特に設定は必要ありません。 ショートコードを利用することで、投稿記事や固定ページにGoogle Mapを挿入できます。 住所だけを入力すればいいので、非常に簡単です。 例えばこのように書きます。 入力が完了してからサイト上で確認すると、このように反映されます。 デフォルトでは、幅が100%ですが、下記のように値を追加することで表示幅と高さを変更できます。 また、スポットを表示するだけでなく、ポップアップでコメントを追加することもできます。 HTMLやビジュアルエディタへの装飾も反映されます。 WordPressの他のプラグインを使ってみたい場合は、Crazy Boneの使い方も合わせてご覧ください。 ぜひ、WordPressの使い方を覚えましょう! 大石ゆかり 本当に手軽ですね!タグに住所を入れるだけでいいなんて!! 田島悠介 毎回Google Mapにアクセスするのは大変だからね。 大石ゆかり そうですね! [お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。 期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。 WordPress WordPressにはイベントカレンダーを追加できる便利なプラグインがあります。 店舗サイトなどを運営している場合は特に、簡単にイベントカレンダーを追加できると便利です。 イベントカレンダーを活用すれば、営業日やセールなどのスケジュール情報を簡単に・わかりやすくサイトに反映することができます。 今回は、初心者でもすぐにカレンダーを表示、カスタマイズできるプラグインを5つ紹介します。 なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。 1:BizCalendar ウィジェットの中にカレンダーを表示させることができるプラグインです。 管理画面もシンプルで、定休日、臨時休業日、イベントなどが設定できます。 イベントのある日をクリックすると、イベントURLにリンクする機能も便利です。 BizCalendar 2:All-in-One Event Calendar ショートコードを用いて、固定ページに表示するタイプのカレンダーです。 シンプルながらも、GoogleカレンダーやiCalと連携できるのが便利です。 カレンダーは、月や週間での表示もでき、ウィジェットにも対応しています。 All-in-One Event Calendarの使い方 [PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中3:The Events Calendar イベントカレンダー機能に優れたプラグインです。 イベント投稿は、カスタム投稿タイプを利用しているので、イベントの一覧画面を表示することができます。 講習会など、イベントが多いサイトにはぴったりでしょう。 The Events Calendarの使い方 4:Sugar Events Calendar Lite for WordPress シンプルで使いやすいカレンダーです。 表示させたい固定ページに、ショートコードを挿入するだけで表示できます。 スマートフォンで閲覧すると表示が少し崩れるというデメリットはありますが、シンプルなカレンダーを探している人にはオススメです。 Sugar Events Calendar Lite for WordPress 5:Event Organizer イベントの詳細まで細かく記入できるのが特徴のプラグインです。 固定ページにショートコードを挿入するだけで表示できるのは他のプラグインと同じですが、各イベントの詳細を設定できる点ではピカイチです。 イベント名、イベント内容、開催日時、終了日時に加え、開催地情報として地図なども簡単に挿入できるのは嬉しいところです。 Event Organizer 今回の記事は以上です。 気に入ったプラグインを使ってみてください。 他に便利なプラグインを探したい場合は、WordPressでショッピングカートを追加できるプラグインも合わせてご覧ください。 ぜひ、WordPressの使い方を覚えましょう! [お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。 期間中は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。 WordPress WordPressのプラグインの使い方を紹介する記事です。 今回は、WordPressのアクセス解析に便利なプラグインの1つである、Google Analytics for WordPressの使い方を紹介します。 なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。 大石ゆかり 田島メンター!!毎日、WordPressのサイトの解析をGoogle Analyticsで管理したいんですけど、どうやったらいいんですか〜? 田島悠介 Google Analyticsで管理するには「トラッキングコード」っていうのを登録しないといけないんだけど、「Google Analytics for WordPress」っていうのを使うと楽に登録できるよ。 大石ゆかり そうなんですね!ぜひ使ってみたいです!! Google Analytics for WordPressとは Google Analytics for WordPressとは、WordPressで制作されたWebサイトにGoogle Analytics(現ユニバーサルアナリティクス)のトラッキングコードを簡単に挿入できるプラグインです。 アクセス解析で、Google Analyticsを導入している人も多いのではないかと思います。 設定には技術的な知識もの必要なため、プラグインを導入するとより簡単に導入可能です。 プラグインをインストールする このプラグインは、管理画面から「プラグインを検索」してインストールもできますし、Google Analytics for WordPress公式サイトからダウンロードすることも可能です。 インストールがわからない場合は、WordPressのプラグインをインストールする方法をご覧ください。 インストールすると、ダッシュボード>設定のメニューの中に、Google Analytics for WordPressの機能が追加されます。 [PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中GoogleAnalyticsを設定する インストールができたら、 ダッシュボード>設定>Google Analytics for WordPressを開き、設定していきます。 Google Analyticsとの連携方法は以下の2通りあります。 好きな方で設定してください。 Googleアカウントにログインする 「Crick to here~」のボタンを押すと、Googleへのログインが求められ、直接Google Analyticsのアカウントと連携できます。 UAコードを入力する 「anually enter your UA code」にチェックを入れると、UAコードの入力フォームが表示されます。 ここに、Google Analyticsで発行したUAコードを入力してください。 上記のいずれかの方法で連携したら、「Update Google Analytics Settings」をクリックします。 これで設定は完了です。 きちんとデータが取得できているか、Google Analyticsの画面から確認してください。 Google AnalyticsのデータをWordPressのダッシュボードから閲覧したい場合は、Google Analytics Dashboardの使い方も合わせてご覧ください。 期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。 WordPress WordPressのプラグインの使い方を初心者向けに紹介する記事です。 今回は、WordPressのアクセス解析に便利なプラグインの1つである、Google Analytics Dashboardの使い方を紹介します。 なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。 大石ゆかり 田島メンター!!WordPressで作ったサイトをGoogle Analyticsでアクセス解析するのに便利なプラグインってないですか〜? 田島悠介 それなら「Google Analytics Dashboard」を使うと良いんじゃないかな?管理画面上でGoogle Analyticsの情報を表示できるよ。 大石ゆかり え、そうなんですか!?教えてください! Google Analytics Dashboardとは WordPressのダッシュボードからGoogle Analyticsのデータを閲覧できるプラグインです。 通常は、WordPressにトラッキングコードを設置して、データをGoogle Analyticsから閲覧する流れですが、このプラグインではWordPressだけで完結します。 設定方法も簡単なので、導入を検討してみてはいかがでしょうか。 プラグインをインストールする このプラグインは、管理画面から「プラグインを検索」してインストールもできますし、Google Analytics Dashboard公式サイトからダウンロードすることも可能です。 インストールがわからない場合は、WordPressのプラグインをインストールする方法をご覧ください。 インストールが完了すると、ダッシュボード>設定のメニューの中に、Google Analytics Dashboardの管理画面へのリンクが追加されます。 [PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中アカウントを設定する 次に、Google Analyticsのアカウントを連携させましょう。 連携方法は以下の2通りです。 Googleアカウントにログインする 「Start the Login Prosess」をクリックするとGoogleのログインが求められるのでログインして連携します。 Googleアカウントのログイン情報を入力する ほぼ同じですが、Google Analyticsを使っているGmailアカウントのログイン情報を入力します。 これでログインするだけです。 これで基本設定は完了です。 ダッシュボードから確認してみましょう。 このように、ダッシュボード上でGoogle Analyticsのデータを確認できるので、非常に便利です。 また、記事一覧ページを見ると、各記事ごとのアクセス状況もわかるようになります。 導入は簡単なのでぜひ試してみてください。 Google Analyticsのタグの設置を簡単にしたいという方は、Google Analytics for WordPressの使い方も合わせてご覧ください。 期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。 WordPress WordPressでサイトを運営する上で、一番利用するのが投稿画面です。 ここで使うデフォルトのビジュアルエディタはとてもシンプルなので、HTMLに慣れていないと「なかなか思い通りにならない…」という人も多いのではないでしょうか。 今回は、インストールするだけでビジュアルエディタを使いやすく拡張(カスタマイズ)できるプラグインを紹介します。 全て初心者でもすぐに使えるプラグインです。 なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。 デフォルトのWordPressエディタ デフォルトののエディタはこちらです。 これから紹介するプラグインと見比べてみてください。 1:Ultimate TinyMCE 非常に高機能なエディタ拡張ができるプラグインです。 表示するボタンは、管理画面から自由にカスタマイズできます。 有料版もありますが、無料版でも十分すぎるほどの機能を備えています。 Ultimate TinyMCEの使い方 [PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中2:CKEditor For WordPress シンプルながら、非常に使い勝手のいいプラグインです。 HTMLの知識がないと導入しづらい表なども簡単に挿入できるのが魅力的です。 また、表示ボタンは、自由にカスタマイズできます。 タイルの種類は、kama、Office 2003、V2の3種類から選ぶことができるので、入力の効率が上がること間違いありません。 CKEditor For WordPressの使い方 3:Editor Extender デフォルトのエディタには、テーブル(表)の追加機能がありませんが、このプラグインを使うと簡単にテーブルが挿入できるようになります。 行の追加・削除などもエクセルを使っているような使用感で操作でき便利です。 HTML初心者には必須かもしれません。 Editor Extender 4:TinyMCE Advanced シンプルな拡張プラグインで、プラグインの管理画面での操作が分かりやすいのが特徴です。 いきなり「使わないボタンがたくさん増える」ということなく、操作性を考慮してカスタマイズできるのが嬉しいところです。 TinyMCE Advancedの使い方 5:Front-end Editor ビジュアルエディタとしての機能は最低限ですが、公開しているサイトを直接編集することができるプラグインです。 「まだサイトを公開したばかり」「他の人が作ったサイトの修正をしている」など、頻繁に書き換えが必要なときに重宝します。 Front-end Editor 今回の記事は以上です。 他のプラグインを使ってみたい場合は、WordPressのページ表示速度を高速化できるプラグインも合わせてご覧ください。 [お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。 期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。 WordPress WordPressのプラグインの使い方を初心者向けに紹介する記事です。 今回は、WordPressのビジュアルエディタを拡張できるプラグインの1つである、CKEditor For WordPressの使い方を紹介します。 なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。 大石ゆかり 田島メンター!!WordPressの記事を書いていて、手軽に表なんかを書きたいんですけど、何かいい方法はないですか? 田島悠介 あるよ。 HTMLの知識がないと導入しづらい表なども簡単に挿入できるのが魅力的です。 また、入力効率があがるように、ビジュアルエディタを自分好みに拡張することができます。 デフォルトのエディタと比較してみましょう。 デフォルトのビジュアルエディタ プラグインインストール前は、こんなシンプルなエディタ画面です。 CKEditor For WordPress導入後のビジュアルエディタ 項目が増えたのがひと目でわかります。 これで様々な設定が可能になります。 では、設定方法を見ていきましょう。 プラグインをインストールする このプラグインは、管理画面から「プラグインを検索」してインストールもできますし、プラグイン公式サイトからダウンロードすることも可能です。 インストールがわからない場合は、WordPressのプラグインをインストールする方法をご覧ください。 インストールが完了すると、ダッシュボードの左メニューにプラグイン管理画面へのリンクが作成されます。 設定などはここからおこないます。 ただ、このプラグインはインストールするだけでエディタ拡張がおこなわれるので、あまり設定画面を変更する必要はありません。 [PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中実際に使ってみる 投稿画面を開いてみましょう。 すでに、ビジュアルエディタが拡張されています。 たくさんボタンが増えて使いこなせるか不安になる人もいるかと思いますが、マウスオーバーすると日本語でボタンの内容が表示されるので便利です。 最初は確認しながら使えば、次第に慣れていくはずです。 また、表示するボタンをカスタマイズすることもできます。 デフォルトのエディタでは入力しにくい、表についても簡単に挿入できます。 このように表の行数・列数・サイズなどを指定すれば、簡単に表組みができます。 今回の記事は以上です。 ぜひ実際に導入してみてください。 他のビジュアルエディタを拡張できるプラグインを使ってみたい場合は、Ultimate TinyMCEの使い方も合わせてご覧ください。 期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。 WordPress.

次の

リニューアルした「Google マップ」。ぜひ設定しておきたい自宅・職場・エリア

ぐう グル マップ

40分:1. 63MB• 25分:1. 44MB• 50分:2. 76MB• 5時間:15. 5MB• 5時間:4. 29MB• 20分:1. 07MB まだデータ量としては少ないので今後も計測していきたいと思いますが、想像以上に少ないと思いませんか?今まで Google マップで表示したことがある場所かどうかや距離、通信環境などでも変わってくると思いますが、 1時間あたりわずか 3MB 程度のデータを消費するだけって正直驚きました。 少し重いゲームアプリなんかを使用すれば、あっという間に消費してしまうようなデータ通信量ですね。 でも Google マップのナビであれば、データ通信量に関してはほとんど気にするレベルではないということが分かりました。 今後気にすることなくナビを使用し続けることができそうです。

次の

住所検索

ぐう グル マップ

自宅と職場の設定で「通勤」が快適に 「Google マップ」で従来、アプリ画面下部に配置されていたタブは3つ。 それがリニューアル後には「スポット」「通勤」「保存済み」「投稿」「最新」という5つになった。 これと合わせて、画面左上から開くことができたリスト型のナビゲーションドロワーは廃止されている。 そこにあった機能が、新しい5つのタブや、画面右上のユーザーアイコン配下に移動した形だ。 デフォルトで選ばれる「スポット」タブは、近場にあるおすすめの食事・観光スポットが提示されるほか、キーワードによるスポット検索も行なえる、本来の地図アプリらしい機能が集められたタブ。 スポット情報だけでなく、各地で開催されるイベントの情報もチェックできる。 場所に関係する情報は、Web検索するよりはるかに効率的に収集できる。 過去の移動履歴を確認できる「タイムライン」機能や、他のユーザーと位置情報を共有する「現在地の共有」機能は、この「スポット」画面右上のユーザーアイコンからアクセスできるようになっているので注意しよう。 また「通勤」タブでは、あらかじめ自宅と職場の場所、利用する交通機関などを設定しておくことで、最短の通勤ルートをいつでも調べられ、公共交通機関の運行情報も受け取れる。 公共交通機関の時刻表に基づいて、通勤と帰宅のタイミングで通知もしてくれるので、終電を逃すようなことも防げるだろう。 「最新」タブでエリアをフォローしよう 「保存済み」タブでは、ユーザーが「お気に入り」などに登録しているスポットや、過去に訪れたことのあるスポット、PC上のGoogle マップで作成した「マイマップ」のデータなどを閲覧可能となっている。 「投稿」タブでは、スポットに対して自分が投稿した評価やクチコミコメント、写真に関する情報が得られる。 これらの投稿を行うことでポイントを獲得し、「レベル」アップすると特典を受け取れるお得な仕組みもある。 が、かつてあったようなGoogle ドライブの容量増といったわかりやすい特典は現在はなくなっているのが残念なところだ。 そして「最新」タブでは、多くの人に人気のあるスポットや、Googleがおすすめするスポットを表示してくれる。 ここで表示されるのは、あらかじめユーザーが「フォロー」設定したエリアに関する情報だ。 自宅や職場、よく行く地域などをフォローしておくと良いだろう。 マップという1つのアプリでありながら、できることは多く、複雑になってきている。 必ずしもすべての機能を活用しないといけないわけではないが、「通勤」と「最新」のタブに関わる自宅・職場・エリアの設定だけでも済ませておくことで、利便性はぐっとアップするはずだ。

次の