ハルジオン 歌詞。 【魔王魂】ハルジオン 歌詞【著作権フリー音楽】

「ハルジオン」ダウンロード/魔王魂 歌ものフリー音楽素材

ハルジオン 歌詞

ボーカロイドプロデューサーのAyaseとシンガーソングライターのikura(幾田りら)による2人組の音楽ユニット。 2020年5月11日にデジタルダウンロード限定で発売されたのと同時にミュージックビデオが公開された、第3段目となる楽曲が『ハルジオン』です。 また2020年4月20日、サントリーのエナジードリンクブランド『ZONe』とのコラボ企画「IMMERSIVE SONG PROJECT」のために書き下ろした楽曲でもあります。 「ZONe Ver. 0」とは5月12日より発売が予定されている超没入エナジードリンクで、 V Singer、絵師、eスポーツなど最先端テクノロジーとSNS時代から生まれた新しい音楽、アート、ゲームをつくるクリエイターとファンをサポートするエナジードリンクとなっています。 『ハルジオン』の意味は? タイトルになっている『ハルジオン』はキク科の花の名前です。 漢字では 春紫苑と書き、春に咲くシオン(花)という意味でこの名前になったと言われています。 小説を読んだ人にはなんとなく主人公が待ち受けている結末ととてもマッチしていることがわかったと思います。 YOASOBI『ハルジオン』の原作となった小説は?? 「ハルジオン」は、YOASOBIとしては初となるプロの小説家とのコラボレーションとなっており、 注目を集める話題の新人作家・橋爪駿輝による書き下ろし短編「それでも、ハッピーエンド」が原作となっています。 小説家・橋爪駿輝は『スクロール』、『楽しかったよね』の著書もしている注目の新人作家です。 楽曲は女性目線なのですが、小説では最後に男性視点のあとがきが付け加えられています。 このあとがきは村上龍さんの小説『限りなく透明に近いブルー』に影響を受けたようです。 さらには橋爪駿輝さんの新作「さよならですべて歌える」では、 『ハルジオン』の元となった小説「それでも、ハッピーエンド」と裏表のような設定になっているそうです。 YOASOBI『ハルジオン』の歌詞の意味ついて それではYOASOBI『ハルジオン』の歌詞の意味を小説の内容も踏まえてお伝えしていきたいと思います。 YOASOBI『ハルジオン』歌詞 過ぎてゆく時間の中 あなたを思い出す 物憂げに眺める画面に映った二人 笑っていた 『ハルジオン』は女性目線での失恋をテーマとした楽曲となっています。 その主人公の女性が失恋に打ちひしがれながらも前を向こうと必死になっている様子が描き出されています。 失恋した人全てに共感できる楽曲なのではないでしょうか。 自分の失恋と重ねるととても切なくなりますが淡い思いを思い出す感覚になります。 歌い出し部分からもうすでに彼とは別れているのでしょう。 失恋した後の彼と付き合っていた時の幸せだった思い出が描かれています。 スマホをみながら昔の楽しかったころの写真をみている姿思い浮かびます。 知りたくないほど 知りすぎてくこと ただ過ぎる日々に呑み込まれたの それでもただもう一度だけ会いたくて この部分は小説をみていなければいろんな解釈ができると思いますが、 今回は小説に沿った解釈をしていきたいと思います。 小説では主人公の彼女の方から彼に別れを告げています。 彼のことを知りたくなくても付き合っていけばいくほどいいところだけではなく悪いところも知ってしまいます。 彼のことを知り過ぎてしまったがゆえにちょっとした言葉や態度だけで彼が自分に対してどう思っているのかを悟ってしまい不安から解放されるために別れを告げてしまいます。 しかし「もう一度会いたい」という歌詞から、 彼への愛情が全くなくなったわけではないのがわかります。 あなたの言葉に頷き信じた私を 一人置き去りに時間は過ぎる 見えていたはずの 未来も指の隙間をすり抜けた 戻れない日々の欠片とあなたの気配を 今でも探してしまうよ まだあの日の二人に手を伸ばしてる 付き合った当初「卒業しても、俺らはなんも変わんないよ」といってくれて、それを信じた主人公。 過去の方が変わらず、今はどんどん変わっていってしまう。 当時感じていた未来への希望も虚しく過ぎていってしまう。 昔のことは変わらないけれども、あの時の彼との気持ちのすれ違いがあったのではないか? と僅かな望みにすがりついている。 それは彼がいなくなってしまい1人になった今でも変わらない。 2番へ続きます。 境界線は自分で引いた 「現実は」って見ないフリをしていた そんな私じゃ 見えない見えない 境界線の向こうに咲いた 鮮烈な花達も 本当は見えてたのに 2番Aメロ部分でも1番のAメロと同様に彼と別れてしまった後悔と向き合っています。 「現実は」というのは彼と向き合わなかった自分。 それだったら彼との将来も見えるはずもありません。 今では主人公は彼がいなくなってモノクロの世界に落ちていってしまっているのですが、 当時思い描いていた彼との素敵な未来が対照的に描かれています。 本当はそんな素敵な未来がくる結末があったこともわかっていたのに。 知らず知らずの内に 擦り減らした心の扉に鍵をかけたの そこにはただ美しさの無い 私だけが残されていた 青過ぎる空に目の奥が染みた あの日の景色に取りに帰るの あなたが好きだと言ってくれた私を 小説内では忙し過ぎる会社に勤めた結果、自分自身に余裕がなくなってしまって心の扉に鍵をかけてしまいます。 それは美しさのない自分でした。 自分を認めてあげられないことで自分自身を追い詰めてしまったということです。 青過ぎる空というのは青春時代に謳歌したこと、 そしてその自分を好きだといってくれた自分自身を取り戻すために前を向き始めます。 誰にも見せずに この手で隠した想いが 今も私の中で生きている 目を閉じてみれば 今も鮮やかに蘇る景色と 戻れない日々の欠片が 映し出したのは 蕾のまま閉じ込めた未来 もう一度描き出す 自分の中に隠し続けた彼に伝えられなかった思いは今でも忘れずにいる。 今でも鮮明に思い出せる彼との思い出。 しかし過ぎてしまった過去は戻ってこない。 それは自分自身が選択した未来でもあります。 「もう一度描き出す」という歌詞と小説の内容を掛け合わせると、 過去の自分を払拭するかのように真っ白なキャンバスに主人公の思いを描いていきます。 蕾のまま閉じ込めてしまった幸せな未来を開花させるために過去から前に向うと頑張ろうとしています。 あの日のあなたの言葉と 美しい時間と 二人で過ごしたあの景色が 忘れてた想いと 失くしたはずの未来を繋いでいく 戻れない日々の続きを歩いていくんだ これからも、あなたがいなくても あの日の二人に手を振れば 確かに動き出した 未来へ 引用:YOASOBI ハルジオン より 汗まみれになりながらも夜通しで必死で描いたキャンバスに過去の思いを全てぶつけます。 本当は自分の弱いところ、ダメなところを全て受け止めて欲しかった。 しかし自分がそのことを認めていない。 キャンバスの中に描いた2人はハッピーエンドを迎えています。 主人公は辛かった過去もそれは今ある自分の延長線上だということを理解します。 過去の自分が招いた無くしたはずの未来。 蕾のままだったからこそ今咲いた花がある。 それはそれで今はハッピーエンド。 ミュージックビデオの最後はハルジオンの花が散っていく中、 駆ける主人公が映し出されています。 後悔と葛藤しさよならを告げた結果、未来を向くことができたのです。 YOASOBI『ハルジオン』の世間の反応はどうなってる?? こんな時間だけど、YOASOBIの『ハルジオン』を聞きながらZONeを飲み、学校の課題をします — Louis ルイ Louis12675734 最近話題のYOASOBIさん 夜に駆けるを歌えるために聴きまくってるのはもちろんなんだが その次のシングルのあの夢をなぞってが刺さりすぎてやばい。 まじで良すぎる。 んでもってハルジオンもやばい。 幾田りらちゃんのバラード聞きてぇな。 爆速で200万再生も超え、YOASOBIがバズりまくりというニュースにもなっています。 YOASOBIの3枚目の楽曲『ハルジオン』の歌詞の意味と原作小説、世間の反応についてお伝えしていきました。 今回は今までのミュージックビデオに映し出されていた謎の数字はありませんでした。 意図してなかったのかもしれません。 失恋をした経験がある人にはとても共感ができる歌詞だったのではないでしょうか。 ぜひ原作となった小説も読んでいただきたいです。 小説を読んだ後にもう一度『ハルジオン』を聞くとより感動すると思います。 YOASOBIの楽曲についてこちらの記事もどうぞ.

次の

ハルジオン 歌詞「BUMP OF CHICKEN」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

ハルジオン 歌詞

スポンサーリンク 歌詞 過ぎてゆく時間の中 あなたを思い出す 物憂げに眺める画面に映った二人 笑っていた 知りたくないほど 知りすぎてくこと ただ過ぎる日々に呑み込まれたの それでもただもう一度だけ会いたくて あなたの言葉に頷き信じた私を 一人置き去りに時間は過ぎる 見えていたはずの 未来も指の隙間をすり抜けた 戻れない日々の欠片とあなたの気配を 今でも探してしまうよ まだあの日の二人に手を伸ばしてる 境界線は自分で引いた 「現実は」って見ないフリをしていた そんな私じゃ 見えない見えない 境界線の向こうに咲いた 鮮烈な花達も 本当は見えてたのに 知らず知らずの内に 擦り減らした心の扉に鍵をかけたの そこにはただ美しさの無い 私だけが残されていた 青過ぎる空に目の奥が染みた あの日の景色に取りに帰るの あなたが好きだと言ってくれた私を 誰にも見せずに この手で隠した想いが 今も私の中で生きている 目を閉じてみれば 今も鮮やかに蘇る景色と 戻れない日々の欠片が 映し出したのは 蕾のまま閉じ込めた未来 もう一度描き出す あの日のあなたの言葉と 美しい時間と 二人で過ごしたあの景色が 忘れてた想いと 失くしたはずの未来を繋いでいく 戻れない日々の続きを歩いていくんだ これからも、あなたがいなくても あの日の二人に手を振れば 確かに動き出した 未来へ 作詞:Ayase 歌詞の意味・解釈 1番 過ぎてゆく時間の中 あなたを思い出す 物憂げに眺める画面に映った二人 笑っていた 前提として、本楽曲の歌詞では 失恋した主人公が何とか前を向こうとする姿が描かれています。 ただ細かい部分で言うと、失恋の後悔や過去の想起まで描かれているため、 失恋を経験したことがある人すべてが共感できると思います。 まず歌い出しの歌詞で描かれているのは 失恋後のありきたりな情動。 あなたを失って過去に囚われている主人公は、幸せだったころの思い出を想起しているのです。 知りたくないほど 知りすぎてくこと ただ過ぎる日々に呑み込まれたの それでもただもう一度だけ会いたくて ここは原作小説を見ないと解釈が難しい部分になるのですが、はじめの三行は 自分から彼を振った主人公を表しています。 彼のことを知り過ぎて、些細な態度や言葉遣いだけで、彼の自分に対する気持ちを悟ってしまったのです。 だから主人公は自分から別れを告げてしまう。 つまり ただ過ぎる日々に呑み込まれたというのは、まさに不安に呑まれて解放されるべく別れを告げた主人公そのものなのです。 しかし好意が消えたわけではありません。 だから 「もう一度だけ会いたい」という気持ちを抱えながらも、彼のいない日々を過ごしていきます、、、 サビ1 あなたの言葉に頷き信じた私を 一人置き去りに時間は過ぎる 見えていたはずの 未来も指の隙間をすり抜けた 戻れない日々の欠片とあなたの気配を 今でも探してしまうよ まだあの日の二人に手を伸ばしてる 「俺らは変わんないよ」 付き合っていた当時、あなたは不変の約束をしてくれた。 今では千切れてしまった約束。 しかし微かな期待を胸に秘め、また孤独な時間を過ごしていく。 暗い歌詞なのに、曲調はアップテンポで明るい。 これは自分から彼を振ってしまうほど強がりな主人公を映しているような気がします… 別れてもなお、過去の二人に手を伸ばす主人公はこれからどうなっていくのでしょうか。 2番へと続きます。 2番 境界線は自分で引いた 「現実は」って見ないフリをしていた そんな私じゃ 見えない見えない 境界線の向こうに咲いた 鮮烈な花達も 本当は見えてたのに 2番でも1番のBメロと同じように、 彼を突き放した後悔が描かれています。 鮮烈な花たちというのは、鬱でモノクロな世界に入り込んでしまった自分とは逆の位置にいる、 カラフルで色鮮やかだったはず未来を示しているのでしょう。 なぜこんなにも後悔してしまうのに、主人公は彼を突き放してしまったのか。 「知り過ぎた」以外の理由が続く歌詞で描かれていきます。 知らず知らずの内に 擦り減らした心の扉に鍵をかけたの そこにはただ美しさの無い 私だけが残されていた 青過ぎる空に目の奥が染みた あの日の景色に取りに帰るの あなたが好きだと言ってくれた私を その理由は 「美しさのない私」にあったのです。 原作小説の方では多忙な会社に勤めの結果、生気や余裕を失ったことで、美しさのない私になってしまいました。 過去の失恋の原因に「自己肯定感の低さ」がある人は、形は違えど共感できるのではないでしょうか。 回想を繰り返す中で過去との決別が付いてきた主人公は、美しさのない私を打破するために、 青すぎる空に目の奥が染みていた頃の自分を取り返そうとします。

次の

ハルジオン 歌詞「BUMP OF CHICKEN」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

ハルジオン 歌詞

虹 にじを 作 つくってた 手 てを 伸 のばしたら 消 きえてった ブリキのジョウロをぶらさげて 立 たち 尽 つくした 昼下 ひるさがり 名前 なまえがあったなぁ 白 しろくて 背 せの 高 たかい 花 はな 視界 しかいの 外 はずれで 忘 わすれられた 様 ように 咲 さいてた 色褪 いろあせて 霞 かすんでいく 記憶 きおくの 中 なか ただひとつ 思 おもい 出 だせる 忘 わすれられたままの 花 はな いつだったっけなぁ 傷 きずを 濡 ぬらした あの 日 ひも 滲 にじんだ 景色 けしきの 中 なかで 滲 にじまずに 揺 ゆれてた いつだったっけなぁ 自分 じぶんに 嘘 うそをついた 日 ひも 正 ただしいリズムで 風 かぜと 唄 うたう 様 ように 揺 ゆれてた いつの 日 ひも ふと 気付 きづけば 僕 ぼくのすぐそばで どんな 時 ときも 白 しろいまま 揺 ゆれてた 誰 だれのタメ? 何 なんのタメ? 生 いきていく 意味 いみを 失 なくした 時 とき 自分 じぶんの 価値 かちを 忘 わすれた 時 とき ほら 見 みえる 揺 ゆれる 白 しろい 花 はな ただひとつ 思 おもい 出 だせる 折 おれる 事 ことなく 揺 ゆれる 虹 にじを 作 つくってた 一度 いちど 触 ふれてみたかった 大人 おとなになったら 鼻 はなで 笑 わらい 飛 とばす 夢 ゆめと 希望 きぼう ところが 僕 ぼくらは 気付 きづかずに 繰 くり 返 かえしてる 大人 おとなになっても 虹 にじを 作 つくっては 手 てを 伸 のばす 幾 いくつもの 景色 けしきを 通 とおり 過 すぎた 人 ひとに 問 とう 君 きみを 今 いま 動 うごかすモノは 何 なに? その 色 いろは? その 位置 いちは? 夢 ゆめなら どこかに 落 おとしてきた 希望 きぼうと 遥 はるかな 距離 きょりを 置 おいた ほら 今 いまも 揺 ゆれる 白 しろい 花 はな 僕 ぼくは 気付 きづかなかった 色 いろも 位置 いちも 知 しっていた 虹 にじを 作 つくってた いつしか 花 はなは 枯 かれてた 視界 しかいにあるのは 数 かぞえきれない 水 みずたまりだけ 大事 だいじな 何 なにかが 音 おとも 立 たてずに 枯 かれてた ブリキのジョウロが 涙 なみだで 満 みちてった… まだ 虹 にじを 作 つくってる すがる 様 ように 繰 くり 返 かえしてる 触 ふれられないって 事 ことも 知 しりながら 手 てを 伸 のばす 名前 なまえがあったなぁ 白 しろくて 背 せの 高 たかい 花 はな 枯 かれて 解 わかったよ あれは 僕 ぼくのタメ 咲 さいてた 気付 きづくのが 遅 おそくて うなだれた 僕 ぼくの 目 めが 捕 とらえたのは 水 みずたまりの 中 なかの 小 ちいさな 芽 め 新 あたらしい 芽 め 生 いきていく 意味 いみと また 出会 であえた 自分 じぶんの 価値 かちが 今 いま 生 うまれた 枯 かれても 枯 かれない 花 はなが 咲 さく 僕 ぼくの 中 なかに 深 ふかく 根 ねを 張 はる ほら ここに 揺 ゆれる 白 しろい 花 はな 僕 ぼくは 気付 きづかなかった 忘 わすれられていた 名前 なまえ 僕 ぼくの 中 なかで 揺 ゆれるなら 折 おれる 事 ことなく 揺 ゆれる 揺 ゆるぎない 信念 しんねんだろう 虹 niji を wo 作 tsuku ってた tteta 手 te を wo 伸 no ばしたら bashitara 消 ki えてった etetta ブリキ buriki の no ジョウロ jouro をぶらさげて woburasagete 立 ta ち chi 尽 tsu くした kushita 昼下 hirusa がり gari 名前 namae があったなぁ gaattanaa 白 shiro くて kute 背 se の no 高 taka い i 花 hana 視界 shikai の no 外 hazu れで rede 忘 wasu れられた rerareta 様 you に ni 咲 sa いてた iteta 色褪 iroa せて sete 霞 kasu んでいく ndeiku 記憶 kioku の no 中 naka ただひとつ tadahitotsu 思 omo い i 出 da せる seru 忘 wasu れられたままの reraretamamano 花 hana いつだったっけなぁ itsudattakkenaa 傷 kizu を wo 濡 nu らした rashita あの ano 日 hi も mo 滲 niji んだ nda 景色 keshiki の no 中 naka で de 滲 niji まずに mazuni 揺 yu れてた reteta いつだったっけなぁ itsudattakkenaa 自分 jibun に ni 嘘 uso をついた wotsuita 日 hi も mo 正 tada しい shii リズム rizumu で de 風 kaze と to 唄 uta う u 様 you に ni 揺 yu れてた reteta いつの itsuno 日 hi も mo ふと futo 気付 kidu けば keba 僕 boku のすぐそばで nosugusobade どんな donna 時 toki も mo 白 shiro いまま imama 揺 yu れてた reteta 誰 dare の no タメ tame? 何 nan の no タメ tame? 生 i きていく kiteiku 意味 imi を wo 失 na くした kushita 時 toki 自分 jibun の no 価値 kachi を wo 忘 wasu れた reta 時 toki ほら hora 見 mi える eru 揺 yu れる reru 白 shiro い i 花 hana ただひとつ tadahitotsu 思 omo い i 出 da せる seru 折 o れる reru 事 koto なく naku 揺 yu れる reru 虹 niji を wo 作 tsuku ってた tteta 一度 ichido 触 fu れてみたかった retemitakatta 大人 otona になったら ninattara 鼻 hana で de 笑 wara い i 飛 to ばす basu 夢 yume と to 希望 kibou ところが tokoroga 僕 boku らは raha 気付 kidu かずに kazuni 繰 ku り ri 返 kae してる shiteru 大人 otona になっても ninattemo 虹 niji を wo 作 tsuku っては tteha 手 te を wo 伸 no ばす basu 幾 iku つもの tsumono 景色 keshiki を wo 通 too り ri 過 su ぎた gita 人 hito に ni 問 to う u 君 kimi を wo 今 ima 動 ugo かす kasu モノ mono は ha 何 nani? その sono 色 iro は ha? その sono 位置 ichi は ha? 夢 yume なら nara どこかに dokokani 落 o としてきた toshitekita 希望 kibou と to 遥 haru かな kana 距離 kyori を wo 置 o いた ita ほら hora 今 ima も mo 揺 yu れる reru 白 shiro い i 花 hana 僕 boku は ha 気付 kidu かなかった kanakatta 色 iro も mo 位置 ichi も mo 知 shi っていた tteita 虹 niji を wo 作 tsuku ってた tteta いつしか itsushika 花 hana は ha 枯 ka れてた reteta 視界 shikai にあるのは niarunoha 数 kazo えきれない ekirenai 水 mizu たまりだけ tamaridake 大事 daiji な na 何 nani かが kaga 音 oto も mo 立 ta てずに tezuni 枯 ka れてた reteta ブリキ buriki の no ジョウロ jouro が ga 涙 namida で de 満 mi ちてった chitetta… まだ mada 虹 niji を wo 作 tsuku ってる tteru すがる sugaru 様 you に ni 繰 ku り ri 返 kae してる shiteru 触 fu れられないって rerarenaitte 事 koto も mo 知 shi りながら rinagara 手 te を wo 伸 no ばす basu 名前 namae があったなぁ gaattanaa 白 shiro くて kute 背 se の no 高 taka い i 花 hana 枯 ka れて rete 解 waka ったよ ttayo あれは areha 僕 boku の no タメ tame 咲 sa いてた iteta 気付 kidu くのが kunoga 遅 oso くて kute うなだれた unadareta 僕 boku の no 目 me が ga 捕 to らえたのは raetanoha 水 mizu たまりの tamarino 中 naka の no 小 chii さな sana 芽 me 新 atara しい shii 芽 me 生 i きていく kiteiku 意味 imi と to また mata 出会 dea えた eta 自分 jibun の no 価値 kachi が ga 今 ima 生 u まれた mareta 枯 ka れても retemo 枯 ka れない renai 花 hana が ga 咲 sa く ku 僕 boku の no 中 naka に ni 深 fuka く ku 根 ne を wo 張 ha る ru ほら hora ここに kokoni 揺 yu れる reru 白 shiro い i 花 hana 僕 boku は ha 気付 kidu かなかった kanakatta 忘 wasu れられていた rerareteita 名前 namae 僕 boku の no 中 naka で de 揺 yu れるなら rerunara 折 o れる reru 事 koto なく naku 揺 yu れる reru 揺 yu るぎない ruginai 信念 shinnen だろう darou.

次の