マルカート ポケットトランペット。 Amazon

人気のポケットトランペットランキング

マルカート ポケットトランペット

8年前に購入したCCシャイニーのケースが壊れたので買い替えを検討していました。 両手を自由にしたい方 背負いたい方 にはお勧めです。 7-2. 5kg エアロが1. 4kg 本品が1. 8kg で1番軽いのはエアロ。 一応 収納力では GL。 本品はフィット感が素晴らしく 重さを感じません。 クリアファイルに入れればなんとか楽譜もバックポケットに入ります! また、ミュートを収納できるように作られているので、ケースが面白い形状をしています。 外側から見ただけでは なんの楽器かわからないところも気に入っています。 ちなみに 私はStomviのTitanを収納していますが、問題無く使えています。 これで楽器もケースもMade in Spainになりました。

次の

ポケットトランペットについて質問です

マルカート ポケットトランペット

<商品内容> 下倉楽器オリジナルブランドのMARCAT? (マルカート)ポケットトランペットです。 購入はお茶の水の店舗で、10年ほど前に新品で購入。 たしか4万円台後半、5万円しなかったかと思います。 サブとして購入しましたので、ライブで2回、スタジオで5〜6回使用したのみです。 ずっとしまい込んでいて、今後も使う予定もなさそうなので、手放すことにしました。 今回出品にあたっては、ブラスソープに浸して全体をクリーニング、スライドグリスを塗り直し、バルブオイルを差し、問題なく使用できる状態です。 バルブアクションもへたっておらず、購入時の感触のままでした。 あまり持ち出していませんので、目立つ傷、へこみ、変色などはなく、美品といっていいかと思います。 この価格帯にしてはよくできており、ベルサイズも通常のトランペットと同じなので、通常のトランペットのミュートがそのまま使えて便利です。 付属品は、専用ケース、保証書(購入店のサインがないのですが、古いものですのであまり関係ないかと思います)、クロス、マウスピースです。 マウスピースは、はじめに付属していたものを紛失してしまったので、ケリーという樹脂製のマウスピース(画像3枚目)をお付けします。 これは練習用などではなく、演奏用として開発されたものです。 冬場など冷たくなくて便利です。 ケースですが、ケース内のマウスピースを収納する箇所がはずれやすくなっています。 それとケース握りの部分が経年劣化で接着剤がとけだしたようになっていましたので、ビニールテープで巻いてとりあえず使用できるようにしています(画像2枚目)。 金具の部分の破損や劣化はないので、そのまま使用いただけますが、見た目が悪いので、気になる方は交換されたほうがよいかと思います。 発送はゆうパックの着払いで発送致します。 *新規の方、「悪い」評価が多い方は、トラブルが多いので、入札されてもこちらで取り消し処理させていただきます。 どうしても入札されたい方は、質問欄より一度連絡をしてください。 よろしくお願いします。 (2014年 10月 20日 0時 12分 追加) 補足です。 私はタバコは吸いません。 よろしくお願いします。

次の

「マルカート,ポケットトランペット」に関するQ&A

マルカート ポケットトランペット

なお、管長が半分なので基音は通常のトランペットよりも高いが、高次倍音が出しやすくなるわけではない。 高音を低次倍音で出せるおかげで高音域で音程が安定したりコントロールが容易になるのが特徴である。 コンパクトで携帯に便利だが、吹奏に多少の抵抗感がある。 長いものは、 (管長2 m前後)や (管長3 m)と呼ばれる。 機構による分類 [ ] トランペットはバルブの構造によって分類できる。 ピストン・トランペット により管長を変化させる。 日本、、などで最も一般的に使用されているトランペット。 軽快な音色で、ジャズにはこれが好まれる。 ヨーロッパではジャズトランペットと呼ばれることもある。 C管のロータリー・トランペット により管長を変化させる。 、、、などでよく用いられる。 重厚な音色なので、日本やアメリカのオーケストラでも演奏曲目によって用いられることがある。 スライド・トランペット と形状が似ており、主に19世紀のイギリスで用いられた。 やを効果的に使いたい場合に用いられる。 ダブル・ベル・トランペット(ツイン・ベル・トランペット) 2つ以上の楽器の役割を1つにまとめた楽器を意味する「複合楽器」(duplex)として考案された楽器。 トランペット本来のベルと上方に飛び出たベルの2つのベルを持ち、音色より音の方向性を大切にする。 異なる種類のに付け換えることによって音色を瞬時に変化させることもできる。 バルブによって音の出るベルを切り替える。 にもこの例がある。 ナチュラル・トランペット バルブの機構が1815年頃に発明される以前のトランペットで、円筒形の直管にベル(朝顔)が付いただけのシンプルな楽器である。 単なる1本の管なので、基本的にはしか出せない。 したがって、音階すべてを吹奏できず、主に軍事的な信号楽器として使われた。 その歴史は紀元前7世紀のアッシリアやヘブライ語聖書(いわゆる旧約聖書)、ギリシア、古代ローマまで遡ることができ、今日でもヨーロッパ以外の地域で同族の楽器が使用されている。 ヨーロッパにおいてはの頃に管を曲げる技術が加わり、持ち運びの容易なS字型のトランペットが現れた。 また、スライド・トランペットも開発され教会内で使用された。 両端を180度折り曲げ環状にした一般的なナチュラル・トランペットの形状はセバスチアン・フィルディングの『音楽論』(1511年)の挿絵にその初期の姿を見ることができる。 その他の形状としては、渦巻き状にしたものやハンドストップ・トランペットのようにベルに手が届くように反り返らせたものなどがある。 歴史 [ ] 原初(中世まで) [ ] 頃の陶製トランペット。 ・のLarco博物館蔵 の祖先はの型にさかのぼり、王朝時代には金属製の軍用ラッパがすでにあった。 この時期までの楽器はともトランペットとも分類できず、むしろ単にラッパの祖先と解した方が適切である。 歴史上最も古いものは、およそ3千年前のエジプトの出土品の中に見られる。 材質は金、銀、青銅のほか、土器、貝、象牙、木、樹皮、竹、瓢箪などで、形や長さも様々であり、初期のトランペットにはやバルブ機構などはなかったので、出せる音は倍音のみに限られていた。 ホルン(角笛)から分かれて、はっきりトランペットの祖先といえる楽器は、・時代になって初めて出現する。 ギリシアでは サルピンクス salpinx 、ローマでは tuba あるいは リトゥス lituus と呼ばれた。 この楽器は管長がすでに 1mを超え、管は角と金属を継ぎ合せて作られ、マウスピースはカップ型であった。 さらに青銅器時代に北欧には ルーレル lurer と呼ばれる2本1組として使われるラッパもあった。 この楽器の管は円錐形で、むしろの祖先に見えるが、管がS字型に曲がっていることが形の上でトランペットあるいはの先駆とも言える。 中世・ルネサンス時代 [ ] 10世紀頃ヨーロッパ各地においては、 Zink が作られるようになっていた。 この楽器は象牙または木の管に穴を開けて、倍音以外の音も出せるようにしたものである。 このシステムはペルシアからヨーロッパに流れてきたといわれている。 当時は2〜4つの穴が開けられていたものであったが、15から18世紀の間に、フルートからヒントを得て、表に6つと裏に1つ、計7つの穴が開けられ、音階の演奏が可能になった。 ツィンクは19世紀まで用いられていた。 12世紀に入ると管を接続することが可能になる。 チューバ、リトゥスはを通っての影響を受け、非常に長い楽器が作られるようになり、管形が円筒に近づいていった。 中世初期のこの円筒形のトランペットは、 クラーロ claro あるいは ブイジーヌ buisine と呼ばれていた。 1240年には、イタリアのが トゥベクタ tubecta という楽器を作らせた記録があり、この言葉が トロンベッタ trombetta あるいはその後の詩に初めて現れる トランペット trumpet という語の起こりである。 トゥベクタもローマ時代のチューバという語の縮小形である。 この楽器がどのような形であったか不明であるが、現在のトランペットにかなり近づいたS字形の管を持つ楽器は、1400年に最古の資料が残っている。 それから30年後には現代と同じ巻管のものが現れた。 当時巻管のものは クラリオン clarion 、直管のものは トロンバ tromba との古文献の記載があるが、前者は高音域用のトロンバ(トランペット)のことで、楽器の構造が異なるところはない。 長い楽器は基音(第1倍音)が低くなるので、高次の倍音が出しやすく、バロック時代に至ると簡単なメロディーが演奏できるようになった。 近世 [ ] 作 頃 16世紀に入って、 トロンバ・ダ・ティラルシ(Tromba da Tirarsi, 独:Zugtrompete)という楽器ができた。 これはスライド・トランペットのことで、18世紀後半までドイツの教会内で使用されたが、音程は長3度までしか下げられなかった。 なお、19世紀の英国でよく用いられたトロンボーン型のスライド・トランペットとは動く部分が異なる。 また、この頃には戦場トランペット等の信号業務以外に、宮廷のトランペット楽団が各音域に分かれ、音楽的に合奏されるようになってきた。 1511年の木版画には、 フェルト・トランペット felt-trumpet と クラレータ clareta という2種の音域用のトランペットが描かれている。 前者は低次倍音で信号業務を行う戦場トランペットであり、後者は高次倍音で野外トランペット楽団においてトップパートを担当する。 高音域は音階における倍音の間隔が狭いため、協奏曲などの旋律を吹奏することができ、ドレスデンでは20人程のトランペット奏者でミサやテ・デウムが演奏されていた。 この音域は17世紀には「 クラリーノ Clarino 」と呼ばれるようになり、高音域用の楽器やそのパートを指す意味にも使われることがある。 近代 [ ] 初頭、ドイツのブリューメルが、 カステン・ヴェンティル Kasten Ventil を発明した。 ヴェンティルとはドイツ語で弁のことである。 この楽器は2つのバルブから出来ていて、第1バルブは1音、第2バルブは半音下げることが出来た。 1825年にシェスターが作ったカステン・ヴェンティルは、すでに3つのバルブが付いている。 さらににはフランス人のラバイェによってピストンが発明された。 また、ウィーンではウールマンによってウィンナー・ヴェンティルが発明された。 1832年にウィーンで、ヨセフ・リードルがカステン・ヴェンティルを改良し、初めてロータリー式を発明した。 そして1839年にパリにおいて、ペリネが現在のものとほとんど同じ3本ピストンのトランペットを発明し、形の上では一応完成されたが、まだ問題点が残っており、やは、この楽器の発明後もあえてナチュラル・トランペットを使い、旋律的な部分はコルネットを使用している。 19世紀のバルブを持つトランペット(F管が一般的)は、管長が現代のトランペットよりも長く、現代のヘ調(F管)のアルト・トランペットと同じ長さでありながら音域はその1上の領域であった。 ナチュラル・トランペットにバルブ装置を付けたという発想の楽器で、引き続き高次倍音を用いていたために旋律を奏する際の音の的中率は低次倍音を使用しているコルネットに及ばなかった。 今日のトランペットは低次倍音を使用しているコルネットにその範を求めて改良開発されたものである。 著名な奏者 [ ] クラシック 「」を参照 その他• NARGO() 主なメーカー [ ] 日本• Brasspire アメリカ• (ヴィンセント・バック)• Calicchio(カリキオ)• KING(キング)• Benge(ベンジ)• Holton(ホルトン)• GETZEN(ゲッツェン) スペイン• Stomvi(ストンビ) イギリス• (ベッソン) ドイツ• Monke(モンケ)• Berndt C. Meyer(マイヤー)• Lechner(レヒナー) ルクセンブルク• BSC(ブラスサウンドクリエーション) スイス• INDERBINEN(インダービネン) 台湾• JUPITER(ジュピター)• XO(エックスオー)• Marcato(マルカート)• Schagerl ドイツ• レヒナー 教則本 [ ] (アーバン)による「アーバン金管教本」が古くから標準的な教則本として用いられてきた。 日本ではエチュード、小曲と独奏曲、独奏曲のピアノ伴奏譜の3巻に分けて全音楽譜出版社から出版されている。 アーバン著、E. ゴールドマン、W. スミス編 『アーバン金管教本1』• アーバン著、E. ゴールドマン、W. スミス編 『アーバン金管教本2』• アーバン著、E. ゴールドマン、W. スミス編 『アーバン金管教本3』 脚注 [ ] []• 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 この項目は、に関連した です。

次の