ごとうろく。 登録販売者とはどんな資格?|経験・学歴不問!仕事に直結する国家資格のメリット

住民(じゅうみん)登録(とうろく)

ごとうろく

はじめに 登録販売者とはどんな資格か?本記事では下記についてご紹介します。 登録販売者とは 一般用医薬品販売の専門資格です。 登録販売者とは、2009年に誕生した『 かぜ薬や鎮痛剤などの一般用医薬品(第2類・第3類に限る)販売を行うための専門資格』です。 そのため、薬剤師が不在でも一般用医薬品販売ができる専門家として、薬局やドラッグストアからも注目されています。 また、 登録販売者が扱える第2類・第3類は一般用医薬品の中で『9割以上』を占めています。 未経験者でも目指しやすい資格です。 登録販売者資格を取得するには、年1回実施の試験を受けて合格しなければなりません。 ただし、実務経験や受講必須科目、年齢制限などの受験資格は必要ありません。 どなたでも受験できるとあって、目指しやすい資格といえるでしょう。 受験者数は2013年では3万人弱だったのが2016年では5万人を超え、増加傾向にあります。 社会的ニーズから考えても、さらに増えることが予想されます。 セルフメディケーションの推進で、登録販売者は今後さらに重要視される!? 現在の日本では、自分の健康は自分で責任を持つことが求められてきています。 また、国としても怪我や病気になった際に自ら医薬品を使用して治療に努める『セルフメディケーション』を推進する動きがあります。 これまで以上に医薬品に関してのリスク管理がとても重要になっていくことが予想され、医薬品知識がある登録販売者はますます重要視されることでしょう。 登録販売者からすれば、一般用医薬品販売を行う際には誤った使用や摂取によって健康被害を起こさないよう、しっかりと説明することが求められますね。 一躍知名度の上がった登録販売者資格のおすすめポイントや取得するメリットを詳しく紹介します。 資格取得を検討していて確実に合格を目指したい方は、試験対策講座も検討されてみてはいかがでしょうか。 その際、1スクールで受講を決めるのではなく、出来る限り複数で比較検討しながらご自身に合ったスクールを選んでみてください。 登録販売者の資格取得メリットは? 社会的信用性も高く就転職時にも有利! 登録販売者は 『医薬品販売の専門家として認められた国家資格』となっています。 そのため、社会的信用性も高く就転職時にも有利な資格といえるでしょう。 資格手当で給与アップが期待できる! 登録販売者の資格を持っていれば、資格手当も考慮されるケースがほとんどです。 就転職する上で、何か資格を取りたいとお考えの方におすすめの資格です。 医薬品販売を行う店舗(コンビニ・スーパーなど)で幅広く活躍できる! 登録販売者は、医薬品販売を行う店舗で幅広く活躍できます。 薬局、薬店、ドラッグストアはもちろんのこと、コンビニエンスストア、スーパー、ホームセンターなどの求人も増えているようです。 医薬品販売ではなく、医薬品の専門知識を活かせる職場も出てきています。 例えば、製薬会社の営業として商品説明、エステサロンで健康を保つためのアドバイス(体質改善や悩み相談など)などの求人募集も見られます。 介護のお仕事でも、薬に関する質問が高齢者からくることも少なくなく、登録販売者資格で学んだ知識が、仕事に役に立つ機会も多いようです。 今後も様々な業界から求人ニーズが出てくるかもしれません。 そのほか、開業許可・販売許可さえクリアすれば、薬剤師の資格がなくても、薬局・薬店の独立開業、個人販売も可能です。 ただし、最初にも紹介した通り、登録販売者資格で扱えるのは一般医薬品の第2類と第3類に限られます。 一方、資格取得した後すぐに登録販売者として仕事をしなくても役に立ちます。 急な就転職が必要になった場合や、将来的な保険としても取得しておいて損はない資格といえるでしょう。 登録販売者として仕事をする際には勤務先の都道府県に登録申請が必要な点は覚えておいてください。 登録販売者の仕事内容は? 主に一般用医薬品の販売!その他『情報提供や相談』もあり。 登録販売者の仕事内容は、主に第2類・第3類医薬品の販売です。 ただし、販売だけをすれば良いというわけではありません。 医薬品を購入するお客様へ適切な情報提供、相談があった場合の対応も重要な仕事となっています。 購入者の視点に立って、医薬品の適切な選択を行えるように手助けすることも登録販売者に求められます。 薬剤師と登録販売者の違いは? 大きくは『販売できる医薬品の違い』『調剤ができるかどうかの違い』 薬剤師と登録販売者は『販売できる医薬品』『調剤ができるかどうか』の違いがあげられます。 薬剤師は、一般医薬品の第1類を販売することができます。 一方で、登録販売者は販売することができません。 また、薬剤師は処方箋に基づく薬の調剤を行うことができますが、登録販売者はできません。 薬剤師よりも販売と調剤業務について制限はありますが、登録販売者も医薬品について知識がある重要な存在であることは間違いありません。 登録販売者資格を取得するには? 資格試験での合格が必須です。 資格取得するためには、年1回各都道府県で実施されている『登録販売者試験』で合格する必要があります。 実務経験や学歴は不問なので、受験申込さえ済ませれば受験可能です。 注意すべきは、 都道府県ごとに試験日や申込期日が異なることです。 下記ページで直近の試験について詳しく解説しています。 試験概要 2018年の試験概要を紹介しますので、参考にしてみてください。 試験案内(受験の手引き)や過去問などでチェックしてみてください。 5割の正答 合格率 41. また、試験日が異なる他県での重複受講も可能です。 登録販売者として働くには、試験合格後に『販売従事登録』が必要です。 登録販売者として働くには、勤務先の都道府県で『販売従事登録』を行う必要があります。 尚、実務経験2年以上に満たない方は2年以上実務経験のある登録販売者、もしくは薬剤師が管理・指導の下でなければ一般用医薬品(第2類・第3類)を販売することはできません。 詳しくは『』でも紹介していますので、参考にしてみてください。 確実に一発合格を目指したい方には、受験対策講座がおすすめです。 2015年試験より実務経験・学歴不問で受験できるようになりました。 その影響もあってか、受験者数が増加傾向にあります。 現時点では試験難易度への影響は無いようですが、今後難しくなる可能性もゼロではないと推測しています。 資格取得を目指すのであれば、今のうちに資格取得をしておいた方が得策かもしれませんよ。 試験対策は過去問などを使って自分で勉強する他に、スクールで開講している受験対策講座を受ける方法があります。 費用はかかりますが、確実に合格を目指したい方は受講するのもよいでしょう。 『』も参考にしてみてください。 トピックス 試験日程や受験申し込み期日、テキスト・過去問の最新情報、試験対策講座の受講料などは要チェックです! スクールの講座受講料や新規掲載スクール情報追加などは毎月更新しています。 また、試験日程や合格発表なども公表され次第更新していきます。 以下に更新情報をまとめましたので、こちらも是非確認してみてください。 NEW 2019年10月7日 ページを更新しました。 登録販売者 目的別関連記事紹介 登録販売者についてもっと詳しく知りたい方のために、目的別に記事を紹介します。

次の

登録販売者

ごとうろく

編集する前に:加筆する場合は、その内容がに該当しないか、を満たしているか、十分確認して下さい。 不適切な編集は差し戻しになります。 医薬品登録販売者(登録販売者) 実施国 資格種類 医薬品販売資格 分野 薬局・医療、保健・衛生 薬学 試験形式 マークシートのみ 各都道府県で異なる 認定団体 認定開始年月日 (21年) 等級・称号 医薬品登録販売者 根拠法令 登録販売者(とうろくはんばいしゃ)は、2009年(21年)ので改正された(改正薬事法)、で新設された販売に関わる資格である。 2019年(元年)日本チェーンドラッグストア協会は、名称を登録販売者から 医薬品登録販売者(いやくひんとうろくはんばいしゃ)へと変更することを決定した。 資格種類として、が発行する一覧は「都道府県が試験を行う国家資格」として記載し、の資格一覧 には記載していない。 から認定される国のとも捉えられる。 改正薬事法は販売制度として、一般用医薬品の販売に従事する者(法4条5項の1、法36条8項、法36条9項)と定め、資質の確認(法36条8)のために都道府県知事が厚生労働の定めにより行う試験(規則159条関連)に合格する必要がある。 受験資格は法改正により2015年4月1日以降は学歴と実務経験が不要だが、合格して販売従事登録後に2年間の実務実績を経て正規の登録販売者となる。 動物用医薬品は別途販売許可申請を要するが、登録販売者試験合格者は販売従事登録して販売可能となる。 特に設けられていた「動物用医薬品登録販売者試験 」は、需要が低く東京都で平成23年度1月に実施されたのみで、平成27年4月に登録販売者試験へ統合されて廃止 された。 概要 [ ] 6月1日に施行された資格で、が実施する試験に合格して医薬品の販売に従事する店舗の所在地の都道府県に販売従事登録をした者、を指す。 とともに、、薬店などでを販売し、すでにとして営業する者は登録販売者試験に合格した者とみなされ、薬種商販売業者は平成9年(1997年)時点で17,600余名であった。 平成20年度から平成27年度の受験者総数は346,644名、合格者数は176,611名、平成24年度末で各都道府県に登録する登録販売者は121,137名 である。 登録販売者制度が制定される以前から、不在店舗も一定の実務経験のうえ都道府県知事の行う薬種商販売業認定試験に合格した者は、指定医薬品をのぞく一般用医薬品を販売することができた。 薬種商販売業認定試験の受験は許可基準の「人的要件」と「物的要件」の二つが前提条件となるため、個人より店舗と同時に付される性質が強かった。 2006年の改正で 薬種商販売業制度が廃止され、 登録販売者制度が創設され、実務経験などの条件を満たせば受験制限は無く個人資格となった。 の許可を得るには、第一類医薬品を扱う店舗は薬剤師を、第二類(指定第二類含む)および第三類医薬品のみを扱う店舗は薬剤師又は登録販売者を、それぞれ店舗管理者としなければならない。 店舗管理者は他店舗の兼任はできず、非常勤者であってはならない。 非常勤の有無は問わなくなった。 経験も問わなくなった。 2020年現在。 実際に医薬品を販売する際は原則店舗で対面によらなければならない。 店舗による販売(薬局開設者又は店舗販売業者)は店頭における販売に限られず、薬事法に基づき許可された薬局または店舗販売業が、予めその所在地や許可番号を明示するなど一定の条件の下で購入者の求めに応じて医薬品を配送するなど、店舗を拠点とした販売 は可能であったが、平成26年6月12日施行の販売制度に 「特定販売」が規定され、ネット販売・電話販売・カタログ販売は実店舗を前提とする申請・届出(法第37条1項及び規則第1条第2項4号)が必要となった。 試験合格後に登録販売者として一般用医薬品の販売又は授与に従事しようとするときは、最初に従事する都道府県で 販売従事登録をする必要がある。 複数の都道府県で販売従事登録できないが、従事登録後は全国で販売従事できる。 店舗管理者権限制度は廃止され、後継制度として 最近5年間のうち登録販売者としての実働実績が2年以上を達することによって正規の登録販売者としての権限を有する制度が制定された。 (試験合格前の一般従事者としての実働実績も含まれる、合格後と合算して2年以上を達すれば良い)直近5年間のうち登録販売者としての実働実績が2年未満の者は研修扱いとなり、正規扱いの登録販売者に比べて権限が制限され、正規扱いの登録販売者の立ち会いの下でなければ自身のみで店舗運営や閉店作業なども認められない。 登録申請は申請者が薬局開設者又は医薬品の販売業者でないときは、雇用(使用)関係を証するものを要する。 申請者自身が販売業者として業を成さない場合は、何れかの店舗の雇用関係書類を要する。 (改正薬事法及び)。 販売する医薬品は、一般用医薬品のうち及びに限られ 、販売業だが職業区分上は医薬品を取り扱う専門家として 医薬関係者 とされる。 評価・活用 [ ] 本制度はコンビニやの医薬品販売を容易にして医療費を抑制する目的だが、コンビニは実務経験の要件や営業時間の制約などから登録販売者の確保が難しく 、医薬品を取り扱う店舗は2018年現在でが全体の1. 2%、やは0. 5%未満 に留まる。 医薬品販売に長けたドラッグストアや薬局 調剤薬局は登録販売者の採用を増やして出店攻勢し、2009年から10年間で以上に成長した。 販売・情報提供できる医薬品の範囲 [ ] 一般従事者、登録販売者、店舗管理者、の立場がある。 販売できる医薬品は2類 指定2類含む ・第3類の医薬品である。 第1類医薬品、要指導医薬品、医療用医薬品(処方薬)の販売は、従前のとおり、その店舗において医薬品の販売又は授与に関する業務に従事する薬剤師に限られる。 第2類医薬品(指定第2類含む)は情報提供の努力義務が課せられている。 第3類医薬品は法律上の情報提供の義務付けはないものの、客からの相談に応ずる義務があり、営業時間中は薬剤師または登録販売者を常駐させなければならない。 一般従事者は、薬剤師(第1類・第2類・第3類医薬品)または登録販売者(第1類医薬品を除く、指定第2類・第2類・第3類医薬品)の管理・指導の下であれば対面で販売授与は可能であったが、改正省令(平成26年6月12日施行)により 一般従事者による販売・授与・情報提供は削除された。 医薬品の代金精算等、必ずしも薬剤師又は登録販売者が行う必要のない業務に限り行うことが可能である。 第1類医薬品を販売し、又は授与する薬局等において薬剤師を店舗管理者とすることができない場合に、過去5年間のうち下記の期間が通算して3年以上である登録販売者を、 店舗管理者とすることができる。 下記いずれかの薬局等で登録販売者として業務に従事した期間• 要指導医薬品若しくは第1類医薬品を販売し、又は授与する薬局• 薬剤師が店舗管理者である要指導医薬品若しくは第1類医薬品を販売し、又は授与する店舗• 薬剤師が区域管理者である第1類医薬品を配置販売する区域• 下記いずれかで管理者として業務に従事した期間• 第1類医薬品を販売し、又は授与する店舗の店舗管理者• 第1類医薬品を配置販売する区域の区域管理者 この期間は月単位で計算し、1か月に80時間以上実務又は業務に従事した場合に、従事したものと認められる。 「薬局並びに店舗販売業及び配置販売業の業務を行う体制を定める省令」(厚生労働省令第98号)が平成29年9月26日に公布・施行され、薬局における薬剤師不在時の一般用医薬品の取扱いの見直しがあった。 「規制改革実施計画」(平成28年6月2日閣議決定)で、「患者本位の医薬分業の推進を前提とし、薬局の調剤応需体制の確保とのバランスなどを考慮しつつ、薬局において、薬剤師不在時にも登録販売者が第二類・第三類医薬品を販売することができるよう、業界関係者の意見を幅広く聴取した上で、規制を見直す。 」とされたことを踏まえたもので、薬局で調剤に従事する薬剤師が当該薬局以外の場所において当該薬局の業務を行うため不在となる場合にも、薬局を営業できるようにするため、第一条「薬局の業務を行う体制」に下記の項が新設された。 購入者から説明を要しない旨の意思表明があった場合はこの限りではない(薬事法第36条の10の6)。 受験資格 [ ] 登録販売者試験を受けようとする者は、本籍地都道府県名(日本国籍を有していない者については、その国籍。 第百五十九条の八第一項第二号において同じ。 )、住所、連絡先、氏名、生年月日及び性別を記載した申請書に写真その他都道府県知事が必要と認める書類を添えて、登録販売者試験を受けようとする場所の都道府県知事に提出しなければならない。 — 薬機法施行規則 第百五十九条の五 (受験の申請)• 学歴・年齢:平成27年4月1日以降の試験より不問となった。 実務経験:不問。 誰でも受験することができる。 試験 [ ] 試験項目 出題数 問 時間 分 医薬品に共通する特性と基本的な知識 20 40 人体の働きと医薬品 20 40 主な医薬品とその作用 40 80 薬事関係法規・制度 20 40 医薬品の適正使用・安全対策 20 40 合 計 120 240 『登録販売者試験実施ガイドライン』作成検討会報告書 、薬事法施行規則改正案 によって開始された。 試験実施の方法、問題数、試験時間、合格基準は、登録販売者試験実施要領に定められている。 旧制度の薬種商認定試験はを参照。 原則として年1回改訂し厚生労働省が通知する「試験問題作成の手引き」および「例題」に準拠して都道府県が問題を作成し試験を実施する。 試験施行公告後に改訂があった場合は、その部分は出題されない。 都道府県が共同して試験問題を作成することは、都道府県によって難易度等に格差を生じさせないためには効果的な方法であり、共同して試験問題を作成した都道府県については、同日に実施する必要がある。 住所や勤務地に関係なく全国どこの都道府県でも受験可能で、同一年度内に異なる受験地で複数回の受験も可能。 合格後は従事する都道府県の知事に登録申請する。 試験は(マークシート方式の)筆記試験で、右記の分野について出題される。 合計で7割程度の正答が求められ、なおかつ、各項目ごとにも都道府県知事の定める一定(3割5分 - 4割以上)の得点が必要とされる。 第1回試験 2008年(平成20年)8月12日から10月24日にかけて、全国で実施された。 第2回試験 2008年12月25日以降実施。 第1回試験と異なり、都道府県によってバラつきがある。 平成30年度試験 2018年8月19日から12月9日にかけて8回行われ、受験手数料は13000円〜18100円。 延べ65,433人が受験し、合格率は41. 不正受験 [ ] 幾つかの不正受験事案がある。 によって処分を受けた例• この年配受験者は自分の息子に資格を与える目的で息子に変装して受験に臨んだ旨を供述している。 この年配受験者本人は2008年8月実施の第1回試験に合格していた。 不正な実務経験証明の発行により、合格取消し処分となった例• 平成20年度神奈川県• 平成22年度大阪府。 栃木県保健福祉部薬務課は、2009年8月に同県が実施した登録販売者試験の合格者のうち、受験資格に必要な1年間の実務経験を満たしていない受験者があったことが判明したとして、当該者1人の登録販売者試験の合格取り消しと、販売従事登録の消除を行ったと発表した。 福島県薬務課は、2010年8月に同県が実施した登録販売者試験で、受験者2人が提出した受験申請書類「実務経験(見込み)証明書」の偽造が判明したとして、当該者の合格取り消しを発表した。 県薬務課によると、処分対象者は必要な実務経験がないにもかかわらず、事実と異なる書類を提出し、試験に合格していたという。 奈良県において平成22年(2010年)8月26日実施した登録販売者試験において、受験資格である実務経験証明書の虚偽記載が、9月1日に大阪府薬務課からの情報提供により判明した• 和歌山県薬務課は平成24年3月14日、ウエダ薬局(本社海南市、上田文亮社長)に対し、登録販売者試験受験に必要な実務経験証明書に従事時間の水増しなど虚偽の証明書を発行したとして、同日付けで同社従業員10人の受験無効・試験合格取り消し、不合格者5人の受験無効、既に販売従事登録を行った8人の消除の処分を行った。 は平成24年11月3日、が登録販売者試験受験に必要な実務経験証明書に従事時間の水増しなど虚偽の証明書を大量に発行したと公表した。 11月6日 西友は不正の事実を認め謝罪した。 西友は19都道府県で282人分の実務経験の時間を長く偽るなどしたうその証明書を発行し、そのうち200名が合格、2012年8月末時点で70店舗、101人が販売業務に従事し、不正発覚後は2店で販売休止、45店で営業時間を短縮していた。 西友の金山亮は不正が会社によるぐるみである可能性は否定した。 厚生労働省がそれまでに不正で認可を取り消したのはそれまでで計168人で、西友による不正は過去最大規模になると見られる。 神奈川県薬務課は平成24年11月15日医薬品の登録販売者試験で虚偽の実務経験証明書が大量に発行されていた問題で、県内でドラッグストア「フィット・ケア・デポ」を運営するカメガヤ(横浜市港北区)でも業務内容や期間を偽った証明書を受験する社員に発行していたことが15日、県薬務課などの調べで分かった。 受験資格には1年以上、毎月80時間以上医薬品販売業務に従事する必要があるが、同社は業務時間などを満たしていない社員にも証明書を発行していた。 同社によると、不正な証明書の発行枚数は、過去4年間で416枚。 1都7県で約190人が不正に合格していた。 なお、のとおり、2015(平成27 年度より「学歴・実務経験問わず受験可能」となっている。 歴史 [ ] 2009年6月1日制定 [ ] 制度が導入される。 第1回試験は、およびでに実施されたのをはじめ、8月中旬から10月下旬にかけて各地方で順次実施された。 導入当初は以下の受験資格要項が存在した。 薬事法施行規則(第159条の5の2)により、登録販売者試験を受けようとする者は、次の各号の一に該当する者でなければならない。 旧大学令に基づく大学及び旧専門学校令に基づく専門学校において薬学に関する専門の課程を修了した者• 平成十八年三月三十一日以前に に基づく大学(短期大学を除く)に入学し、当該大学において薬学の正規の課程を修めて卒業した者• 平成十八年四月一日以降に学校教育法 に基づく大学に入学し、当該大学において薬学の正規の課程(同法第八十七条第二項 に規定するものに限る)を修めて卒業した者• 旧制中学若しくは又はこれと同等以上の学校を卒業した者であつて、一年以上、一般販売業(卸売一般販売業を除く)、薬種商販売業,薬局又は店舗販売業若しくは配置販売業において薬剤師又は登録販売者の管理及び指導の下で実務に従事した者• 高等学校未卒業、もしくは、高等学校卒業同等資格を持たない者は、四年以上、一般販売業(卸売一般販売業を除く)、薬種商販売業,薬局又は店舗販売業若しくは配置販売業において薬剤師又は登録販売者の管理及び指導の下に実務に従事した者• 前各号に掲げる者のほか、一般用医薬品の販売又は授与に従事しようとするに当たり前各号に掲げる者と同等以上の知識経験を有すると都道府県知事が認めた者 上記の規則により以下も受験資格に含む [ ]• 6年制薬学部又は旧4年制薬学部等の卒業者• 上記の者と同等以上の知識経験があると都道府県知事が認めた者• 旧およびの合格者で、かつ、1年間の実務経験のある者• 外国薬学校卒業者• 高等学校卒業程度認定試験の合格者であって、1年以上薬局、一般販売業(卸売一般販売業を除く)、薬種商販売業、配置販売業又は店舗販売業の実務に従事した者 受験資格及び試験を免除する者 [ ] (平成27年5月31日までの間の経過措置)• 受験資格について 1年間の実務経験を求めることとする。 なお、実務経験については、専門家である薬剤師又は登録販売者の管理・指導の下、医薬品の販売等の現場において、医薬品の取扱いを知ることや、購入者等からの要望を聞きそれを専門家に伝えて応答の仕方を知ることなどを内容とする。 また、実務経験の確認は、受験資格として求める内容を伴ったものであることを客観的に証明できる方法によることとする。 学歴及び実務経験について 高校卒業程度を求めることとする。 なお、高校卒業程度の要件を満たさない場合(中学卒業)には、高校卒業程度の代わりに3年間の医薬品の販売に関する実務経験を有していることを求めることとする。 試験を免除する者について 登録販売者試験を免除する者に該当するものは設けないこととする。 なお、薬学教育における6年制課程の卒業者の受験資格については、実務経験は求めないこととする。 実務経験証明(書) [ ]• ア 実務経験は、開設者、者(卸売一般販売業者を除く。 以下同じ)、者、者又は者が証明すること。 受験者と開設者が同一人である場合は、自ら証明する。 なお、「管理者氏名」については、平成21年5月31日以前の実務経験又は既存一般販売業、既存薬種商、旧薬種商、既存配置販売業における実務経験を証明する場合では不要で、二重線で消す。 イ 「許可番号」は、受験申込者が証明に係る業務を行った薬局、店舗又は配置販売業の許可番号を記入。 ウ 見込証明でない場合は,標題の「 見込 」を二重線で消す。 エ 受験日前日までに実務経験の要件を満たす場合は、申請時に「実務経験 見込 証明書」を提出し、「実務経験証明書」を受験願書提出先に提出。 オ 実務経験は、次の 1 ~ 7 のすべての業務内容を経験し,業務期間は1箇月に80時間以上、継続して従事していた期間です。 なお,廃業といった申請者の責によらない理由の場合は,業務期間を合算することができる。 ・等の雇用形態は問いません。 原則として1ヵ所での勤務であること。 複数ヵ所での勤務が認められるのは、人事異動や廃業など受験者の責に因らない場合で、知事がやむを得ないと認めた場合のみ。 転職や個人的引っ越しによるものは不可。 また、複数店舗にまたがっての勤務は認められない。 開設者の発行する証明書が得られること。 死亡した個人や消滅した法人などでは認められないことがある。 ただし、は開設者との雇用関係がなく、認められない。 また、調剤事務、配送等、直接販売に従事しない職種は認められない。 なお、「これに準ずるもの」としては、労働基準法の規定により作成される賃金台帳、労働時間の記録に関する書類(出勤簿、タイムカード等)等、薬事に係る法令以外の法令の規定により、労働時間に関する記録が客観的に確認できるものを指す。 ただし、実務経験の証明者が個人事業主であって、各種法令の規定による記録の提出が困難である場合には、営業日報等をこれに準ずるものとして取り扱って差し支えない。 1 主に一般用医薬品の販売等の直接の業務• 2 一般用医薬品の販売時の情報提供を補助する業務又はその内容を知ることができる業務• 3 一般用医薬品に関する相談があった場合の対応を補助する業務又はその内容を知ることができる業務• 4 一般用医薬品の販売制度の内容等の説明の方法を知ることができる業務• 5 一般用医薬品の管理や貯蔵に関する業務• 6 一般用医薬品の陳列や広告に関する業務• 2015年4月1日改正 [ ] 受験には学歴、実務経験とも不要となった。 外部研修制度 [ ] 平成21年6月の制度施行後、平成23年度までは研修制度が無かったが、平成24年度より外部研修制度が制定された。 その背景には試験制度の欠陥が指摘されたことにある。 そもそも、受験資格を得るには「1ヶ月間の実働80時間以上における12ヶ月以上の勤続」という労働者としての実務経験を積む必要があった。 この受験資格自体はそれほどハードルは高くない。 ただし、それ故に しっかりとした実務経験を積まないまま受験資格だけを得る ことによって試験に合格しても、実際には現場経験が少ない(または皆無)が故に商品の説明や選択の判断に窮するなど、知識・経験共に不十分のまま資格者になってしまう事例が多く散見された。 これらの経緯から、平成24年度より外部研修制度が導入された。 1回につき、5講座(4講座は座学、1講座は確認試験)を計6時間かけて実施。 それを年度内に2回、合計12時間かけて行うことになっている(前後期に分けられ、前期は4月~9月、後期は10月~翌年3月とし、前後期に1回ずつ計2回)。 平成24年度に関しては新制度導入のため、研修効果の様子を見るという観点から特例で1回のみ(前期もしくは後期のいずれか1回のみ。 計6時間)の受講で良いこととされた。 現在はその受験資格が廃止され、現場での実務経験が一切ない完全な未経験者が受験できるようになったが、研修制度を導入したとはいえ、人体に影響の有り得る製品を取り扱う資格に現場での実務経験のない未経験者が受験できる現制度には懐疑的な意見も根強い。 第1回試験概要 [ ] 今後の参考の一環として、ここでは第1回試験の概要を示す。 桃色の数字は、47都道府県中、最高合格率 緑色の数字は、47都道府県中、最低合格率 地方名 都道府県名 試験日 合格率 地方名 都道府県名 試験日 合格率 54. 北海道は単体で地方を構成するため、東北地方と同日に行われた。 福井県は本来なら北陸地方であるが、近畿地方として扱われた。 沖縄県は単体で地方を構成するため、九州地方と同日に行われた。 関東地方・甲信越地方は全て8月12日に試験が行われ、以下のようなシステムが取られた。 東京都のみ独立問題• 埼玉県・千葉県・神奈川県の3県で統一問題• 群馬県・栃木県・茨城県の3県、山梨県・長野県・新潟県の甲信越3県、計6県で統一問題 都道府県によって合格率に大きな格差があるが、試験問題は『 登録販売者試験の作成に関する手引き』より選定して試験問題を作成・出題され、都道府県別に難易度の格差が出ないよう配慮がなされることとなっている。 しかし、全国最高合格率である神奈川県 84. 6ポイントの差があることから、試験難易度に差があったことがうかがえる。 直近の合格率からいえる事は、年々試験の難易度が難化傾向にある。 例えば、平成24年度の第1回試験では全国47都道府県中、合格率が60パーセントを超えたのはのみである(60. 3パーセント)。 合格率が50パーセントを上回っているのもの59. 8パーセントを筆頭とする17道県にとどまっており、半数以上の都府県が50パーセントを割り込んでいる。 逆に最低合格率はの27. 7パーセントであり、この合格率は最も問題が易しい(すなわち、最も合格率が高い)平成20年度の第1回試験で最低合格率を記録したの36. 9パーセントを9. 2パーセントも下回っている(その他、が28. 8パーセント、が29. 2パーセントで合格率30パーセントを下回っている)。 なお、試験問題(過去問含む)や解答並びに合格率等はほとんどの各都道府県の薬務関連のホームページで閲覧、印刷保存ができるようになっている。 また各年度別の試験結果概要(全国版)は厚生労働省のを参照の事。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 法律に名称があるものは国家資格であると広義に定義される。 登録販売者は薬機法第三十六条九項に名称が記載されている。 資格案内書籍ではと表記されている物が在る一方で、一部では「」と表記されている物も在るため、現在も資格の立ち位置については見解が分かれている。 ただし、他の国家資格同様に資格が全国47都道府県の全自治体で有効であることに変わりは無い。 一部の省庁のサイトでは登録販売者は国家資格であると明記されている• 『登録販売者試験の作成に関する手引き』にその旨の記載がある。 なお、当初の扱いは「 医薬関係者」ではなく「 医療従事者」だった。 ただし、やといった劇薬や麻薬など、一部の薬は取り扱うことが出来ない。 薬局・薬店・ドラッグストア企業・配置販売業者などに勤務していれば、実際の販売業務に直接関与しない本社等における事務職者でも実務経験を積んだものとみなされていた。 出典 [ ]• 文部科学省• 厚生労働省• 農林水産省• 厚生労働省. 2010年8月13日閲覧。 東洋経済オンライン. 2019年6月5日閲覧。 「」『 朝刊』、2019年6月5日、2面。 2019年6月5日閲覧。 厚生労働省• 厚生労働省• 薬機法 第37条2• 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律施行規則(昭和三十六年二月一日厚生省令第一号)(薬機法、旧薬事法)平成二七年四月一〇日厚生労働省令第八二号• 厚生労働省 2007年6月26日. 2011年3月11日閲覧。 一般社団法人 日本薬業研修センター調べ(平成22年5月12日)• 薬事日報• 厚生労働省• 神奈川県 2009年3月19日. 2011年3月11日閲覧。 毎日新聞. 2011年3月9日. の2012年7月13日時点におけるアーカイブ。 2011年3月11日閲覧。 奈良県薬務課• 奈良県薬務課• 北海道新聞. 2012年11月4日. 2012年11月10日閲覧。 朝日新聞. 2012年11月6日. 2012年11月10日閲覧。 日本経済新聞. 2012年11月6日. 2012年11月10日閲覧。 産経新聞. 2012年11月6日. 2012年11月10日閲覧。 神奈川新聞. 2012年11月16日. 2013年1月2日閲覧。 厚生労働省(平成24年3月30日)• 薬事日報社 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - 厚生労働省• - 日本医薬品登録販売者協会• - 東京都福祉保健局• - 東京都福祉保健局.

次の

登録販売者とはどんな資格?|経験・学歴不問!仕事に直結する国家資格のメリット

ごとうろく

ことばの使い方(社会言語学・敬語) 分類:尊敬語 「~くださいまして」と「~いただきまして」はどう違う? 「~くださいまして」と「~いただきまして」の違いを考えるにあたって、まずこれらの表現に含まれる「くださる」と「いただく」の違いを考えてみます。 「くださる」と「いただく」はそれぞれ「くれる」と「もらう」の敬語です。 「くれる」と「もらう」はどちらも物の授受を表しますが、視点の違いがあります。 すなわち「くれる」は物を渡す側に視点があり「もらう」は物を受け取る側に視点があります。 したがって目上の者 A から目下の者 B に物が手渡される場合、渡す側の目上の者 A に視点をおけばその人物 A を尊敬する「(AがBに)くださる」が使われ(尊敬語)、受け取る側の目下の者 B に視点をおけばその人物 B を低める「(BがAに)いただく」が使われます(謙譲語)。 「~くださる」と「~いただく」は物の授受から、より抽象的な受益に転じた表現ですが、この場合も同じことが言えます。 たとえば「ご来店くださいまして」ならば来店者を直接敬っているのに対し、「ご来店いただきまして」は来店される側を低めることで間接的に来店者を敬っています。 実際の使用ではどちらも同じように用いられ、違いを特に意識して使い分けられてはいないようですが、実際に耳にすると先に見た視点の違いから来る微妙な語感の違いが感じられます。 すなわち被尊敬者に視点のある「~くださる」は被尊敬者への敬意が強く感じられるのに対し、受益者に視点のある「~いただく」は受益者の側の感謝の意が強く感じられます。 また「もらう」と「くれる」の使い分けと同様、相手自身の意志ではなく、依頼した結果相手が行動する場合は「~くださる」は使えません。 これも両者の視点の違いを反映しています。

次の