セロトニン サプリメント。 うつ病とサプリメント

セロトニンサプリのおすすめは?口コミで人気の9選

セロトニン サプリメント

うつや不眠・ストレスに効く サプリメントを ランキング形式で紹介します。 最後にそれぞれを比較してどれが良いかをまとめてみました。 セロトニンがうつ・ストレス・不眠に効く セロトニンは脳内にある伝達物質の一つです。 精神を安定させる役割があるといわれています。 セロトニンが不足すると、心のバランスが取れなくなってきて、ストレスや興奮をうまくコントロールできなくなり、うつ病になったりするといわれています。 セロトアルファはこのセロトニンの活動を活発にするための栄養を豊富に含んでいて、セロトニン不足による、精神の不安定つまり、イライラや不安感やその元になる ストレス、そこからくる、うつ・不眠などの改善と予防に向かって働きかけます。 他にも脳内にあるアドレナリンやノルアドレナリンにドーパミンにも良い効果を発揮するといわれています。 体のサプリにビタミン・ミネラルのサプリメントが必須になってきているように、現代の様々な心の悩みなど、脳や心の安定には、セロトアルファなどのサプリメントによるセロトニンなどへ働きかけが必須になってきていると私は思います。 睡眠導入剤を取るよりも前向きだし、お金もかからない 眠れない時が多い方や、眠りが浅いので疲れが取れない方などで睡眠導入剤などを取っている方もいると思います。 しかしその 不眠の原因が、ストレスからくるものであれば、睡眠導入剤を飲んでもその時だけの効果しかなく、また不眠に悩まされてしまうことになります。 それに不眠のために 睡眠導入剤を使っているとお金がかかります。 副作用や常習性があるものも中にはあるらしいです。 元のストレスに効果のない、睡眠導入剤よりも、改善に向かっていける栄養を補給できる、サプリメントの方に投資する方が前向きで良いと思います。 サプリメントでセロトニンに働きかけてストレス・不眠やうつで悩まされることがない生活を取り戻しましょう。 リラクミンSe リラクミンSeはネットでのランキング1位にもなった人気商品 人気のセロトニンサプリメントランキングの1位はこの リラクミンSeです。 成分に• また、ラフマ葉エキスとギャバを同時に摂取することで、リラックス効果が 相乗効果で上がるそうです。 実際に使ったことのある方のレビューをまとめてみると• 調子が良いので続けています• 気持ちが落ち着いて、寝つきが良くなったような気がする• このサプリを飲むとイライラが無くなり、気持ちが穏やかになる• 日々のストレスが多く試しに購入してみたら、忙しい時でも穏やかに過ごせている• 飲み始めてから不安感が無くなった など効果を実感された方が多かったです。 相乗効果を利用したサプリなので、普通の物よりも効き目がありそうですね。 セントジョーンズワート リラックスハーブのセントジョーンズワートと6つの成分で抗うつ 次にお勧めしたいランキングの2位は セントジョーンズワートのサプリメントです。 内容は、• セロトニンを増やすハーブ、 セントジョーンズワート• 抗ストレス作用があると言われる、 ギャバ• セロトニンやメラトニンの元になる、L-トリプトファン• リラックス効果のあるお茶の木の成分、L-テアニン• 睡眠の改善やうつに効く、L-グリシン• 脳の血流を良くする、バコパエキス末• リラックス効果と不眠症に効く、カモミールエキス末 と有効な成分が多種類入っています。 内容量がセントジョーンズワートにしか記載されていないので、他の内容量はあまり入っていないのではと少し歌が疑ってしまいますが、少量だとしても有効な成分が多種類含まれているのはうれしい事です。 何より価格が安く、お試し品もあるので、はじめやすいセントジョーンズワート このサプリメントが好まれている理由は、他にもあります。 初回お試しで1か月分の量で500円の送料無料で購入することができます。 お試しでなくても、1か月分だと1,000円かからないので、お金をかけずにセロトニンサプリメントを飲み続けたい方向けといえます。 自分に合うのかどうかを、確かめるという事が気軽にできるのはうれしいですね。 セントジョーンズワートお試しを実際に購入した方の レビューをまとめると、• リラックス感を得られている気がする• 気持ちを落ち着けるには良いと思います• 安いのでリピートしています• 考え事や心配事が多くて眠れなかったが、寝付けるようになった• 仕事が多忙な時に飲む、良く効いている など、低価格にも関わらず効果を実感している方が多かったです。 月の休息 月の休息はセロトニンの素、トリプトファンとギャバの安らぎ効果 ランキングの3位は、セロトニン生成のために必要な トリプトファンが含まれていて、他にもストレスに効果が期待できるチョコレートでもおなじみの ギャバやビタミンB6など有効成分が7つ セロトニンを作るのに必要なトリプトファンとビタミンB6を積極的に取り、不足しているセロトニンを分泌させ安眠できるようにします。 トリプトファンは 体からは作ることができない物質なので、食べ物から摂取する必要があります。 そのかんじんなトリプトファンですが、どのくらいの量を取ればいいのでしょうか? トリプトファンの1日の必要な摂取量は体重1キロ当たり2MGといわれていますが、安眠のための摂取となるともう少し多めに取る必要があります。 それだけの量を食べ物からとることは、大食いにでもならなければほぼ不可能です。 なので、サプリメントから摂取する必要があるのです。 この月の休息にはトリプトファンとビタミンB6が一回分の中に トリプトファン250mgと ビタミンB6が10mgと安眠するため・ストレスが溜まっている方に十分な効果を与えることができる量が含まれています。 1日8粒1ヶ月分240粒入 セロトアルファ セロトアルファで脳への栄養補給を強力に ストレスがたまると不眠やイライラ・不安・パニック・気力不足に体の痛みなどさまざまな症状が現れてきます。 この原因はストレスが溜まることで脳内のセロトニンが不足して心のコントロールができなくなっていくからだと言われています。 セロトアルファに含まれている栄養 大麦醗酵酵素が含まれていて、セロトニンなどの不足を改善してくれます。 またこれらの酵素を取ることによって、普段食事などから摂取する 栄養がうまく代謝されるようになります。 酵素が不足しているとタンパク質・ビタミン・ミネラルなどの重要な栄養をとっていてもエネルギーに変わりにくくなってしまいます。 それは酵素が摂取した栄養を体の中で分解してエネルギーに変える働きを持っているからです。 普段疲れがたまっていると感じて、野菜ジュースやビタミンのサプリメントや栄養ドリンクなどの身近な栄養補給をしても全く効果がなかったという経験をした方は、ひょっとしたら酵素不足が原因だったかもしれません。 代謝が悪くなるという事は、脳へ送られる栄養も不足しているという事ですから溜まったストレスや悩み事などを処理するための脳のエネルギーが不足すれば、ストレスに負けてしまうのも仕方がないと思います。 脳へうまくエネルギーが行くためにも、体の疲れを取るためにもセロトアルファを取って、ストレス対策をしっかり取りましょう。 他にも特許のカキ穀焼成カルシウムが入っていて、これはマイナスイオンを吸着させる働きがあります。 セロトアルファの効果をさらに発揮させる方法 セロトアルファに含まれる酵素が代謝の改善に効果があることがわかりました。 代謝が改善されることによって、栄養のエネルギー代謝がよくなるという事は、このセロトアルファと合わせて、ビタミンやミネラルのサプリを一緒にとれば、効果がてきめんという事です。 ビタミンBなどは、代謝に関わりがあるビタミンといわれていますから、より代謝が良くなりさらなる効果が期待できそうです。 ビタミン・ミネラルだけでなくタンパク質などもどんどん積極的にとれば、効果が上がりそうです。 運動の効果も上がります。 肥満や心肺機能の衰え・筋力の低下は、疲労がたまりやすい原因の一つですから、代謝を上げて有酸素運動をすれば、脂肪の燃焼効果が上がりますし、エネルギーが補給されていればいつもより早く、長く動くことができその状態でトレーニングをすれば、筋力、心肺機能の強化も期待できます。 このようにセロトアルファにプラスでより体質改善や栄養補給の効果を上げることができるので、これらの手段を実践して より元気な日常生活を手に入れましょう。 1日3粒90粒入り うつ・イライラ・不眠に効くサプリメントで安定した生活を取り戻そう こういうサプリメントは、個人差があったり、色々種類があるので、できれば、お試し用のような内容量のサプリがあると、便利ですよね。 サプリメントは、基本毎日続けて飲んでいくものなので、まずはお試しからいくつか購入してみて、自分に一番合っていると思う物を見つけてから継続して取っていくという方法も良いと思います。 これらのサプリメントを日常の生活にプラスして、毎日を安定した心で過ごせるようになれると良いですね。

次の

セロトニンのサプリの効果って?オススメ市販サプリと2つの注意点をご紹介!

セロトニン サプリメント

セロトニンってどんな物質? セロトニンとは、脳の神経伝達物質の1つで、トリプトファンと呼ばれるアミノ酸から合成されます。 セロトニンは、感情や精神面、睡眠など人間の大切な機能に深く関係する三大神経伝達物質の1つです。 セロトニンは別名 「幸せホルモン」と呼ばれ、分泌されるとリラックスしたり幸せを感じたりする事から、メンタルに良いとされ、近年注目を集めています。 また、セロトニンから合成される 「メラトニン」という神経伝達物質は、入眠や安眠などの睡眠の質とも深く関わっており、セロトニンの不足はメラトニンの不足にも繋がります。 不眠はうつ症状と深い関係があり、メラトニンが不足すると不眠などの症状が現れることから、うつとセロトニンは深い関係があるといわれています。 セロトニンが不足するからうつ病になる? まずは、うつ病の原因が本当に 「セロトニンの不足から来るのか?」について理解しておきましょう。 うつ病が発症すると、気分の落ち込みや倦怠感など、様々な不調が起こります。 うつ病が発症する要因についてまだ詳しく分かっていませんが、 脳内の神経伝達物質の低下で起こると言われています。 神経伝達物質には、やる気や意欲をだす ノルアドレナリンや、気分を落ち着かせる セロトニンなどがあります。 正常な状態では、これら神経伝達物質が十分に放出され、受容体に取り込まれて作用していますが、 何らかの原因によってこれらの神経伝達物質の分泌量が減ってしまうと、意欲ややる気が低下し、うつ病になるとされています。 また、大切な人や物を亡くしたり、環境の変化、人間関係のトラブルなど、大きな精神的ストレスがかかると、体がストレスに負けてしまい、心身に不調をきたすことがあります。 人がストレスを受けると、副腎から抗ストレスホルモンが分泌されますが、この抗ストレスホルモンの材料であるタンパク質やビタミンCの摂取量が十分でないと、抗ストレスホルモンの分泌量が足りず、ストレスから立ち直れなくなってしまうことがあるようです。 つまり、何の理由も無くセロトニンの分泌が減ってしまう訳ではありません。 何らかの原因でセロトニンが不足したからうつ症状が発症してしまうのです。 セロトニンの不足は、原因では無く結果という事ですね。 では、この不足してしまったセロトニンをサプリで補ったら、うつ症状は改善するのでしょうか? 次の項で詳しく解説します。 セロトニンのサプリを摂ったら、うつ病は治る? うつの原因がセロトニンの分泌不足なら、 セロトニンのサプリで直接補給すればうつが良くなるのでは?と思いますよね。 セロトニンのサプリとしては、などがあります。 これらが販売されていると言うことは、少なくとも何かしらメリットがありそうな気がしますよね。 結論から言ってしまうと、セロトニンを直接摂取してもうつは改善されません。 なぜなら、脳に影響を与える物質は、血液脳関門と呼ばれるフィルターのような物で防御されてしまうからです。 脳は、生命活動に影響を与えないように、 セロトニンやドーパミン、ノルアドレナリンなど、脳内で必要な神経伝達物質は脳内で作ります。 血液中にこれらの材料がととのっていれば、脳はこれらを利用して神経伝達物質を合成することが出来るのです。 と言うことは、 セロトニンをサプリなどで直接摂取するよりも、これらの材料を摂取すれば脳内で合成することが出来るようになるということですよね。 例えば、セロトニンの材料は 「トリプトファン」と呼ばれるアミノ酸です。 このトリプトファンを摂取することで、脳はセロトニンを合成することが出来るようになります。 では、トリプトファンのサプリや含まれている食べ物を摂取すれば、セロトニンの分泌が増えてうつ症状が治るのでしょうか? セロトニンのサプリがダメなら、トリプトファンのサプリで代用できれば簡単ですよね。 次は、トリプトファンを摂取すればうつ症状が治るのかについて詳しく解説します。 セロトニンの材料、トリプトファンをサプリや食べ物で摂ったらうつは治る? よく、 「うつの人はトリプトファンが多く含まれている食べ物がいい」と言われていますよね。 トリプトファンとは、脳の神経伝達物質であるセロトニンの材料となる栄養素です。 うつ症状があるひとは、このセロトニンの分泌量が減っていて、これが原因でうつ症状が発症していると言われています。 ですので、トリプトファンが多い食べ物を食べれば、体の中でセロトニンに変換され、うつ症状に効果があると言われているのです。 このトリプトファンが多く含まれている食べ物としては、 牛乳、ピーナッツ、バナナ、ヨーグルトなどがあります。 また、トリプトファン単体のサプリメントなども販売されています。 これらを摂取したら、本当にうつ症状が改善するのでしょうか? 分子整合栄養医学の観点から見ると、トリプトファンを摂取しただけではうつ症状はよくならないと言えるでしょう。 トリプトファンだけ摂取してもうつ症状は改善しない トリプトファンは、特定の食べ物にしか含まれていないような気がしますが、実際は私達が普段食べているものに多く含まれています。 ですので、基本的にトリプトファンが不足することはありません。 実際に普段食べているものにどのくらいのトリプトファンが含まれているのかは、以下の表にまとめました。 トリプトファン含有量が多い食べ物(可食部100gあたり) 白米 82mg 玄米 94mg パスタ(乾麺) 140mg そば(乾麺) 170mg 鮭 250mg カツオ 310mg マグロ赤身 270mg 豚ロース 280mg 鶏むね肉 270mg 木綿豆腐 98mg 豆乳 53mg バナナ 15mg 牛乳 82mg ピーナッツ 27mg ヨーグルト 42mg バナナ、牛乳、ピーナッツ、ヨーグルトに比べると、私達が日常的に食べている白米や豆腐、パスタやそばのほうが、トリプトファンは多く含まれていますね。 特に多いのが、魚や肉などの動物性タンパク質です。 表では、どれも200mgを超えており、多いものでは300mg以上含まれています。 生活する上で必要なトリプトファンの一般的な摂取量の目安は、 体重1kg当たり2mg程度と言われています。 これは、 体重が50kgの場合はおよそ100mg程度にあたります。 上の表は可食部100g当たりのトリプトファンの量ですから、普通に考えて一日に100g以上は余裕で食べていますよね。 つまり、パスタやそば、白米などを200g程度食べれば、一日に必要なトリプトファンは十分に摂取出来ているのです。 それでは、なぜトリプトファンを日常的に摂取しているにも関わらず、うつ症状が発症してしまうのでしょうか? それは、うつの原因はセロトニンだけではないからです。 脳の神経伝達物質は、 興奮系のドーパミン、抑制系のGABAがあります。 この2つのバランスを調節しているのがセロトニンです。 シーソーで例えると下図のように、支点の役割を担っています。 うつ症状を発症している方は、セロトニンだけでなく、ドーパミンやGABAの分泌量も減っています。 ですので、セロトニンだけを補っても、肝心のシーソーのバランスが整いません。 うつ症状を改善するには、これらの神経伝達物質の材料となる栄養素をまんべんなく摂取することが重要です。 この神経伝達物質の材料となるのが、牛肉などの 「タンパク質」なのです。 なぜ、タンパク質と脳の神経伝達物質が関係あるのでしょうか。 それは、肉を摂取すると、胃酸などで分解されてアミノ酸になり、このアミノ酸が脳の神経伝達物質の材料になるからです。 うつの克服は、脳の神経伝達物質の材料をまんべんなく摂取することが鍵 下図は、タンパク質が脳の神経伝達物質に分解、合成されるまでの過程を表したものです。 タンパク質(プロテイン)を摂取すると、いくつかの工程を経てアミノ酸に分解されます。 脳神経伝達物質で重要なのは、 「L-グルタミン」「L-フェニルアラニン」「L-トリプトファン」と呼ばれるアミノ酸です。 このアミノ酸は、ビタミンやミネラルを元に、神経伝達物質である 「ドーパミン」や 「セロトニン」 「GABA」に合成され、消費されていきます。 これらの神経伝達物質は、互いにバランスを取りながら分泌されるので、どれか特定のアミノ酸を大量に摂取したとしても、特定の神経伝達物質が大量に分泌されるわけではありません。 ですので、トリプトファンだけを摂取するのではなく、脳の神経伝達物質の材料となるアミノ酸をバランス良く含んだタンパク質を摂取することが重要になるのです。 そして、アミノ酸から神経伝達物質に合成する時には、補酵素としてビタミンやミネラル等が必要になりますので、これらも同時に摂取するように心がけましょう。 例えば、L-トリプトファンから5-HTPに合成する時には、葉酸、鉄、ナイアシンが必要になります。 上述した 「トリプトファンが多く含まれている食べ物」の栄養素を見てみると、 そのほとんどに鉄分が入っていません。 鉄分が足りなければ、どれだけ食べたところでアミノ酸が神経伝達物質に合成されることはなく、そのまま体外に排泄されてしまいます。 これは、トリプトファンのサプリメントでも同じ事が言えます。 トリプトファンをサプリメントで摂取しても、鉄分や葉酸、ナイアシンが無ければセロトニンには合成されません。 このように、特定の栄養だけを摂取しても、他の栄養素が足りなければ脳の神経伝達物質を合成することが出来ないのです。 うつを克服する為には、トリプトファンだけに拘らず、ドーパミンやGABAなどの神経伝達物質の材料であるタンパク質と、合成に必要なビタミンやミネラルをまんべんなく摂取することを心がけましょう。 具体的にどのような栄養を補給したら良いかについては、で詳しく解説していますので参考にしてみて下さい。 うつの原因は、セロトニン以外にも様々 ここまでは、うつ病の原因がセロトニン不足であるという前提で解説してきました。 しかし、うつ病の原因はセロトニンやドーパミン、ノルアドレナリンなどの分泌不足と言われている以外にも、以下のような原因からうつ症状が現れることが分かっています。 質的な栄養失調• ストレスによる腸内環境の悪化• 鉄分不足• 薬の副作用• ピロリ菌の感染• 腸カンジダの感染• 糖質の取り過ぎ(糖尿病、血糖調節障害)• 腸の不調• 脳の慢性炎症• ホルモン障害• 更年期障害とPMS(月経前症候群)• アジソン病、クッシング症候群、ストレスによる副腎疲労• 甲状腺機能障害• 認知症(アルツハイマー)• 妊娠、産後うつ これは、脳の神経伝達物質に限らず、質的な栄養失調であったり、ホルモンバランスの乱れであったり、細菌に感染していたりするなど、多岐にわたります。 ですので、 ご自身のうつ症状の原因が、セロトニン不足以外の可能性もあることを疑った方がよいでしょう。 これらうつ症状の具体的な原因については、で詳しく解説していますので参考にして下さい。 セロトニンサプリを飲んだらうつ病は治る?セロトニンとうつの関係と分泌量を増やす方法とはまとめ 以上が、セロトニン不足によるうつ症状の関係と、セロトニンやトリプトファンのサプリがうつに効くかどうか、セロトニン以外のうつ症状の原因でした。 ここまでの流れをまとめると……• セロトニンが不足すると不眠や気分が落ち込む• セロトニンのサプリを直接摂っても脳に直接影響しない• セロトニンはトリプトファンから合成される• トリプトファンだけを摂取しても意味が無い• 脳の神経伝達物質の材料であるアミノ酸をまんべんなく摂取することが鍵• ビタミンやミネラル等の補酵素の摂取も重要• セロトニン不足以外にも、様々な原因でうつ症状が発症する。 という感じになります。 うつ病改善のためにセロトニンのサプリやトリプトファンのサプリを摂っても、あまり意味が無いことが分かりました。 セロトニンやトリプトファンのサプリを飲むよりも、タンパク質やビタミン、ミネラルを摂取してまんべんなく神経伝達物質を分泌させる方がうつ病の克服は早まります。 ただ、うつ症状の原因はセロトニン不足という見方が依然強いですが、その原因は多岐にわたります。 セロトニン不足でない人が抗うつ薬などのセロトニン濃度をあげる精神薬を飲んでも効果が無いばかりか、副作用や薬物依存、離脱症状などで苦しむことにもなりかねません。 あなたが 「セロトニン不足からくるうつ病」という確証が得られない限りは、安易に抗うつ薬などを服用するのは控えた方がいいでしょう。 まずは、セロトニン不足以外のうつの原因を病院などで検査して特定すると共に、プロテインやサプリメントなどで十分な栄養補給をすることをオススメします。 具体的な栄養補給の方法や、うつの克服方法は、下記の 「うつ病克服完全マニュアル」で詳しく解説しています。 今なら無料でプレゼントしていますので、よろしければ参考にしてみて下さい。 オーソモレキュラー療法特別割引会員募集中! うつぬきやではうつ病に効果的なサプリとしてアイハーブをご紹介しておりますが、 これはあくまで他になにも疾病が無い方に限られます。 例えば、腸から栄養が漏れでてしまうリーキーガット症候群や更年期障害、PMSなどの疾病を抱えている方は、このような市販品を服用するよりも、 きちんと医療機関で血液検査を受けた後、医師の判断によって医療用サプリを処方して貰うことがオススメです。 このような療法を オーソモレキュラー療法と言いますが、うつぬきやから申し込んで頂いた方は、 なんと血液検査が1万円、医療用サプリはすべて30%OFFにてご提供することが可能です!詳細は以下のページからご確認ください。

次の

セロトニン症候群とは?抗うつ薬(セロトニン作動薬)の副作用

セロトニン サプリメント

セロトニン症候群とは? セロトニン症候群とは、抗うつ薬類を服用中に脳内セロトニン濃度が過剰になって起きる副作用です。 うつ病では脳内のセロトニンなどの量が減少しており、脳内のセロトニン量が不足すると不安や気分の落ち込み、無気力といった症状があらわれます。 なので、うつ病の治療では脳内のセロトニン量を増やすSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)や、セロトニンなどの神経伝達物質の分解を阻害するMAOI(モノアミン酸化酵素阻害剤)などの抗うつ薬が使用されます。 しかし、 サプリメントや抗うつ薬の投与量の増加によって過剰摂取となったり、2つのセロトニン作動薬を併用したことによる薬物相互作用が原因でセロトニン症候群の発現率が高くなります。 セロトニン症候群の症状 セロトニン症候群は、服薬開始数時間以内に症状があらわれことが多く、服薬を中止すれば通常は24時間以内に症状は消えます。 しかし、ごくまれに横紋筋融解症や腎不全、DIC(播種性血管内凝固症候群)などが併発して死に至ることもあります。 なので、 セロトニン作動薬の使用後に次の診断基準ある症状が出た場合は、すぐに薬の使用を中止しましょう。 Rudomskiらの診断基準 1:セロトニン作動薬を治療に使用(あるいは増量)していることに加えて、下記の少なくとも4つの主症状、あるいは3つの主症状と2つの副症状を有していること 精神症状(認知、行動) 主症状:錯乱、気分高揚、昏睡または半昏睡 副症状:興奮と神経過敏、不眠 自律神経症状 主症状:発熱、発汗 副症状:頻脈、頻呼吸と呼吸困難、下痢、低血圧または高血圧 神経学的症状 主症状:ミオクローヌス、振戦、悪寒、筋強剛、神経反射亢進 副症状:協調運動障害、散瞳、アカシジア 2:これらの症状は、患者がセロトニン作動薬を服用する前に発症した精神疾患あるいはその悪化に該当するものでない 3:感染、代謝、内分泌、あるいは中毒因は除外される 4:発症前に抗精紳病薬が投与されていないこと、または増量されていないこと このように精神科の薬を服用して「不安」「混乱」「イライラ」「発熱」「震え」などの症状が同時にある場合は、医師や薬剤師に相談しましょう。 セロトニン症候群の原因となる薬剤 セロトニン症候群の原因は、セロトニン作動薬などの抗うつ薬剤の過剰摂取と多剤併用で発現します。 また セロトニン症候群の報告は「単剤よりも多剤併用時の発現が圧倒的に多い」ため、次に紹介する薬剤使用では特に注意が必要です。 セロトニン症候群の原因となりやすい薬剤(引用元は)• 麻薬鎮痛剤:ペチジン、トラマドール、フェンタニル• セロトニン遊離薬剤:MDMA(通称エクスタシー)• 幸せホルモン「オキシトシン」は、信頼や愛情、共感や社交性を強める効果があり、良い... 幸せホルモンのセロトニンは精神安定剤として知られており、うつ病の治療薬にも使われ... ワーキングメモリを鍛えれば、思考力や記憶力、感情コントロール、集中力などの脳機能... 好奇心は人間が学ぶために欠かせない感情で、新しい環境に適応したり、新し... 最近、大人のADHDは注目されていますが、詳しい症状・特徴について知らな... 幸せホルモンのセロトニンは、研究により脳内と腸の2箇所で作られることが分かってい... 「優しさと思いやりの違いってなに?」と聞かれてときに、ちゃんと説明できる... 自分がどんなことを感じているか、日頃から意識しているでしょうか?... 性格心理学で性格診断「ビックファイブ」の性格特性の一つである「誠実性」に ついて... どうも、やすたけです。 youtube動画で、2020年の年明け...

次の