アイルランド 国旗 由来。 【イギリスの国旗】ユニオンジャックの歴史と由来を学ぼう

北アイルランドの旗

アイルランド 国旗 由来

アイルランドの国旗の意味は? アイルランドの国旗は緑・白・オレンジの3色が並んでいます。 まずは、アイルランドの国旗について詳しく見てみましょう。 アイルランドの国旗の由来と意味は? アイルランド国旗の3色にはそれぞれ意味があります。 まず、緑は宗教のカトリックや、西ヨーロッパの先住民族であったケルト人など、古くから伝わる文化を表しています。 次に、オレンジはプロテスタント等の比較的新しい文化を表しています。 そして白は古くから伝わる文化と、新しい文化の両者を称えることを意味しています。 現在の3色が縦に分割された国旗は、独立運動の象徴とされた3色旗がモチーフになったと言われています。 アイルランドの国旗と似てる国 アイルランドの国旗ととっても似ているのが、コートジボアールの国旗です。 どちらも緑・白・オレンジの3色の国旗ですが、違うところが2つあります。 1つ目は、配色の順番です。 アイルランドは向かって左から、緑・白・オレンジ、ですが、コートジボアールは向かって左から、オレンジ・白・緑です。 2つ目は縦横の比率です。 アイルランドは縦1に対して、横2、の1:2の比率です。 コートジボアールは、縦2に対して、横3、の2:3の比率ですので、アイルランドの国旗の方が少し横長なイメージが強いですね。 アイルランドの概要 アイルランドという国は、アジア諸国やアメリカなどのように比較的身近な国、ということもありませんので、「どんな国なのか?」という想像がしにくいですよね。 ここからは、アイルランドという国の概要について見てみましょう。 アイルランドの人口 まずは人口です。 アイルランドの人口は4,593,100人で、世界119位です。 国土があまり広くはないこともあって、人口密度は低めです。 アイルランドの首都 アイルランドの首都はダブリンという街で、アイルランド島のちょうど真ん中辺りに位置しています。 アイルランドの人口の3分の1がダブリンに住んでいると言われています。 アイルランドの宗教 アイルランドでは国家が宗教の信仰に関して、特に介入をしておらず、中立の立場を取っていることもあって、様々な宗教が存在しています。 しかし、ほとんどの国民はローマ・カトリック教を信仰していると言われています。 近年ではイスラム教を信仰している国民も増えてきているようで、首都ダブリンにイスラム教のモスクが建てられました。 アイルランドの気候 アイルランドは寒いと思われがちですが、冬は日本の東京とさほど変わりません。 氷点下ということもなく、オーロラなども見えないそうです。 夏はとても涼しくて、最高気温が17度前後ですので、一年を通して比較的過ごしやすい気候と言えるでしょう。 アイルランドの治安 アイルランドはヨーロッパの中でも、安全な国と言われています。 しかし、それは「ヨーロッパの他の国に比べて」という話しです。 スリやひったくり、痴漢被害なども普通にあるので、日本人は「アイルランドだから」と油断をしないことが大事です。 アイルランド人の性格を紹介 イギリスのお隣の人口460万人ほどの小さな国アイルランド。 地理的に... みんかね編集部 アイルランドの経済 アイルランドの経済は、一言でいうと現在は上昇傾向です。 しかし、2009年のギリシャ経済危機のとばっちりを受け、一事経済が低迷しました。 その際に不良債権を抱えた銀行などを救済したこともあって、2010年に債務不良となっています。 その後、多くの機関から巨大な支援金を得ることができ、財政は再建することができました。 大きな債務危機を乗り切った、底力のある国と言えるでしょう。 アイルランド経済の特徴 IMFによると、2015年のアイルランドの名目GDPは2380億ドルといわれています。 この10年前は2114億ドルでしたので、10年で270億ドルも増加しているんです。 また、失業率も2015年時点で10%を切っています。 アイルランドの通貨 アイルランドの通貨は「ユーロ」です。 補助通貨は「セント」が使われています。 紙幣の種類は7種類、硬貨の種類は8種類であります。 アイルランドのGDP アイルランドの経済は英EU離脱の英投資の外資移転先として最大のメリット... みんかね編集部 アイルランドの文化 アイルランドと聞いて思いつく文化は、アイリッシュダンスですが、その他にもたくさんの文化が盛んです。 アイルランドの食文化 アイルランドの食文化は、日本人には合いやすいと言われています。 味付けは比較的シンプルなものが多く、派手なものより素朴な料理が多いこともあって、「家庭的」「落ち着く」という印象を持つ人が多いようですね。 羊の肉を使った、アイリッシュシチューや、プレートいっぱいのアイリッシュブレックファストなどが定番の料理です。 アイルランドの音楽 アイルランドは古い歴史を表すような、様々な音楽文化があります。 カントリーミュージックやロックやパンク、ダンスミュージックもとても盛んです。 ミュージシャンも多く輩出されていて、U2やエンヤなどは日本でも大人気ですよね。 アイルランドのスポーツ アイルランドでは、サッカー、ラグビー、クリケットなどがとても人気で、国民の多くが何かしらのスポーツをやっていたり、熱中して応援をしたり、ということを楽しんでいるといわれています。 中でも、ハーリングというスポーツは先住民族のケルト人が起源となっていることもあり、全国民が熱狂しているということです。 スティックとボールを使って、ゴールを狙うスポーツで、最近ではアイルランド国内だけでなく、世界中が注目しているスポーツです。 アイルランドの観光名所 最後は、アイルランドの観光名所をご紹介します。 海に囲まれたアイルランドには、ステキな観光名所がたくさんありますよ。 アイルランドを訪れた時は、ぜひ観光をしてみましょう。 自然の力で成された雄大でありながら、迫力のある断崖は一見の価値ありです。 12世紀の面影を残したお城は、ガイドツアーなどで中に入ることもできますし、お手頃価格ですので、ぜひ一度見てみてくださいね。 ここは中を見学した後に、1杯無料で飲ませてくれます! 首都ダブリンの街で、ギネスビールを飲みながら見る景色は絶品ですよ。 レストランやカフェはもちろん、アートを楽しむことができるギャラリーや、おしゃれなパブもたくさんあります。 アイルランドの若者がどんなことをして遊んでいるのかを知ることができますし、気軽に楽しむこともできますね。

次の

ヨーロッパの国旗一覧・意味と由来まとめと問題

アイルランド 国旗 由来

イギリスは4つに分かれている? イギリスは イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの4つに王国で構成されています。 正式な国名は グレートブリテン及びアイルランド連合王国 United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland (UK 見ての通り 世界で一番長い国名です。 イギリスの国旗は3つの国旗から作られている 白地に赤十字- イングランド 青地にXの(エックスの形)白十字- スコットランド 白地にXの赤十字- 北アイルランド 北アイルランドは、1972年に北アイルランド議会(旧議会)が停止し1973年に廃止 されて以降、政府が認定した独自の旗を有していない 出典:ウィキペディア 「北アイルランドの旗」 あれ? 4つの国からなるのに 3つの国旗? そう、含まれていない国は ウェールズ。 理由はシンプル。 最初のユニオンジャックが作られた1606年に ウェールズはすでにイングランドの一部になっていたからです。 (現在のものは 制定日ー1801年1月1日から) ウェールズの国旗が初めて採用されたのは1959年 そう随分後のことです。 ですから けっして悪意があって のけ者にされたわけではなかったんですね。 国旗そのものが存在しなかったということ。 2007年に ウェールズの旗も取り込もうという声があがり 世界中からデザインを募集。 なんと 日本の2ちゃんねるからの応募が新聞に取り上げられたこともありました。 ほとんどは悪ノリしたものでしたが。 ウェールズ旗のデザインが 他3つと似ていないことや様々な理由があり 実際は難しいようです。 3つの国旗はそれぞれの国の守護聖人の象徴 聖ジョージ(イングランド) ドラゴンと戦った勇ましい 古代ローマの軍人(実在は不明) 聖アンドリュー(スコットランド) イエスの12使徒の一人 X字型のクロスで処刑されたとされることから 紋章に取り入れられている。 聖パトリック(北アイルランド) アイルランドにキリスト教を広めた 守護聖人てなに? その名の通り 守り神 特定の地域や職業まで守ってくれちゃう。 キリスト教の信仰の一つ。 しかも複数の地域や都市をも守ってくれます。 例えば聖ジョージさんはイングランドの他にもモスクワやスペインのカタルーニャやアラゴン。。。 などなど ちなみに みなさんご存知のフランシスコ ザビエルさんは 日本の守護聖人だそうです。 デザインの裏話 ユニオンジャックをよーく見てみてください。 上下左右対称ではないんですね。 聖パトリック旗の 赤X十字の位置が微妙にずれています。 これは 聖パトリックと 聖アンドリューの存在感を出し 同等と位置付けるためだそうです。 そして かつては こんなデザインも!? これは 1606年-1707年 に スコットランドで使用された 非公式ののユニオンジャック 聖ジョージ旗が聖アンドリュー旗より前にでているデザインに不満を感じ 当時スコットランドではこちらのデザインが使われたそうです。 個々の旗はどんな時に使われる? サッカーやラグビーなどのスポーツのイベントでは 現在でも、それぞれのチームで参加し 個々の旗が使われます。 特にイングランド x スコットランド戦は 毎回盛り上がります。 UKとして 一つの君主の下としての連合国ではありますが 私たちが想像する以上に 各々の国を誇りに思っています。 例えば スコットランドの人は どこから来た?という質問には スコットランドからと答えます。 もちろん 全員がそうだというわけではありませんが。 彼らは イギリス人であり、ウェールズ人であり スコットランド人であり アイルランド人なのです。 これからユニオンジャックという国旗を目にする機会があったら こんな歴史的な背景に思いを寄せるのもいいかもしれませんね。

次の

北アイルランドの旗

アイルランド 国旗 由来

スポンサードリンク ユニオンジャックの由来 イギリスは、イングランド・スコットランド・北アイルランド・ウェールズの4国から成り立っている連合王国です。 イギリス国旗である ユニオンジャックは、このうち以下の3国の国旗を合わせたものになっています。 イングランド国旗であるセントジョージクロス スコットランド国旗であるセントアンドリュークロス 北アイルランドを示すセントパトリッククロス スコットランド国旗は明るい青ですが、ユニオンジャックになると濃い青になっています。 北アイルランドは正式な国旗というものはなく、あくまでもイギリス側から制定したシンボルのようなものですね。 また、ウェールズの国旗もありますが、ユニオンジャックには組み込まれていません。 理由としては「古くからイングランドの属国だった」「デザインとして組み込むのが難しい」などの理由が挙げられます。 ウェールズ国旗 ユニオンジャックに関する豆知識 ユニオンジャックに関する豆知識をいくつか紹介します。 ユニオンジャックの縦横比 イギリス国旗 ユニオンジャックの縦横比は1:2となっています。 1:2というのは珍しく、他の多くの国旗は2:3や3:5などが一般的。 フランス国旗と比べてみると違いが分かると思います。 フランス国旗(2:3) イギリス国旗(1:2) 他の国旗と並べて表示する際には、2:3や3:5などにリサイズされたユニオンジャックが使われることもあります。 テレビのスポーツ中継なんかはそうですね。 ユニオンジャックは左右対称ではない アイルランド旗である赤いセントパトリッククロス。 ユニオンジャックの中でよく見ると、 反時計回りに回転しながら配置されています。 そのため左右非対称になっているので、フラッグとして使うときは裏表に注意しないといけません。 また、イラストなどで描くときにも注意が必要ですね。 ユニオンジャックが使われている国旗 イギリス連邦に属している国の国旗には、 デザインの一部にユニオンジャックが使われています。 わかりやすいオーストラリアやニュージーランドの国旗の他にも、フィジーやツバルの国旗にも使われていますね。 オーストラリア国旗 ツバル国旗 かつてのイギリス領の地域でもユニオンジャックは使われていましたが、多くの国が独立と共に新たな国旗を制定しています。 ユニオンジャックはサッカーでは使われない オリンピックではイギリスとしてユニオンジャックが使われています。 しかし、オリンピック以外の サッカーでは4国がそれぞれ別の扱いなので、イギリスという呼称やユニオンジャックは使われません。 4国のそれぞれの旗が使われます。 例えば、有名な選手でいうとデヴィッド・ベッカム選手はイギリスではなくてイングランドの選手ということになります。

次の