梅 シロップ 効能。 はちみつで作る梅シロップの良さとは?作り方を紹介!!

栄養満点!簡単にできる梅シロップの作り方

梅 シロップ 効能

梅シロップとは 梅シロップとは、青梅と砂糖を漬け込んで作ったシロップのこと。 梅の栄養素がギュッとつまっているため、美容と健康に良い働きが期待できます。 爽やかな酸味と自然な甘みが調和した味わいは、食欲のない日でもさらりと飲めるので、暑い時期の栄養補給にも最適です。 梅シロップの効果 梅シロップの原料である梅には、おもに下記のような働きが期待されるといわれています。 ・健康に良い働きが期待できる ・食欲が無いときや栄養補給に良いとされる ・お腹に良い働きがあるといわれる ・肌に良い働きが期待できる 健康維持のためには、食品をバランス良く食べることが重要となります。 梅シロップの原料である梅は、日々の食事に取り入れることで栄養補給や健康に良い働きが期待できます。 自宅で簡単にできる梅シロップの作り方 梅の実を使って梅シロップや梅酒、梅干しを作ることを「梅仕事」といって、古くから親しまれてきました。 梅と氷砂糖で簡単に作ることができますので、通年の行事として取り入れてみてはいかがでしょうか。 梅シロップ作りには、発酵しやすくカビが生えやすい完熟梅よりも、硬くて若い梅が使われます。 また、砂糖の中でも純度の高い氷砂糖を使うことで、梅の風味を損なわずに作ることができます。 材料・道具 ・青梅 1キログラム ・氷砂糖 1キログラム ・4リットル瓶 1個 ・竹串 2~3本 作り方 1. 瓶を煮沸消毒します。 熱湯を少し注いで、全体に行きわたるよう傾けながら回します。 その後、清潔な布巾で水気を取り、完全に乾燥させます。 水気が残っているとカビの原因となります。 青梅をきれいに洗います。 傷がつかないよう、流水で丁寧に洗いましょう。 青梅を2リットル以上の水に漬けて、あく抜きをします。 青く硬い実は、1時間から2時間程度漬け込みます。 あく抜きの後、清潔なタオルで青梅の水気を拭き取ります。 竹串を使って梅のヘタを取り除きます。 きれいに取り除くことでエグ味がなくなり、爽やかな味わいに仕上がります。 ビニール袋に青梅を入れて、冷凍庫で一晩以上寝かせます。 冷凍することで繊維が破壊され、梅のエキスが出やすくなります。 青梅と氷砂糖をそれぞれ半分に分けて、交互に瓶に入れていきます。 青梅を丁寧に入れた後、振りかけるように氷砂糖を入れます。 これを2回繰り返しましょう。 冷暗所で1週間から10日ほど保存します。 毎日瓶をゆすると、砂糖が溶けやすくなります。 実を取り出して、目の細かい布でこしてから15分くらい弱火にかけましょう。 沸騰させないよう注意しながらあくをすくい、冷ましたら完成です。 賞味期限と適切な保存場所 梅シロップの賞味期限は、きちんと密封保存した状態で1年程度となります。 空気が入ると、1年以内でも発酵してアルコールのようなツンとしたにおいや苦味が出る可能性がありますので、ご注意ください。 また、冷蔵庫が保存には最も適していますが、直射日光があたらず湿気の少ない場所での保存がおすすめです。 氷砂糖の代わりに黒糖やてんさい糖も使える 氷砂糖の代わりに別の砂糖を使用することで、梅シロップの風味を変化させることができます。 サトウキビから作られる黒糖には、ミネラルやビタミン、カルシウム、鉄分など、栄養素が豊富に含まれます。 また、北海道などを中心に栽培されている甜菜(てんさい)を原料としたてんさい糖は、体を温めたる効果があるといわれています。 好みに合わせてさまざまな砂糖で試してみてはいかがでしょうか。 梅シロップの使い方 梅シロップは、何かと割ったりシロップ代わりに使ったりします。 4倍の水で割って梅ジュースにしたり、水をソーダ水に変えれば、梅ソーダとして楽しめます。 意外な組み合わせが、梅シロップの牛乳割りです。 梅ジュースと同じく4倍の牛乳に混ぜると、爽やかなヨーグルトドリンクのような味わいになります。 ほかにも、かき氷にかけたり梅ジュースを凍らせたりすれば、デザートとして楽しむこともできます。 夏バテ防止に梅シロップを作ろう 爽やかな甘みで栄養たっぷりの梅シロップは、これからの季節にもぴったりな一品です。 青梅と砂糖と密閉容器さえ準備すれば、自宅でも簡単に作ることができますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

次の

梅シロップの夏に嬉しい驚きの効能と効果とは!?作り方と使い方

梅 シロップ 効能

梅ジュースには糖分も含まれているので飲み過ぎには注意しましょう。 梅ジュースの効果3、アレルギー体質の改善 【 人間の体液は弱アルカリ性が最も良い】と言われています。 しかし、生活習慣や食生活で弱酸性に傾きます。 それが、病気につながるとも言われています。 生活習慣病やアレルギー体質の状態は、体液が酸化して血液どろどろになっています。 梅はアルカリ性食品です。 酸性に傾いた体液をアルカリ性に戻す作用をします。 梅ジュースの効果4、カルシウムの吸収力を上げる 骨粗しょう症の予防や貧血の予防などにも効果があります。 ミネラルの吸収を高めるクエン酸はカルシウムや鉄などのミネラルを包み込みます。 そして、吸収されやすい形に変えます。 特に、胃酸が少なくなる中高年の方は、積極的に取ってミネラルの吸収を良くしていきたいです。 梅ジュースの効果5、疲労回復・夏バテの予防・食欲増進効果 疲労は体内に乳酸が蓄積することが原因です。 乳酸が筋肉中にたまると、疲れが残り肩こり筋肉痛が起きます。 乳酸がたまりにくい体にするのには、クエン酸の摂取が必要です。 筋肉疲労予防効果にも大切です。 梅ジュースの効果6、胃腸の調子を整える 梅干しは、「毒消し」の要素もあります。 胃腸の調子を整えて、身体に備わっている解毒機能を高める作用があります。 梅ジュースの効果7、冷え性解消 血液サラサラ効果、血流促進作用で、血の巡りをよくして体を温めます。 冷え性解消にも役立ちます。 梅ジュースの効果8、美肌効果 クエン酸によって、アンチエイジングや美肌効果があります。 アンチエイジングさせるために大事なのは、 酸化することを防ぐことです。 クエン酸は抗酸化作用があります。 また、細胞の新陳代謝が活発になることで、肌のハリやツヤにも期待できます。 梅ジュースの完成 基本的な梅ジュースの手順はこちらです。 青梅を洗い(青梅は、アクを取るために水に浸す)• 水気をふき取り爪楊枝でヘタを取る• 瓶を焼酎や熱湯でで消毒する• 梅と砂糖を交互になるように段々に敷き詰める• 最後に砂糖で蓋をする• 1日1回瓶をゆする• 砂糖の粒がなくなればOK(10日~2,3週間) 大体の梅ジュースのレシピは上のようなものです。 我が家も上の基本スタイルの梅ジュースを作りました。 基本の梅ジュースの作り方に加え様々な手法 上の基本の作り方に、加え様々に工夫されている手法の紹介です。 漬ける前にひと手間加える工程編• 砂糖と梅を合わせてから編 に分けてまとめてみました。 梅ジュースの技1、漬ける前に一手間加える行程編 漬ける前にひと手間加えて行うレシピもあります。 梅に手を加えてから砂糖に漬けるバージョンの場合です。 漬ける前に焼酎で梅を洗う• 漬ける前に塩で梅を揉み3~4時間置き梅をしんなりさせる(塩気は洗い流す)• 漬ける前に青梅を3~4時間天日干しするというレシピも• 冷凍梅を使う• 青梅をフォークで刺し所々青梅に穴をあけてから漬ける• 青梅から種を取り出して砂糖漬けにする 梅ジュース作りで注意すること アルコール発酵に気を付ける 梅は天然の酵母を多く持った果物です。 はちみつも天然酵母を持っています。 その二つが合わさるとアルコール発酵しやすくなります。 アルコール発酵していないかに気を付けて管理しましょう。 お酒に弱い人、お子様、運転前などは特に気を付けましょう。 腐らないように管理する 梅ジュースは、冷蔵庫など冷たい場所で管理することをお勧めします。 カビの発生にはくれぐれも注意しましょう。 アミグダリンは、体内に入れることよって体内で加水分解され、青酸を発生し、中毒を起こします。 このアミグダリンは、梅の青い実に多く含まれますが、 熟すにつれ濃度は下がります。 少量であれば死に至る(死に至るには、100個~300個)ことはありません。 青梅を漬け込んだ状態にしてあれば問題はありません。

次の

青梅の毒の正体と致死量!生やシロップは危険?加熱すると?

梅 シロップ 効能

6月半ばから7月にかけては梅の時期ですね。 ここ2年続けている 「梅仕事」ですが、ちょっとでも億劫やなとか、梅高いしなとか、 弱音を吐き出すと、もうやる気スイッチ入れるのが大変です、スー です。 本日もお越しいただきありがとうございます。 安心安全、一年かけてじっくり楽しめる梅食品。 毎年梅仕事の種類が増えている我が家、今年も覚悟してたくさんの梅を予約しておきましたが…、 どんな計算したのか自分でもびっくりしたんですが、合計 7kgも予約してました。 しかも、そのことをすっかり忘れていて、早々にスーパーに並んでいた、紀州南高梅を 2kgも買い込んでいたのです。 どんだけ? いやほんまに。 仕込み癖があるというのは困りものですね。 さて、 9kgの梅、どうするよ? ということで、 梅酒 梅酒や梅シロップは、 砂糖をかなり使うのでやや敬遠していました。 でも、夏の暑い日にビールではない、何か シュワシュワしたものが飲みたいなって思う時ありますよね。 そんな時に、炭酸系のカクテルや酎ハイを買って飲むより、作った梅酒をソーダや氷で割って飲む方がずっといいなと気づきました。 去年初めて漬けて飲んでみると、やっぱり美味しいなーと実感したので今年も漬けましたよ。 梅酒は簡単にできますよ。 梅酒のレシピ• 梅:2kg• ホワイトリカー・ウォッカ・ラム酒・ブランデーなど:1. 8L(混ぜずに)• 氷砂糖:600g• 酢:100cc 普通はこの割合で、梅は 1kgというレシピがほとんどです。 もちろんその分量でいいと思いますが、贅沢に 2kgで仕込んでみました。 甘すぎず、梅の風味がしっかりする梅酒になることでしょう。 青梅と氷砂糖を、ガラス瓶に交互に入れていく• 最後にホワイトリカーを加える• 隠し味に お酢を100ccほど加える さっぱりとした美味しい梅酒になりますよ。 ・ 疲労回復・血液サラサラ:クエン酸の働きは先ほどの通りですが、梅酒にはそのクエン酸が、 レモンの15倍、梅干しの6倍も含まれているといわれています。 ・ ダイエット効果:梅酒はお酒の中ではカロリーが高い方ですが、クエン酸効果で 余分な脂肪を燃焼させる働きがあります。 ・ 便秘解消・下痢防止:ピクリン酸という成分が 胃腸の働きを活性化し、便通を良くする効果があります。 また梅は胃液や唾液の分泌を良くするので、殺菌力が増強され、 下痢の防止に繋がります。 発酵と梅の酵素の働きによって、ブドウ糖と果糖に分解され、体への負担は軽くなりますが、それでも糖は糖です。 くれぐれも空腹時に一気に摂取したり、濃いものを何杯も続けて飲んだりはしないようにして下さいね。 糖分は気になりますが、市販のジュースやアイスを食べるより体への負担は少ないです。 そして無添加なのが嬉しいですね。 青梅:1kg• 氷砂糖:600g 氷砂糖は、ゆっくり融解してくれるので梅の美味しさが引き立ちますが、黒糖や甜菜糖、蜂蜜などでもいいですね。 青梅と氷砂糖を交互に瓶に入れていきます。 最初と最後は砂糖になるように• しかっり氷砂糖が溶けたら、梅を取り出します。 梅酵素ジュース いっときブームでしたね、 酵素ジュース。 私も作っていました。 ぶどうにキウイにいちごにオレンジ。 大量の砂糖を加えて、 毎日手で混ぜ混ぜして、 シュワシュワ発酵させるのが面白くて、 飲むより作る方が楽しかったな〜。 発酵しているからとはいえ、 果物と同量以上の砂糖を使うことに抵抗があったので、もう何年も作っていませんでした。 梅ジュースを作るついでに、再び混ぜ混ぜ酵素ジュースを作ってみようかな。 梅酵素ジュースのレシピ• 完熟梅:500g• 砂糖:550g 梅は種を挟んで3枚おろしのようにカットしておきます。 種からもエキスが出るので捨てないように!• 瓶の下と上に砂糖を入れるようにして、梅と砂糖を交互に入れていきます。 翌日から清潔な手でよく混ぜます。 梅から水分が出てきてシュワシュワと発酵してきます。 シュワシュワが落ち着いて、2、3日経つまで混ぜ続けます。 冷蔵庫で保存しましょう。 梅酵素ジュースの効能 酵素が摂れる!と思って飲まない方が、私はいいと思います。 酵素は、体の中で様々な働きをしてくれるとっても大事なタンパク質です。 しかも体内で生産できる 酵素の量は生涯で限られています。 使い方を間違えると、年齢を重ねるうちに大変な 酵素不足を引き起こしかねません。 日本には、 味噌、醤油、納豆、ぬか漬け、などの 優秀な酵素がたくさん含まれている発酵食品が昔から身近にありますよね。 それら本物を意識して、毎日の食事に取り入れるだけで、しっかり酵素は補えるのではないでしょうか。 「梅ジャムは手間もかかるし、そもそも美味しいのか?」 という疑問もありました。 だけど、今回の計算違いの大量梅、普段手をつけなかった「梅仕事」をやってみるいい機会です。 完熟した梅の香りは、それはそれは本当にいい香り!ずーっと嗅いでいられます。 梅の分量はお鍋の大きさに合わせましょう。 重ならずに並べられる分量がいいそうです。 鍋に 完熟梅とかぶるくらいの水を入れて火にかけます。 50度くらい(熱い温泉くらい?)になったら湯を捨てます。 これを2回繰り返します。 梅が重ならず並べられる鍋に 梅とひとつまみの塩を入れ、 鍋底に広がるくらいの本みりんを入れ、中火にかけます。 木べらで混ぜながら煮詰めます。 ヨーグルトやパンに添えるのが合いそうです。 梅味噌 梅味噌は甘いのと甘くないの、どちらも仕込んだことがあります。 ただその際味噌の分量が足りなかったみたいで、しばらくしたらカビが生えていました。 きちんと分量を量って作らないといけませんね。 味噌と梅の相性はとてもいいので、酸味が効いた味噌は美味しいです。 黒糖を入れた梅味噌もコクがあって美味しいですが、使い道が今ひとつ見つけられず、手をつけないうちにカビが生えちゃったんですね…。 梅味噌のレシピ こちらも作り方は簡単です。 梅(やや熟したもの):1kg• 味噌(減塩でないもの):1kg• 保存瓶の上と下に味噌がくるように、味噌と梅を交互に入れていきます。 足りないようなら味噌を足してもOK• 梅から水分が出てきたら、一度全体を混ぜます。 涼しいところに置き、その後も何度か混ぜます。 毎日じゃなくてOK• 発酵がかなり早く進むので、全体に混ざり合ってペースト状になったら冷蔵庫に入れること。

次の