楽天ふるさと納税 ポイント。 楽天のふるさと納税 驚異のポイント還元率サイトのおすすめ返礼品とは

「楽天ふるさと納税」は“ポイント還元率”がもっとも高い最強の「ふるさと納税ポータルサイト」!「楽天ふるさと納税」の特徴やメリット・デメリットを解説!|ふるさと納税おすすめ特産品情報|ザイ・オンライン

楽天ふるさと納税 ポイント

直接的に税金が安くなるなどのメリットはありませんが、結果的に楽天カードでもらったポイントで自己負担金2000円をまかなうなんてことも可能です。 さらに、カード作成で2000ポイント&カード利用で5000ポイントももらえます。 作るだけでは2000ポイントのみで5000ポイントもらうには利用が条件ですが、ふるさと納税で使うつもりなら自然と条件を満たすので問題ありません。 年会費無料でカード作成可能 楽天カードは 年会費無料で作ることが可能です。 その他、手数料等も一切かからないのでふるさと納税目的で作っても、費用を一切かけずにポイントだけもらうことができます。 無料で作れるのは、こちらのの方です。 ふるさと納税に使うとポイントはどれくらい貯まる? 楽天ふるさと納税の寄附金を楽天カードで支払うことで3%ポイント還元され、それとは別にカード払いで100円1ポイントもつくので100円につき4ポイント貯まります。 1万円だと400ポイントでワンストップ特例制度が使えるラインである5自治体に寄付すればそれだけで2000ポイントとなり、自己負担分がポイントでまかなえてしまいます。 なお、上記は楽天ふるさと納税の場合で、ふるさとチョイスやさとふるなど他のポータルサイトだと楽天ポイント還元率は1%になるのでご注意ください。 最大14%貯める方法 楽天カードは楽天ふるさと納税の寄附金支払いに使う場合、かなりポイント還元率を高くすることができます。 各種ポイントアップイベントなどを活用することで最大で14%もの還元率まで上げることができ、 10000円の寄附で1400ポイントも可能なのでその方法を紹介します。 ふるさと納税をすると1%(合計1%) 楽天カードはポイント還元率1%なので使うだけで1%のポイントをもらうことができます。 楽天ふるさと納税の支払いに使って3%(合計4%) 楽天カードのページで説明されていますが、楽天カードをふるさと納税の支払いに使うことで無条件で3%のポイントが還元されます。 以前は1%だったのですが、現在は楽天市場で利用することで常にポイント3倍なのでカード利用と合わせて4%となりお得です。 楽天のアプリ経由で申し込みで1%(合計5%) 楽天市場のアプリを使って楽天の商品等を購入することで1%のポイント還元を受けることができます。 つまり、楽天市場のアプリを使って楽天納税に申し込み、支払いを楽天カードでするだけで合計5%のポイント還元がされるということです。 お買い物マラソンを利用して最大9%(合計で14%) 楽天市場では1ヶ月に1回のペースでお買い物マラソンやスーパーセールが開催されます。 いろいろ購入することで最大でポイント10倍になるのですが、(通常1%に加えて最大9%増える)このポイント増加は楽天ふるさと納税の自治体でも適用されます。 そのため、楽天ふるさと納税で10自治体に寄附することで最大9%ポイント還元を増やすことができるので、合計14%までポイント還元は増えます。 なお、ワンストップ特例制度を利用する場合は5自治体までに抑える必要があるので、その場合は楽天市場のショップで日用品などを購入することでポイントを増やすことが可能です。 EdyとEneosでポイントが貯まる 電子マネーである楽天Edyを利用することで200円につき1ポイントが貯まります。 普段Edyを使っている場合は楽天カードと併用するとお得です。 さらに、ガソリンスタンドのENEOSで使うことで100円につき2ポイント貯まります。 普段、車やバイクに乗る場合は持っておくことでお得です。 楽天カードはどんな人は使っても意味がない? 楽天カードはおもに楽天のサービスを利用する時にお得なカードです。 ENEOSを除いて楽天のサービスを利用しない場合は、通常利用で還元される1%のポイントがメインになるでしょう。 そのため、普段楽天をまったく使わない場合は作ってもそこまでポイント還元の恩恵を受けることが難しいです。 逆に楽天ふるさと納税をする場合や、楽天でのお買い物もしている場合なら作成することでかなりの恩恵を受けることができると思います。 まとめ ということで、楽天ふるさと納税をするなら楽天カードはおすすめです。 作成費用も0なので、とりあえず作っておいても損はないカードだと思います。 私は楽天市場やAmazonなどで日常的に買い物をするので、楽天カードのおかげで結構ポイントを貯めることができています。 その他、付帯特典などの詳細は楽天カードの公式サイトをチェックしてみてください。 無料サポートも充実していて、電話相談までできるので初めてのふるさと納税でも安心です。 また、他のサイトに比べて申し込んだ返礼品が届くまでの期間も速いです。 ホームページが新しくなり見にくさも解消しています。 ポイント10倍キャンペーンの対象なので、お買い物マラソンと組み合わせると ポイント10倍以上も狙うことができ、4000~5000ポイントゲットも夢ではありません。 エアウィーブなど、他のサイトではなかなか見つからないものも見つかったりします。 Amazonギフトコードのプレゼントも積極的に行っているので、お得に返礼品を獲得できます。 さとふる、ふるさとプレミアム、楽天ふるさと納税、ふるなびは、 いずれも楽天ポイント還元やAmazonギフトコードプレゼントなど、少しお得な制度を導入しています。 本来はふるさと納税の自己負担金は2000円ですが、こういった特典を受け取ることで 「0円」で返礼品を受け取れるので、デメリットのないふるさと納税ができます。 そのため、特別な理由がない限りは上記4サイトで探す方がお得です。

次の

楽天ふるさと納税でも貯まる「楽天スーパーポイント」についてその全てを解説!|ふるさと納税ガイド

楽天ふるさと納税 ポイント

いまでは多くの方が利用しているふるさと納税ですが、この記事を読まれているあなたも少なくとも一度は利用を検討したことがあるのではないでしょうか。 ネットから申込みが可能なふるさと納税サイト ポータルサイト はたくさんありますが、そのなかで僕がオススメしている 「楽天ふるさと納税」というサイトをご紹介します。 正直、他のポータルサイトとは比較にならないくらい圧倒的なポイント還元率です。 どうして楽天ふるさと納税だとそんなに多くのポイントがもらえるかと言うと、 ポイントの3重取りが可能だからです。 この記事ではふるさと納税を極限までお得にする方法をお伝えしていきます。 興味のある方はぜひ続きをお読みください。 「楽天ふるさと納税」という専用のサイトが存在するわけでありません。 ご注意ください。 楽天ふるさと納税はポイント還元率が最強で最大のメリット その名の通り 「楽天ふるさと納税」は楽天のサービスのひとつですが、この「楽天ふるさと納税」を利用してふるさと納税を申込みすると、 楽天でネットショッピングをしたのと同様の扱いで楽天ポイントが貯まります。 つまり楽天のセールやキャンペーン等でポイント還元率がアップしてるタイミングだと、めちゃくちゃお得になります。 楽天スーパーセールやスーパーDEALでポイントアップ 楽天を普段から利用してる方ならご存じかもしれませんが、 楽天はセールやキャンペーン等で簡単にポイント5倍や10倍になります。 楽天イーグルスやヴィッセル神戸が試合に勝つだけでポイント還元率がどんどん上がります。 つまりふるさと納税をするだけで、 5%~10%の楽天ポイントがもらえるチャンスがたくさんあります。 10%のポイント還元率で年間の寄付額が3万円なら3000pt、5万円なら5000pt、10万円なら10000ptが貯まります。 夫婦でやれば単純にこの2倍の計算になります。 ポイントの還元率で選ぶなら「楽天ふるさと納税」が最強です。 楽天ふるさと納税と最も相性が良いポイントサイトは、ハピタスです。 ハピタスに無料で会員登録をして、ハピタス経由で楽天ふるさと納税を申込みすると、さきほど説明した楽天ポイントとは別で 「ハピタスポイント」が1%もらえます。 そもそもハピタスは楽天のサービスと相性が良くて、 楽天でのネットショッピング、楽天トラベル、楽天ブックス等の利用でも最低でも1%のハピタスポイントがもらえます。 まだハピタスへの登録がしていない方は下のバナーから僕の紹介で会員登録をすると100円分のポイントがもらえます。 登録や利用は無料なので、一切の費用はかかりません。 その他のポイントサイトのメリットは? 楽天ふるさと納税に対応しているポイントサイトはいくつか存在します。 ただ、 他のポイントサイトを使った場合の還元率は0. 6%~0. 7%前後です。 あまりメリットはありません。 還元率や楽天サービスとの相性を考えると、利用するポイントサイトは ハピタス一択で大丈夫です。 ハピタス経由での楽天ふるさと納税やり方 画像付き では、具体的な利用方法をお伝えします。 僕はパソコン画面から操作してみましたが、基本的な手順はスマフォでも同じです。 まずハピタスにログインができたら、 画面上部の検索窓に「楽天」と入力して検索します。 検索結果の 「楽天市場」に右側に「ポイントを貯める」というボタンがあるのでクリックします。 そうすると見慣れた楽天の画面に進みます。 あとはここで 「ふるさと納税」と検索します。 あとは楽天のネットショッピングと同じような流れです。 好きな商品を選んで決済をするだけです。 簡単ですね。 お気に入りから楽天サイトを表示させても、ハピタスを経由して楽天サイトを表示させても、基本的に同じ画面です。 ただ、ハピタスを経由して楽天を表示することが重要です。 そうしないとハピタスのポイントを受け取ることができません。 楽天カードでポイント3重取り お得なポイントを貯める方法はこれだけではありません。 さらにお得にポイントがもらえる方法をご紹介します。 それは、 上記の支払いを楽天カードで決済することです。 さきほども言いましたが、 この「楽天ふるさと納税」は楽天でネットショッピングをしたのと同様の扱いです。 その日のサイトの還元率が5%なら7%に、10%なら12%になります。 楽天ふるさと納税を検討しているなら、楽天カード 年会費無料 は必須の武器です。 新規入会だけでもポイントがもらえるので、さらにお得にポイントが貯まります。 詳しくはこちらの記事もお読みください。 名義が異なるカードでは、ふるさと納税に利用できません。 この3つを使えば最低でも4%のポイントは貯まります。 実際に申込みをするには7~8%から10%を目指すのがいいと思います。 普段の買い物もポイント3重取りに 楽天ふるさと納税だけではなく、 ハピタス経由で楽天のサービスを使えば、楽天ポイントとハピタスポイントが獲得できます。 つまり普段のネットショッピングにも利用できます。 僕は普段から日用品 ティッシュ、コンタクト用品、トイレットペーパー等 はポイント10倍以上のタイミングを狙ってハピタス経由の楽天で購入しています。 これだけでめちゃくちゃ簡単にポイントが貯まっていきます。 もちろんクレジットカード 楽天カード で決済すれば、クレジットカードのポイントももらえます。 普段の楽天での買い物にもハピタスは活用できますので、ぜひご利用ください。 日本中の特産品がお礼の品として用意されています ふるさと納税でもらえる商品 お礼の品 と聞くと、お肉とか果物などの食べ物を想像されるかと思います。 実際にふるさと納税のお礼の品って、いろんな種類のものがあって楽しくて迷っちゃいます。 最近では総務省のお達しで、 ふるさと納税のお礼の品に制限 寄付額の30%程度まで があるので、以前に比べて過熱感はなくなりました。 とはいえ家族で 20万円を寄付したら6万円相当のお礼の品がもらえて、しかも楽天ポイントやハピタスポイントが合計で2万相当 10%還元で計算 も獲得できるわけです。 まじでめちゃくちゃお得です。 やらない理由がありませんよね 笑 食べ物だけじゃない?航空券や宿泊券も 食べ物以外にも、航空券、宿泊券などの旅行系の特典や、食事券などの無料クーポンもあります。 サーティーワンアイスクリームのクーポンを見かけたこともあります。 僕がオススメなのが、LCCで有名なピーチ Peach の航空券です。 人気の特典なので売り切れで無くなってしまうこともありますが、寄付額の30%くらいのピーチ Peach ポイントがお礼の品としてもらえる自治体があります。 ピーチ Peach ポイントはそのまま航空券の代金に充当することができるので、 無料で飛行機に乗れることになります。 ピーチ Peach 以外の航空会社の割引券はありますので、チェックしてみてください。 楽天ふるさと納税は年末が有利? 過去の傾向をみると、 ふるさと納税の駆け込み時期の年末のタイミングでポイント還元がお得 5倍、10倍案件の増加 になることが多いです。 とはいえ、楽天カードを使って楽天サイトを利用すれば 日常的に1%~10%くらいはポイントは付きますので、そこまで意識する必要はないかもしれません。 10万円の寄付で10%のポイント還元なら、それだけで10000円分のポイントが獲得できます。 もちろんふるさと納税の謝礼もGETできます。 僕は電車移動などで時間のあるときに、ハピタスと楽天を使ってセール情報をチェックしています。 あなたも余裕があればポイント還元の優秀なタイミングをチェックするのも良いかもしれません。 楽天ふるさと納税以外のポータルサイト比較 いまGoogleで「ふるさと納税」と検索をするだけで、こんなに多くのサイトがヒットします。 ちょっとした乱立状態です。 楽天ふるさと納税• ふるさとチョイス• さとふる• ANAのふるさと納税• ふるなび• ふるぽ• ふるさとエール• ふるさとぷらす• タカシマヤふるさと納税• ふるり• ふるさとプレミアム• わが街ふるさと納税• ふるさと納税サイト【noma-style. com】• ふるなびトラベル 結局のところ、ふるさと納税でポイントを貯めるための大きな鍵になるのは、 ポータルサイト選びが9割です。 ポイントの還元率で言えば、楽天ふるさと納税が最強です。 いちばん大手で有名な「ふるさとチョイス」は、サイト利用のポイント還元はなく、ポイントサイトとの提携もないので、貯まるポイントといえばクレジットカード決済で貰えるポイントだけです。 その他のサイトもサイト利用で付くポイントは0%~1%です。 ポイントサイトの利用でも0. 6%~0. 7%程度です。 クレジットカード決済のポイントと合計しても2%~3%です。 この記事で案内している10%には足元にも及びませんでした。 実質的なポイント還元はゼロ。 マイルを貯めるならANAのふるさと納税もオススメ 僕が調べた結果では、いま存在するふるさと納税ポータルサイトは楽天が最強で、ハピタスと楽天カードを組み合わせたポイント還元率が最も優秀です。 しかし、楽天ポイントよりANAマイルが欲しい、という方には 「ANAのふるさと納税」を利用する方法もあります。 こちらは楽天ポイントではなくANAマイルが貯める仕組みになっています。 詳しくはこちらの記事をご覧ください。 最大で寄付額の3. 5%が貯まる方法です。 ANAマイル好きなら検討するのもアリです。 マイルの貯め方を無料で公開中! マイルの魔法使いブログでは、ふるさと納税以外でのマイルの貯め方を無料メルマガで公開しています。 よかったらご覧くださいませ。 ちなみに僕はこのやり方で、毎月10万マイル以上を貯めています。 楽天ふるさと納税のメリットまとめ ただでさえお得なふるさと納税の制度を、もっとお得に活用する方法をお伝えしてきました。 楽天ふるさと納税、ポイントサイト、クレジットカードの利用で、ポイントの3重取りでポイント10%は還元は充分に可能です。 そもそもふるさと納税という制度自体がお得ですので、3重取りというか4重取りかもしれません 笑 楽天ふるさと納税と最も相性の良いポイントサイトはハピタスです。 登録がまだの方は無料で登録が可能です。 楽天ふるさと納税に1%のポイントが追加されます。 ハピタスと楽天の相性は抜群です。 ふるさと納税だけでなく、普段の楽天での買い物や、楽天トラベルを使った旅行でもお得にポイントを貯めることができます。 「ふるさと納税をしたいけど、確定申告に行くのが億劫だ」という方も安心してご利用いただけます。 基本はすべてネット上だけで完結します。 いくらまで自分がふるさと納税をしていいのか分からない方のために、楽天のサイト内に 「控除金額シミュレーター」が用意されています。 ふるさと納税で控除される金額の目安を、年収と家族構成から計算できるツールで、自己負担金を2000円に抑えて寄附できる上限額が分かります。 寄附金額を検討する際の参考として活用ください。 ふるさと納税を利用したことが無い方、楽天やハピタスの利用が初めての方でも簡単にできますので、ぜひお得にポイントを貯めて買い物上手になっちゃいましょう! 最後までお読みいただき、ありがとうございます。 \ SNSでシェアしよう! / マイルの魔法使いの 注目記事を受け取ろう•

次の

楽天ふるさと納税は期間限定ポイント支払いOK?買いまわりにカウントされる?ポイントはつくの?実際にやってみた。

楽天ふるさと納税 ポイント

直接的に税金が安くなるなどのメリットはありませんが、結果的に楽天カードでもらったポイントで自己負担金2000円をまかなうなんてことも可能です。 さらに、カード作成で2000ポイント&カード利用で5000ポイントももらえます。 作るだけでは2000ポイントのみで5000ポイントもらうには利用が条件ですが、ふるさと納税で使うつもりなら自然と条件を満たすので問題ありません。 年会費無料でカード作成可能 楽天カードは 年会費無料で作ることが可能です。 その他、手数料等も一切かからないのでふるさと納税目的で作っても、費用を一切かけずにポイントだけもらうことができます。 無料で作れるのは、こちらのの方です。 ふるさと納税に使うとポイントはどれくらい貯まる? 楽天ふるさと納税の寄附金を楽天カードで支払うことで3%ポイント還元され、それとは別にカード払いで100円1ポイントもつくので100円につき4ポイント貯まります。 1万円だと400ポイントでワンストップ特例制度が使えるラインである5自治体に寄付すればそれだけで2000ポイントとなり、自己負担分がポイントでまかなえてしまいます。 なお、上記は楽天ふるさと納税の場合で、ふるさとチョイスやさとふるなど他のポータルサイトだと楽天ポイント還元率は1%になるのでご注意ください。 最大14%貯める方法 楽天カードは楽天ふるさと納税の寄附金支払いに使う場合、かなりポイント還元率を高くすることができます。 各種ポイントアップイベントなどを活用することで最大で14%もの還元率まで上げることができ、 10000円の寄附で1400ポイントも可能なのでその方法を紹介します。 ふるさと納税をすると1%(合計1%) 楽天カードはポイント還元率1%なので使うだけで1%のポイントをもらうことができます。 楽天ふるさと納税の支払いに使って3%(合計4%) 楽天カードのページで説明されていますが、楽天カードをふるさと納税の支払いに使うことで無条件で3%のポイントが還元されます。 以前は1%だったのですが、現在は楽天市場で利用することで常にポイント3倍なのでカード利用と合わせて4%となりお得です。 楽天のアプリ経由で申し込みで1%(合計5%) 楽天市場のアプリを使って楽天の商品等を購入することで1%のポイント還元を受けることができます。 つまり、楽天市場のアプリを使って楽天納税に申し込み、支払いを楽天カードでするだけで合計5%のポイント還元がされるということです。 お買い物マラソンを利用して最大9%(合計で14%) 楽天市場では1ヶ月に1回のペースでお買い物マラソンやスーパーセールが開催されます。 いろいろ購入することで最大でポイント10倍になるのですが、(通常1%に加えて最大9%増える)このポイント増加は楽天ふるさと納税の自治体でも適用されます。 そのため、楽天ふるさと納税で10自治体に寄附することで最大9%ポイント還元を増やすことができるので、合計14%までポイント還元は増えます。 なお、ワンストップ特例制度を利用する場合は5自治体までに抑える必要があるので、その場合は楽天市場のショップで日用品などを購入することでポイントを増やすことが可能です。 EdyとEneosでポイントが貯まる 電子マネーである楽天Edyを利用することで200円につき1ポイントが貯まります。 普段Edyを使っている場合は楽天カードと併用するとお得です。 さらに、ガソリンスタンドのENEOSで使うことで100円につき2ポイント貯まります。 普段、車やバイクに乗る場合は持っておくことでお得です。 楽天カードはどんな人は使っても意味がない? 楽天カードはおもに楽天のサービスを利用する時にお得なカードです。 ENEOSを除いて楽天のサービスを利用しない場合は、通常利用で還元される1%のポイントがメインになるでしょう。 そのため、普段楽天をまったく使わない場合は作ってもそこまでポイント還元の恩恵を受けることが難しいです。 逆に楽天ふるさと納税をする場合や、楽天でのお買い物もしている場合なら作成することでかなりの恩恵を受けることができると思います。 まとめ ということで、楽天ふるさと納税をするなら楽天カードはおすすめです。 作成費用も0なので、とりあえず作っておいても損はないカードだと思います。 私は楽天市場やAmazonなどで日常的に買い物をするので、楽天カードのおかげで結構ポイントを貯めることができています。 その他、付帯特典などの詳細は楽天カードの公式サイトをチェックしてみてください。 無料サポートも充実していて、電話相談までできるので初めてのふるさと納税でも安心です。 また、他のサイトに比べて申し込んだ返礼品が届くまでの期間も速いです。 ホームページが新しくなり見にくさも解消しています。 ポイント10倍キャンペーンの対象なので、お買い物マラソンと組み合わせると ポイント10倍以上も狙うことができ、4000~5000ポイントゲットも夢ではありません。 エアウィーブなど、他のサイトではなかなか見つからないものも見つかったりします。 Amazonギフトコードのプレゼントも積極的に行っているので、お得に返礼品を獲得できます。 さとふる、ふるさとプレミアム、楽天ふるさと納税、ふるなびは、 いずれも楽天ポイント還元やAmazonギフトコードプレゼントなど、少しお得な制度を導入しています。 本来はふるさと納税の自己負担金は2000円ですが、こういった特典を受け取ることで 「0円」で返礼品を受け取れるので、デメリットのないふるさと納税ができます。 そのため、特別な理由がない限りは上記4サイトで探す方がお得です。

次の