社会 保険 料 計算 2020。 会社の負担額は?社会保険料の仕組みや計算方法など徹底解説

社会保険料、どうやって計算する?計算方法や月額変更届についても解説

社会 保険 料 計算 2020

健康保険証の都道府県をチェック• 給与明細の社会保険料をチェック• 計算ツールに入力• 計算ボタンを押す 健康保険証の都道府県をチェック この計算ツールは、都道府県ごとにことなる社会保険料をもとに、標準報酬月額を逆算します。 健康保険証の保険者名称に記載されている「兵庫支部」など、協会けんぽの都道府県支部を確認してください。 給与明細の社会保険料をチェック つぎに、給与明細に記載されている健康保険料と介護保険料の自己負担額を確認します。 保険料のうち半分は会社が負担してくれていますが、給与明細に記載されているのが自己負担額となります。 記載箇所については、下画像を参考にしてください。 標準報酬月額の自動計算 以下の項目を入力し、計算ボタンを押してください。 都道府県 先ほど確認した協会けんぽの都道府県支部を選択してください。 厚生年金保険と厚生年金基金の両方に加入している方は、このツールをご利用いただけません。 また、以下に当てはまる方は、社会保険における標準報酬月額を正確に計算できません。 厚生年金保険料が8,052円(給料が9. 3万円未満)• 厚生年金保険料が56,730円(給料が60. 5万円以上) 給与明細の厚生年金保険料をチェック 給与明細に記載されている厚生年金保険料の自己負担額を確認します。 保険料のうち半分は会社が負担してくれていますが、給与明細に記載されているのが自己負担額となります。 記載箇所については、下画像を参考にしてください。 標準報酬月額の自動計算 以下の項目を入力し、計算ボタンを押してください。 保険料 先ほど確認した「厚生年金保険料」を選択してください。

次の

社会保険料の給与天引きの仕組み 「厚生年金保険料」「健康保険料」の計算方法・算定時期・控除タイミング

社会 保険 料 計算 2020

毎月の給与計算において「源泉所得税の控除金額」を算定するためには、その算定基礎金額となる「社会保険料等控除後の給与等の金額」を計算することが必要となります。 このため、ここでは、当該『「社会保険料等控除後の給与等の金額」を計算する方法』をご紹介させて頂きます。 なお、ここでご紹介させて頂きます内容は、『』のページで記載させて頂きました内容の補完的説明事項となります。 このため、毎月の給与計算におきましても、 「 課税対象となる給与・役員報酬の 支給額」から「 社会保険料・雇用保険料の 公的保険料等」を控除した金額 に基づいて「源泉所得税」を算定することが必要となります。 そして、この『「 源泉所得税」 の算定基礎となる金額』のことを 「 社会保険料等控除後の給与等の金額」といいます。 2、「社会保険料等控除後の給与等の金額」の計算項目 上記1でご紹介させて頂きましたように「社会保険料等控除後の給与等の金額」を計算するためには、 その計算要素となる 課税対象となる支給額( 課税対象給与支給額・ 課税対象役員報酬支給額) 社会保険料等の控除額 を理解・把握しておくことが必要となることから、ここでは、以下(1)(2)にて、• 課税対象となる支給額• 社会保険料等の控除額 につきご紹介させて頂きます。 1)課税対象となる支給額 「従業員、役員に対して支給する金銭等」のうち、 通勤費 出張手当 宿直手当・ 日直手当 がある場合には、 それらの金額のうち、「 税務上で認められる範囲内の金額」につきましては、 所得税が課税されな「 非課税支給額」となります。 このため、「 給与支給明細書」などに 「 非課税支給額(非課税となる 通勤費、非課税となる 出張手当、非課税となる 宿・日直手当)」が記載されている場合には、 「 支給合計金額」から「 非課税支給額」を控除して「 課税支給額」を計算することが必要となります。 2)社会保険料等の金額 「社会保険料等控除後の給与等の金額」を算定するためには、 上記1)でご紹介させて頂きました「課税支給額」から「社会保険料等の金額」を控除して計算することが必要となりますが、 この「社会保険料等の金額」は、 その月の給与計算において「控除する 健康保険料・ 厚生年金保険料の金額(社会保険料の金額)」 その月の給与計算において「控除する 雇用保険料の金額」 の 合計金額となります。 税理士事務所・会計事務所からのPOINT ここでは、毎月の給与計算における「源泉所得税の控除金額」の算定基礎金額となる『「社会保険料等控除後の給与等の金額」の計算方法』をご紹介させて頂いております。 「社会保険料等控除後の給与等の金額」につきまして 「社会保険料等控除後の給与等の金額」という文言につきましては、 あまり聞き慣れない方もいらっしゃると思いますが、 毎月の給与計算で「控除する源泉所得税額」を算定する場合には必須のものとなりますので、「その内容」及び「その計算方法」につきましては、ご理解して頂くことが必要となります。 なお、「社会保険料等控除後の給与等の金額」につきましては、• 「甲欄」により源泉徴収を行う場合• 「乙欄」により源泉徴収を行う場合 にも、共通して必要となるものとなります。

次の

国民年金保険料免除申請の計算式ですが、給与所得控除後の金額...

社会 保険 料 計算 2020

毎月の給与計算において「源泉所得税の控除金額」を算定するためには、その算定基礎金額となる「社会保険料等控除後の給与等の金額」を計算することが必要となります。 このため、ここでは、当該『「社会保険料等控除後の給与等の金額」を計算する方法』をご紹介させて頂きます。 なお、ここでご紹介させて頂きます内容は、『』のページで記載させて頂きました内容の補完的説明事項となります。 このため、毎月の給与計算におきましても、 「 課税対象となる給与・役員報酬の 支給額」から「 社会保険料・雇用保険料の 公的保険料等」を控除した金額 に基づいて「源泉所得税」を算定することが必要となります。 そして、この『「 源泉所得税」 の算定基礎となる金額』のことを 「 社会保険料等控除後の給与等の金額」といいます。 2、「社会保険料等控除後の給与等の金額」の計算項目 上記1でご紹介させて頂きましたように「社会保険料等控除後の給与等の金額」を計算するためには、 その計算要素となる 課税対象となる支給額( 課税対象給与支給額・ 課税対象役員報酬支給額) 社会保険料等の控除額 を理解・把握しておくことが必要となることから、ここでは、以下(1)(2)にて、• 課税対象となる支給額• 社会保険料等の控除額 につきご紹介させて頂きます。 1)課税対象となる支給額 「従業員、役員に対して支給する金銭等」のうち、 通勤費 出張手当 宿直手当・ 日直手当 がある場合には、 それらの金額のうち、「 税務上で認められる範囲内の金額」につきましては、 所得税が課税されな「 非課税支給額」となります。 このため、「 給与支給明細書」などに 「 非課税支給額(非課税となる 通勤費、非課税となる 出張手当、非課税となる 宿・日直手当)」が記載されている場合には、 「 支給合計金額」から「 非課税支給額」を控除して「 課税支給額」を計算することが必要となります。 2)社会保険料等の金額 「社会保険料等控除後の給与等の金額」を算定するためには、 上記1)でご紹介させて頂きました「課税支給額」から「社会保険料等の金額」を控除して計算することが必要となりますが、 この「社会保険料等の金額」は、 その月の給与計算において「控除する 健康保険料・ 厚生年金保険料の金額(社会保険料の金額)」 その月の給与計算において「控除する 雇用保険料の金額」 の 合計金額となります。 税理士事務所・会計事務所からのPOINT ここでは、毎月の給与計算における「源泉所得税の控除金額」の算定基礎金額となる『「社会保険料等控除後の給与等の金額」の計算方法』をご紹介させて頂いております。 「社会保険料等控除後の給与等の金額」につきまして 「社会保険料等控除後の給与等の金額」という文言につきましては、 あまり聞き慣れない方もいらっしゃると思いますが、 毎月の給与計算で「控除する源泉所得税額」を算定する場合には必須のものとなりますので、「その内容」及び「その計算方法」につきましては、ご理解して頂くことが必要となります。 なお、「社会保険料等控除後の給与等の金額」につきましては、• 「甲欄」により源泉徴収を行う場合• 「乙欄」により源泉徴収を行う場合 にも、共通して必要となるものとなります。

次の