厚生 年金 支給 額 上限。 厚生年金の平均受給額はどれくらい?私が受け取れるのはいくら?

【年金減額】働くと年金支給額が減る「28万円の壁」

厚生 年金 支給 額 上限

標準報酬月額はどんなに給与が高くても最高62万円です。 標準賞与額はどんなにボーナスをもらっても最高1回あたり150万円です。 加入月数は中卒で16歳になった時からから働くとして、最大70歳に達するまでなので55年間=660か月くらいが上限となります。 従って幾ら高給、高賞与をもらって死ぬまで働いても、以上で上限は抑えられます。 ただしそれが幾らかと言うと、再評価率には上限が無いので、将来の物価等に対応して幾らでも高くなる可能性があるということになります。 あなたの質問に回答しますが、条件設定をしなければ なりません。 誰も該当しないと思います。 今年の4月に16歳から70歳になるまで、648月間厚生年金保険に 加入し、その全期間の標準報酬月額が62万円(給与額が61万円)の 上限であり、その全期間の賞与は、年3回で各回の上限150万円。 再評価率は全期間変動無いものとして現在の0. 949とする。 949=944,255円が平均標準報酬額 944,255円5. 月額344,800円程度 この場合65歳からは、老齢年金が受給できるのですが、現役で 厚生年金保険に加入していますので、在職による老齢厚生年金が 全額支給停止されますが、 老齢基礎年金だけは、全額支給されます。 70歳以上は、厚生年金保険料を納めなくてもよいのですが、 引き続き、同じ給与で、死ぬまで現役で働いていると、 老齢厚生年金は1円ももらうことなく、 あの世へ行くことになってしまいます。 この年金額についての上限が、あり得ないということは 分かりますか。 加入期間のこと、平均標準報酬額のこと、再評価率のこと 給付乗率のこと全てが現実的でありません。 一応書いてみました。

次の

厚生年金の最高額は夫婦でいくらですか?

厚生 年金 支給 額 上限

「老後の年金は夫婦でいくらもらえるの?」 と思っている方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか? 老後の生活を考えた時にやはり何はともあれお金のことは心配です。 「年金暮らし」という言葉はあるけれど、年金だけで生活ができるのでしょうか? 一方で、世間では、「年金不安」や「老後不安」と言われている現状もあります。 実は老後の年金が夫婦でいくらもらえるかということは、 65歳になってみないと金額は確定しません。 また、その計算方法は複雑で難しく、さらに、今後の収入が変わったり、制度自体が変わったりする可能性があるので、 今から自身の年金の金額をシュミレーションするのは困難です。 「年金がいくらもらえるか?」を計算するよりも、とりあえず、目安を知ることの方が現実的です。 この記事では、 夫婦の就業パターン別に年金の受給額の目安を計算してあります。 まずは、自分に近いものを選んで目安をつかんでください さらに、その年金額で老後の生活が可能か考えます。 そして、年金制度の未来を考えつつ、対策方法を考えていきます。 現在は、老後資金対策には様々な制度や商品がありますので、ご夫婦の 就業パターン別にベストな商品や制度の組み合わせも検討します。 老後が不安な方、準備を始めたい方は是非読んでみてください。 1 夫婦の年金受給額の平均額をパターン別に解説 まずは、夫婦の働き方のパターン別に年金額(月額)の目安を計算してありますので自分に近いものを選んで参考にしてください。 実際に老後の必要な生活費と不足額を知ることで、今から準備をしていけばそれも可能になります。 2-1 ゆとりある老後に必要な生活費の金額は 34. 9万円/月 生命保険文化センターの「ゆとりある老後の生活費」として必要な費用の平均は、 34. 9万円/月です。 <生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/平成28年度> 2-2 働き方パターン別の年金の毎月の不足額は、 1. 1万円~ 20. 6万円 1章で計算した、働き方パターン別の年金額とゆとりある生活費を比較してどのくらい毎月不足するかを計算しました。 3 年金制度の未来は?~受給額が減る可能性~ 日本の年金制度は 賦課方式といい、 高齢者の受け取る 年金を、働いている人たちが支払う 保険料で賄うシステムです。 少子高齢化や経済状況の悪化は賦課方式の年金のシステムにとってマイナスです。 これを補うべく制度改正もしていますが、実質的な 年金額が将来的に減ってしまうかもしれません。 3-1 少子化と高齢化により受給額が減る 少子化が進み働いている人が少なくなったり、 高齢化により年金受給者が増えたりすると、働いている人たちの保険料の負担を上げるか、高齢者の年金の受取額を減らさなくてはいけなくなってしまいます。 なぜなら、日本の賦課方式の年金制度は、高齢者の年金を働いている人たち(現役世代)の保険料で賄う仕組みになっているからです。 少子化・・・保険料を支払い人が減る 高齢化・・・年金を受取人が増える しばらくは、少子高齢化の傾向は変わりませんので、将来的な年金の受け取る金額が減ることは否定できません。 3-2 経済状況によって年金の受給額が変わる 経済状況がよくなれば、年金の受給額も増えてくるかもしれません。 逆に経済状況が悪くなるとその反対の可能性もあります。 現在は、デフレですが、今後の経済成長には期待したいものです。 3-3 制度改正により受給額が減ることも 今後も、 年金の制度改正により年金の受給額が変化する可能性がありますので、注意が必要です。 年金制度は、少子化や高齢化、経済状況など様々ことを加味して制度設計されます。 また、 5年に一度の年金改正により、それらに対応した制度に改正されてきています。 最近は、受給額に関してはマイナスの改正が多くなってきています。 最近の 年金制度改正に関してはこちらの記事を参考にしてください。 4 年金の不足額を埋めるための制度や商品 年金の不足額を埋めるための資産運用の手段として 様々な制度や商品があるので有効活用しましょう。 低金利の現在、預貯金や従来型の年金保険等ではなかなかお金を増やすことができません。 政府も iDeCoや NISAなどの新しい制度をつくり資産運用することを奨励していますので、うまく利用していきたいものです。 まずは、どのようなものがあるか確認していきましょう。 4-1 iDeCo(確定拠出年金(個人型)) iDeCoは、私的年金の制度で2017年からは誰でも加入できることになりました。 掛金や運用益、受取時に 税制上のメリットがありますので、普通に投資信託等で運用していくよりは税金が少なくなりお得です。 しかし、デメリットもあり全ての人にメリットがあるわけではありません。 メリットとデメリットを理解した上で自分に向いているか考えましょう。 <iDeCoのしくみ> 4-1-1 iDeCoの3つのメリット iDeCoには、普通に投資信託などを購入して資産運用をするよりも、税制上のメリットが3つあります。 1 所得税や住民税が戻ってきて節税ができる。 (掛け金が 所得控除になります)年収の高い人の方が有利です。 iDeCoは、掛け金の全額が所得控除になる(年収から差し引ける)ので、結果的に所得が下がりその分所得税と住民税が戻ってきます。 年収によって税率が違いますので、結果的に年収が高い人の方がもともとたくさん税金を支払っている分戻ってくる税金も多くなりメリットが大きくなります。 逆に、 専業主婦の方など収入のない方はこのメリットはありません。 2 運用期間中に税金がかかりません。 (通常は運用益に20. 315%の税金がかかる) iDeCoは運用期間中に税金がかからないので他の資産運用よりもお得です。 金融商品の多くは、毎年、資産運用の利益に対して税金が引かれてしまいますが、 iDeCoの場合、毎年、税金が引かれません。 結果的に税金分だけ再投資に回る金額が大きくなり、結果的に税金が引かれている場合よりも増え方が大きくなります。 ただし、税金が有利な商品は iDeCoだけではなく、 NISA、財形貯蓄制度、保険などもありますので、 他の制度との比較も必要になってきます。 3 受け取るときも大きな控除があり税金が少なくなる。 iDeCoは受け取るときの税金も 「退職所得控除」「公的年金控除」など各種控除により、結果的に、普通に資産運用をするよりも税金が少なくなります。 iDeCoは運用期間中に税金がかからなくても満期時に資産運用の利益に対して税金のことをかんがえなくてはいけません。 しかし、 iDeCoは税金の計算は必要ですが、各種控除が大きく計算上の利益を少なくできるので、結果的に税金が少なくなるかゼロになります。 iDeCoのメリットの詳細はこちらの記事も参考にしてください。 1 60歳まで受け取ることができない 住宅購入やお子様の教育資金など、 60歳よりも前にお金を使いたい人は iDeCoには向いていません。 iDeCoは原則 60歳から受け取ることが可能だからです。 マネープランがはっきりと決まらない中で老後資金ばかりに注力をして、 iDeCoだけで貯蓄をしてしまうと、住宅購入資金や教育資金に振り分けることができなくなってしまいます。 iDeCoは基本的には老後資金準備用ですので、 老後資金準備にはメリットがあるといえます。 2 商品の選択により元本割れの可能性もある 「私は絶対に元本割れする可能性の商品はいやだ」という人は iDeCoには向いていません。 iDeCoは元本確保型の商品も選択できますが、それでは、低金利の影響で利益が余りでないので税制上のメリットが小さくなってしまい、そもそも、 iDeCoにする意味があまりありません。 基本的には投資信託を選択することとなり、投資信託自体が元本割れの可能性がありますので、元本割れの心配な方には向いていません。 ただし、 老後の準備を投資信託でしよう思っている方にとっては税制上の優遇措置などメリットがあります。 3 自分で商品(投資信託など)を選ばなくてはいけない 「商品(投資信託など)の選択を自分でするのは難しい」と思う人にとっては、 iDeCoは向いていません。 iDeCoは、掛け金を支払うだけではなく、投資信託などの運用商品を自分で選択しなくてはいけません。 ですので、 iDeCoのしくみや商品の知識など勉強も必要になってきます。 ただし、自分で考えるのではなく、 金融機関や専門家に相談しながら選ぶことも可能です。 4 所得の少ない人は所得控除メリットが小さい 専業主婦やパートなど、所得税、住民税を払っていない方は所得控除のメリットがありませんのでiDeCoのメリットが小さくなります。 また、収入の少ない方も所得税率が低いので同様に、所得控除のメリットが小さく、戻ってくる税金が少なくなります。 iDeCoの大きなメリットは掛け金の一部が戻ってくる(その分の税金の支払いが減る)ことなのですが、こちらは所得が高い人ほどメリットが大きくなります。 例えば、専業主婦の方で40歳くらいの方などは、 iDeCoの 3つのメリットのうち所得控除のメリットがとれないとなると、税金のことだけを考えたら つみたてNISAの方にメリットがあります。 いずれにしても、所得の少ない人はメリットが少なくなりますので他の制度も含めて検討するべきです。 5 勤務先から退職金を受け取るは、iDeCoの一時金受取は税負担が増える可能性がある。 公務員の方等、 60歳時に勤務先から多くの退職金をもらう方は、注意が必要です。 例えば、 iDeCoの受取を 一時金で受け取る場合は、勤務先から受け取る退職金と合算して税金の計算をしますので、勤務先から退職金をもらわない人に比べて税金が多くなる可能性があります。 結果的に受取時に多額の税金を払うこととなるかもしれません。 この場合は、 iDeCoを 年金形式で受け取ったり、 他の制度を検討する必要があります。 6 特別法人税の凍結が解除されれば大きな税金の負担が発生する 確定拠出年金は、積立金の残高に対して 1. このことにより、iDeCoなどは 1. 173%以上で運用をしていかないと積立金が減ってきてしまうということになってしまいます。 結果的に、運用成績にかなり影響が出ますし、それ以上にハイリーターンを目指して運用しないとプラスにならなくなります。 ただし、 現在まで課税は凍結されていますので、今のところは負担はありませんが、凍結解除によるインパクトは大きく今後も注意が必要です。 関連記事 4-1-3 iDeCoが向いている人 以上のメリットデメリットを踏まえ、 iDeCoが向いている人を考えます。 以下の条件をなるべく多く満たす人ほど iDeCoは向いていると考えます。 1 所得が多い人、60歳まで下がらない人 所得控除のメリットを最大化できます。 2 60歳まで掛け金を払うことができる人 所得控除や運用益に対するメリットを最大化できます。 iDeCoは途中でやめることができません。 3 ハイリスク・ハイリターンの運用を望む人 運用益に対する非課税のメリットを最大化できます。 特別法人税の凍結が解除されてもそれを上回る運用利回りを確保できる可能性が高くなります。 4-1-4 iDeCoが向いていない人 1 所得が低い人、所得が低くなってしまう人 所得控除のメリットが小さいまたは小さくなっていきます。 2 まだ、60歳までのマネープランを決められない人 60歳まで引き出しができないので、途中でお金が必要になってしまってはこまります。 3 安定的な運用を望む人 安定運用ではそもそも運用益が非課税であるメリットが小さくなります。 特別法人税の負担感が大きくなります。 (凍結解除時) 4 勤務先からの退職金や年金が多く受取時に税金がかかりそうな人 iDeCoの満期は退職金と合算されるため税負担が大きくなる可能性あります。 4-1-5 iDeCoのまとめ iDeCoを始める際は、自分にとってベストな制度か、メリットがあるか、 よく検討してから始めましょう。 なぜなら、 iDeCoは一度始めてしまうと、60歳まで引き出すことができません。 所得や年齢、今後のライフプラン等により、メリットやデメリットに差が出てきてしまうので、その点も考慮した上で検討することが必要です。 「メリットもあるようだし老後が心配だからとりあえず始めておこう!」と安易に始めてしまうと、実はあまりメリットがなかった・・・ということになりかねません。 自分で判断がつかない場合は、ファイナンシャルプランナー等に相談することをお勧めします。 (銀行や証券会社など金融機関は、 iDeCoを販売している立場なので、 iDeCoを始めようかどうか迷っている方は金融機関において相談することはお勧めできません。 ) 4-2 NISA、つみたて NISA 2014年からスタートした NISAも老後資金作りには有効です。 2018年からは、 つみたてNISAもスタートし選択肢が広がりました。 いずれも 20歳以上の方であればだれでも始めることが可能です。 これらは、運用益が非課税となるために普通に課税口座で投資信託等を購入するよりもお得に資産運用が可能です。 NISA、つみたてNISAはこちらの記事で詳しく解説しています。 円建てと外貨建てがありますが、 現在は外貨建てにメリットがあります。 生命保険の利回りは、その時の金利の状況等によって決定されますが、現在においては低金利の影響で円建ての個人年金保険の利回りは過去最低の水準にあります。 しかし、日本よりも海外の金利の方が高いので、外貨建ての個人年金保険は円建ての個人年金保険よりも高金利となっており円建てよりも利回りがよくメリットがあります。 また、 個人年金保険料控除による節税も可能です 4-4 国民年金基金 国民年金基金は 自営業と自営業の配偶者のための制度です。 金利は決まっており、 将来もらえる年金の金額は掛け金を支払う時点で確定しています。 基本的に掛け金は 60歳まで支払い、 65歳から年金がもらえます。 終身年金も選択できます。 4-4-1 メリットとデメリット 4つのメリット ・加入時の段階でもらえる 年金額が確定している。 ・ 終身年金なので長生きをしても安心。 ・掛け金が 所得控除となり所得税、住民税の節税効果がある ・年金受取も 公的年金控除の対象となるので節税効果がある。 3つのデメリット ・ インフレになって物価が上がっても年金額は増えることはない ・ 早く亡くなってしまった場合は、元本割れになり損をすることもある ・国民年金基金自体の 破綻リスクがある。 4-4-2 国民年金基金にするか iDeCoにするか 自己責任で自分で運用していきたい人は 「 iDeCo」 「iDeCo」は、投資先を自分で選択(自己責任)できるので、投資信託の選び方によって自由な運用が可能です。 積極的に運用することも安定的に運用することもできます。 受取のタイミングや受け取り方法(一時金、年金)も選択できます。 利益は少なくても安心のお任せプランは「 国民年金基金」 「国民年金基金」は、加入段階で将来の受取額が決まってくるので安定、安心です。 しかし、現在は利回りが低いのであまり増えません。 4-5 確定拠出年金(企業型) 確定拠出年金(企業型)を導入している企業にお勤めの方はまずはこちらをしっかり考えましょう。 確定拠出年金の制度は、個人型( iDeCo)と企業型があります。 企業型の確定拠出年金は、勤務先の会社が制度を導入していないと関係がありませんが、導入している企業に勤めている方は積極的に活用していきたいものです。 基本的に 掛け金は全額会社負担ですが、 個人で掛金を上乗せすることもできるようになっている会社もあります。 いずれの場合も掛け金が所得控除となり税制上のメリットは大きいです。 自分で掛け金を拠出するわけではなく、会社が出してくれるので、あまり真剣に考えずに放置している方も多いようですがぜひ真剣に考えていきたいものです。 5 夫婦の就業パターン別の老後資金対策方法 各制度の特徴を考慮しつつ、夫婦の就業パターン別の老後資金の対策方法をまとめました。 保険料が 個人年金保険料控除により所得控除されますので、 10,000円/月( 120,000円/年)程度の保険料の支払いにし対して、 6,000円~ 10,000円/年(年収による)くらいの所得税と住民税の節税効果があります。 個人年金保険料控除を最大限生かすには、 136,000円/年以上の保険料の支払いが必要です。 ( 68,000円/年の所得控除となります。 掛金の上限は、他に企業年金等のあるなしで変わってきます。 iDeCoのメリットの一つに所得控除がありますが、「年収が高い」「 60歳まで収入がある」ことがこのメリットが大きくなる条件です。 ですので、「年収が低い」「 60歳まで働かない」「収入が下がってしまう」方は慎重な検討が必要です。 また、 iDeCoは 60歳まで引き出すことができませんので、若い方は教育資金や住宅購入資金などを考慮した上で余裕があれば始めていきましょう。 税制メリットのある NISAかつみたて NISAを検討しましょう。 どちらを選択するか迷うところですが、ポイントとして以下が挙げられます。 ・ NISA・・まとまったお金がある、年齢が高め、積極運用したい ・つみたて NISA・・つみたてでスタート、年齢が若め、バランスよく運用したい <専業主婦> 専業主婦の方は、所得控除のメリットが取れません。 また、年金保険料控除もご主人の契約で上限を使い切った場合には、個人年金保険料控除のメリットはもう受けられません。 ただ、どちらの制度も期間に制約がありますので、年齢により選択する必要があります。 ご主人が個人年金保険に加入していない場合や、将来的にご自身が就業した場合は、個人年金保険料控除のメリットを得ることができます。 夫婦で年収に差がある場合は、年収の高い方から検討しましょう。 保険料が 個人年金保険料控除により所得控除されますので、 10,000円/月( 120,000円/年)程度の保険料の支払いにし対して、 6,000円~ 10,000円/年(年収による)くらいの所得税と住民税の節税効果があります。 個人年金保険料控除を最大限生かすには、 136,000円/年以上の保険料の支払いが必要です。 ( 68,000円/年の所得控除となります。 掛金の上限は、他に企業年金等のあるなしで変わってきます。 iDeCoのメリットの一つに所得控除がありますが、「年収が高い」「 60歳まで収入がある」ことがこのメリットが大きくなる条件です。 ですので、「年収が低い」「 60歳まで働かない」「収入が下がってしまう」方は慎重な検討が必要です。 また、 iDeCoは 60歳まで引き出すことができませんので、若い方は教育資金や住宅購入資金などを考慮した上で余裕があれば始めていきましょう。 税制メリットのある NISAかつみたて NISAを検討しましょう。 どちらを選択するか迷うところですが、ポイントとして以下が挙げられます。 夫婦で年収に差がある場合は、年収の高い方から検討しましょう。 掛金は、 12,000円/月が上限ですが、可能であれば上限金額で始めましょう。 公務員の方は 60歳まで働く可能性が高くかつ年収が下がりにくいので、所得控除のメリットを 60歳まで取ることが可能です。 ただし、 受取時には勤務先からの退職金や公的年金の金額を考慮しつつ 一括受取か 年金受取のうち税金が少なくなるのはどちらかを慎重にする必要があります。 保険料が 個人年金保険料控除により所得控除されますので、 10,000円/月( 120,000円/年)程度の保険料の支払いにし対して、 6,000円~ 10,000円/年(年収による)くらいの所得税と住民税の節税効果があります。 個人年金保険料控除を最大限生かすには、 136,000円/年以上の保険料の支払いが必要です。 ( 68,000円/年の所得控除となります。 税制メリットのある NISAかつみたて NISAを検討しましょう。 どちらを選択するか迷うところですが、ポイントとして以下が挙げられます。 老後生活をゆとりあるものとするためには、準備が必要となってきます。 選択肢も多いのでメリットのある選択をしたいものです。 年間 860,000円を上限に掛け金がすべて所得控除となりますので節税メリットも大きくなります。 自営業の方はほかに退職金もなく、公的年金も少ないので、受取時も税金はかなり少なくなる可能性が高いのです。 老後を充実させるべく、なるべく上限に近い金額で始めたいものです。 国民年金基金との併用も可能です。 iDeCoは自分で運用商品を選択しなくてはいけないですし、年金の金額が確定していません。 それに対して国民年金基金は現在は、低金利の影響で利回りは低いものの加入時に将来の受け取る金額が決まっています。 注意点としては、 iDeCoは 60歳から受け取れるのに対し、国民年金基金は 65歳からの受け取りとなりますのでライフプランも考えて選択する必要があります。 保険料が 個人年金保険料控除により所得控除されますので、 10,000円/月( 120,000円/年)程度の保険料の支払いにし対して、 6,000円~ 10,000円/年(年収による)くらいの所得税と住民税の節税効果があります。 個人年金保険料控除を最大限生かすには、 136,000円/年以上の保険料の支払いが必要です。 ( 68,000円/年の所得控除となります。 税制メリットのある NISAかつみたて NISAを検討しましょう。 どちらを選択するか迷うところですが、ポイントとして以下が挙げられます。 保険料が 個人年金保険料控除により所得控除されますので、 10,000円/月( 120,000円/年)程度の保険料の支払いにし対して、 6,000円~ 10,000円/年(年収による)くらいの所得税と住民税の節税効果があります。 個人年金保険料控除を最大限生かすには、 136,000円/年以上の保険料の支払いが必要です。 ( 68,000円/年の所得控除となります。 掛金の上限は、他に企業年金等のあるなしで変わってきます。 iDeCoのメリットの一つに所得控除がありますが、「年収が高い」「 60歳まで収入がある」ことがこのメリットが大きくなる条件です。 ですので、「年収が低い」「 60歳まで働かない」「収入が下がってしまう」方は慎重な検討が必要です。 また、 iDeCoは 60歳まで引き出すことができませんので、若い方は教育資金や住宅購入資金などを考慮した上で余裕があれば始めていきましょう。 税制メリットのある NISAかつみたて NISAを検討しましょう。 どちらを選択するか迷うところですが、ポイントとして以下が挙げられます。 老後生活をゆとりあるものとするためには、準備が必要となってきます。 選択肢も多いのでメリットのある選択をしたいものです。 年間 860,000円を上限に掛け金がすべて所得控除となりますので節税メリットも大きくなります。 自営業の方はほかに退職金もなく、公的年金も少ないので、受取時も税金はかなり少なくなる可能性が高いのです。 老後を充実させるべく、なるべく上限に近い金額で始めたいものです。 国民年金基金との併用も可能です。 iDeCoは自分で運用商品を選択しなくてはいけないですし、年金の金額が確定していません。 それに対して国民年金基金は現在は、低金利の影響で利回りは低いものの加入時に将来の受け取る金額が決まっています。 注意点としては、 iDeCoは 60歳から受け取れるのに対し、国民年金基金は 65歳からの受け取りとなりますのでライフプランも考えて選択する必要があります。 保険料が 個人年金保険料控除により所得控除されますので、 10,000円/月( 120,000円/年)程度の保険料の支払いにし対して、 6,000円~ 10,000円/年(年収による)くらいの所得税と住民税の節税効果があります。 個人年金保険料控除を最大限生かすには、 136,000円/年以上の保険料の支払いが必要です。 ( 68,000円/年の所得控除となります。 税制メリットのある NISAかつみたて NISAを検討しましょう。 どちらを選択するか迷うところですが、ポイントとして以下が挙げられます。 ・ NISA・・まとまったお金がある、年齢が高め、積極運用したい ・つみたて NISA・・つみたてでスタート、年齢が若め、バランスよく運用したい <専業主婦> 専業主婦の方は、所得控除のメリットが取れません。 また、年金保険料控除もご主人の契約で上限を使い切った場合には、個人年金保険料控除のメリットはもう受けられません。 ただ、どちらの制度も期間に制約がありますので、年齢により選択する必要があります。 ご主人が個人年金保険に加入していない場合や、将来的にご自身が就業した場合は、個人年金保険料控除のメリットを得ることができます。 6 まとめ 以前は、 「 60歳まで一生懸命働いて、会社から退職金をもらい、老後は年金暮らし」 というライフプランで問題なかったのですが、 「 60歳まで働けるかどうか?退職金はもらえる?年金だけで老後は大丈夫?」 という時代になってしまいました。 自助努力が必要なのはもちろんですが、それを推進するべく制度や商品も増えてきました。 そうなってくると、「自分にはどれがあっているのか?メリットのある制度はどれか?」ということを考えていかなくてはいけません。 実際に、就業形態、家族構成、収入や資産状況、ライフプランによって優先順位が変わってきてしまいます。 いろいろな状況を踏まえて総合的な判断が必要なのですが、ご自身で判断するのは難しいかもしれません。 そんな時は、ぜひ、ファイナンシャルプランナーに相談してみてください! お金のプロ「ファイナンシャルプランナー」に聞く、「お金の相談室」無料体験 お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずは 無料でFP相談を体験してみませんか? お金の相談室では、 東京、札幌、仙台、宇都宮、長野、新潟、金沢、名古屋、大阪、京都、福岡、熊本、長崎などの地域を中心に、 全国で無料相談会を実施しています。 また、この度『 オンライン無料相談 (skype、zoom等)』の対応も開始しました。 (「 不要な外出は避けたい!」「 子どもが小さいので相談場所まで行くのが難しい!」という方は、ぜひご利用ください。 ) 無料体験相談をご希望の方は、以下の「 お申し込みページ」もしくは お電話にてお申込みください。 予約制です。 ご相談内容は、お金に関することならなんでもOK。 家計管理や家計収支の見直す方法は?• お金の運用方法は?• 子供の教育費の目安は?• 住宅購入や住宅ローンを見直すには?• 保険の見直し方法は?• 老後や年金のことが心配なので老後の生活設計を立てるには?• 住宅ローンの返済計画を見直す方法は? など、お気軽にご相談ください。 私たちは、特定の金融機関に属さない 独立系のファイナンシャルプランナー(FP)です。 特定の金融商品に偏らず、あなたに合ったマネープランをご提案いたします。 (私たちは営業ノルマがないので 無理な勧誘は一切行いません。

次の

厚生年金に支給額上限はあるの?標準額も合わせてお伝えします |50歳台で考える老後のお金

厚生 年金 支給 額 上限

老後の生活の支えとなるのは何と言っても年金だが、日本の公的年金制度ではいったいどのくらいの金額が支給されるのか、気になるところだろう。 今回は年金の理論上の最高額と、キャリアごとの支給額の目安を説明する。 男女の平均年金額も併せて紹介するので、老後の計画の参考にしてほしい。 厚生年金に加入している場合、国民年金と合わせて2つの年金に加入していることになるので、日本の公的年金制度は「2階建て構造」と呼ばれている。 20歳以降のライフスタイルによって、加入する年金や保険料が変わる。 イメージ図は以下のとおりだ。 結論から言えば、月額32万1,300円だ。 それぞれの制度について見ていこう。 5万円を受給できる 20歳以上60歳未満の日本に住んでいるすべての人が加入する国民年金の最高受給額はいくらだろうか。 国民年金は保険料が定額で、保険料を支払う期間も20歳から60歳までと決まっている。 つまり、20歳から60歳までの40年間しっかり保険料を支払えば、将来誰でも最高額(満額)を受給できる。 国民年金から支給される老齢基礎年金は毎年変わるが、令和2年4月分からの満額は78万1,700円、月額にすると6万5,141円である。 国民年金保険料は定額で支払う期間も決まっているので、一定期間決められた保険料を納めると満額を受給できるというシンプルなものだが、厚生年金は毎月の給与や賞与の額によって保険料が変わる。 給与や賞与が高ければ高いほど保険料は高くなり、保険料が高くなればなるほど、将来もらえる老齢厚生年金の額も多くなる。 さらに、厚生年金に加入できる期間は原則70歳までと決まっているが、加入開始年齢は決まっていない。 そのため、厚生年金には「満額」という考え方がない。 今回はあくまで理論上の最高金額ということで、中学卒業後すぐ就職し、その後70歳になるまで厚生年金の保険料の上限額をずっと支払っていた場合で考えることにしよう。 厚生年金では、加入者が受け取る給与を一定の幅で区分した報酬月額に当てはめることで決まる「標準報酬月額」を、保険料や年金額の計算に用いる。 たとえば報酬月額(月給)が19万5,000円~21万円の人は同じ区分で、標準報酬月額は20万円となる。 現在、標準報酬月額は1等級(8万8,000円)から31等級(62万円)まであるので、今回は加入期間中ずっと標準報酬月額が62万円だったとして保険料を納めていたことにする。 賞与に関しても「標準賞与額」という基準をもとに保険料を支払うのだが、標準賞与額の対象となる賞与は年3回以下で、1ヵ月の上限額は150万円と決まっている。 厚生年金から支給される老齢厚生年金は、年金制度の改革によって2003年3月以前と4月以降で計算方法が変わり、以下のように計算される。 標準報酬額とは、「標準報酬月額+標準賞与額」のことである。 条件をまとめてみよう。 2003年3月までの加入期間の月数 444ヵ月• 2003年4月以降の加入期間の月数 204ヵ月• 平均標準報酬月額 62万円• 年金 支給額 支給額の月額 国民年金(老齢基礎年金) 78万1,700円 6万5,141円 厚生年金(老齢厚生年金) 307万3,903円 25万6,159円 公的年金支給額の合計 385万5,603円 32万1,300円 キャリア別の年金受給額を紹介 年間平均受給額は男性が約196万円、女性が約123万円 前述のとおり、理論上の最高額は年額約385万円だが、中学校卒業時点から上限の保険料を支払い続けるのは現実的には難しい。 そこで、一般的なキャリアを数パターン考え、それぞれの平均金額を紹介する。 これは公務員独自の、民間の企業年金に相当する「年払い退職給付」が加算されるからだ。 公務員は毎月の給与や賞与の額に付与率を乗じた「付与額」を毎月積み立てており、これに利息を加えた額から年払い退職給付額が算定される。 5万円 22歳で働き始めてからずっと自営業だった場合、老齢厚生年金は支給されないので、公的年金の合計は老齢基礎年金の78万1,700円のみだ。 7万円 大学卒業後10年働き、その後専業主婦になった場合の公的年金額は以下のとおりだ。 なお、10年間の年収は上記と同じ500万円とする。 ここでは、厚生労働省が2019年に発表した「厚生年金保険・国民年金事業の概況」を見ていこう。 まず、男性で老齢厚生年金の受給がある人、つまり少しでも会社で働いたことがある人が、月々どれぐらい公的年金を受給しているかグラフで確認してほしい。 公的年金が老齢基礎年金の額より少ない人がいるが、これは65歳以前に年金の一部が支給された人か、そもそも老齢基礎年金が少ない人だ。 図1を見ると、男性の公的年金の受給額は18万~19万円(年額216万~228万円)が最も多いが、7万円から25万円までとかなり幅がある。 なお、男性全体の平均は「16万3,840円(年額196万6,080円)」となっている。 これは、現在年金をもらっている世代の女性の賃金が低かったことに加え、結婚を機に退職するケースが多かったためと考えられる。 平均受給額は「10万2,558円(年額123万696円)」である。 年金をいくら受給できるのかを計算する方法は「ねんきん定期便」か「ねんきんネット」 自分の年金受給額を知るために、標準報酬月額や加入年月などを調べるのは面倒であり、現実的ではない。 そこで利用したいのが、毎年誕生月に送られてくる「ねんきん定期便」である。 ねんきん定期便は、50歳未満と50歳以上で内容が異なる。 50歳未満の人に送られるハガキには、それまでの国民年金と厚生年金の加入実績に応じた、現時点での年金見込み額が記載されている。 一方で50歳以降に送付されるハガキには、50歳以降60歳まで今の年金制度に加入し続けると仮定した場合の年金見込み額が記載されており、より正確な金額を知ることができる。 より詳しい年金額を確認したい場合は、日本年金機構が提供している「ねんきんネット」を利用しよう。 このサイトでは年金情報だけではなく、「今の仕事を60歳まで続けたら受給額はいくらになるか」「今後職業や収入が変わると受給額はどう変わるか」などをシミュレーションできる。 初めて利用する際は登録が必要になるが、一度登録すればいつでも利用できる。 年金だけでは不安な人はiDeCo(イデコ)を活用しよう さまざまなケースを想定して将来の年金額を紹介してきたが、公的年金だけでは老後の生活に不安を感じた人もいるだろう。 年金だけでは不安な場合は、自助努力で老後資金を準備しなければならない。 貯金で準備する人もいれば、株や投資信託で少しでも増やしながら準備したい人もいるだろうが、おすすめしたいのはiDeCoだ。 自分で申し込み、自分でお金を拠出し、自分で運用方法を選ぶ。 最大の特徴は、お金を拠出する時、運用する時、そして給付を受ける時に税制上の優遇を受けられることである。 もとは公的年金額が少ない自営業者などのための制度だったが、2017年からは原則として20歳以上60歳未満のすべての人が加入できるようになった。 iDeCoで運用しているお金は、60歳まで引き出すことができないというデメリットもある。 いざという時iDeCoのお金を使うことはできないので、自分たちの生活が苦しくなるほどのお金をiDeCoに回すことはおすすめできない。 しかし、60歳まで老後資金を減らす心配がないとも言える。 老後資金という目的だけを考えればiDeCoはお得な制度なので、ぜひ選択肢に加えてもらいたい。 文・松岡紀史(ライツワードFP事務所代表) 【関連記事】 ・ ・ ・ ・ ・.

次の