マガポケ 広告。 最大で50ポイントゲット!?マガジンポケット(マガポケ)のルーレットについて紹介

なぜ無料で読めるの?マガポケの無料の仕組みを紹介!

マガポケ 広告

マガポケとは 「」や「ダイヤのエース」などの人気作品が現在でも連載されている人気漫画雑誌や、その派生誌にて現在でも大人気の漫画「」で有名なが管理運営する漫画アプリです。 無料でポイントを集める方法 ポイントはマガポケのアプリ内で作品を購入する際にご使用いただくものです。 有料でポイントを購入することもできますが、これから紹介するポイントを無料で集める方法を使えば最低でも二作品はお金をかけずに毎週・毎月最新話を追いかけることも可能です。 方法は以下の三通りです。 その1 漫画を見る マガポケでは読むとポイントをもらえる漫画が毎日更新されます。 その漫画のポイント獲得対象にあたる一話を最後まで読むとポイントを獲得することができます。 マガポケを起動してTOP画面がしっかりと表示されると、画面下にあるタスクバーの連載を押してください。 連載のページの画面一番上に大きく表示されている漫画がポイント付与対象作品です。 そのアイコンを押していただいてポイント付与対象話とタイトルの下に表示されている話を最後まで読んでいただくとポイントを獲得することができます。 ちなみにポイント対象の作品はページをとばすことはできないので最後までページをめくっていただくほかありません。 その2 広告を見る マガポケでは一日三回、広告を見ることでポイントを得るチャンスがあります。 TOP画面で流れている赤い宝箱のアイコンを押していただくか、タスクバーにあるマイページのポイント購入を押していただくと表示されるポイント購入画面の 動画視聴でポイントをGET! を押してください。 すると動画広告が流れるのでそれを視聴していただいて、その後現れる三つの宝箱の中から一つ選んでいただくとポイントが1・5・10・50のなかからランダムで表示されます。 これを後二回繰り返してください。 ちなみにこの方法はいろいろ分析して月どのくらい集められるか、どの宝箱を選ぶべきなのかなども検証しているので気になる方はぜひご覧ください。 その3 アプリインストールや会員登録 TOP画面の宝箱のアイコン、あるいはマイページのポイント購入からポイント購入画面に移ってください。 そこの 無料でポイントをGET! を押してもらうとマガポケ内にて使用できるポイントを条件達成で獲得できる案件が掲載された画面に飛びます。 そこから自分ができそうな案件を選んで条件を達成してください。 条件のハードルが高いほど獲得できるポイントも多いです。 終わりに 以上がマガポケのポイントを無料で集める方法です。 この記事に目をとめていただきありがとうございました。 ji-ronn.

次の

最大で50ポイントゲット!?マガジンポケット(マガポケ)のルーレットについて紹介

マガポケ 広告

マガポケが無料でマンガが読める理由2つ マガポケが無料でマンガを読める理由は大きく分けて2つあります。 それぞれ詳しく解説していきます。 それが 「運営する講談社が出版社であること」 です。 運営企業が出版社でない企業の場合はマンガを掲載するのに出版元へ掲載料を支払わなければなりません。 違法なマンガサイトではこの掲載料を支払っていない事が問題になっていたんですよね。 掲載料がなければ出版元も作者にも影響が出てきてしまいます。 なので、出版元以外の場合は必ず掲載料を支払わなければいけません。 しかし、マガポケはマガジン関連のマンガ雑誌を出版している講談社が運営しています。 マガポケでは自社で出版しているマンガを掲載しているだけなので、 掲載料は一切払う必要がないんですよね。 これが無料でマンガを提供出来る大きな理由です。 マガポケの売上げのメインとなっているのが「 F2Pモデル」というビジネスモデルです。 F2Pモデルとは分かりやすく言うと「 課金」の事です。 マガポケでは基本的にはポイントを使ってマンガを読む事が出来るようになっていますよね。 ポイントは無料で配布されていますがまとめて読むには課金してポイントを購入する必要があります。 この課金によって収益を立てる事「F2P」モデルというです。 F2Pとは「Free to Play」の略称です。 日本語に言い直すと「 基本無料で課金要素有り」の事を指しています。 F2Pモデルと言えばスマホゲームで扱われる事が多いですが、マンガアプリとも非常に合っているんですよね。 比較的に少額の課金で楽しむ事が出来るからです。 マガポケでもエピソードの1話辺り20円〜50円程度で読む事が出来るようになっています。 こういった少額の課金で楽しむ事が出来るという点はもしかするとマンガアプリはゲームアプリよりもF2Pモデルに合っているのかもしれません。 ポイント以外の課金も! マガポケではポイント以外の課金モデルもあります。 それが 「週間少年マガジンの定期購読」 です。 マガポケでは 月額840円を支払えば週刊少年ジャンプを購読できるサービスがあります。 紙媒体の週間少年マガジンを購入するよりも安くバックナンバーも半永久的に保存されるので、非常に便利でお得サービスなんですよね。 週刊少年マガジンを購読するためにマガポケを入れたという方も多いのではないでしょうか。 この課金によってもマガポケでは大きな収益を挙げる事に成功しています。 マンガが無料で読めるのは有料コンテンツへの導線 ご紹介してきた内容をまとめると、マガポケで無料でマンガが読める理由は 「有料コンテンツへの導線」 という側面が強いです。 マガポケでは冒頭のエピソードと最新話付近のエピソードが基本的に無料で読める様になっていますよね。 そのエピソードを読む事によって私達読者は思わず気になってしまう作品を見つけてしまいます。 見つけてしまうとその読者は続きが気になってポイントで先を読んだり、まとめて読みたいと思った方は単行本を購入するかもしれません。 このように作品に興味を持ってもらう事で課金や単行本への売上げにかなり繋がるんですよね。 しかし、決して無料では全て読めないという訳ではなく待ってさえいれば無料で読めるようになっているという事も読者が他のマンガアプリに離れていかないようにするために非常に重要な事です。 この辺りの無料システムはマンガアプリを運営するのに非常に難しいところなんだなと思います。 単行本の売上げは下がらないの? 無料でマンガを提供していると気になってくるのが 「単行本の売上げが下がる」 という事です。 掲載料はかからないにしても、自社のマンガを無料で提供してしまったらマンガの主な売上げになる単行本が売れなくなってしまうのではないかと思いますよね。 正確な売上げは公表されていないので分かりませんが、恐らくは下がっているのではないかと思っています。 しかし、単行本の売上げが下がっても課金による売上げが出ていればそこで相殺されるか単行本の売上以上の収益が見込めるんですよね。 まとめ いかがでしたでしょうか。 マガポケの無料の仕組みはほとんどは課金によるものです。 他のマンガアプリでは広告収益を重要視している所もありますが、マガポケでは一切広告は掲載しておらずあるのは「リワード広告」だけです。 リワード広告というのは、紹介サイトに登録したらポイントが貰える機能の事を言います。 広告の収益はリワード広告のみなのであまり力は入れてなさそうなんですよね。 マガポケでは明確なビジネスモデルが構築されているので、「漫画村」のような違法サイトとは正反対な安心出来るマンガアプリとなっています。 皆さんも安心してマガポケをご利用ください。 マガポケの無料仕組みについてご紹介しました! マガポケについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事ご覧下さい。

次の

マガポケは複数端末でも読むことができるか検証してみました

マガポケ 広告

そもそもマガポケって? まずは、マガポケを知らない方に簡単なご説明を。 マガジンポケットは、講談社が運営しているマンガアプリです。 「週刊少年マガジン」の公式アプリとして、2015年7月にリリースされました。 主にマガジン系列や講談社が出版しているマンガ作品を読むことが無料で読むことができるマンガアプリです。 この時のマンガポケットは正直言ってしまえば、かなり使いづらかったんですよね・・・。 ランキングは見づらく、お気に入り機能もついてなかったのでユーザーもすぐに離れて行ってしまいました。 しかし! そんなマガポケが2017年11月に大幅なリニューアルを実行し生まれ変わりました! ランキングやお気に入り機能はもちろんのこと掲載作品数も増大されるなど以前のマガポケの面影はもうありません。 マガポケでは基本的に「 ポイント」を消費して作品のエピソードを読みます。 今回はこのポイントについて解説していきます。 ポイントはマンガを読む時に使う! ポイントの使い道は、マンガ作品を読む時に使います。 規定のポイントを消費することでエピソードを1つ読むことが可能です。 少し厄介なのが、マガポケでは マンガ作品毎に消費するポイントの価格は変わってきます。 例えば、超有名作品の「進撃の巨人」は1話辺り 150pかかります。 お金で換算すると1話150円です。 「流石に高すぎ・・・」 と驚愕してしまいました。 しかし、他の作品を見てみると 5p のものあるんですよね。 進撃の巨人を1話読むより、「ひめドレ」を全部読んでもこちらの方が安いんですよね。 色々な作品を見ているとポイントの価格は以下の傾向があるようです。 有名作品は高くなる(例外はある)• 最新話は高くなる 基本的に80p• 基本的には50p• また、どの作品でも最新話付近のエピソードは高いです。 他のエピソードが50pだとしたら最新話付近は80pになっていました。 その代わり、初めの十数話は20pと安くなっていました! マガポケではその作品を見てみないとポイントがどれくらいかかるのかが分かりません。 なので、読みたい作品がある時はポイントがどれぐらい必要になるかを事前に確認しておくことが大切です。 作品を読む以外のポイントの使い道 ポイントは作品を読む以外にも様々な使い道があります。 WEB版「週刊少年マガジン」を購入する マガポケは「週刊少年マガジン(週マガ)」と「別冊少年マガジン(別マガ)」の公式アプリです。 なので、当然ながら週マガや別マガを購入することもできます。 購入はアプリの右下にある「少年マガジン」を押すと連載中のマガジン作品一覧が出てきます。 そこの左上にある「週刊少年マガジンを購入する」というボタンを押せば最新号をポイントで購入することができます。 最新号以外にもバックナンバーを購入することも可能です。 価格は紙媒体のものと変わりませんが、手軽に購入できるのはいいですよね。 作品の応援に使う マガポケでは、マンガ作品を応援することができます。 応援はランキングに影響するので、作品にとっては非常に重要なものです。 応援は作品のエピソードを読み終わった時にすることができます。 1度までなら何も消費することなく応援できます。 もっと応援したい場合は5ポイント消費することでさらに応援することが可能です! ランキングは応援数とお気に入り数で順位が変わってくるので非常に重要です。 好きな作品はぜひ応援してあげてください! マガジン作品のイラストやギャラリーも購入可能! マガポケではマンガだけでなくマガジン作品に関する様々な情報を発信しています。 そういったイベント情報の中にイラストやギャラリーがポイントで購入できることがあります。 イベントページはTOPから閲覧することができます。 例を挙げると、マガジン有名作品「FAIRY TAIL」のイラストギャラリーや壁紙が購入できます。 これ以外にも様々な作品のイラストギャラリーや壁紙が販売されていますので、一度みてみてはいかがでしょうか! ポイントの貯め方は3つ! まず、マガポケでポイントを貯める方法は主に3つあります。 ルーレット• 紹介サイトの登録・アンケート回答• 課金する 順にご紹介していきましょう。 最高の50pは中々出ることがなく大抵は5pです。 しかし、塵も積もれば山となるです。 紹介サイトはショップページの上部にある「無料でポイントGET! 」から見ることができます。 紹介サイトの中には「dTV」や「U-NEXT」「TSUTAYA-DISCUS」など有名な企業のものが多いです。 有料会員登録のサイトが多いですが、基本的にはお試し期間が設けてありそれまでに解約すれば無料でポイントを獲得できるものが多いです。 中には無料で10,000ポイント以上貰えるサイトもありますが、ほとんどがクレジットカード発行が条件になっています。 クレジットカード関係のサイト登録はもちろん無料でポイントを貰うことは可能ですが、大抵審査が必要なので即日では貰えないということは覚えておきましょう。 ポイントはショップページから課金で購入できます。 1回だけ240pを120円で購入できるキャンペーンの他に3,100p以上はおまけポイントがつくようになっています。 購入できるプランは以下のようになっています。 価格 ポイント おまけ 240円 240p なし 360円 360p なし 600円 600p なし 1,400円 1,400p なし 3,100円 3,100p 100p 5,200円 5,200p 200p 10,200円 10,200p 400p 20,700円 20,700p 900p 31,200円 31,200p 1,400p 最大で3,1200円まとめて購入することができます。 ここまでまとめて購入できるアプリ中々ないですよね。 無理してまとめて購入する必要はあまりないのかなと思います。 まず必要分だけ購入して、足りなくなったら購入するという方法がベストかなと思います。 他の方法よりも最速でポイントを手に入れられますので、手っ取り早く欲しい方はやはり課金してしまうのが一番です!.

次の