ミヨシ 石鹸 ハンド ソープ。 ハンドソープが品薄・売り切れ!どこで買える?

MIYOSHI SORP CORPORATION|ミヨシ石鹸の公式オンラインショップ

ミヨシ 石鹸 ハンド ソープ

ミヨシ石鹸株式会社 そもそも ミヨシのハンドソープって何?と言う人のために簡単に言いますと、 ミヨシのハンドソープは、 「ミヨシ石鹸株式会社」という会社が販売している 無添加のハンドソープです。 ミヨシ石鹸株式会社の主な事業は 「化粧品の研究開発および製造販売」です。 これは会社のホームページに記載してあるので、気になる人は見てみて下さい。 ミヨシの無添加シリーズは、 シャンプー、リンス、ボディーソープなど様々な商品があります。 世の中には市販の石けんなどを使うと化学物質のせいで、 アレルギー症状が出る人がいます。 ミヨシの商品はそういった人達でも使える様に、肌に優しい成分しか入っていません。 もちろん、100%安全とは言いませんが、それでも一定のテストはクリアしているようなので、多くの人は安心して使う事が出来ると思います。 無添加 泡のハンドソープ 上の画像が今まで私が使っていたハンドソープです。 価格は大体450円前後だと思います。 成分はこれだけです。 市販のハンドソープはすごい数の添加物を使っている中、このシンプルさは素晴らしいですよね。 私は別に 無添加至上主義ではありませんが、それでも必要ない成分はなるべく無い方が良いと言う考えです。 ちなみに 「カリ石けん素地」とは 油と水と水酸化カリウム 苛性カリ を混ぜ合わせたものの事を言うみたいです。 このハンドーソープを半年以上使ってきましたが、特に問題なく良かったです。 唯一デメリットを上げるとしたら、ニオイです。 無添加なので 無臭です。 今まで市販のハンドソープを使ってきた人が、ミヨシのハンドソープを使うと戸惑うかもしれません。 それは ニオイが無いので洗った感が出ないのです。 ニオイがここまで、気持ちに影響するとは思いませんでした。 実際、私も最初は少し戸惑いましたが、使っていく内にすぐに慣れました。 無添加 白いせっけん ミヨシのハンドソープの洗った感に少しの戸惑いはありましたが、 その後使い慣れていき、ある日中身が少なくってきたので詰め替えを買おうとしていました。 しかし、 近所のドラッグストア、それ所かネット通販にすら在庫がありませんでした。 そうです、 コロナの影響です。 それから後日、無いとは分かっていましたが一応近所のドラッグストアに行きました。 案の定ハンドソープのコーナーにあったはずのハンドソープは全て売り切れでした。 諦めて帰ろうとしたその時、 ふとハンドソープが置いてあっただろう棚の下を見ると、何と 大量の固形石鹸の在庫がありました。 私はこの時、少し笑ってしまいました。 何故かと言うと、 「泡じゃないと言う理由だけで、こんなにも無視されるものなのか?」と。 そしてその時に偶然これを見つけました。 この石鹸はミヨシの 「無添加 白いせっけん」という固形石鹸です。 後から知ったのですが、 ネット通販上ではこの商品は ボディ用と記載されています。 しかし、 どれだけ調べてもボディ用とはどこにも書いていません。 公式サイトでも確認しましたが、ボディ用とは書いていません。 リンク貼っときますので、気になる人は見てみて下さい。 仮にボディ用としても、全身に使える時点で何の問題もありません。 話を戻しますがこの固形石鹸は、 ハンドソープと同じ会社のミヨシの石鹸だったので、試しに買いました。 しかし、この固形石鹸は少し成分が違います。 それがこれです。 塩化Naは 洗浄力を上げるために使われているようです。 私の調査力では、この説明が限界です。 間違っている可能性もありますので、気になる人は一度自分で調べてみて下さい。 という感じで、ハンドソープより少し成分は多いですが、必要最低限なので許容範囲でしょう。 この固形石鹸は3個入りで、価格は 大体450円だと思います。 パッケージの袋を開けるとこんな感じです。 安心の個別包装です。 これこそが、 「メイド イン ジャパン クオリティ」です。 細やかな気遣い最高です! そして、中身はこんな感じです。 分かりづらいですが、真ん中に「 MIYOSHI」の文字が見えます。 使ってみた感想 使ってみた感想ですが、そりゃあ普通です! なんて言ったって普通の固形石鹸ですもん。 この感想ではちょっとアレなんで、ハンドソープと比較した感想を言います。 この固形石鹸は、ハンドソープには負けますが、 思っているより少し泡立ちが良いと思います。 手を濡らしてから使い始めると割とすぐに泡立つような気がします。 私は、泡立てネットなどは何も使っていません。 その状態で泡立ちは良いように感じましたので、泡立てネットを使うと良い感じになると思います。 次にニオイですがこれはハンドソープが0だとしたら、固形は2です。 牛脂のニオイだと思いますが、ほのかにやさしいニオイがします。 これにより、ハンドソープよりも 洗った感がUPしました。 洗浄力は同じように感じます。 洗い流しやすさは、ハンドソープの方が少し上の感じがします。 私の感覚ではこんな感じです。 まとめ 今回は主に ミヨシのハンドープ、またはその詰め替えが無い! と言う人のために代替案を述べました。 コロナの影響は凄まじいものがありますが、少し視点を変えると代わりはあるかもしれません。 今回紹介したミヨシの 「無添加 白いせっけん」は、この記事を書いている時点ではまだ在庫は結構あります。 (2020年5月7日時点) ですので固定石鹸でも良いという人はぜひ参考にしてみて下さい。

次の

ミヨシのハンドソープを買うつもりの人への代替案の話|水瓶座男のブログ

ミヨシ 石鹸 ハンド ソープ

スーパーにもよってきたのだが、ハンドソープが入荷遅れてる代わりなのか固形石鹸がめちゃめちゃ並べられててなるほどと思った。 手洗いは薬用ソープでなくても 普通の固形石鹸でも充分効果があります。 ただ 1番大切なのは 流水で20秒以上すすぐこと! これを守れば安心です。 我が家ではずっと以前から ハンドソープもボディーソープも使っていません。 固形石鹸で代用しています。 価格もリーズナブルで家計に優しいし。 色々な香りのものも出ているし。 この際 こでい石鹸に変更するのも悪くないと思います。 固形石鹸は 洗面所でも お風呂場でも 我が家ではとても重宝しています。 ハンドソープ売り切れなら代替で!ボディーーソープや石鹸は? 仕事帰り、ハンドソープ品切れブチ切れからの、ミューズ購入。 's — ガンプライバー GunpLiver 薬用せっけんなら尚いいです。 この際 手洗いはハンドソープでなくてもいい!という真実に気が付きましょう。

次の

ハンドソープが売り切れ・売ってないのはなぜ?石鹸で代用は大丈夫?

ミヨシ 石鹸 ハンド ソープ

ミヨシ石鹸株式会社 そもそも ミヨシのハンドソープって何?と言う人のために簡単に言いますと、 ミヨシのハンドソープは、 「ミヨシ石鹸株式会社」という会社が販売している 無添加のハンドソープです。 ミヨシ石鹸株式会社の主な事業は 「化粧品の研究開発および製造販売」です。 これは会社のホームページに記載してあるので、気になる人は見てみて下さい。 ミヨシの無添加シリーズは、 シャンプー、リンス、ボディーソープなど様々な商品があります。 世の中には市販の石けんなどを使うと化学物質のせいで、 アレルギー症状が出る人がいます。 ミヨシの商品はそういった人達でも使える様に、肌に優しい成分しか入っていません。 もちろん、100%安全とは言いませんが、それでも一定のテストはクリアしているようなので、多くの人は安心して使う事が出来ると思います。 無添加 泡のハンドソープ 上の画像が今まで私が使っていたハンドソープです。 価格は大体450円前後だと思います。 成分はこれだけです。 市販のハンドソープはすごい数の添加物を使っている中、このシンプルさは素晴らしいですよね。 私は別に 無添加至上主義ではありませんが、それでも必要ない成分はなるべく無い方が良いと言う考えです。 ちなみに 「カリ石けん素地」とは 油と水と水酸化カリウム 苛性カリ を混ぜ合わせたものの事を言うみたいです。 このハンドーソープを半年以上使ってきましたが、特に問題なく良かったです。 唯一デメリットを上げるとしたら、ニオイです。 無添加なので 無臭です。 今まで市販のハンドソープを使ってきた人が、ミヨシのハンドソープを使うと戸惑うかもしれません。 それは ニオイが無いので洗った感が出ないのです。 ニオイがここまで、気持ちに影響するとは思いませんでした。 実際、私も最初は少し戸惑いましたが、使っていく内にすぐに慣れました。 無添加 白いせっけん ミヨシのハンドソープの洗った感に少しの戸惑いはありましたが、 その後使い慣れていき、ある日中身が少なくってきたので詰め替えを買おうとしていました。 しかし、 近所のドラッグストア、それ所かネット通販にすら在庫がありませんでした。 そうです、 コロナの影響です。 それから後日、無いとは分かっていましたが一応近所のドラッグストアに行きました。 案の定ハンドソープのコーナーにあったはずのハンドソープは全て売り切れでした。 諦めて帰ろうとしたその時、 ふとハンドソープが置いてあっただろう棚の下を見ると、何と 大量の固形石鹸の在庫がありました。 私はこの時、少し笑ってしまいました。 何故かと言うと、 「泡じゃないと言う理由だけで、こんなにも無視されるものなのか?」と。 そしてその時に偶然これを見つけました。 この石鹸はミヨシの 「無添加 白いせっけん」という固形石鹸です。 後から知ったのですが、 ネット通販上ではこの商品は ボディ用と記載されています。 しかし、 どれだけ調べてもボディ用とはどこにも書いていません。 公式サイトでも確認しましたが、ボディ用とは書いていません。 リンク貼っときますので、気になる人は見てみて下さい。 仮にボディ用としても、全身に使える時点で何の問題もありません。 話を戻しますがこの固形石鹸は、 ハンドソープと同じ会社のミヨシの石鹸だったので、試しに買いました。 しかし、この固形石鹸は少し成分が違います。 それがこれです。 塩化Naは 洗浄力を上げるために使われているようです。 私の調査力では、この説明が限界です。 間違っている可能性もありますので、気になる人は一度自分で調べてみて下さい。 という感じで、ハンドソープより少し成分は多いですが、必要最低限なので許容範囲でしょう。 この固形石鹸は3個入りで、価格は 大体450円だと思います。 パッケージの袋を開けるとこんな感じです。 安心の個別包装です。 これこそが、 「メイド イン ジャパン クオリティ」です。 細やかな気遣い最高です! そして、中身はこんな感じです。 分かりづらいですが、真ん中に「 MIYOSHI」の文字が見えます。 使ってみた感想 使ってみた感想ですが、そりゃあ普通です! なんて言ったって普通の固形石鹸ですもん。 この感想ではちょっとアレなんで、ハンドソープと比較した感想を言います。 この固形石鹸は、ハンドソープには負けますが、 思っているより少し泡立ちが良いと思います。 手を濡らしてから使い始めると割とすぐに泡立つような気がします。 私は、泡立てネットなどは何も使っていません。 その状態で泡立ちは良いように感じましたので、泡立てネットを使うと良い感じになると思います。 次にニオイですがこれはハンドソープが0だとしたら、固形は2です。 牛脂のニオイだと思いますが、ほのかにやさしいニオイがします。 これにより、ハンドソープよりも 洗った感がUPしました。 洗浄力は同じように感じます。 洗い流しやすさは、ハンドソープの方が少し上の感じがします。 私の感覚ではこんな感じです。 まとめ 今回は主に ミヨシのハンドープ、またはその詰め替えが無い! と言う人のために代替案を述べました。 コロナの影響は凄まじいものがありますが、少し視点を変えると代わりはあるかもしれません。 今回紹介したミヨシの 「無添加 白いせっけん」は、この記事を書いている時点ではまだ在庫は結構あります。 (2020年5月7日時点) ですので固定石鹸でも良いという人はぜひ参考にしてみて下さい。

次の