海 に 持っ て いく もの。 海水浴に必須な持ち物リスト!SNS映えアイテムやあったら便利なグッズも!

海水浴の持ち物リスト55選。準備に便利なチェックリスト

海 に 持っ て いく もの

海水浴に必須な持ち物リスト!SNS映えアイテムやあったら便利なグッズも! 2019. 17 夏のレジャーの定番といえば、やっぱり海! でも、周辺にお店も少ないことが多く、現地についてから「あれがない!」「これ忘れた…」なんて後悔することも… そんな悔しい思いをしないために!海に行く時に必ず持っていきたい持ち物、あると便利な物をリストアップ。 また禁止事項や、禁止区域などがあることも。 現地では、予期しないほどの大きな波が来ることもあります。 周囲をよく見渡してすぐに危険を察知できるように注意しながら遊びましょう。 崩れるのが怖くて濃くするのは逆効果。 ヘアスタイルも崩れにくいものにしておきましょう。 クラゲなどに代表される、触ると危険な生物も!中には刺されると生命にかかわる場合もありますので、見つけたらすぐにその場を離れましょう。 その際は着替えの下着や衣服を忘れないように持っていきましょう。 ビーチバッグ 海辺に荷物を持っていくためにビーチバッグは必需品。 汚れても洗えるタイプのものや、濡れてもOKなビニール製、ナイロン製のものなどを使用しましょう。 バッグ自体が重くない軽めのタイプがオススメです。 日焼け止め 日焼け止めを忘れずに持って行きましょう。 ついつい遊びに夢中になって、後からヒリヒリ…なんてことにならないように、しっかり対策を。 スプレータイプのものなら手軽に塗り直しもできるため便利です!様々な種類が発売されているので、好みのものを持って行きましょう。 羽織りもの 水遊びで一時的に冷えてしまうこともあるため、長袖を1枚は持って行きたいところ。 また、真夏の日差しは強力!日焼け対策にも効果的な、UVカット効果のあるパーカーなどがよりオススメです。 ビーチサンダル 友達とお揃いや色違いを買うのもGOOD! 砂浜で遊ぶためにビーチサンダルは必須!砂の熱さ対策としてはスニーカーでもいいのですが、脱ぎ履きが面倒で、砂も入ってしまうので不向き。 足が疲れにくいタイプのサンダルを探して持って行きましょう。 帽子 太陽から近く、日差しを最も浴びるのが頭です。 日焼け対策にもなるため、帽子は必ず持って行きたいアイテム。 レジャーシート 荷物を置いておくためにも、レジャーシートはマスト!夏の砂浜はとても熱くなっているので、なるべく厚めのタイプの方が、熱が伝わりにくいのでオススメです。 特に下着は、出発前に水着を着用していくと忘れがち。 ワンピースなど、なるべく脱ぎ着が楽な服をチョイスするのが良いでしょう。 軽くて小さいので、かさばらないのも良いですよね。 汚れたものや脱いだ水着を入れるために、ビニール袋もいくつか持って行きたいアイテムです! 3. スマホ用防水ケース 海の中で写真を撮りたい!という時にも便利なのが防水仕様のスマホケース。 波にさらわれないよう、ストラップ付きはマスト。 砂が入らないよう、防塵機能付きがオススメです。 ウェットティッシュ 水道や手洗い場が混雑しているときや、海辺で食事する際などに便利なのがウェットティッシュ。 手拭き、汗拭き、汚れ落としと、何でも使えるので携帯用を1つ持っておきたいですね。 クーラーボックス 1つあると何かと便利なクーラーボックス あつ~い海辺で飲みたいのは、やっぱりキンキンに冷えたドリンクですよね。 友達と相談して持ち物を分担していくのがいいかも! 6. 小銭 海にお財布を持っていくのは重くて不便な上に、盗難にも合いやすいため不向きです。 ヘアゴムやシュシュ 海に長時間いると、紫外線や海水の影響でゴワゴワヘアになってしまうので、ロングヘアの人はなるべく束ねるのがGOOD。 携帯用ボトルに詰め替えたものや、ドラッグストアなどに売っている1回お試し用のタイプを持参すると良いでしょう。 絆創膏などの救急セット 水着は肌の露出も多く、また海辺はケガをしやすい場所がたくさん。 浮き輪 動物やドーナツ、フルーツ型など、バリエーション豊富! 海遊びで欠かせないのはプカプカ可愛い浮き輪!泳げない人のためだけではなく、近頃はインスタ映えしそうなカラフルなものや、動物の形をした浮き輪がたくさん発売されています。 ビーチボール 海でもビーチでも遊べるのがビーチボール。 海で遊ぶ時ぐらい、思いっきり童心にかえってビーチボールで遊んじゃいましょう!コチラも浮き輪と同じく、空気入れをお忘れなく。 ボトルホルダー 缶の飲み物などをいれて、そのまま海の上でプカプカ浮かべられるボトルホルダー。 友達とお揃いで、可愛いホルダーをゲットして持って行きたいですね! 5. 水鉄砲 カラフルでポップな水鉄砲も海に持って行きたいアイテム。 花火 夜のビーチで遊ぶならやっぱり花火がマスト!夏の夜には欠かせないアイテムですよね。 関東近郊のおすすめビーチ 1. 城崎海水浴場 城崎海水浴場 城崎海水浴場 白く美しい砂浜が約300mに渡って続き、海水の透明度も定評のある海水浴場です。

次の

海に持っていくと便利な物

海 に 持っ て いく もの

夏のアウトドアといえば海水浴。 海で遊ぶのはとても楽しいですよね! ですが、海水浴はプールなどと違ってあまり頻繁には行かないもの。 そのため、「 海水浴に行くには持ち物は何が必要なの?」と悩む方も多いのではないでしょうか。 海水浴はアウトドアなので、持ち物をきちんと準備しておかないと不便な思いをしてしまうかもしれません。 そこで、今回は 海水浴の持ち物リスト55選を紹介したいと思います。 必ず持っていくもの• あると便利なもの• 楽しい遊び道具• 子供連れにおすすめ• 当日準備するもの と分けてありますので、それぞれ参考にしてみてください。 持ち物をちゃんと準備して、楽しい海水浴にしましょう! スポンサーリンク 目次• 必ず持っていくものリスト ここでは、海水浴に必ず持っていくものをリストにしました。 ここに挙げた持ち物は、忘れると痛い目を見るかもしれません…必ずチェックしましょう!横の数字は一人当たりに必要な個数ですので、参考にしてみてください。 1.水着 1着 海水浴に行く上で一番大事な持ち物ですね。 海に入りたい方は必ず持っていきましょう!自宅で着てその上に服を着ていけば、海に着いたとき 着替えが楽ですよ。 2.日焼け止め 1つ 海水浴では、太陽から直接浴びる紫外線はもちろん、水面や砂浜から反射した紫外線も浴びることになります。 いつもより日焼け対策はバッチリしましょう! SPF40~50のウォータープルーフのものを選べば問題なしです。 こまめな塗り直しも忘れずに! 3.着替え(下着など) 1着 着替えは予備に1着持っていくと安心ですね。 また、自宅から水着を着ていくと 下着を忘れがち。 必ず持っていきましょう! 4.バスタオル 2枚 砂浜で使う用と、最後のシャワー後に使う用に、 最低2枚は持っていきましょう。 日焼け対策で肩に掛けたり、座る時にレジャーシートだけでは熱すぎるとき下に敷いたりと、いろいろと重宝します。 5.フェイスタオル 2枚 フェイスタオルはあるだけ便利です。 薄手のものならかさばらずに持っていけますね。 6.ポケットティッシュ、ウェットティッシュ 1つ ポケットティッシュも必需品ですね。 海水浴場のトイレは 設備が不十分なことも多いので、ティッシュがあると安心です。 ウェットティッシュは、手に付いた砂などが綺麗に拭えるので食事をするときなどに大活躍します! 7.ビーチサンダル 1足 夏の砂浜は想像以上に熱いので、ビーチサンダルがあると歩くのに便利ですね。 また、砂浜は石や貝殻が転がっているので、ビーチサンダルを履けば 怪我対策にもなります。 海に入る時は、流されないように波打ち際から遠いところで脱いでおきましょう!海に流されていくビーチサンダルをよく見かけます… 8.パーカー、ラッシュガード 1着 パーカーもあると便利です。 砂浜にいるときは日焼け対策にもなりますし、肌寒くなってしまったときにも重宝します。 ラッシュガードなら着たまま海に入れるので便利ですよ。 体形隠しにもなります。 9.帽子 1つ 熱中症予防のためにも、なるべく帽子は持っていきましょう。 ツバが大きい物がいいです! 10.サングラス 1つ 目への 紫外線や日差し対策に必要です。 サングラスで目を守りましょう。 11.ヘアゴム 1、2個 髪の毛の長い方には必需品。 海水や潮風などで 髪の毛がベタベタになるので、ヘアゴムで一つにまとめてすっきりさせましょう!首の後ろの日焼けに気をつけてくださいね。 12.シャンプー、ボディーソープ 1つ 髪の毛や体がベタベタな状態で帰るのは嫌ですよね。 旅行用などの小さい物を持っていくと便利です!髪の毛がキシキシになるのが嫌な方はコンディショナーも。 13.化粧水、乳液 1つ 海水浴後の肌は日焼けでとても 乾燥しています。 化粧水や乳液などをきちんとつけてお肌をケアしましょう。 14.ビニールシート 1枚 砂浜で休憩したり、荷物を置いたりするのに必要です。 忘れてしまった場合は海近くのコンビニに置いてあることも。 なるべく大き目のものを持っていきましょう。 15.ワンタッチテント 1つ 休憩する時に日除けがあるとやはり楽ですので、ビニールシートのほかにテントがあると便利です。 パラソルは思ったほど日除けにならないので、テントの方がおすすめ! 16.スマホ充電器 1つ スマホは何かと使うので、スマホの充電器があると安心ですね。 車で充電できるものも便利です。 17.救急グッズ 1セット 海には怪我がつきもの。 特に、砂浜の石や貝殻、流木で足を怪我することが多いので、最低でも 絆創膏や消毒液は持っていきましょう。 18.ビニール袋 数枚 濡れたものやゴミなどを入れるのにとても重宝します。 大きいサイズと小さいサイズの両方あると便利です。 【福井県坂井市の芝政ワールド情報】 あると便利なものリスト ここでは、海水浴にあると便利なものをリストにしてあります。 全部持っていくのは大変なので、自分に必要だと思った持ち物を選んで持っていきましょう。 19.ジップロック 5枚 水に濡らしたくない貴重品を入れるのに重宝します。 あとは食べかけのご飯などもしまっておけますね!何かと使い道はあるので、持っていって損はないです。 20.マリンカプセル 1つ 小銭や鍵などを持ち歩くのに便利です。 防水で丈夫なので身に付けたまま海にも入れますよ。 最近はおしゃれなデザインのものも。 21.時計 1つ 海水浴場は 時計がないところが多いので、防水かまたは壊れても大丈夫な安いもの(100均にも売っています)があると便利です。 海水浴場ではあっという間に時間が過ぎますから、時間はきちんと確認しましょう。 22.スマホ防水ケース 1つ スマホ防水ケースがあれば、 濡れた手でそのままスマホをいじれるのでおすすめです。 写真も撮れますね!少し不安かもしれませんが、値段が高めなものを買えば水中でもちゃんと使えたりしますよ。 23.防水カメラ 1つ スマホを海水浴場で使うのに抵抗がある方は、やはり防水のカメラを買った方が安心ですね。 安心して思い出を写真に残すことができます! 今はやりの「 写ルンです」にも防水仕様のものがあります。 24.冷えピタシート 3~4枚 火照った体を冷ますのに大活躍します。 おでこに貼るだけじゃなく、肩などにも貼ると冷たくて気持ちいいですよ。 25.日焼け肌用保湿ジェル 1つ もし日焼けしてしまった場合にこれがあるととても便利です。 アロエジェルが有名ですよね。 ダメージを受けた肌の炎症を抑えてくれます。 26.制汗グッズ 1つ 制汗グッズは夏のアウトドアには欠かせないですね。 シャワー後に使うと 肌がサラサラになり、すっきりした気分で帰れます。 27.クーラーボックス 1つ 食べ物や飲み物を冷やしておくのに重要なアイテムです。 クーラーボックスがあれば食べ物も傷みにくく、飲み物も冷えた状態で飲めるのでぜひ持っていきたいところ。 28.圧縮袋 3~4枚 タオルや衣類をたくさん持っていくと思うので、 圧縮袋があると便利ですね。 旅行用のものなら簡単に圧縮できます。 29.サマーベッド 1つ 持っていくのは大変ですが、 あると快適に過ごせます。 海の家でも借りることもできるので無理に持って行かなくても大丈夫だとは思いますが、車で行く方はぜひ持っていきましょう! 30.パラソル 1つ テントがない場合はパラソルを持っていきましょう。 見た目も海水浴に来た雰囲気が出るのでいいですよね。 31.うちわ、扇子 1つ 暑い時にさっと扇げるので便利です。 扇子より うちわの方が汚れも気にせず使えるのではないでしょうか。 32.ウォータータンク 1~2個 水を入れたポリタンクを車に積んでおけば、帰る時に 手足や履物に付いた砂を落とすことができて便利です。 車に砂を持ち込まなくて済みますよ。 水着なども洗えます。 33.ポータブルシャワー 1つ ウォータータンクに取り付ければ、 即席シャワーの完成!海の家のシャワーを使わずに済むので何かと楽ですよ。 34.シリコンバケツ 1つ 大きめのシリコンバケツを持っていると、濡れたものを一時的にごそっと置けるので 着替えの時にとても便利です! 35.空気入れ 1つ 浮輪などを持っていくときに。 海の家にもありますが、並ぶことも多いです。 並ぶのが嫌な方は持っていくといいですね。 スポンサーリンク 楽しい遊び道具 ここでは、海水浴で楽しい遊び道具をリストにしました。 これらの持ち物があると海水浴がまた一段と楽しくなりますよ。 ぜひ持っていって遊び尽くしましょう! 36.浮輪 1つ 海での遊び道具として欠かせないのはやっぱり浮輪ですね。 ボートタイプのものも楽しいのでおすすめです。 ただし長時間ぷかぷか浮いていると肩や背中が日焼けするので注意! 37.ビーチボール 1つ ビーチボールも手軽に遊べていいですね。 周りの人に迷惑を掛けないように遊びましょう。 ビーチボールは 波に流されやすいので気をつけて! 38.水鉄砲 1台 水鉄砲もあると楽しいです。 子ども用の小さなものから、しっかりした造りの大きなものまで種類がたくさんあります。 バシャバシャ撃ち合って遊びましょう! 39.ビーチフラッグ 1つ ビーチフラッグも手軽に遊べます。 ペットボトルとかでも代用できますね。 遊ぶときは足元に気をつけましょう。 40.ボディーボード 1つ サーフィンよりも簡単に遊べるのでおすすめです。 浅いところでも十分楽しめるので子どもでも安心して遊べますよ。 海の家で貸し出しているところが多いです。 41.シュノーケルセット 1セット 綺麗な海に行くならぜひ持っていきたいですね! 泳いでいる魚とかが見えるとテンションが上がりますよ。 42.バーベキューセット 1セット 浜辺でバーベキューを楽しみたい場合は持っていきましょう。 ただし バーベキュー禁止の海水浴場もあるので、事前に確認を。 43.花火 1セット 夜になったら花火も楽しみたいですね。 こちらも 事前に禁止されていないか確認しましょう。 後始末も忘れずに! 【豊島園のプール・遊園地情報】 子供連れにおすすめ ここでは、子供連れにおすすめの海水浴での持ち物をリストにしました。 海水浴が好きなお子さんは多いですから、いい思い出になるように持ち物を準備万端にしておきましょう! 44.ラップタオル 1枚 ラップタオルがあると 子どもの着替えにとても便利です!そのまま体も拭けるので楽ちんですね。 45.ゴーグル 1つ プールと違って、海は水中に砂などが舞っていたりして 目に危険です。 潜りたがっている場合は、目を守るためにゴーグルをつけさせてあげましょう。 46.水中覗きメガネ 1つ ゴーグルだけだと潜れない子におすすめです!簡単に水の中を見ることができます。 小さい子にもおすすめ。 47.子ども用浮輪、アームリング 1つ 浮輪をしているときも砂浜で遊ばせているときも、アームリングはつけさせてあげると 安心です。 48.マリンシューズ 1足 砂浜はいろんなものが落ちているので怪我しやすいです。 また、海の中も貝殻などが流れていたりするので危ないです。 マリンシューズがあれば海の中でも しっかり足を守れますし、脱げる心配もないのでおすすめですよ! 49.砂遊びグッズ 1セット 子どもたちが大好きな砂場が一面に広がっているわけですから、 砂遊びグッズは持っていってあげたいですよね。 小さいバケツがあれば海水を汲んで遊べたりもできます。 50.水遊び用おむつ 2~3枚 まだ おむつが取れていないお子さんを連れていく場合は、水遊び用おむつがあると安心です。 2~3枚あれば安心ですね。 51.子ども用日焼け止め 大人用の日焼け止めは 子どもの肌には刺激が強い場合があります。 子ども用の刺激が弱いものを使った方がいいですね。 こまめに塗り直してあげましょう! 【東京サマーランドについて】 当日準備するもの ここでは、海水浴の当日に準備する持ち物をリストにしました。 当日になって忘れないように、入念に確認しましょう。 コンビニなどで準備するものが多いです。 海近くのコンビニは海水浴に必要なものが揃っていたりするので、売り場をチェックしてみるのも大事です。 52.食べ物 手作りして持っていったり、途中で買っていったりするのが良いですね。 海で遊ぶのはとても体力がいるので、かなりお腹が空きます。 食べ物はたくさん持っていきましょう!お菓子やアイスなどもあるといいですね。 53.飲み物 熱中症対策に、お茶やスポーツドリンクを中心にたくさん持っていきましょう。 水筒にいれて持っていくのもいいですが、コンビニに売っている凍ったペットボトルもあるといいですよ。 クーラーボックスに入れればそれ自体が氷代わりになるのでおすすめです。 54.氷 1袋 クーラーボックスに入れるための氷ですが、溶けたら手足を洗ったりするのに使えるので便利です。 コンビニで チャック付きのものを買うのがおすすめ。 55.小銭 3,000~5,000円分 海水浴場にはなるべく小銭を持っていきましょう!海の家やシャワーを使う時などに重宝します。 お札だと濡れてしまう可能性もありますからね。 コンビニなどでなるべく崩して持っていくのがおすすめです。 いかがでしたか? 海水浴の持ち物リスト55選を紹介しました。 海水浴はプールなどと違って設備が不十分なところも多く、また体調にも気をつけなければいけないので、楽しむためには しっかり持ち物を準備することが大切です。 この持ち物リストを見て準備して、万全な状態で海水浴を楽しんでくださいね。 そして素敵な夏の思い出を作りましょう! スポンサーリンク.

次の

ハワイでビーチに貴重品を持っていく方法

海 に 持っ て いく もの

卵・漬物など• 毎年海水浴に行く際は、 卵焼きとおむすびを持参していきます。 一昨年までは私の母が作っていたのですが去年から私が作るようになりました。 卵だけとネギ入りを卵2パック分くらい作っていったのですがすぐなくなりました。 お漬物は意外と人気で、海で塩分が失われるから補給できてちょうどいいし、暑いから衛生的にも良く、おにぎりやサンドイッチより軽く食べられるから便利。 胡瓜を塩漬けした物 暑いので塩分をとる為• 茎わかめなどすっぱいものがおすすめです。 また汗をかくとすっぱいものが欲しくなるので茎わかめ。 冷凍枝豆を袋ごとと、 キュウリと 味噌(小さなタッパーに詰めて冷凍しておく)。 冷凍してあるものが保冷剤代わりになり、枝豆とキュウリに味噌をつけたものはおつまみにいいです。 デザート・おやつはこれ! くだもの• スイカは大好評でした。 クーラーボックスに1玉まるごと入れて持って行き、スイカわりを楽しみました。 木刀と包丁と敷物(新聞紙など)を準備しなければなりませんが、大盛り上がりでした。 暑い日差しの下で食べる冷たいスイカは格別においしかったです。 スイカ スイカ割りしたりして遊んで楽しめて割った物をみんなで家では食べれない食べ方をして食べる• 果物はおすすめです。 一口サイズにカットをしてタッパーに入れ、家で冷凍庫で凍らせて海に持っていきます。 海で食べる頃にはカチカチに凍ってはないので、ひんやり冷たくて美味しいです。 スイカや メロンでよくやります。 パインや マンゴー、 ブドウを凍らせたものも良いとおもいます。 一度 果物を凍らせて持って行ったことがあるのですが、それもとてもよく美味しかったです。 やはりかなり暑いので、身体を冷やしてくれるものが人気です。 カットフルーツ( スイカや オレンジ)を家で冷凍していたものを、同じく冷凍した飲むゼリーやペットボトル飲料と一緒にクーラーボックスに詰めていきます。 アイス・ゼリーなど• 暑い海水浴場で、体の体温を下げるために アイスクリームはクーラーボックスに入れて持っていきます。 オススメの食べ物は、 蒟蒻畑などの ゼリーを凍らせて持っていったら、みんなに喜ばれました。 ゼリーやヨーグルトをキンキンに凍らせていくと、食べるときにちょうどいい冷たさになっておいしいのでよく持って行きます。 わたしが海に行くとどうしても食べたくなるものは「 チューペット」です ボンボンかと思って調べたら別の名前でした…。 クーラーボックスに入れて持っていきます。 海水浴なので体も動かしますし、糖分が欲しくなった時、ポッキンして食べるのはちょうどいいです。 色んな味があってかき氷みたいに飽きないし、冷えてお腹を壊してしまうこともありません。 スポーツドリンク• 熱中症対策用の スポーツドリンクです。 凍らせてもっていくと、海水浴の合間にちょうどよくとけています。 スポーツドリンク 水分補給に• 海で泳ぐと喉が乾くので、 スポーツドリンクも人気でした。 ヘルシーにカロリーゼロのものを選ぶ人が多かったです。 飲み物は基本的に スポーツドリンクです。 知らぬ間に汗も書いているので塩分はしっかりとったほうが良いと考えます。 飲み物は、 スポーツドリンクが良いです。 アクエリアスを持っていくと良いです。 さまざまなスポーツドリンクがありますが、成分に若干の違いがあって、甘すぎないので飲みやすいところがお勧めです。 海に入ると疲労するので、アミノ酸やクエン酸が入っているアクエリアスを持っていくようにしています。 ジュース・その他• 飲み物では 炭酸や 果汁などのジュースが暑い中飲むのには夏らしくて良いと思います。 海水浴にいくと、なぜかシュワシュワしたものが飲みたくなるので、 炭酸のペットボトルを何本か持っていきます。 海にいると炭酸が飲みたくなるので、 サイダーや コーラなどの炭酸飲料は持参します。 凍らせるタイプのペットボトル飲料が大人気だった!水の中に入ってるけど汗をかくから塩分の入った飲み物も持っていくと熱中症予防にもなって良かった!• 飲み物は、 梅や酢を使った物を凍らせて持っていくと元気になります• 袋に入った氷。 家から解凍して持っていくと、到着する頃には氷が半解凍の状態になる。 そこにカルピスの液を加えてストローをさして飲んでいる。 冷たく、味も濃い目で美味しく、1日長く氷が溶けるまで舐めておいしい。

次の