バッタ 大量 発生 アヒル。 大量発生したバッタを飼料に 食料危機直面パキスタンの試み 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News

大量発生したバッタを飼料に 食料危機直面パキスタンの試み 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News

バッタ 大量 発生 アヒル

そこで中国政府は、水際でバッタの襲来を止めるため、駆除専門家チームを結成してパキスタンに送り込み、更に10万羽のアヒル(Ducksなのでアヒルかカモ)軍をパキスタンに派遣して蝗害(こうがい)に備えるというニュースが、海外メディア各紙で報道された。 だがどうやら、アヒル軍のパキスタンへの派遣はなさそうだ。 ・記録的な大雨によりバッタが大量繁殖したのは事実 サバクトビバッタは、体長5cmほどの黄緑っぽい色をしており、短期間で繁殖し、1日150kmほどの距離を移動する特徴を持つとされる。 image credit: この先も多くの降水によりバッタの繁殖は加速すると予測されており、4月には4000億匹近くにまで数が膨れ上がって中国へ襲来する可能性があることから、FAOは中国当局に警告と対策を促した。 ・パキスタンにアヒル軍を派遣してバッタの襲来を阻止!? 中国は、過去にもバッタ襲来によって大きな被害がもたらされており、「蝗害(こうがい)」と呼ばれる大天災として歴史上古くから数多く記録されている。 新しいところでは、2000年にバッタ対策として新疆ウイグル自治区で「アヒル軍」の配備が講じられた。 "Duck troops" gather at the border to face locust swarms — CGTN CGTNOfficial 中国に隣接するパキスタンでは深刻な被害がもたらされており、今回のバッタによる被害は過去20年で最も大きいと伝えられている。 中国当局では、過去の例もあることから、バッタは中国の食糧安全保障に対する脅威とみている。 そのため、隣接するパキスタンからの侵入を防ぐことが何より重要としているのだ。 そこで、浙江省にある農業科学学院の主任研究員Lu Lizhi氏が、10万羽の水鳥(アヒル)軍が前線(パキスタン)へ派遣される予定であることを発表したと伝えられた。 Lu氏は、このように述べている。 アヒルは、「生物兵器」となります。 というのも、1羽のアヒルは1日に200匹のバッタを食べるからです。 ニワトリはアヒルと比べても1日あたり70匹ほどしか食べません。 アヒルは集団行動が好きなのでニワトリよりも管理しやすく、農薬よりも効果的なのです。 Lu氏いわく、このプロジェクトは中国の専門家らがパキスタンに派遣され、状況を精査したうえで、蝗害に対する大流行を阻止するために執り行われることになるという。 ・実際にはアヒル軍の派遣はないとする専門家 しかし、アヒル軍のパキスタンへの派遣はありえないという。 駆除専門家チームの一員で中国農業大学の教授であるチャン・ロング氏は、「水が必要なアヒルにとって、パキスタンの砂漠地帯は非常に気温が高く、活躍することができない」と語る。 バッタの駆除には化学農薬または生物農薬の使用を勧めているという。

次の

バッタの襲来に備えて、中国が10万羽の「アヒル軍」をパキスタンに派遣するというニュースは本当なのか?(中国)(2020年2月29日)|BIGLOBEニュース

バッタ 大量 発生 アヒル

谷口たかひさです。 今日はルクセンブルクという国に来ています。 違う国ではありますが、ドイツの僕の住んでいる場所から、電車で4時間もかからず来れました 笑 この辺が島国で育った僕からするとうらやしましいところです…。 重工業と金融業がさかん(約5人に1人が金融業)で、1人当たりGDPが世界一のこの国が、世界で初めて 電車やバスを無料化したと聞きましたので、それ自体や、それが気候変動に及ぼす影響について確認しに来ています。 アフリカ(ケニア、ソマリア、ウガンダなど)、中東(サウジアラビア、バーレーンなど)、アジア(インド、パキスタンなど)で サバクバッタが大量発生しています。 「昼が一瞬にして夜になった」と感じられるほどの大群だと報じられています。 今年(2020年)のはじめから、アフリカ東部の国々はサバクバッタの大群と戦っており、その大群は今や中東、アジアにまで拡がり、大量の農作物を食べています。 この状況に、 食糧の保全と人の暮らしに極度の脅威であり、「人道的危機」である、と国連が警告を出しています。 引用元: ケニアは最も被害が大きい国で、2000億匹に及ぶ(どうやって数えたのかスゴく気になります)サバクバッタが牧草地や農作物を襲っています。 被害を受けた面積は東京ドーム50,000個分以上にのぼり、失われた食糧は84,000,000人分にのぼる可能性があると報じられています。 ソマリア政府は先月(2020年2月)、非常事態を宣言。 パキスタンも、トマトや麦、綿作物が被害を受け、食べものの値段が急上昇し、首相が国家としての非常事態を宣言。 インドでも東京ドーム2,300個分に渡る広さで農作物が被害を受けています。 中国はこの被害に対し、隣の国であるパキスタンに、 100,000羽のアヒルを放ちうる事が報じられています。 引用元: 現在、 この被害に対して、農薬を散布する事で対応している国々もありますが、 1羽のアヒルは1日に200匹のサバクバッタを食べる為、農薬より効果的でありうると専門家は言います。 中国はこの方法をまずは新疆ウイグル自治区で試し、その後パキスタンに広げる方向です。 サバクバッタは1日に150kmを移動すると言われており、この被害は拡大していく可能性があると言われています。 専門家は、この大量発生を食い止められなかった場合、 その数は6月までに500倍に増えると警告しています。 このサバクバッタの大量発生ですが、 国連は「気候変動」が影響しているとしています。 引用元: 産業革命後、最も暑かった年はここ5年に集中しています。 暑い気候は、サバクバッタの被害を拡大する事が研究でわかっています。 さらに、湿度の上昇はサバクバッタの急増を促進するそうです。 気候変動、本当に一刻の猶予もありません。 なぜこれほどの事態があまり報道されないのか不思議ではありますが、引き続き追って発信していきます。 こういう事態は、起きた後にこれは気候変動が影響しているという事はできるかも知れませんが、 事前に、気候変動によってこんな事になる予測できた人はほとんどいないのではないでしょうか。 オーストラリアの火災も、あそこまでになると予測できていた人はほとんどいないと思います。 現在この事態に緊急対策として行われている、多量の農薬をまき散らす事や、多数のアヒルを放つ事の今後の生態系への影響や、人の健康への影響も、予測は難しいと思います。 自然を人間がコントロールできるわけもなく、なんとか共存していく他ないかと。 緊急対策も必要ですが、今私たちに本当に求められているのは、根本対策です。 他の国がどうとか、政府とか企業とかメディアがどうとか、他の人がどうとか、そういう事を言うのは簡単ですが、そんな事を言っても何も変わらないですし、世界は私たち1人ひとりの総意でできています。 問題に対して、自分はどうありたいか? 結局はそれに尽きると僕は思います。 それは問題の大小に関わらず、いつでも自分の意志で選ぶ事ができるのです。 問題そのものは問題ではなく、問題なのは、その問題に対する自分の態度です。 この星が直面している最大の脅威は、気候変動などではなく、「他の誰か」がこの星を守ってくれるという思い込みです。 守れるのはあなたしかいません。

次の

各国でバッタが大量発生 中国はアヒルで対策 気候変動が影響 「人道的危機」と国連が警告‐気候危機59│本当に価値のあるものは?

バッタ 大量 発生 アヒル

アフリカとは別にインドやパキスタンでもバッタが大量発生している。 したが、相変異を起こしたバッタは移動に特化しているため肉が少なく、粉末状にしなければ食すのには向かず、また何でも食べるという特性上、有害物質を含む場合もあり、現実的には駆除が第一の対策となる。 (相変異を起こさない状態で安定して捕獲して食べるのが現実的である。 ) インドやパキスタンで発生したバッタも、一部はヒマラヤ山脈を超えたとかで中国に飛来するリスクが警戒されており、6月までに500倍に急増する可能性が指摘されている。 ちなみに中国が10万羽のアヒル部隊を派遣すると報道されたが、パキスタン政府はそのような計画を否定しており、以下のようにパキスタンの砂漠はアヒルが活躍できる場所ではない。 駆除専門家チームの一員で中国農業大学の教授であるチャン・ロング氏は、「水が必要なアヒルにとって、パキスタンの砂漠地帯は非常に気温が高く、活躍することができない」と語る。 バッタの駆除には化学農薬または生物農薬の使用を勧めているという。 では、現実的にどのように駆除しているかと言えば、上記引用のように農薬散布が中心だが、バッタの移動の速さで後手後手に回っている。 そうすると、ある農地に農薬を撒いていても、 撒いている間に次の場所にバッタが移動してしまい効果的に駆除ができないという。 無論、農薬を撒いた畑の農作物は全て廃棄となり、至るところに有毒ガスが畑を包み込むことになる。 更に言えば、バッタの死骸を集めるだけで大変であり、特に被害が深刻な地域では 行政が1kg当たり20ルピー(0. 13ドル)の報奨金を出している。 参考文献:.

次の