城崎温泉 観光スポット 日帰り。 元湯周辺観光ガイド

城崎温泉で必ず食べたい!おすすめのグルメスポット、観光・旅行情報

城崎温泉 観光スポット 日帰り

城崎温泉の魅力 「城崎温泉」の魅力は何と言っても外湯めぐりです。 外湯をめぐる観光客の浴衣を着て下駄をつっかける姿。 そして、川沿いに植えられた柳の木の葉がなんともいえない情緒を醸し出してくれます。 温泉地というと旅館の大浴場をイメージされる方も多いですが、ここでは旅館の大浴場とは別に外湯を楽しむのが一般的。 カップルで川沿いを散策する姿は絵になりますよ。 城崎温泉には、さまざまな観光スポットが点在。 ロープウェイを使えば、城崎文芸館、城崎美術館、黒部ダム建設で有名な太田垣士郎の資料館、さらには城崎温泉の発展の中心となった温泉寺などには容易に行けます。 すべて見て歩くにはしんどいくらいに観光スポットが目白押し。 それらのスポットを見て歩いてから、いよいよ城崎温泉のハイライトである外湯めぐりに興じてください。 城崎温泉には7つの外湯があります。 それぞれ由緒ある温泉であるため、一つ一つのんびりと浸かるのがよいでしょう。 城崎温泉の魅力をもっと詳しく 城崎温泉はカップルでたのしむのに最適 城崎温泉は、日本海に流れ込む円山川の支流「大谿川 おおたにがわ 」沿いに形成された温泉地です。 外湯めぐりが楽しめる7つの浴場も、この大谿川沿いにあります。 川沿いにある柳の木が風に揺られている様は非常に風情があり、それを横目に見ながら外湯めぐりをする浴衣姿のカップルが多く見かけられます。 城崎温泉の人気スポットは? 城崎温泉の歴史 城崎温泉は平安時代から知られており、約1300年の歴史ある地域。 コウノトリが傷を癒していたのを見て源泉を発見したとの伝説もあるようですが、記録によると奈良時代の養老年間にいた道智上人というお坊さんが、この辺りで千日修行を行った際に湧出しているのを発見したことが、城崎温泉の始まりだとされています。 そして道智上人はここに温泉寺を開き、それを中心として城崎温泉は発展したそうです。 その当時、外湯は9つあったそうです。 幕末には、かの有名な桂小五郎(後の木戸孝允)が新選組に追われ、この城崎温泉に逃げ込んだともいわれています。 新選組が京都を離れて日本海側まで追跡したとは驚きですね。 城崎温泉が世に広くに知られるようになったのは、明治から昭和にかけて白樺派の文豪として名を馳せた志賀直哉が、小説「城の崎にて」を書いことがきっかけ。 彼の芸術性豊かな描写で表現された城崎温泉の風情に触れ、この温泉にあこがれた若者が多かったんだとか。 日本海に近いだけに、冬場は蟹などの新鮮な海鮮の食事も楽しむことができ、またたくさんの観光スポットを有する温泉地として栄えています。 城崎温泉の日帰り温泉 城崎温泉は、外湯めぐりがメインであり、近畿・中国地方からも近いことから日帰りでの温泉旅行で訪れる方もたくさんいます。 岡山から車で3時間程度、大阪方面からは3時間30分で着きますので、朝早く出れば、観光スポットを見た後に外湯めぐりも可能。 カップルのデートプランにも最適です。 やはり、カップルで楽しむのは7つの外湯めぐりが中心に。 日帰りではすべての外湯を回るのは難しいですが、城崎の温泉をたっぷり満喫できることでしょう。 7つの外湯のうち、さとの湯以外は大谿川沿いにあります。 泉質は「ナトリウム・カルシウム塩化物泉」。 塩分濃度の高い温泉で、観光スポットめぐりで疲れた足腰の筋肉痛、疲労を癒してくれますよ。 城崎温泉の泉質&日帰り温泉をチェック 城崎温泉のカップルで行くべき観光スポットランキングTOP6 城崎温泉といえば「文学の街」でもあるため、それにちなんだスポットもあります。 記念日や特別な日などに、ゆっくり散策してくださいね。 城崎温泉の観光スポットランキング第1位「外湯めぐり」 城崎温泉の外湯は全部で7つ。 それぞれの紹介は、下の表を見てください。 泉質はいずれも「ナトリウム・カルシウム塩化物泉」。 宿泊をしない場合は、各外湯にて 「ゆめぱ」という外湯めぐり券が大人1,200円(小人600円)で販売されています。 これを持っていけば、すべての外湯浴場で入浴可能に。 また、 旅館に泊まった場合は、旅館から無料でもらえます。 浴衣に着替えて大谿川沿いの風情を楽しみながら、二人で外湯をめぐるのもいいものですね。 7つの外湯の特徴は? 一の湯 江戸時代には天下一と称された外湯 さとの湯 古くからある温泉で城崎の風情にエチゾチックさをプラスした外観 御所の湯 南北朝時代に後堀河天皇の御姉にあたる安嘉門院が入湯されたことに由来。 立派な建物が特徴 まんだら湯 温泉寺の開祖である道智上人が曼陀羅一千日祈願した湯とされており、五穀豊穣・商売繁盛の湯 地蔵湯 庭先にある地蔵尊は、家内安全・水子供養などにご利益があるとされている 鴻の湯 城崎温泉の伝説にあるコウノトリが足を癒したといわれる湯。 夫婦円満・不老長寿のご利益も 柳湯 中国の名勝地である西湖から移植してきた柳の木の下から湧き出てきたといわれる。 子授安産の湯 城崎温泉の観光スポットランキング第2位「城崎ロープウェイ」 「城崎温泉ロープウェイ」の乗り場は、大谿川が右に曲がったところにあります。 昭和38年に開設され、平成13年にリニューアルオープンしました。 城崎温泉から大師山山頂までロープウェイで登ると、向こうの方に広々とした日本海がのぞめ、壮大なパノラマを楽しむことができます。 さらに眼下には、周囲を豊かな自然にかこまれた城崎温泉の温泉街が広がり、四季折々のそれぞれに移ろいゆく様は毎回違う顔を見せてくれます。 その中でも、春に満開の桜の上を心地よく眺めながら登る様子は格別です。 若いカップルもたくさん訪れています。 小説家の志賀直哉が初めて城崎温泉を訪れ、湯治場として利用したのは1913年のことでした。 城崎温泉における出来事をしたためた「城の崎にて」は1917年に出版。 それ以降、現在に至るまで多くの若者に読まれています。 志賀直哉以外にも、白樺派の文人を中心に多くの小説家などが訪れたことから、城崎温泉は「歴史と文学といで湯の街」といわれるようになったのです。 そこで1996年に、豊岡市立城崎文芸館がオープンとなりました。 城崎を訪れた文人などの展示もさまざま行われており、多くの方たちに文学というものをより身近に感じ、親しんでもらえる施設になっています。 施設名 城崎文芸館 住所 兵庫県豊岡市城崎町湯島357番1号 電話番号 0796-32-2575 URL 城崎温泉の観光スポットランキング第4位「城崎麦わら細工伝承館」 「城崎麦わら細工伝承館」は、伝統の麦わら細工の職人さんの作品や、明治以来からの昔の作品を納めた白壁の土蔵を生かした博物館です。 レトロな雰囲気の美しさをもつ建物は、伝統工芸を伝承するのにぴったり。 現在の職人の作品40点、昔からの作品200点が展示されており、今と昔を感じさせてくれる博物館となっています。 現代の生き証人ともいえるでしょう。 鮮やかな色彩と美しい表情をもった麦わら細工。 芸術性豊かな作品を楽しんでみてください。 300年もの歴史があるこの伝統工芸品は日本唯一のもの。 明治35年の米国セントルイス万国博覧会では最高名誉賞牌を受賞しています。 入場料は大人300円。 館内では、見学だけでなく、400円の体験料で麦わらの絵葉書、うちわなどを指導を受けながら作れるコーナーもあり、若い人たちの人気を集めています。 カップルで手作り絵葉書を作ってみるのもよい思い出になりそうですね。 施設名 城崎麦わら細工伝承館 住所 兵庫県豊岡市城崎町湯島376番1号 電話番号 0796-32-0515 URL 城崎温泉の観光スポットランキング第5位「温泉寺」 「温泉寺」は、奈良時代の養老年間に道智上人というお坊さんが創建した城崎温泉の中心ともいえるお寺です。 また、こちらのお寺は高野山真言宗の別格本山でもあります。 創建当時に川辺に漂着したといわれる、国の重要文化財「十一面観音」が安置されています。 この温泉寺とともに城崎温泉は発展してきました。 温泉寺縁起帳・十一面観音・千手観音など、お寺の歴史をものがたるさまざまな仏像を見ることができます。 国の重要文化財である本堂、宝篋印塔などの伝統を伝える建物なども残されているので、カップルで訪れた際には城崎温泉の歴史を感じとってください。 施設名 温泉寺 住所 兵庫県豊岡市城崎町湯島985番2号 電話番号 0796-32-2669 URL 城崎温泉の人気グルメは? 観光地と併せて、城崎温泉の楽しみのひとつである、おいしいランチが食べられるグルメスポットをご紹介。 城崎温泉といえばすぐそこに日本海があり、新鮮な海鮮料理が楽しめる温泉地。 また、観光スポットや外湯めぐりをすると小腹が空くので、スイーツも食べたくなりますよね? 海鮮料理のグルメとスイーツの有名店をそれぞれお届けします。 城崎温泉の人気グルメ1「おけしょう鮮魚の海中苑」 城崎温泉のスイーツのランキングで常に上位にいるのが、この「城崎スイーツChaya」です。 城崎温泉はそのものがスイーツのパラダイスであり、たくさんのスイーツのお店がありますが、その中でも一番の有名店といえます。 観光スポットをめぐったり、外湯めぐりをしていますと、小腹が空き、甘いものが欲しくなると思います。 そのような時におすすめなのが、この城崎スイーツChayaのスイーツやドリンクです。 カップルのお二人にぴったりの甘~いお店。 本わらび餅パフェやコラーゲン入りべっぴんジュースなどの人気スイーツ&ドリンクもありますが、おすすめは、ジェラードです。 さっぱりとした甘さの絶品スイーツをぜひ味わってみてください。 店舗名 城崎スイーツChaya 住所 兵庫県豊岡市城崎町湯島527番 電話番号 0796-32-4040 営業時間 10時〜18時 定休日 木曜日 URL 城崎温泉のグルメ情報をもっと知る カップルで城崎温泉の観光スポットを巡ろう 温泉街としての歴史が古く、外湯めぐりという独特の温泉文化を持つ城崎温泉。 中国や関西方面からも近く、都会の喧騒の中で疲れたカップルの心身をやさしく癒してくれます。 良質な温泉とおいしいグルメをたのしんで、2人の想い出をもっと素敵なものにしてくださいね。 城崎温泉をもっと詳しく知る.

次の

城崎温泉のカップルで行くべき観光スポットランキングTOP5!日帰り温泉や人気グルメ情報も【最新版】

城崎温泉 観光スポット 日帰り

まずは城崎温泉駅側から順番に7つの外湯をご紹介します。 さとの湯 さとの湯 駅前にある外湯。 外湯の中でも最も大きな作りですが、駅前ということで常に大混雑をしています。 ちなみに記者が「最後にひとっ風呂」と思い、17時に《さとの湯》に入り、17:30の特急列車に飛び乗るという曲芸をかましたくらい、本当に便利な立地です(ぜひ読者のみなさんはゆっくり入ってください)。 浴場は男女日替わりで全く異なっており、一方が純和風なら一方はイスラムの浴場「ハマム」風になっていて、男性記者と女性記者で全く話が噛み合わないという一面も(笑) 屋上の展望露天風呂は外湯屈指の開放感です。 施設名 さとの湯 ~ふれあいの湯~ テーマ 自然回帰 営業時間 PM1:00~PM9:00 休館日 毎週月曜日 料金 大人600円、小人250円 2. 地蔵湯 地蔵湯 駅前通をまっすぐ抜け、大谷川の温泉街と交差する「地蔵橋」にあるのが地蔵湯です。 入口にはキュートなお地蔵さんがいます。 浴場は一般的な内湯のみですが、一番の特徴は「親子風呂」。 城崎温泉の外湯はどこも深く、ものすごく熱いので、浴槽が浅くぬるめの地蔵湯はお子様連れに嬉しい外湯です。 施設名 地蔵湯 ~衆生救いの湯~ テーマ 家内安全・水子供養 営業時間 AM7:00~PM11:00 休館日 毎週金曜日 料金 大人600円、小人250円 3. 柳湯 柳湯 川沿いの温泉街にある《柳湯》は和風の小さな外湯です。 シンプルな浴場ですが、そのぶんほっとできるかも。 正面と裏手に足湯があり、散策に疲れたら《柳湯》の足湯で休憩しましょう。 便利な場所にあるので一番風呂にもおすすめ。 施設名 柳湯 ~子授けの湯~ テーマ 子授安産 営業時間 PM3:00~11:00 休館日 毎週木曜日 料金 大人600円、小人250円 4. 一の湯 一の湯 温泉街の中程、「王橋」にある《一の湯》は大きな和風ビル建築で浴場も大きな外湯です。 特徴は外にある洞窟風呂で、山肌をくりぬいた大きな洞窟が印象的です。 二階の休憩室から眺める温泉街も格別。 二階には家族風呂もあるので、お子様連れや足の悪い方にもご利用いただけます。 一の湯のおすすめは夜!なんと目の前にラーメンの屋台が出るのです。 早めの夕食を食べて、一の湯に入り、ちょっと小腹が空いたところにチャルメラが鳴ってしまったら、引き寄せられてしまうこと間違いなし。 施設名 一の湯 ~開運・招福の湯~ テーマ 合格祈願・交通安全 営業時間 AM7:00~PM11:00 休館日 毎週水曜日 料金 大人600円、小人250円 5. 御所の湯 御所の湯 《御所の湯》を初めて見たらここが温泉!?とびっくりすることでしょう。 神社に隣接しているのですが、「二条城」のような巨大な和風建築には圧倒されます。 浴場はガラス張りの浴室と露天風呂が見事です。 御所の湯周辺は食べ歩きスポットです。 ちょい飲みビールもおすすめ! 施設名 御所の湯 ~美人の湯~ テーマ 火伏防災・良縁成就 営業時間 AM7:00~PM11:00 休館日 毎月第1・第3木曜日 料金 大人600円、小人250円 6. まんだら湯 まんだら湯 温泉街の最も奥、「曼荼羅橋」を渡ったところにあるのが《まんだら湯》。 「一生一願の湯」とも言われていて、「ここぞ!」という時に入るといいそうです。 木桶の露天風呂が人気です。 向かいにある宿「花まんだら」には「駄菓子屋さん」があります。 詰め放題の駄菓子や瓶のサイダーに大人も子供も大はしゃぎ間違いなし。 施設名 まんだら湯 ~一生一願の湯~ テーマ 商売繁盛・五穀豊穣 営業時間 PM3:00~11:00 休館日 毎週水曜日 料金 大人600円、小人250円 7. 鴻の湯 鴻の湯 温泉街を抜け、温泉寺を左に見て進むと見えてくるのが《鴻の湯》。 平屋建てのシンプルな温泉ですが、広めの内湯と外湯はとっても気持ちがいいです。 ただものすごく熱いのでぬる湯好きやお子様連れはご注意を! 施設名 鴻の湯 ~しあわせを招く湯~ テーマ 夫婦円満・不老長寿 営業時間 AM7:00~PM11:00 休館日 毎週火曜日 料金 大人600円、小人250円 Yutty! 記者が選んだ外湯ベスト3を発表! いよいよ、記者の選んだ城崎外湯ベスト3の発表です! 3位 柳湯 柳湯 3位は、温泉街の中にある《柳湯》さん。 入館の際、女将さんと思われる女性が「うちは他の外湯さんと違って小さい普通のお風呂ですが、大丈夫ですか?」と。 そんな謙遜なさらなくても、お湯も建物もいい所でしたよ~。 記者のおすすめポイントは「一番風呂」。 もちろんお湯は新鮮でカルキ臭もなく、外湯で一番良いと思いましたよ! 《柳湯》のお隣には地ビールが飲めるオシャレなレストランも。 湯上がりとはいえ飲み過ぎは禁物ですよ~。 2位 御所の湯 川沿いの温泉街から湯の里通りに入ってしばらく歩くとドーン!と見えてくる荘厳な建物が《御所の湯》。 「御所」の名に違わず二条城・京都御所のような寝殿造りの建物は、隣の温泉神社(四所神社)とマッチして大きな「神宮」のようにも見えます。 温泉神社 記者のおすすめポイントは露天風呂。 豪快な滝が流れる露天風呂はとても緻密に設計されていて、座る場所と見る角度によって景色が変わっていくのです。 とくに3人がけの座湯に腰掛けてふと見上げると、大きな滝・東屋風の屋根・木々・そして綺麗な空がちょうど視界に入って「一枚の写真」に出来上がるのです! 思わず隣に座った見知らぬオジサンと一緒に感嘆のため息を吐いてしまいました。 御所の湯のロビー 《御所の湯》は男女日替わりとなっていて、二日間で二種類の庭園露天を楽しむことができるようになっています。 もちろん「天空風呂」とも呼ばれる内湯も、高い天井に一面ガラスが張られており、内湯にもかかわらずとっても開放感があっておすすめです。 夜の御所の湯 この《御所の湯》、夜は大変混雑し時間帯によっては行列も!朝や昼間の入浴がおすすめです。 御所の湯向かいにあるちょい飲み地ビール 1位 鴻の湯 鴻の湯 栄えある一位は温泉街の最も奥に位置する《鴻の湯》。 コウノトリが傷を癒した伝説に因んで名付けられたそうです。 大きな浴槽が一つの内湯と、和風の露天風呂。 寝湯のようになっているスペースもあり、朝は開放的な空を、夜は満点の星空が望めますよ。 鴻の湯のロビー おすすめポイントは泉質と広さ! のぼせないよう頭からかけ湯をしてみたらものすごいしょっぱさでした。 ただし、こちらのお湯はとにかく熱い!特に内湯がとんでもない熱さで、長湯は禁物です! そして個人的に大事に思っているのが「ゆったり感」。 この《鴻の湯》も常に人の絶えない人気浴場ですが、温泉街のはずれということもあって、その広さに対して入浴客が少ない印象を受けました。 温泉寺 《鴻の湯》と併せて訪れてほしい観光スポットが「温泉寺」。 この温泉寺からは城崎温泉ロープウェイが大師山中腹の温泉寺本堂と頂上の展望台まで出ています。 温泉寺本堂や城崎美術館を観光。 「ゆめぱ」の使い方はなんと QRコードで読み取り機にタッチするだけ!こんなところにもIT化の波が(笑) これなら利用客もとっても便利ですし、温泉側も面倒な作業いらずで効率的ですよね。 城崎温泉に宿泊の方は「宿泊者用ゆめぱ」が無料で付いてくるプランもありますので、宿泊先にご確認ください!(宿泊者用はチェックアウト後も400円で入浴可能です)。 宿泊なら朝7時から営業している《地蔵湯》《一の湯》《御所の湯》《鴻の湯》、日帰りなら午後から営業の《さとの湯》《柳湯》《まんだらの湯》で挑戦してみましょう! おわりに 若いカップルやグループで賑わう遊技場 城崎温泉のおすすめ外湯ベスト3、いかがでしたでしょうか? 城崎温泉は、意外にも若い人に大人気の温泉スポット。 浴衣に下駄を履いたカップルがたくさん訪れ、七つの外湯めぐりを楽しんでいました。 ちなみに取材班が訪れた当日は偶然にも年に一度の 「城崎だんじり祭り」開催日! 「けんか」口調の掛声の中、山車と御輿の熱いがぶつかり合いを見ることができました。 本記事の情報は記事掲載時のものであり、現在とは異なっている場合がありますので、予めご了承ください。

次の

城崎温泉周辺の観光スポットおすすめ11選!日帰りでも楽しめる!

城崎温泉 観光スポット 日帰り

ここでは、城崎温泉の日帰りプランをご紹介します。 城崎温泉は京阪神からもアクセスが良く、車、バス、JRで2時間30分〜3時間30分程度で行くことができます。 朝から夜まで効率よく散策すれば、日帰りでも十分に城崎温泉を満喫できます(もちろん宿泊の方がベストです)。 城崎温泉駅をスタート地点とし、オススメのスポット、食事処などを紹介します。 尚、時間は目安なので参考程度としてください。 それでは、城崎温泉を満喫しましょう。 城崎温泉の町並みはとっても風情があります。 できれば、浴衣に下駄で柳並木が続く温泉街をカランコロンとそぞろ歩きたいのですが、日帰りの場合は時間の関係から浴衣に着替えるのは難しいかもしれませんね。 それでは、いよいよ出発で〜す! 徒歩5分 【11:05〜12:10】 まず始めに、向うのは。 城崎温泉駅から歩いて5分程度で到着です。 着いたら入館する前に、を購入しましょう(200円)。 城崎パスポートは、城崎温泉の旅の中で様々なお得なサービスが受けられる割引クーポンです。 食事や買物など約150軒の協賛店で割引クーポンを提示すると、様々なサービスが受けられます。 また城崎温泉から帰る前に、パスポート巻末の応募用紙に、シリアルナンバー(個人登録ナンバー)・住所・氏名を書いて城崎町文芸館の応募箱へ投函すると一年間に3回抽選され豪華な賞品が当たります。 パスポートを購入したら入館します。 さっそく の入館が50円引きになります。 では 、麦わら細工の展示、麦わら細工の体験、手・足湯などがあります。 麦わら細工の体験コーナーは特にオススメ!材料費300円〜でコマ、竹とんぼ、絵はがきなどが20分程度で作れます。 旅の想い出にぜひ、作ってみてくださいね。 正面に手・足湯があるので、ほっと一息するのもいいでしょう! 徒歩5分 【12:15〜13:15】 さて、次は昼食にしましょう! 朝が早かったのでお腹も空いていますね。 城崎温泉で一番オススメのお食事処と言えば、。 マスコミでも数多く登場しており、知っている方は多いと思います。 11月6日、かに漁の解禁日に合わせて、地物のかに(津居山カニ)料理も登場します。 メニューもとても豊富です。 日帰りで城崎温泉を訪れたなら、ぜひ立ち寄ってみてください。 駅前店は、エレベーターがあるので階段が苦手な方でも安心ですよ。 駅通りから大谿川(おおやにがわ)の方へ歩きます。 この通りには、お土産屋さんも多く、帰り道に買うおみやげをチェックしながら歩くといいでしょう。 大谿川まで来たら、大谿川の北側(北柳通り)を西へ向います。 、、、を経て10分程度で に到着します。 薬師公園ポケットパークには、城崎温泉の元湯(源泉)、足湯、 、 乗り場などがあります。 少し休憩したら、に乗って大師山頂上へ行きます! 徒歩5分 【14:45〜15:50】 城崎ロープウエィ乗り場までは少し階段を登らなければいけません。 頑張ってくださいね。 大師山上駅までの往復料金は、大人880円、小人440円です。 大師山上駅へ着くと、そこからは城崎温泉の街並みと日本海が一望できます。 山頂には展望台や吉田兼好の文学碑、温泉寺奥の院、かに塚、子供が遊べる公園もあります。 山頂で綺麗な風景を堪能したらそろそろ戻りますよ!なお、中間駅には温泉寺や城崎美術館があります。 興味のある方は寄ってみてはいかがでしょう! 小腹が空いた方は、山頂駅にある、『みはらし茶屋』の薬膳スイーツや薬師公園ポケットパークにあるの温泉たまご、カニまん、牛まんはいかが? 薬師公園ポケットパークで一休みしたら、次は外湯めぐりです! 徒歩10分 【16:00〜17:10】 外湯は、、、、、、、の7つです。 外湯によって営業時間が異なりますが、15:00以降ならすべての外湯が開湯しています。 オススメの外湯はです。 俗称 美人の湯で、ガラス張りの天空大浴場、温泉ミストサウナ、自然石を滝に見立てた御所庭などがあります。 大人800円、小人400円(小人は1歳〜小学生)です。

次の