ブログ 炎上。 ブログ炎上の怖さ!芸能人の事例や、炎上した場合の対処法まとめ

尾木ママブログ炎上!北海道不明男児発見で両親批判を続けてた!岩手中2自殺に「教育殺人」「生徒殺人学校!こんな学校が存在するのでしょうか」と大炎上!

ブログ 炎上

コンテンツ• 坂上忍のブログが炎上!! 詳しく調べてみると炎上の原因はブログというわけではないようです。 というのも坂上忍さんの公式ブログ「綺麗好きでなにが悪い!」で書かれている内容は愛犬の話だったり、仕事の話など当たり障りのないものばかりだからです。 ほかにはダイエット中での食事の話とかでしょうか。 なので、ブログが原因ではなくテレビでの毒舌で炎上した結果、ブログにも波及したというのが結論のようです。 では、どういった事でブログが炎上したのでしょうか。 その1つが「ブスが嫌い」発言でしょうか。 坂上忍さんはこんな感じの発言をしています。 ・景色が悪くなるから、ブスは帰れ! ・ブスにシャネルはない ・女は顔が命だ ・仕事とブスは大嫌い なんというか世の女性の大半を敵に回す発言ですね・・・ 不適切発言の原因は? そんな坂上忍さんですがなぜ炎上するような不適切発言ぎりぎりの発言をするのでしょうか。 それは、坂上忍さんが売れた理由は何といっても毒舌キャラだからです。 さかのぼってみると、2012年に放送された「笑っていいとも!」の中の「まったく行列のできない人生相談」というコーナーへの出演です。 それまでにも「仕事とブスが大嫌い」と公言していた坂上忍さんが、相談をしに来たオアシズの2人に対し、かなり冷たい態度をとったことが話題となりました。 その毒舌キャラが、その時のテレビ業界や視聴者から人気のワードとなっているところに坂上忍さんは上手く波に乗ることが出来て売れていったとゆうことがあるからだと思います。 また、ときには相手を傷つけるような言葉を発する一方で、その歯に衣着せぬ言動が「爽快で気持ちいい!」と共感を呼び、今や視聴者の代弁者的な存在として欠かせなくなったのではないでしょうか。 まとめ 坂上忍さんの魅力といえば、やはり、他の人にはないズバズバと物事に切り込んでいく本音力ではないでしょうか。 毒を吐くことも多い坂上忍さんは好き嫌いがハッキリ分かれやすいタレントではありますが、「本音で話してくれる」という意味での信頼感は芸能界屈指ですね。 一方で、子役時代から芸能界で活躍しており、上下関係の礼儀もしっかりとわきまえています。 一見するとちゃらんぽらんに見えても、実はしっかりしているといったキャラクターが中高年層に受けているからこそ、未だに芸能界で人気があるのではないでしょうか。 関連記事.

次の

【アンチ】辻希美のブログが炎上?!整形・虐待・離婚の危機も?

ブログ 炎上

岩手県議会の小泉光男県議(56)が、同県一戸町の川岸で死亡しているのが6月25日に発見された。 岩手県警では自殺の可能性があるとみて捜査している。 小泉県議は病院批判の投稿がきっかけで、ブログが炎上したばかり。 一部報道によると、警察ではブログ炎上と死亡に関連性がないか捜査しているという。 岩手日報では以下のように報じている。 近くを偶然通りかかった小泉氏の親類が、かばんのようなものを枕にあおむけに倒れている小泉氏を見つけた。 着衣に乱れはなかったという。 県立病院で診察を待っていたところ、番号で呼ばれたことに腹を立てて、以下のように書いた。 ここは刑務所か!。 名前で呼べよ。 なんだ241番とは!と受付嬢に食って掛かりました。 会計をすっぽかして帰ったものの、まだ腹の虫が収まりません。 これに対して「非常識だ」などと批判が広がり、ブログのコメント欄が炎上。 ブログを閉鎖した上で、17日に記者会見を開いた。 産経新聞ではこのときの模様を次のように報じている。 「公人としての立場を忘れ、著しく思慮に欠けていた」と謝罪。 「治療費は払った。 病院の慣行や歴史を考えず、不適切だった」と陳謝した。 コンサルタントのクロサカタツヤ氏は、自身のブログで「炎上と自殺に因果関係があった」という仮定で、以下のように書いている。 本件について、私は彼の記者会見がテレビのニュースで中継されているのをたまたま見かけたのですが、正直「これ、全国ネットで扱うような話か?」と思いました。 だって、「医療機関が個人情報の取扱いにセンシティブになっている」ということをあまりよく知らずに、なんとなく怒ってしまった、というだけのことですよ。 そんな人、日本中で毎日何人もいるでしょう。 それが県議という地位のある人によるものだとしても、周囲の誰かが諭せば落着するはず。 少なくとも謝罪の記者会見を全国ネットのテレビで中継するような話だとは、到底思えません。 それがここまで盛り上がってしまったのは、ネットの炎上を発端に、いわゆるメディアスクラムが、形成されてしまったから、ではないでしょうか。 だとするとこれは、実に拙い流れです。 従来のネット炎上は、あくまでネット内で問題が完結することを、前提としていました。 だから対策としては、いわゆるネットリテラシー(ないしは炎上リテラシー)を、考えていればよかった。 ある意味で、牧歌的な世界です。 しかしマスメディアがそこに乗っかるようになったことで、ネットの炎上はもはや単なる炎上ではなく、社会的制裁を加える〈私刑〉の装置として機能しうるようになったのでしょう。 そしてそれが、死に至る制裁であるということが、今回の自殺で示されたといえます。

次の

ジョーブログが炎上した理由(2017年)!やらせを認めたのか?

ブログ 炎上

コンテンツ• 坂上忍のブログが炎上!! 詳しく調べてみると炎上の原因はブログというわけではないようです。 というのも坂上忍さんの公式ブログ「綺麗好きでなにが悪い!」で書かれている内容は愛犬の話だったり、仕事の話など当たり障りのないものばかりだからです。 ほかにはダイエット中での食事の話とかでしょうか。 なので、ブログが原因ではなくテレビでの毒舌で炎上した結果、ブログにも波及したというのが結論のようです。 では、どういった事でブログが炎上したのでしょうか。 その1つが「ブスが嫌い」発言でしょうか。 坂上忍さんはこんな感じの発言をしています。 ・景色が悪くなるから、ブスは帰れ! ・ブスにシャネルはない ・女は顔が命だ ・仕事とブスは大嫌い なんというか世の女性の大半を敵に回す発言ですね・・・ 不適切発言の原因は? そんな坂上忍さんですがなぜ炎上するような不適切発言ぎりぎりの発言をするのでしょうか。 それは、坂上忍さんが売れた理由は何といっても毒舌キャラだからです。 さかのぼってみると、2012年に放送された「笑っていいとも!」の中の「まったく行列のできない人生相談」というコーナーへの出演です。 それまでにも「仕事とブスが大嫌い」と公言していた坂上忍さんが、相談をしに来たオアシズの2人に対し、かなり冷たい態度をとったことが話題となりました。 その毒舌キャラが、その時のテレビ業界や視聴者から人気のワードとなっているところに坂上忍さんは上手く波に乗ることが出来て売れていったとゆうことがあるからだと思います。 また、ときには相手を傷つけるような言葉を発する一方で、その歯に衣着せぬ言動が「爽快で気持ちいい!」と共感を呼び、今や視聴者の代弁者的な存在として欠かせなくなったのではないでしょうか。 まとめ 坂上忍さんの魅力といえば、やはり、他の人にはないズバズバと物事に切り込んでいく本音力ではないでしょうか。 毒を吐くことも多い坂上忍さんは好き嫌いがハッキリ分かれやすいタレントではありますが、「本音で話してくれる」という意味での信頼感は芸能界屈指ですね。 一方で、子役時代から芸能界で活躍しており、上下関係の礼儀もしっかりとわきまえています。 一見するとちゃらんぽらんに見えても、実はしっかりしているといったキャラクターが中高年層に受けているからこそ、未だに芸能界で人気があるのではないでしょうか。 関連記事.

次の