カー シェア 値段。 個人向け料金|カレコ・カーシェアリングクラブ

レンタカー料金の相場はどのくらい?値段を比較して安く借りよう!

カー シェア 値段

カーシェアリングを個人間で行うには? カーシェアリングを個人間で行うには借りたい人と貸したい人とをマッチングする必要があります。 代表的なサービスといえば、 anyca(エニカ)や2017年にスタートした ドコモのdカーシェアのマイカーシェアがよく使われています。 自分の車を使っていない間に、 使いたい人に貸すことが個人間カーシェアリングと呼ばれています。 通常のカーシェアリングでも使いたいときだけ車を使うことができますが、個人間カーシェアでは 通常のカーシェアとは違った楽しさがあります。 オーナー側には自分の車を資産化して収入を得られる仕組み わかりやすく例えると「不動産賃貸の様に大家さんが部屋を貸すこと」と同じですね。 ITの進化でマッチングサービスはいろいろな業界に広がっています。 「車を貸して収入を得たいオーナー」と「日常では乗れない車に格安で乗りたいドライバー」をマッチングするサービスです。 マイカーを駐車場においておくだけで、 駐車場代、自動車税、自動車保険、車検時にかかる重量税や自賠責保険といったコストがかかってきます。 そのコストを個人間カーシェアリングで貸し出しても車の維持費はほとんど変わりません。 カーシェアを個人間で行うと心配なのは・・ 心配な点は、見ず知らずの人に自分の愛車を貸すことによる 事故などのトラブルの発生の可能性は必ずつきまといます。 オーナーの事故の心配やドライバーのリスクについては別記事にまとめています。 通常のカーシェアリングは 運営会社が一元管理して車両の配置やメンテナンス、利用者管理をしています。 大手で言えば タイムズカーシェアなどが配置台数ではトップです。 後ほど、個人間カーシェアリングのマッチングを提供している会社をご紹介しますが、 重要な注意点としてら個人間カーシェアリングのマッチングをしている会社はカーシェアリングの運営会社ではありません。 あくまで 車を貸したい方と借りたい方を探し出して、出会いの場を提供している会社になります。 通常のカーシェアリングであれば、貸した車の事故やカーシェア中のトラブル、駐車違反の反則金などは運営会社が対応してきますが個人間カーシェアリングはすべて貸したオーナーが対応しなくてはいけません。 そのリスクを超えても、労働収入でなく車という資産を貸しながら収入を安定的に得られる個人間カーシェアリングこれから先も進んでいくと思われます。 個人間カーシェアリングの収入の目安は? 個人間カーシェアリングのanycaを例に出してみると、 公式では平均値は2. これは平均であって、 実際に2. 5万円/月に収入を得るのは色々な工夫が必要です。 現在はまだ、リスクのある個人間カーシェアリングを使ってドライブしようと考えている方も少なく、先進的なドライバーさんだけが利用している印象です。 その少ないドライバーさんに数ある車の中から選んでいただくのは、 車の車種や年式から割安感のある価格設定、車を配達するデリバリー、おまけとしてキャンプ用品の貸し出しなどの工夫も必要です。 具体的に私の周りでは0円から5万円ぐらいの方が多くいますが、まだ始めたばかりの人もいるので何とも言えません。 オーナー側の収入は エニカとdカーシェアはプラットフォーム利用手数料の10%を引いた金額が振り込まれます。 ただ、自分の車をどの値段帯でシェアするかは自由です。 上限の設定はありますのでそれを超えることはできませんが、個人間カーシェアの相場は初期設定の上限とは程遠く低いので上限は気にしなくて問題ありません。 anycaの 実際の私の報酬の画面です。 個人間カーシェアで収入を増やす方法は? 個人間カーシェアで収入を上げるには単純に2通りの方法しかありません。 ・シェア料金を上げること ・数多くシェアすること カーシェアの利用料金を上げること シェア料金の相場観は車種と年式で相場形成ができています。 デリバリーやオーナーの貸し出した経験などで多少上下はありますが20%程度です。 相場以上に シェア料金を上げるためには、 差別化が必要になってきます。 冬の季節であれば スタットレスタイヤ、スキーキャリアを装着していることなどは1泊以上のスキー旅行や温泉旅行に使用される可能性が高まります。 それ以外にも、 キャンプ用品や折りたたみ自転車を無料でオプション貸出すれば差別化に繋がります。 連泊でシェアされれば シェア開始の手続き、返却の手続き1回で2日分の報酬になりますので効率がよくなります。 こういった差別化も車種によって対応を変えていかなくてはいけません。 キャンプ用品や折りたたみ自転車を無料で貸し出すといっても2シーターのスポーツカーであれば用途が違ってきます。 他のシェアされている車をよく見て少しでも差別化を計ることが大切です。 数多くシェアすること 次に シェア回数の増加を狙う方法です。 シェア開始の手続きと返却の手続きは対面で傷の確認からスタートすることになっています。 ただ仕事やプライベートで忙しい方は、 ドライバーさんの時間の要望に答えきれず取り逃がしてしまうこともあります。 その様な場合は対面せずにシェアすることも検討することも大切です。 新規のドライバーさんにいきなり無人でシェアすることは難しいので何度かリピートして頂いているドライバーさんを増やすことが重要になってきます。 リピーターであればお互いの信頼関係の中で毎度対面しないでシェアしていくことが可能です。 車の鍵をキーボックスなどに入れて、車の外側に取り付けてその鍵を使ってもらい返却時も同様にキーボックスに入れてもらえば対面せずともシェアが完了します。 リピートしていただくためにanycaではシェア終了後にドライバーさんに 割引クーポンを発行することが可能になっています。 個人間カーシェアリングの始め方・登録の方法 ・スマホ ・免許証 ・車検証 ・車の写真 この準備ができたら早速始めていきましょう。 まずはアプリへの登録を行います。 エニカやdカーシェアは専用のアプリをダウンロードして会員登録をします。 その上でマイカーを登録します。 dカーシェアの場合はまずアプリをダウンロード後にログインするためには dアカウントのIDとパスワードが必要になります。 もちろん dアカウントはドコモユーザーでなくても問題なく作成できるので先に作っておくと便利です。 ログイン後に利用開始には免許証の登録が必要になりますので免許証の準備をしておきましょう。 ログイン後はマイページの中に「クルマ情報の登録」の項目があります。 そこから 必要情報を入力して最後に車検証の提出です。 dカーシェアのマイカー登録 まずはdアカウントでdカーシェアに登録後に マイページから自分の車を登録します。 anycaにクルマを登録する画面 anyca エニカ の場合も基本的には操作は一緒です。 画面がほぼ同様なので迷わないと思います。 エニカの場合は 車種を入力するとおおよそのシェアの予想値段が出てきます。 もしマイカーがある方は入力してみて貸した場合の予想をしてみるのも楽しいですね。 ただ、この 予想価格と実際のシェア価格の相場は大きく乖離してます。 実際の相場はずいぶんと安めです。 シェアを始めるときは、自分と同様の地域と車種で検索して相場感をリサーチして下さい。 最初はレビューを集めることが大切です。 お互いに何も知らない関係で何百万もするクルマを貸し借りするからには、何かしらの信頼関係が大切です。 例えオーナーの立場であったも、 ドライバーさんに良きクルマもオーナーであることをアピールしましょう。 そのためには最初の5件程度は、相場よりも安めの設定がおすすめです。 こんな感じで登録は10分程度で終わる内容です。 車検証の審査がこの後に入ります。 入力項目の中で クルマの紹介文についてはしっかりと記入しておくことをおすすめします。 dカーシェア、anyca共に利用規約は決まっていますが、詳細はここに記入しておいたほうが更に安心です。 例えば クルマを汚した時は洗車はどうするのか、もし傷がついて修理に出さざる得ない時の代車費用は? この様な決まりごとばかりにすると借りるドライバーさんも怖くなってしまうところもあります。 トラブルの多くは、オーナーとドライバーの待ち合わせの遅刻などモラルの問題が一番多いようです。 それ以外には、車への傷の認識違いや事故の対応などです。 個人間カーシェアリングの自動車保険からみたリスク クルマのオーナーとしても自分のクルマに任意保険に加入していると思います。 個人間カーシェアリングでドライバーさんが事故を起こした時は自分の自動車保険を使えば等級が上がってしまいます。 等級が上がれば翌年からの保険料がずっと高い状態になります。 anyca エニカ)もdカーシェアも 1日だけ自動車保険に入れるようになっているので安心です。 ただ車両保険については確認しておきたいことがあります。 免責10万があるのでこの部分は大きなリスクになってきます。 車を貸す時は、最悪10万円はドライバーさんと負担となるべくご理解いただき対応を促さなければいけません。

次の

【コスパ最強】カーシェアリングの料金をすべて使って比較|一番安いカーシェアが判明【2020年最新】

カー シェア 値段

レンタカー大手5社の基本料金を比較してみよう レンタカーの基本料金は、レンタルする期間で決まっています。 ほとんどの大手レンタカー会社は、レンタル開始から、6時間まで、12時間まで、1日、以降1日毎の料金が設定されています。 また、レンタルする車種によって基本料金が違います。 軽自動車や、コンパクトカーよりも、エコカーやミニバンが高く、高い排気量のワンボックスワゴン車、輸入車などは基本料金がより高くなっています。 参考として、それぞれのレンタカー会社の軽自動車とコンパクトカー、ミニバンの基本料金を比較しました。 トヨタレンタカー、日産レンタカー、ニッポンレンタカー、オリックスレンタカー、タイムズレンタカーの5社を、大手5社といいます。 JRの駅の近くや、主要都市の幹線道路沿い、観光地の駅の近くなどに営業所があるので、旅行や帰省で使いやすいです。 上記の大手5社のミニバン、コンパクトカー、軽自動車の基本料金の値段を比較しました。 ミニバンの値段比較表 車に乗っている時間が多くて、家族で乗るにはミニバンくらいが安心という方も多いと思います。 ほとんどの会社が扱っているシエンタを例に、各会社の基本料金を比較しました。 シエンタがない会社は同等の車種の基本料金で比較しています。 ~6時間 ~12時間 ~24時間 7,560円 9,720円 12,960 8,100円 9,180円 10,800円 7,688円 9,396円 11,016円 7,020円 8,100円 9,720円 8,208円 10,368円 13,608円 コンパクトカーの値段比較表 子供もまだ小さくて、運転しなれない場所では小回りの利くコンパクトカーがいいという方もいるでしょう。 ほぼどのレンタカー会社も扱っているヴィッツを例に各会社の基本料金を比較しました。 ヴィッツを扱っていないレンタカー会社は同等の車種の基本料金で比較しています。 ~6時間 ~12時間 ~24時間 5,400円 5,400円 7,020円 6,156円 6,804円 8,316円 5,292円 6,480円 7,560円 5,940円 6,480円 8,100円 6,048円 6,048円 7,668円 軽自動車の値段比較表 コンパクトカーよりも安い軽自動車は、交通費は節約したいけど旅行先ではお金をかけて遊びたいという人にぴったりです。 とは、軽自動車として一律のレンタル料金ですが、ほかの会社はグレードの高い軽自動車だと、コンパクトカーと同じ料金の車もあります。 ~6時間 ~12時間 ~24時間 5,400円 5,400円 7,020円 5,724円 5,940円 7,560円 4,536円 5,508円 6,480円 4,860円 4,860円 6,480円 5,940円 5,940円 7,344円 格安レンタカーの基本料金の相場 格安レンタカー会社は、主に中古車をレンタルカーとして使用している会社です。 主要都市では店舗が多いですが、地方に行くと駅から遠かったり、希望する場所に店舗が無い場合があります。 また、軽自動車やコンパクトカーが多く、ミニバンなど車種によっては取り扱いが無い会社もあります。 しかし、大手のような細かい料金設定ではなく、排気量や、車両タイプ、何人乗りかなどで決まっていて、基本料金がわかりやすくなっています。 そして、基本料金は大手より安くなっています。 格安レンタカー会社によって貸出開始時間が異なっています。 最短は1時間の利用からレンタルできる100円レンタカーで、ニコニコレンタカーは6時間から、ガッツレンタカーは24時間利用からになっています。 ここでは、ミニバン、コンパクトカー、軽自動車の基本料金の相場を比較表を用いてお伝えします。 ミニバンの値段比較表 軽自動車やコンパクトカーが主なレンタル車両の格安レンタカー会社では、ミニバンを扱っている店舗は少なく、希望する場所にミニバンを貸し出している店舗が無い場合もあります。 また、ミニバンと料金表で表記されていない場合もあります。 そのような場合は、レンタカー会社のサイトで店舗詳細を確認すると、希望のミニバンを扱っているかどうか、基本料金はいくらになるのか掲載されています。 例えば大手レンタカー会社ではミニバンとして掲載されているシエンタ(7人乗り)は、ガッツレンタカーでは、クラスC-2の商用バンタイプの基本料金になっています。 また、ニコニコレンタカーでは、7人以上乗れる車はすべて一律料金なので、ノアなどの大手ではワンボックスタイプの車種と同じ料金になります。 100円レンタカーでは、コンパクトBタイプか、ミニバンAタイプ、ハイブリットタイプの場合は、ハイブリットセダンタイプの料金になっていたりと、店舗によって扱いが違っています。 ~6時間 ~12時間 ~24時間 7,200円 8,800円 11,000円 3,900円 4,800円 6,000円 なし なし 3,600円 車両タイプや排気量で料金が決まるガッツレンタカーと100円レンタカーはミニバンの料金は安いですが、排気量に関係なく7人以上乗れる車は一律同じ料金のニコニコレンタカーは高めの料金になっています。 コンパクトカーの値段比較表 コンパクトカーは、ニコニコレンタカーは排気量1351㏄未満と以上で、100円レンタカーは排気量1300以下と、1800以下によって基本料金が変わっています。 ガッツレンタカーはコンパクト自動車タイプとして一律の料金です。 排気量1300㏄~1350㏄までのコンパクトカーの基本料金を比較しました。 ~6時間 ~12時間 ~24時間 2,500円 2,900円 4,300円 2,400円 3,000円 4,200円 なし なし 3,400円 ニコニコレンタカーと100円レンタカーは、新車クラスも取り扱っていて、中古車クラスよりも基本料金が高くなっています。 軽自動車の値段比較表 ガッツレンタカーは、2ドアタイプ、4ドアタイプ、4ドアタイププレミアムと料金が分かれていますが、大手でも多くの会社が扱っているワゴンRの料金の4ドアタイププレミアムの料金で比較します。 ニコニコレンタカーと100円レンタカーは、軽自動車の料金は一律になっています。 ~6時間 ~12時間 ~24時間 2,400円 2,700円 4,100円 2,100円 2,700円 3,900円 なし なし 3,200円 ニコニコレンタカーと100円レンタカーは、新車クラスも取り扱っていて、中古車クラスよりも基本料金が高くなっています。 基本料金以外の値段 レンタカーは基本料金以外にも、オプションをつけると追加料金が発生したりと、加算される料金が複数あります。 レンタカー会社のサイトに料金計算方法が掲載されているので、必ず確認しましょう。 車両対物事故免責額補償制度 レンタカーで事故が起きた場合の基本的な大型補償制度の料金はすでに基本料金の中に入っています。 その上で、予約時やレンタルするときに任意で加入できる、事故が起こった時の自己負担額を免除できる車両対物事故免責額補償制度があります。 免責額補償制度は基本料金に料金を追加して加入できます。 また、車をレンタルしている間に事故や盗難など、レンタカー会社に料金を支払わなければならないトラブルがあった時に、それを免除するノンオペレーションチャージ(NOC)補償制度など、レンタカー会社が独自にレンタカーのトラブルに対応するロードサービスを設けています。 ロードサービスとNOC補償制度は、ロードサービスは無料ですがNOC補償制度は有料の会社や、NOC補償制度加入でロードサービスがうけられる会社など、ロードサービスとNOC補償制度はレンタカー会社それぞれ独自の方法で追加されます。 レンタカー会社のホームページを確認してください。 その他の主な追加料金 補償制度だけではなく、チャイルドシート貸出や、スタッドレスタイヤやチェーンなどのオプションの利用で追加料金がかかります。 また、レンタカーを使用する場所や時期、時間などによって追加される料金があります。 ハイシーズン料金や深夜手数料などが加算される場合がある ゴールデンウィークや夏や冬の帰省の時期にはハイシーズン料金が加算される場合があります。 ハイシーズン料金は北海道地区とその他の地区で期間が違っている会社もあります。 連休や長期休暇に車を借りたい場合は注意しましょう。 また、深夜まで営業している店舗や24時間営業している店舗では、深夜や早朝でも貸出と返却を受け付けていますが、深夜の時間帯になると深夜手数料が追加されます。 大体22時~5時の間に設定されています。 渋滞を避けて夜遅くや、朝早く出発したい場合は追加料金がかかる場合があります。 借りた店舗と違う旅行先での店舗で車を返却する場合や、レンタカーを希望の場所まで持ってきてもらう宅配サービスを利用すると追加料金が加算されます。 格安では大手では無料のオプションも追加料金が発生する場合がある 大手ではカーナビやETCの車載器が無料で標準装備されていますが、格安レンタカーではカーナビやETCの車載器は追加オプションとして追加料金が発生する場合があります。 ポータブルカーナビを追加オプションとして貸し出す場合もありますが、カーナビがすでについている車の場合、自動的に追加料金が加算される会社もあります。 また、格安レンタカー会社ではレンタカーでの走行距離の制限がある会社があります。 格安レンタカーを考えている場合は、どのような条件で料金が追加されるのか、事前にサイトなどで料金を調べておきましょう。 値段を安く利用できるお得な割引について 各レンタカー会社では、レンタカーをお得に利用できるさまざまな割引システムがあります。 レンタカーを利用したい時期や頻度で、お得な割引を手に利用しましょう。 割引クーポンを利用する レンタカーを比較するサイトや旅行サイトでは、レンタカーの割引クーポンが配布されています。 利用できる期間やエリア、レンタカー会社は限定されますが、条件に合えばお得にレンタカーが利用できます。 会員に登録してキャンペーンを利用する レンタカー会社では会員登録すると、会員割引を行っている会社が多いです。 レンタカーの利用料金が割引されたり追加オプションの利用が無料になるだけではなく、マイルやポイントが貯まったり、提携ホテルやレジャー施設が割引されるなど、さまざまな特典があります。 また、会員限定で初回レンタカー利用で割引されるキャンペーンや、店舗オープン記念など指定の店舗で予約をすると最大50%割引になるキャンペーンなどがあります。 レンタカー会社のサイトを頻繁にチェックして希望にあうキャンペーンを見つけてください。 早目に予定が決まったら早期割引を利用する ホテルや航空券を早く予約すると割引されるように、レンタカーも早期予約で割引されるキャンペーンがあるレンタカー会社があります。 レンタカー利用開始日から最大90日前で47%引きなど早ければ早いほど割引率が高くなっています。 レンタカー会社によって割引率は異なりますが、レンタカー利用開始日から90日前までに予約すると最大47%引き、30日前~7日前までで、30%~25%くらい割引されます。 しかし、ハイシーズン期間は早割が適用されない場合や、条件としてエリアが指定されている場合やネット予約の場合のみなどあります。 ポイントを貯めて利用金額から割引する 会員になってレンタカーを利用するとポイントやマイルが貯まるレンタカー会社があり、そのポイントで次回以降の利用金額からポイント分を値引きできるサービスがあるので、ポイントを貯めれば次にレンタルするときにポイントでお得に利用できます。 また、楽天トラベルでレンタカーを予約すると、付与される楽天スーパーポイントが10倍などのキャンペーンがあります。 楽天スーパーポイントもレンタカー利用料の割引に使えるので、楽天で商品を買って貯まったポイントを利用してレンタルできます。 レンタカー会社や、旅行会社で利用できるポイントやマイルが異なるので注意して下さい。 安く借りたい方にはカーシェアがおすすめ 車を安く借りたい方には、カーシェアの利用がおすすめです。 カーシェアであれば、利用料金が安いうえに、ガソリン代はかかりません。 また、予約はアプリやWEBから簡単にできるため、非常に簡単です。 わざわざ営業所に行って受付を行う必要はありません。 そんなカーシェアの中でおすすめのサービスはdカーシェアです。 dカーシェアに登録すれば、月額料金無料で様々な会社のカーシェアステーションを利用できます。 そのうえ、カーシェアだけでなく、レンタカー、マイカーシェアも利用できるため、その時の都合に合わせて利用するサービスを選択できます。 無料登録で300円分のクーポンが獲得でき、利用で300ポイントが獲得できます。 一度試してみてはいかがでしょうか?.

次の

【比較】カーシェアリングとレンタカー使い方・料金の違いとは!?どちらがお得なのか?

カー シェア 値段

カーシェアリング選びの際にほとんどの方が一番気にしているのは『 実際に利用するといくらになるのか?』『 月額料金を払わないですむ方法はないか?』ということです。 全てのカーシェアに登録して料金を比較した結果、 ネット上のカーシェアに関する情報は信頼できないものが多いということが分かりました。 カーシェアの料金で実際に気になるのは、『月額料金(固定)』と『使った分だけかかる料金』です。 月額料金について 結論から言うと、初めてカーシェアを利用する多くの方には 月額料金が無料でドコモが提供しているdカーシェアというカーシェアアリングをおすすめしています。 一番有名なタイムズカーシェアと利用料金を比較してみても、 15分あたり14円、一時間あたり56円しか違いがありません。 このページでは、カーシェア選びで失敗しないために、実際に利用してみてどうだったのか?ということを中心に、 料金比較だけでなく、マイカー・レンタカーとの料金の違いやお得な最新キャンペーン情報などをまとめて紹介します。 このページでわかることを10秒で紹介!• 一番安いカーシェアリングは『カレコ』• 乗らない月があるなら『月額無料』がおすすめ• 月額料金0円なら最安の『dカーシェア 』を選ぶべき 目次• カーシェアリングの料金を比較する前に押さえておきたい選び方 カーシェアを比較する上で料金を気にする方は多いですが、実は 月に3回以上利用しない方にとって、トータルで発生する料金はほとんど変わりません。 例えば、最もコスパの良いカーシェアはカレコは15分あたり195円で、月額無料のdカーシェアが220円なので、1時間あたり100円しか違いがないです。 月に1度も利用しなかったときには980円の月額料金を払わなければいけないことを考えると、 カレコとdカーシェアはほとんど差は無いと言えるでしょう。 これからカーシェアの料金を比較していきますが、 頻繁に利用をする方はカレコを選び、月に3回以上利用しない方は月額無料のdカーシェアを選ぶことをおすすめします。 主要4社のカーシェア料金を徹底比較 1-1. 最もコスパの良いカーシェアリングはカレコ まずは、大手4カーシェアを比較・検討する人が多いので、それぞれの料金を比較していきます。 大手3社のカーシェアの中では カレコの料金がダントツで安いです。 カレコの平日プランに申し込みをすれば、10分80円から利用することが可能です。 月会費から12時間あたりのパック料金まで、非常にお得な料金設定になっています。 料金で選ぶ場合は、カレコを検討することをおすすめします。 カレコ公式HP: カレコの口コミや評判を確認したい方は、『』を参考にしてください。 1-2. 使わない月もある方は、月額料金がかからないdカーシェア 『 使わない月もあるから初期費用・月額料金が発生しないカーシェアがいい』という場合は、ドコモの 『dカーシェア 』に登録だけしておくことをおすすめします。 15分220円なので、オリックスカーシェアの月額料金無料プランと比較しても15分あたり80円安く、 今一番人気が急上昇しているカーシェアです。 1-2. 比較する料金項目の解説 比較するカーシェアのそれぞれの料金項目について簡単に解説していきます。 月額料金:実質無料 月額料金は大手3社ともに1,000円前後かかりますが、 カーシェアは 全て利用料金に含めることが出来るため、実質無料です。 月額料金イメージ:利用料金がXX円の場合 月額料金1,000円+(利用料金XX円-月額料金1,000円) =XX円 カレコとオリックスカーシェアは月会費無料プランを用意していますが、月に1度でも利用するのであれば、割高になるので注意してください。 dカーシェアはオリックスカーシェア、レンタカー、マイカーシェア(個人間)を月額無料で利用できる便利なサービスです。 初期費用もかからず、とりあえず登録だけしておくことが出来るので、是非 『dカーシェア』の利用を検討してみてください。 その中でも、 カレコの平日プランは10分80円、15分120円相当という破格の料金設定になっています。 平日に車を利用される方は、このプランを利用しない手はないでしょう。 6時間以上のパック料金:平均3,500円 パック料金は、6時間3,500円程度、距離料金が1kmあたり15円という料金が一般的な中で、 カレコは6時間2,800円で距離料金が無料です。 12時間パックになると、カレコとオリックスが同一で、タイムズカーシェアのみが6,690円となっています。 12時間以上で長距離を走る場合は、タイムズカーシェアのほうがお得になる場合もあります。 その他の料金 これ以外に発生する料金はありません。 保険料やガソリン代、駐車場代は利用料金に含まれている ので安心して使ってください。 今まで見てきたように、カレコが最も安い料金でカーシェアを提供しています。 近所にステーションがある方は、是非一番安いカレコを利用してみてください。 1-3. カレコの料金 カレコの料金計算は他のカーシェアと比較して非常に簡単です。 初期費用0円• 月額基本料金 実質0円(月額基本料金980円を利用料金として使えます。 利用料金は使った時間分の料金だけで、距離に応じてかかる料金は6時間未満は0円(なし)• カレコの料金詳細は『』で確認してみてください。 1-4. dカーシェアの料金 dカーシェアの料金計算は 『使った分だけ』です。 初期費用0円• 月額基本料金0円• 利用料金は使った時間+距離料金• 15分:220円 6時間:4,200円 12時間:6,500円 24時間:8,000円 dカーシェア公式ページ dカーシェアの料金詳細は『』で確認してみてください 1-5. タイムズカーシェアの料金 タイムズカーシェアの料金は以下のとおりですが、キャンペーンによって実質の初期費用も発生しません。 月額基本料金 実質0円(月額基本料金1,030円を利用料金として使えます。 利用料金は使った時間分の料金だけで、距離に応じてかかる料金0円(なし)• パック料金 タイムズカーシェアの利用料金は、平均的な金額です。 公式: タイムズカーシェア 料金詳細: 1-6. 初期費用無料(キャンペーン無しの場合、カード発行料1,000円)• 個人A:月額基本料金 実質0円(月額基本料金980円を利用料金として使えます。 個人B:月額料金なし 実際にかかる料金は、以下の2つです。 個人A• 使った時間分の料金(15分200円~)• 距離に応じてかかる料金1kmあたり15円 個人B• 使った時間分の料金(15分300円~)• 距離に応じてかかる料金1kmあたり15円 オリックスカーシェアの料金は、月額基本料金と距離に応じてかかる料金が発生します。 ちなみに、5時間以上利用される場合は、6時間パックがお得です。 2ヶ月分の月額基本料金が無料に• 2か月分の時間料金が2,000円分プレゼント 入会時に料金を気にせず加入できるのは非常にお得ですし、 2ヶ月2,000 円分の時間料金がついてくるので、とりあえず少しだけ使ってみて合わなければほとんど料金を払うことなく解約することが出来ます。 オリックスカーシェア料金詳細は『』を参考にしてください。 マイカーシェア(個人)の料金を徹底比較 個人間カーシェアのエニカ、dカーシェアの料金を比較してみましょう。 利用料金は各オーナーが料金を設定するため、それ以外の料金はほとんど変わりませんが、 エニカの登録オーナーがdカーシェアに登録しているケースも多く、エニカよりも若干高めに設定している傾向が見られます。 エニカの料金 エニカの料金は、以下の4つで構成されています。 オーナーが設定した使用料金• 自動車保険料• ガソリン代(実費)• 契約料 新規にオーナーと共同使用契約を締結する場合 エニカの料金は、車によって異なりますが、 24時間4,000円~8,000円がボリュームゾーンです。 設定料金(24時間) プリウス 4,000~5,000円 フィット 3,000円前後 ベンツEクラス 5,000~10,000円 レクサスIS 8,ooo~10,000円 BMW 3シリーズ 6,000~8,000円 プリウスの料金が年式に寄らず24時間5,000円程度で設定されているので、保険料やガソリン代を追加したとしても安いです。 レンタカーでは24時間1万円程度が一般的です。 2-2. dカーシェア(マイカーシェア)の料金 ドコモのマイカーシェア料金は 「共同使用料」と「保険料」を足し合わせた金額になります。 計算例は以下のとおりです。 保険は基本的には1,800円で弁護士費用特約がついて、免責が10万円のプランをおすすめしています。 なお、オーナーとして収入をアップしたい!という方は、こちらのページをご覧ください。 マイカー、レンタカーとカーシェアリングの料金比較 マイカーやレンタカーなどと比較すると、カーシェアはガソリン代、駐車場代などの固定費がかからない分、お得に利用することができます。 どれほどお得になるのか、具体的に見ていきましょう。 2-1. カレコとマイカー、レンタカー比較 まずは、カレコとマイカー、レンタカーを比較していきます。 1ヶ月に6回ほど、1回あたり3時間程度の利用を想定します。 マイカーを保有している場合は車両代の分割支払い、駐車場代、保険代などによって56,700円、レンタカーの場合は40,500円相当となります。 カレコの場合は、14,040円ですみますので、それぞれ2. 5万、4万円ほど節約になります。 2-2. オリックスカーシェアとマイカー比較 オリックスカーシェアとマイカーを比較してみましょう。 今回は、週末だけ車を利用するようなサンデードライバーを想定しています。 はじめやすい!カーシェアキャンペーンを徹底比較 カーシェアのキャンペーンはオリックスカーシェアが一番還元率がいいです。 お試しでどこかのカーシェアを利用するのであれば、オリックスカーシェアをおすすめします。 キャンペーンだけで決めましたという方はほとんどいませんが・・・ それでは、一つ一つのカーシェアのキャンペーンを見ていきましょう! 4-1. タイムズカーシェアのキャンペーン タイムズカーシェアの入会時キャンペーンは、2つの特典があります。 月額基本料金が2ヶ月間無料 タイムズカーシェアのキャンペーンを活用して、 初期費用・月額料金(1,030円)を2ヶ月0円で使ってみて判断することをおすすめします。 4-2. オリックスカーシェアのキャンペーン オリックスカーシェアの入会時キャンペーンは2つの特典があります。 2ヶ月分の月額基本料金が無料に• 2か月分の時間料金が2,000円分プレゼント 入会時に料金を気にせず加入できるのは非常にお得ですし、 2ヶ月2 ,000円分の時間料金がついてくるので、とりあえず少しだけ使ってみて合わなければほとんど料金を払うことなく解約することが出来ます。 キャンペーン詳細は『』を確認してください。 4-3. カレコのキャンペーン カレコの入会時キャンペーンを実施していません。 というのも、そもそも 入会費がかからず、1ヶ月目の料金が無料 だからです。 最新のキャンペーン情報は以下のページで詳しく紹介していますので、確認してみてください。 8月はキャンペーンを実施していませんが、最新の状況を確認したい方はキャンペーンページを確認してみてください。 カレコ公式キャンペーンページ キャンペーン詳細は『 』を確認してみてください。 カーシェアの料金で得する利用方法2選 5-1. 月額料金が無料のプランはなるべく利用しない 月額料金が無料のプランは、たとえばオリックスカーシェアで比較してみると、 15分あたり300円~と1. 5倍以上料金が上がります。 月に1回以上利用される場合は、月額料金を全て利用料金に含めることが出来るので、月会費を払うプランにしてみましょう! 5-2. カーシェアは複数登録でお得に! カレコの平日プランは、通常200円程度するのが平均なところ、15分あたり120円と非常にお得です。 ただし、 週末・休日の料金が2倍に上がってしまうので、 dカーシェアなどと組み合わせて利用することで非常にお得になります。 カーシェア利用者の3割が2つ以上のカーシェアに登録をしているという信頼出来る調査結果()もありますので、慣れてきたら2つのサービスを併用することをおすすめします。 カーシェアの料金に関するメリット・デメリット 次に、カーシェアの料金に関するメリット・デメリットを見ていきましょう。 6-1. カーシェアの料金に関するメリット 全てコミコミの料金プラン カーシェアの料金は、駐車場代・車両購入代・保険料、ガソリン代などが含まれているため、とにかくわかりやすいです。 また、料金自体も15分200円という料金設定なので、非常にお得です。 6-2. カーシェアの料金に関するデメリット カーシェアの料金でデメリットといえば、月1,000円程度の固定料金がかかることくらいですが、利用料金として使えるので、実質無料です。 法人向けカーシェア料金を比較 法人向けカーシェアの料金は、カレコがもっとも安いものの、利便性がもっとも重要なので、タイムズカーシェアをおすすめしています。 法人ではどの程度安くなるのか、オリックスカーシェアの事例を見てみましょう。 学生向けカーシェア料金の徹底比較 学生がカーシェアを利用する場合は、月会費はかかりません。 金額がもっとも安いのは、カレコ です。 ただし、月会費が無料の期間がもっとも長いのはオリックスカーシェアなので、一長一短はあります。 学生のうちにカーシェアがライフスタイルに合っているかどうかを確かめておくことをおすすめします。 カーシェアのガソリン代や洗車代はどうなる? カーシェアは ガソリン代・洗車代金を支払う必要はありません。 むしろ、給油や洗車をすると30分の料金が割引になるので、時間内に済めば料金で得する可能性があります。 カーシェアは現金払い可能? カーシェアでは 現金払い、デビットカードなどの支払いは出来ません!クレジットカードを登録しましょう。 【口コミ2選】カーシェアの料金って実際安いですか? カーシェア利用者に、料金に関する口コミをヒアリングしましたので、参考にしていただければと思います。 カレコ利用者 口コミ ステーションが近くにあったのと、 他のカーシェアと違って初期費用がかからなかったのでカレコを利用し始めました。 一番安いプランだと、長時間使ってもレンタカーより安いことも多いです。 病院に通ったり、子供の送り迎えのときに気軽に利用できるので非常に助かっています。 私が利用しているステーションは車内も綺麗ですし、気分よく使えます。 dカーシェア利用者 口コミ 家族旅行に行く機会が多かったのでお得だと思いdカーシェアを利用し始めました。 d カーシェアは6時間パックと12時間パックで1,000円しか違わないので、非常にお得な料金設定だと思います。 カーシェア料金まとめ カーシェアの料金を徹底的に解説してきましたが、いかがでしたでしょうか? 基本的な料金の仕組みや、どのカーシェアが最も安いのか、キャンペーンは何が一番お得なのか、ということについてお分かりいただけましたか? カーシェアの料金は他の車を利用する手段と比較して、非常に安いです。 カーシェア選びで迷う場合は、『 dカーシェア』か『 カレコ』にすることをおすすめします。 どちらを選んでも賢い選択だと思います。 料金以外の使い勝手や口コミ、ランキングなどを見て決めたいという方は、以下の記事を参考にしてみてください。

次の