パトカー 駐車 違反。 駐車違反で警察を悩ませる「私有地問題」とは?

交通取り締まりのために停車しているパトカーは駐車禁止違反にならないのでしょ...

パトカー 駐車 違反

しかし、 条件がある。 赤色灯を点灯させてサイレンを鳴らさないといけないらしい。 サイレンを鳴らすと、スピード違反の犯人に 「今、追いかけているぞ!」と宣伝しているようなものだから、逆にデメリットなのでは…、と考えてしまったのは私だけだろうか。 実は、このようなデメリットを考慮して、 スピード違反を追尾中のパトカーと白バイ限定で、 赤色灯のみ点灯させて法定速度を超えるスピードで走ることができるそう。 検挙する直前にサイレンを鳴らせばOKだそうだ。 ただ、猛スピードで追いかけられたら結局バレると思うが…。 まあそれだけスピード出してたら違反してる本人だけじゃなく、誰が見ても追いかけてるってわかるだろうねぇ。 しかし、パトカーがスピード違反するより事例が多いらしい。 道路交通法によると、 交差点から5メートル以内の場所に駐車するのは違反とされているため、その場所に駐車していたパトカーが、駐車違反として取り締まられたそうだ。 緊急性があるときは、駐車禁止区間で駐車できることもある。 しかし、そのとき捕まったパトカーは 一時停止違反の取り締まりを行っていたため、交通違反に該当すると判断されたという。

次の

交通違反ランキングTOP10!2016年上半期よく捕まる車の違反とは?要確認です!

パトカー 駐車 違反

緊急自動車は、法令の規定により停止しなければならない場合においても、停止することを要しない。 この場合においては、他の交通に注意して徐行しなければならない。 39条2項の、停止義務の免除とは、具体的には次のようなことだ(『執務資料道路交通法解説13-3訂版』より引用。 以下、丸数字は同。 「法」とは道路交通法)。 政令で定めるところにより道路の維持、修繕等のための作業に従事している場合における道路維持作業用自動車(専ら道路の維持、修繕等のために使用する自動車で政令で定めるものをいう。 以下第七十五条の九において同じ。 )については、第十七条第四項及び第六項、第十八条第一項、第二十条第一項及び第二項、第二十条の二、第二十三条並びに第二十五条の二第二項の規定は、適用しない。 8条1項は、通行禁止の規定で、次のようなものなどがある。 「緊急自動車」は、このようにいろんな規定から除外されている。 パトカーや消防車や救急車が、犯罪者を検挙するため、また国民の安全を守るため、サイレンを鳴らして赤灯を回して、緊急であることを知らせ、周囲に注意を喚起して、現場へ急行する、そういうときの走行については、いろんな禁止規定から除外されるわけだね。 これは当然のことだろう。 速度違反を取り締まるとき以外の「緊急自動車」の速度については、施行令12条3項でこう規定されている。 高速自動車国道の本線車道以外の道路を通行する場合の最高速度は、前条並びに第一項及び前項の規定にかかわらず、八十キロメートル毎時とする。 「緊急自動車」であるための要件を満たしていない場合のパトカーの違反、それはどうなるのか。 それは、まず、そのパトカーのスピードによる。 4輪の「法定速度」は、一般道路では60キロ(施行令11条)、高速道路では100キロ(施行令27条)だ。 しかし、各都道府県には交通についての公安委員会規則があり、たとえば東京都の場合だと「」(東京都公安委員会規則第9号)の2条が、「専ら交通の取締りに従事する自動車」は、「指定速度」(標識により40キロとか50キロとか指定されているアレ)を守らなくてもいいと定めている。 ただし、「法定速度」を守ることまでは除外していない。 交通についての公安委員会規則は、各都道府県にある。 だいたい同じようなことが定められている。 緊急自動車の要件を定めた施行令14条に、ただし書きがある。 速度違反を取り締まるときで、 特に必要があると認めるときは、サイレンを鳴らすことを要しない と。 では、赤灯(赤色の警光灯)のほうはどうなのか。 被告人の道交法違反を検挙するのに警察官も等しく道交法違反を犯したとはいつても、両者の違反の実質的内容は異なるものというべきであり、これを等しくみて、警察官の違反を不問に付し被告人のみ起訴することが許されないという主張自体失当であるといわなければならない。 ……警察官に対する道交法違反の起訴、不起訴は被告人に対する本件公訴提起の有効無効に何ら影響を及ぼすものではないことは明らかであるといわなければならない。 という判例がある(1984年3月15日 水戸地裁)。 警察官がパトカーにより最高速度を超過して速度違反車両を追尾した場合において、赤色警光灯をつけていなかつたからといつて、警察官について道路交通法二二条一項違反の罪の成否が問題となることがあるのは格別、右追尾によつて得られた証拠の証拠能力の否定に結びつくような性質の違法はないと解するのが相当である…。 という判例もある()。 こうした判例に支えられ、なし崩しに、現実にはサイレン&赤灯ナシで、つまり「緊急自動車」としての要件を満たさず、飛ばし放題ということになっているようだ。 ただし、公安委員会規則が除外するのは、「指定禁止」(都道府県の公安委員会が標識 等により行う規制)であって、「法定禁止」(道路交通法でダイレクトに定められた規制)には及ばない。 したがって、たとえば、駐車違反を取り締まるためにミニパトが交差点内や横断道上や、道路の右側に駐車した場合、ミニパト自身も駐車違反となる。 パトカーがああいう違反をするってことは、あれくらいの違反は、やってもいいんだろう。 と思ってやったら捕まった。 納得いかない」 という方もいる。 わからないではない。 しかし、 自他の安全&交通の円滑を守ることは、個々の運転者に課された当然の責務なのだ。 「警察がやるからオレも」だけでは困るんじゃないか。 そんなふうに私は思うが。

次の

パトカーは路駐しても良いのですか?よく見る光景なのですが、パトカ...

パトカー 駐車 違反

しかし、 条件がある。 赤色灯を点灯させてサイレンを鳴らさないといけないらしい。 サイレンを鳴らすと、スピード違反の犯人に 「今、追いかけているぞ!」と宣伝しているようなものだから、逆にデメリットなのでは…、と考えてしまったのは私だけだろうか。 実は、このようなデメリットを考慮して、 スピード違反を追尾中のパトカーと白バイ限定で、 赤色灯のみ点灯させて法定速度を超えるスピードで走ることができるそう。 検挙する直前にサイレンを鳴らせばOKだそうだ。 ただ、猛スピードで追いかけられたら結局バレると思うが…。 まあそれだけスピード出してたら違反してる本人だけじゃなく、誰が見ても追いかけてるってわかるだろうねぇ。 しかし、パトカーがスピード違反するより事例が多いらしい。 道路交通法によると、 交差点から5メートル以内の場所に駐車するのは違反とされているため、その場所に駐車していたパトカーが、駐車違反として取り締まられたそうだ。 緊急性があるときは、駐車禁止区間で駐車できることもある。 しかし、そのとき捕まったパトカーは 一時停止違反の取り締まりを行っていたため、交通違反に該当すると判断されたという。

次の