写真 キュー アール コード 読み取り。 PCでのQRコード読み取り方法は?ソフトのみ、カメラ使用なし! [フリーソフト・シェアウェア] All About

スマホでQRコードを読み取る方法【iPhone&Android 2020年版】

写真 キュー アール コード 読み取り

別のスマホで読み取る• 別の端末にQRコードを表示させて読み取る• LINEアプリを使う(おすすめ) 一つ目の別のスマホで読み取る方法は、もう一台でスマホの画面をQRコードリーダーで読み取るというアナログなやり方です。 二つ目の方法は、スマホの画面に表示されたQRコードを読み取るために、パソコンやタブレットなど別のデバイスから同じページを出して、QRコードを読み取る方法です。 これらの方法は、少々手間を取りますし、外出時などスマホだけしかもっていない時はQRコードを読み取ることができません。 そこでおすすめなのが、3つ目のLINEアプリを利用する方法です。 LINEアプリに搭載されているQRコードのスマホの画面に表示したQRコードを読み取る事ができます。 この機能を使えば、1台のスマホでスムーズにQRコードにアクセスできます。 QRコードリーダーのアプリにも、スマホに保存した画像のQRコードを読み取る機能が付いているものが多くありますが、LINEを使えば、カメラからのQRコードの読み取りもスマホの画面のQRコードもどちらも読み取る事ができます。 普段、LINEを使用しているのであれば、別途特別な専用アプリのインストールも必要ありません。 LINEでスマホ画面上のQRコードを読み取る方法 LINEアプリは、バージョン8. 0でウォレットタブの追加など、UIのリニューアルが行われました。 それに伴い、バージョン8. 0以上のバージョンとそれ未満のバージョンで操作方法が異なります。 QRコードを読み取るための準備 最初にスマホの画面のQRコードを読み取るための準備を行います。 QRコードを読み取りたい画面を出して、スクリーンショットを撮ります。 QRコードが画面内はしっかり収まるようにして下さい。 このスクショに写したQRコードを読み取っていきます。 スクリーンショットの撮り方がわからない場合は、下記リンク先の記事をご覧ください。 LINEアプリバージョン 8. 0以上の場合• QRコードのスクリーンショットを準備する(上記参照)• LINEアプリを起動します。 ホーム画面上にある【友だち追加】のアイコンをタップします。 【QRコード】をタップすると、QRコードリーダーが表示します。 右上の【写真アイコン】をタップし、QRコードの写真を選択してください。 QRコードを読み取り、画面上にURLが表示するのでタップすると、QRコードのURLのアクセスできます。 LINEアプリバージョン 8. LINEのQRコードリーダーを素早く呼び出す方法 LINEアイコンを長押し(または3D Touch)すると、QRコードリーダーに直接アクセスできます。 LINEのQRコードリーダーが起動しない場合 QRコードを使用するにはアクセス権の許可が必要です。 「カメラ」と「写真(ストレージ)」のアクセス権を許可してください。 QRコードのスクショを取り直してもう一度試してみてください。 できる限りQRコードがセンターに来るようにして、拡大縮小して適切なサイズで撮影してみましょう。

次の

LINEのQRコードの読み取り方!スクショ画像のQRコードを読み取りする方法も解説

写真 キュー アール コード 読み取り

「QRコード」とは まず 「QRコード」がどういった存在なのかについても簡単に触れておきたいと思います。 「QRコード」の意味は 「Quick Response(クイックレスポンス)」に由来していて、 素早い応答やデータのやり取りを目的として開発されたデータコードのことです。 データコードとしては他にも、コンビニやスーパーなどでも使われている 「バーコード」がありますが、 「QRコード」はより多くの情報を取り扱うことができます。 「QRコード」が使われるシーンとしては、 広告などにWebサイトのURL情報を掲載するのに使ったり、 「LINE」などのID交換機能なんかにも使われています。 「QRコード」の読み取り方 では肝心の 「QRコード」を読み取る方法について解説していきたいと思います。 使用している 端末によって若干違いがありますので、順番に確認していきましょう。 iPhoneの場合 まずは iPhoneで「QRコード」を読み取る方法について解説します。 少し前までは、iPhoneには 「QRコード」を読み取る機能が 標準搭載されていませんでした。 ですが現在は、iOSのアップデートによって 標準のカメラ機能を使って「QRコード」を読み取ることができるようになっています。 ただし、 事前に設定をしておく必要がありますので以下の手順で設定を確認しておきましょう。 iPhoneの設定を開く。 「カメラ」をタップする。 「QRコードをスキャン」をオンに切り替える。 これで、標準の 「カメラ」アプリで 「QRコード」を読み取ることができるようになります。 読み取りに成功すると、 画面上部に読み取り結果が表示されますので、タップすれば自動で対象のWebサイトやテキストデータが表示されます。 Androidスマホの場合 Androidスマホを使用している場合、Sonyやシャープなどの国内メーカー製の機種であればほぼ間違いなく 標準機能として「QRコードリーダー」が搭載されています。 ですので特に アプリなどをインストールする必要がないため簡単に読み取ることが可能です。 ただしAndroidスマホの場合はiPhoneと違って機能名や起動手順が統一されているわけではありません。 ですのでそれぞれの機種ごとに使用方法には違いがあるかと思いますが、 基本的には標準の「カメラ」アプリの中に 「QRコードリーダー」や 「Info-eye」などの専用のモードが用意されているはずです。 外部アプリも意外と便利 ご紹介した内容としてはどれもスマホに標準で搭載されている機能を使っての「QRコード」読み取り方法でしたが、もちろん 外部のアプリにも色々とメリットはあります。 例えば 写真として保存してあったり、メールなどの添付ファイルとして受け取った「QRコード」を読み取りたい場合などには専用のアプリを使用する必要があるでしょう。 また、アプリによっては 過去に読み取った「QRコード」のデータをリスト化して記憶する機能がついていたりもするため、好みのアプリを探してみるのもいいかもしれません。 あと意外と便利な豆知識として、 「LINE」の「QRコードリーダー」機能を使う方法があります。 友達登録などにしか使えないと思われがちなんですが、実は 普通の「QRコード」の読み取りにも使用することができるんです。 知識に幅を持たせておくことで臨機応変な対応ができるかもしれませんよ。 まとめ 今回は 「QRコード」の読み取り方について色々と詳しくまとめてみました。 使い方に困っていた方、 「QRコード」って何?って方なんかはぜひ参考にしてください。 この記事の内容が少しでも普段の生活に役立つよう祈っています。

次の

Windows10でQRコードをパソコンで読み取るアプリ「QR Code for Windows10」の使い方

写真 キュー アール コード 読み取り

標準のカメラアプリだけで読み取れる 四角の中に白黒のドットが描かれた「 QRコード」を、さまざまな場所で見かけるようになりました。 最近ではキャッシュレス決済にも使われるようになり、すっかり日常に浸透した感があります。 QRコードには多様な用途がありますが、中でもポピュラーなのが「 チラシやポスター、新聞・書籍などからWebページにアクセスする」仕掛けです。 しかし、iPhoneやAndroidスマートフォンのマニュアルはとても簡素で、QRコードを読み取る方法も載っていません。 「いったいどうやって読み取るの?」という人のために、ここでは標準アプリだけでできる、もっとも手軽な方法を紹介します。 iPhoneでQRコードを読み取る 1カメラを起動する iPhone 11(iOS 13)を例に解説します。 ホーム画面から[カメラ]アプリを起動しましょう。 2QRコードを読み取る iPhoneの背面にあるカメラをQRコードに近づけます。 QRコードを認識すると枠が表示されますが、さらに近づく必要がある場合、画面上に[近づいてください。 ]と表示されます。 3読み取ったURLにアクセスする 十分に近づくと、QRコードの読み取りが完了します。 「"dekiru. net"をSafariで開く」といった通知が表示されるので、タップしましょう。 4Webページが表示された Safari(Webブラウザー)に切り替わり、Webページが表示されました。 iPhoneのコントロールセンターには、「 QRコードリーダー」という機能も用意されています。 その名の通り、QRコードを読み取るための専用機能で、前述の方法よりもすばやくWebページにアクセスできます。 複数のQRコードを連続して読み取りたいときに便利です。 また、この機能での読み取り時には、iPhoneのフラッシュライトを点灯させるボタンが表示されます。 暗いところでQRコードを読み取るときにも役立つでしょう。 ホーム画面の右上端から下にスワイプして、コントロールセンターを表示します(iPhone 8以前の機種では下端から上にスワイプ)。 続いて、標準では左下にあるQRコードのアイコンをタップします。 QRコードリーダーが起動しました。 一見、通常のカメラと変わりませんが、中央に大きな枠が表示されるところが異なっています。 QRコードを読み取ると、すぐにSafariでWebページを表示します。 暗くて認識しにくい場合は、フラッシュライトを点灯しましょう。 AndroidでQRコードを読み取る 1カメラを起動する Google Pixel 3a(Android 10)を例に解説します。 ホーム画面から[カメラ]アプリを起動しましょう。 2[その他]を表示する [その他]をタップします。 [その他]がない場合は、[カメラ]のあたりを左にスワイプしてスクロールしてください。 3Googleレンズに切り替える [レンズ]をタップします。 このあと、Googleレンズの説明が表示された場合は[OK]をタップします。 4QRコードを読み取る スマートフォンの背面にあるカメラをQRコードに近づけます。 QRコードを認識すると、読み取ったURLが表示されます。 ここで撮影(検索)ボタンをタップしましょう。 5読み取ったURLにアクセスする QRコードから取得したURLが表示されるので、[ウェブサイト]をタップします。 なお、QRコードの上に表示されたURLを直接タップしてもOKです。 6Webページが表示された Chrome(Webブラウザー)に切り替わり、Webページが表示されました。 close 閉じる.

次の