どう したら いい です か 敬語。 「いいと思う」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

「どうしたらいいですか」に関連した英語例文の一覧と使い方

どう したら いい です か 敬語

「だったら」を敬語で表現したい場合、どのような使い方をするのが自然なのでしょうか。 まずは「だったら」を敬語に直した時の種類や使い方を解説していきます。 「だったら」の敬語に種類はある? 「だったら」を敬語に言い換えた場合、「でしたら」を使うのが一般的です。 目上の方に対して謙譲語を使いたい場合でも「でしたら」を使うことは問題ありません。 他にも「であれば」という言い方も「だったら」の敬語表現に使用することができますが、使い方を間違えてしまうと、相手が不快に感じる場合があります。 「であれば」の使いどころが分からない場合は「でしたら」を使うようにしましょう。 「だったら」の使い方は? 「だったら」の使い方は主に二つあります。 仮定の後に「~だったら」を付ける場合と、相手の話を引き継いで答える場合に「だったら」と会話の出だしで用います。 「だったらこっちが良い」といったように会話の出だしで「だったら」を敬語で表現するときは、「でしたらこちらがよろしい」でも問題ありません。 しかし、目上の方に失礼のないように伝えたい場合は「さようでしたら、こちらがよろしいかと存じます」と表現した方が、より丁寧な敬語の受け答えになります。 「さようでしたら」はとても丁寧な言い方になるので、会社の先輩と打ち合わせするような場面であれば、「であれば」・「でしたら」で問題ありません。 「だったら」のメールでの使い方 メールや手紙の場合は特に形に残ってしまうものなので「だったら」を敬語に直すように務めましょう。 また、メールや手紙は一方的に相手に伝える形になるため、会話で相手の言葉を引き継ぐ使い方である「だったらこっちが良い」というような言い方は、敬語表現であったとしても使用は避けましょう。 相手のメールの返事から引き継ぐ文章だった場合でも、相手の文章を抜粋して仮定の文に直した方が丁寧な文章になります。 また、きちんと言葉を繰り返すことで意思疎通がしっかりするので仮定を省かずに丁寧な文章になるように心がけましょう。 ビジネス会話での「だったら」 ビジネス会話で部下に仮定の話をする場合でも「~だったら」と表現するよりも「~であれば」と表現した方が、「だったら」を使うよりも丁寧さと大人なイメージを相手に与えることができます。 砕けた雰囲気を作りたいときは別ですが、仕事の話をしているときは、相手が部下であっても、こちらが言葉遣いに気を付けることで部下の外部への接し方や部下からのリスペクト具合に影響することも考えられるので気を付けて会話しましょう。 「~であれば」は敬語として使用できますが、使いどころによっては尊大な態度と取られる場合があります。 顧客など外部に対して丁寧な印象を与えたい場合は、「~でしたら」とした方がソフトな印象を与えることができます。 「だったら」を敬語表現するときの例文 「だったら」には二つの使い方があります。 そこで「だったら」を敬語で表現した時の例文をいくつか紹介してきます。 基本の「でしたら」 「ご入用でしたらフロントまでお申し付けください」 ホテルなどの案内で「必要なものがあれば場合に声をかけてください」と言う意味で使用します。 同じ読みと勘違いしてしまう言葉で「要用(ようよう)」という言葉がありますが、必要なものと言う意味で「ごいりよう」と使いたい場合は「ご入用」が正しいです。 「要用」は必要な用事という意味で現代ではあまり使われていない言葉です。 「もしだったら」 「こちらが原因でしたらよろしいのですが」 願望を敬語で表現したい場合に使用することができますが、感想を口にしているだけなので物事を報告するときなどに目上の方に対して使うのはおすすめできません。 仕事では何かを報告する場合は、願望を交えず事実を簡潔に伝えることが大切です。 接客などでは、相手の立場に立って一緒に悩むような場面では、相手に良い印象を与える可能性もあります。 また、ビジネス会話でも顧客と相談している時のやり取りでは使用されることもあります。 例文はその後に原因が他にあった場合などの説明を続ける必要があります。 この例文だけで言葉を止めてしまうと、他人事のように聞こえてしまうので対策などがない場合は不用意に使わないようにしましょう。 相手を励ましたいときの「だったらいいのに」 願望が相手を気遣っての事だった場合は、以下のような表現で伝えることができます。 「よい結果であることを祈っております」 こちらがお願いすることではなく、応援する言葉を贈りたい場合は積極的に使うことをおすすめします。 もちろん一緒にやっている仕事など、自分も関わっている場合は「他人事」と取られてしまう恐れがあるので、使用は避けましょう。 「だったら立たないと」 「でしたらお立ちになられた方がよろしいかと」 相手の話を聞いた上での敬語での丁寧な返答として使用できます。 相手の相談でアドバイスを返したいときに「だったら」ということで、相手の言葉を引き継ぐ形になります。 「でしたら」・「そうしましたら」と返答するようなやり取りは受付業務などでよく耳にすることが多いです。 「だったら」の別の敬語表現例 「だったら」は他の言い方があるのでしょうか。 そこで別の言葉で敬語表現に置き換えた例文を紹介します。 「そうしたら」・「そしたら」 「そういたしましたら、こちらの商品がおすすめです」 「そうしたら」・「そしたら」を敬語に直して「そういたしましたら」にすると丁寧な印象になります。 「だったら」の敬語である「でしたら」よりも、謙譲語も含んでおり丁寧で、少し柔らかい話し言葉になります。 しかし、「そうしたら」・「そしたら」は前に仮定の文を置くことができないため、話し言葉として相手の話を引き継いで使う形しか取れません。 ビジネスに置いては人によって会話で使うことはありますが、メールなど文章で使うことはほとんどありせん。 「それだったら」 「それでしたらこちらで承ります」 「そうしたら」・「そしたら」と同じように使用することができます。 「そういたしましたら」は謙譲語が含まれているので丁寧さは上がるのですが、個人の好みや会社の指導などでどちらとも同じように使われています。 「だったら」の類語・言い換えの敬語表現 次に、類語など「だったら」と似たような使い方をする他の表現方法の例文を敬語に直して紹介していきます。 「であれば」 「再発するようであれば、対応いたしますのでお手数ですがご連絡ください」 「であれば」はどちらかというと、相手に指示を出す場合などに用いられることが多いです。 顧客などに対して使う場合は「でしたら」を使う方が丁寧な印象を与えられます。 例文の言い方は顧客に対して使う方も多く居ます。 相手と常に連絡を取っているような間柄であればこのように伝えても不快感を感じる人は少ないでしょう。 文章的にも後半では「お手数ですが」や「ご連絡ください」と丁寧に伝えていますので失礼な言い方にはなりません。 「~であれば」の後半で敬語や気づかいの文が無いと、尊大な印象を与えてしまう恐れがあるので注意しましょう。 「できましたら明日までにご連絡いただければ助かります」 「できれば」は敬語に直して「できましたら」にすると丁寧な印象をになります。 「できれば」は「可能であれば」と同じような意味で使うことができます。 こちらも目上の方に対しては使用を避けましょう。 「可能であれば」と同じように「差支えなければ」に置き換えることをおすすめします。 「差支えなければ」 「できれば」と同じ例文で目上の方に同じような事を伝えたい場合は以下のように伝えることができます。 「差支えなければ明日までにご連絡いただければ幸いです」 「差支えなければ」は敬語としてはもちろん、目上の方に対して失礼のないように何かをお願いするときに使うことができます。 例文は目上の方からどうしても連絡をしてもらう必要がある場合に使用することができます。 ただし、目上の方から連絡をしてもらうこと頻繁に依頼するのは失礼に当たります。 できる範囲でこちらから連絡を取る形を取りましょう。 いつもの話し言葉で相手の気分を害さないように! 話しの内容に集中しすぎてつい「もし~だったら」と言ってしまわないように、仕事や目上の方に対して話をするときは注意しましょう。 もちろん目上の方であっても、普段からフランクに会話できる相手であれば、多少崩した言葉でも気にされない方もいます。 しかし、普段から気を付けることで、もっと目上の方や丁寧に話さなければいけない場面でついいつもの口調が出てしまう恐れも考えられます。 よほどかしこまった言い方をしなければ、敬語は相手にとって気分の悪くなる言い方にはなりません。 目上の方であれ部下であれ、相手に失礼にならないように普段から言い換えられるものはなるべく敬語に使っても差し支えのない言葉を選ぶように心がけましょう。

次の

「どうすればいい」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

どう したら いい です か 敬語

「どちらでもいい」という言葉はどちらであっても構わない時に不意に言ってしまう言葉でもある事でしょう。 しかしこの言葉、無関心として相手に伝えてしまいやすい言葉にもなり、気を付けなければ大変失礼な言葉にもなってしまいます。 「かといって本当にどちらでもいいからそう言ったんだ」と思う方も多い事ではあると思われますが、「どうでもいい」という言葉は類語として「知った事ではない」という言葉も類語としてあるほどです。 失礼に当たらないように相手に言葉を伝えるにはどのようにしたら良いのでしょうか。 適切な敬語表現を身につけて相手に伝えられるように考えていきましょう。 丁寧語 丁寧語で相手に「どちらでもいい」と伝えるためにはどのように変化させてつたえることができるのでしょうか。 丁寧語で伝えるには「どちらでもいいです」と言うようになります。 無関心さを拭う事は丁寧語にするだけでは変えられません。 丁寧語は敬語表現ではありますが、使いどころや相手を間違えてしまうと無関心とだけ相手に伝わってしまい、関係が悪くなってしまうので注意が必要です。 丁寧語で相手に不快に伝えない方法では、「こちらとこちらのどちらでもいいです」と言うように丁寧に文章を相手に伝えることで無関心さは軽減させることができます。 尊敬語 相手が言葉の主体となる場合は「どちらでもいい」という言葉を「どちらでも問題ありません」と言うような敬語表現に言葉を変える必要が出てきます。 「どちらでも構いません」や「どちらでも結構です」といった表現をされる方が多いですが、実は「構いません」も「結構です」も丁寧語となります。 なので相手を持ち上げた言い方をする尊敬語では「問題ありません」という表現がもっともベターともなってきます。 「良い」という言葉の敬語表現を考えて、「よろしいかと思われます」という表現もすることができます。 謙譲語 こちらが相手に尋ねる場合にこちらの事に対して「どちらでもいいでしょうか」と言うように聞きたい時もある事でしょう。 その場合、こちら側の事に対してという事になりますので謙譲語という敬語表現で相手に「どちらでもいい」という言葉を変化させて伝える必要があります。 謙譲語で相手に伝えようとするならば、「どちらでもよろしいかと存じます」や「どちらでもよろしゅうございます」と言うようにこちらが思っている事に対して相手に伝える際に伝えることができます。 相手に求められた「どちらがいい」という問いに対して「どちらでもよろしゅうございます」は相手の問いが主体でありますので、謙譲語表現は不適切であると言えます。 「どちらでもいい」の敬語での使い方 ざっくりと「どちらでもいい」という言葉をどのように敬語表現とすることができるのかを考えて来れたことと存じます。 では細かく、敬語ごとに変化させることができるのには、どのような定義分けが敬語ごとにあるのかも理解していなければいけません。 基礎をしっかりと理解し、コミュニケーションを円滑に進めることが大切になってもきますので、敬語とは何かという事から基礎をしっかり理解して、応用として「どちらでもいい」を考えて変化させるようにしましょう。 敬語の種類 敬語には3種類あるという事を冒頭で理解いただけた事でしょう。 丁寧語は単語頭に「お・ご」を付けて単語を相手に伝えることができ、語尾にですます調を設けることで言葉全体の印象を柔らかく相手に伝えることができる言葉遣いになります。 しかしこの丁寧語だけでは相手に柔らかく優しい言葉遣いという事だけしか伝えることができず、同じ立場においてという事でしか相手に伝えることができません。 そこで使い分けで大切なのが「尊敬語・謙譲語」です。 言葉の中で主体となる人物が相手側かこちら側かによって使い分ける必要がある言葉遣いで、相手主体であれば尊敬語と言うように使い分ける必要があります。 使い方 基礎を考えた上で、どのように「どちらでもいい」という言葉を敬語表現として使う事ができるのかも考えていきましょう。 相手に無関心であるという事も顕著に伝わりやすいこの言葉では無関心さを出さずに相手に「本当にどちらでも良い」という事だけを伝えられるように配慮をすることも大切です。 聞いてくる言葉として、相手は選択してほしいと望んでいる事の多い物が選択ですから、その場において「どちらでもいい」と伝えるという事も相手に伝える前に考えなければいけない言葉になってきます。 メールでの使い方 メールで相手に「どちらでもいい」という言葉のみを伝えてしまうとどのように相手に伝わってしまうでしょうか。 相手から選択を尋ねられた際に「どちらでもいい」と言ってしまえば相手の選択に興味のない、どちらでもいいというように伝わる事でしょう。 相手から尋ねられたことであれば選択をして相手に伝えることは勿論の事ですが、それでも「どちらでもいい」という事を伝えたい場合はメールにおいては挨拶から始まり、両方の意見を少し触れた上で、こちら側の感想として「どちらでもよろしいかと存じます」と言うようにこちらの考えを下げて相手に伝える方法ができます。 ビジネスでの使い方 ビジネスにおいて、相手に伝える言葉は丁寧語はもちろん、「尊敬語と謙譲語」を主として相手に適切な敬語表現を心がけなければいけません。 ビジネスにおいて、相手が選択をこちら側にした際に「どちらでもいい」という事を伝えたい場合でも、相手に「どちらでもいい」とだけ伝えないようにしましょう。 この言葉自体、相手に「無関心」さを与えてしまいかねない言葉でもありますので、相手に伝える際は「どちらでもよろしいかと存じますが、このようになさってはいかがでしょうか」と言うように考えを相手にしっかりと伝えることが大事になってきます。 熟語での使い方 他の敬語表現をする方がもっと相手にわかりやすく伝えられることができると思われることも出てくることでしょう。 「どちらでもいい」という言葉だけを用いて相手に伝えてばかりではそれこそ無関心さを露骨にアピールしてしまう事にも繋がりかねません。 「どちらでもいい」と同じような場面で相手に他の言い方で伝える方法はないのかも確認して、相手に不快な思いとして捉えられないように言葉を選んで相手に伝えられるようにしましょう。 どれでもいい 「どちらでもいい」という言葉に似た言葉に、「どれでもいい」という言葉もある事でしょう。 選択をこちらに尋ねられた時に同じく返答できる言葉でもあり、「どちらでもいいでしょうか」と同じような時に「どれでもよろしいでしょうか」と言うように使う事ができます。 しかし、言葉のもつ意味としては違うものになっています。 「どちらでもいい」という言葉には2つの物事しかなく、どちらかの選択という事を相手に伝えることができる言葉になっています。 対して「どれでもいい」という選択の言葉には2つ以上の物事である事が言えます。 3つの物事から選ぶ際に「どちらでもいい」と相手に伝えるのではなく、「どれでもいい」と使えるようになります。 いずれも可 「どちらでもいい」という言葉を選択として相手に的確に伝える言葉として、「いずれも可」という言葉もあります。 用紙に「どちらでも可」と書かれている事もある言葉ではありますが、話し言葉で使うには少々堅苦しく伝わってしまいかねない言葉遣いでもあります。 アンケート用紙など、相手に簡潔に伝えなければいけない場合に「いずれも可」と言うように伝えることが多く、敬語表現として相手にそのまま伝えるとなると「いずれも選択可能です」と言うように相手に伝えることになってしまいます。 どちらでも構わない 「どちらでもいい」と「どちらでも構わない」どちらも同じような場面で同じような意味合いとして使う事ができます。 しかし微妙にニュアンスが変わってきます。 例えば2つの服の組み合わせに対して「どちらでもよろしいでしょうか」と敬語で聞くときは「どちらでも似合いますでしょうか」というような敬語表現としても相手に尋ねることができます。 しかし「どちらでも構わないでしょうか」という敬語表現では「どちらを選んでも変ではないでしょうか」と言うように似合う似合わないではなく、「変ではないか、この格好で大丈夫か」を聞くような言葉のニュアンスが強く表れてきます。 失礼にならないように「どちらでもいい」を使うには.

次の

メールでの敬語(「渡す」)はどう表現したらいいのでしょう

どう したら いい です か 敬語

はじめまして。 ご質問: <~などを敬語になおすと、どのような言い方になるのでしょうか。 > 1.「それで良い」: (1)下にいくほど敬意が高くなります。 「それで良い」(常体) 「それで結構です」(丁寧語「です」) 「それでよろしいです」(丁寧語「よろしい」+丁寧語「です」) 「それで結構でございます」(丁寧語「ございます」) 「それでよろしゅうございます」(丁寧語「よろしゅう」+丁寧語「ございます」) (2)「結構」は丁寧語「です」を導くための「良い」の別の言い方で、「結構」自体は丁寧語ではありません。 ただ、丁寧語「です」を導くので丁寧語に分類されます。 (3)「ございます」は「あります」の丁寧語で、「です」よりかしこまった表現になります。 (4)「よろしい」は「良い」の丁寧語です。 (5)「よい」は話し手の判断を表す形容詞です。 そもそも相手の所有物(提案・案など)である「それ」に対してを判断するという行為は敬意を感じさせません。 (6)話し手の主観的な判断に対する敬語表現は、「思う」などの婉曲的な表現を使って、直接的な意見を和らげる、という効果もあります。 例: 「良いと思う」(常体) 「良いと思います」(丁寧語「ます」) 「結構と存じます」(謙譲語「存じ」+丁寧語「ます」) (7)なお、ご質問文の中で、相手の動作にあたる語はありませんが、唯一相手の持ち物にあたる名詞があります。 「それ」=「あなたの提案」「あなたの考え」 などを指していると推測されます。 (8)この場合は、代名詞「それ」をそのまま使うより、具体的な名詞をだして、それに尊敬の接頭語「お」「ご」などをつけて敬意を明示した方がより敬意が高くなります。 例: 「そのご提案でよろしゅうございます」 「貴殿のお考えでよろしいかと存じます」 ここまでくると相手は「お殿様?」と思われるぐらい誇張表現になりますが、、、。 2.「その方法なら良い」: (1)「方法」は相手が提示する方法ですから、相手の所有物になります。 具体的な内容を表す名詞を明示し、尊敬の接頭語などをつけて敬意を表すといいでしょう。 例: 「そのご方針」「そのご提案」「そのご計画」「そのご法案」 (2)「なら」は断定の助動詞「だ」の未然形です。 断定の助動詞「だ」の丁寧語は「です」になります。 (3)「良い」以下は上記と同じです。 (4)以上を踏まえて敬語は、以下の通りです。 下に行くほど敬意が高くなります。 「その方法なら良い」(常体) 「その方法でしたら良いです」 「そのご計画でしたらよろしいです」 「そのご立案でしたらよろしいかと思います」 「そのご案でしたらよろしゅうございます」 などなど、、、。 以上ご参考までに。 A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink. その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。 ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、 もしかしたら出ていないかもしれません・・・。 と思い、教えて欲しいです。 宜しくお願いします。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 A ベストアンサー 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 見積もり依頼書 下記条件で見積もりをお願いします。 ~~の見積もりを取って欲しい。 ~~して欲しい。 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 そう言われると、B社... Q おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。 A ベストアンサー こんにちは、No. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。 A ベストアンサー 昔の学校文法では、「です」は活用のない語に接続し、 形容詞や動詞には付かないとされていました。 (ただし推量の「でしょう」は例外的に許容) しかし現在では、「~い・です」は、平明・簡素な丁寧形 として認められています。 その根拠は、昭和27年4月の 国語審議会建議「これからの敬語」にある下記の一節です。 -------------------------- これ以降、学校文法でも「形容詞+です」を正しい形とし て認めているはずです。 半世紀以上も前のことです。 ただし、過去形についてはどうなのか? という話ですね。 なお、「動詞+です」は、今でも正しくないとされています。 (ただし推量の「でしょう」は例...

次の