しらたき 海外。 しらたき(糸こんにゃく)が海外で定番化!その理由とは・・・(download.pocketinformant.com)

しらたき(糸こんにゃく)が海外で定番化!その理由とは・・・(download.pocketinformant.com)

しらたき 海外

すき焼きなど鍋料理の具材としておなじみの、しらたき。 あのツルツルっとした食感と、淡白な味でいくらでも食べれてしまいそうですよね。 小麦などに含まれている、グルテンアレルギーの方でも食べられるしらたきは、海外でZENPASTA、ミラクルヌードルと呼ばれるほど注目されています。 そんなしらたきは低カロリー・低糖質な上にダイエット効果が豊富に含まれているので、ダイエット向きの食材です。 しかし、そんな万能なしらたきにも太る要素が含まれているので、食べ方次第では太る原因にもなるので注意が必要です。 今回は、しらたきのカロリーや糖質、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。 カルシウムが脂肪の吸収を抑えてくれる しらたきには、「カルシウム」が豊富に含まれています。 カルシウムと言われて真っ先に思いつくのが、歯や骨を強化してくれたり、イライラを解消してくれるという効果だと思いますが、実はカルシウムには高いダイエット効果があったのです。 カルシウムには、摂取された脂肪が体に吸収されるのを抑えてくれる働きがあります。 本来、食べ物によって摂取された脂肪は、体脂肪として蓄積されやすいのですが、カルシウムを摂取することで、体脂肪に変わる前に排出してくれるので、太りにくくなります。 食物繊維が満腹感を与えてくれる しらたきに含まれる「グルコマンナン」という食物繊維には、水分を含むと膨らむ性質があり、お腹の中で水分を吸収して膨張することで、少量のしらたきで満腹感を得ることができ、その結果食事や間食の量も減らせるので、ダイエットに効果的です。 また、食物繊維には便秘を解消してくれる働きもあり、体に蓄えられた老廃物や毒素を排出しやすくなるので、痩せることができます。 それだけではなく食物繊維には、摂取された糖分が体に吸収されるのを抑えてくれる働きもあり、まさにダイエットに万能な成分と言えるでしょう。 鉄分が代謝を高めてくれる しらたきには「鉄分」も豊富に含まれています。 鉄分には、血液中の酸素量を増やしてくれる働きがあります。 鉄分によって血液中の酸素量が増えることで、内臓や細胞に多くの酸素が行き渡り、内臓や細胞の働きが活発になり、その結果体の代謝が良くなり、1日の消費カロリーを増やすことができるのです。 しらたきの注意点・デメリット 食べ過ぎると下痢になる 先ほど、しらたきには「グルコマンナン」という食物繊維が豊富に含まれていると紹介しましたが、グルコマンナンを摂り過ぎると便秘になり、太りやすい体質になってしまうので注意するようにしましょう。 なぜグルコマンナンを摂り過ぎると便秘になるかというと、グルコマンナンはお腹の中で水分を吸収しますが、グルコマンナンの量が多いとお腹の水分の多くが吸収され、便秘になるからです。 適量であれば便秘を解消してくれるグルコマンナンですが、摂り過ぎると反対に便秘になってしまうので、注意するようにしましょう。 しらたきばかり食べていると消化吸収が遅くなる しらたきは、かなり低カロリーな食品です。 低カロリーだからといって、しらたきばかり食べて他の食べ物を食べないと、体に必要なカロリーが不足してしまい、代謝が悪くなり、太りやすい体になってしまうということに繋がります。 しらたきだけではなく、他の食べ物からきちんとカロリーを適度に摂取してあげることが重要です。 味付けに注意 しらたき自体にはあまり味がなく、ついつい味付けを濃くして食べてしまいがちです。 しかし、味付けを濃くすることで、低カロリーなしらたきが高カロリーになってしまうこともあります。 また、味付けを濃くすると、塩分によって食欲が増進され、カロリーオーバーしてしまい太る原因にも。 ダイエット中にしらたきを食べる際は、できるだけ薄味で食べるようにすると良いでしょう。 カロリーも低く、糖質も低い、おまけに食物繊維たっぷりというダイエット中に嬉しいしらたきですが、そのしらたきのダイエット効果をさらに高める方法と工夫をご紹介します。 食前に食べる しらたきは食前に食べるようにすると、ダイエット効果が高まります。 食前に食べると良い理由は、グルコマンナンによって満腹感を得られ、食事の量を減らせるため。 また食事中には、水分もたくさん摂取すると胃腸の中でしらたきが膨張してくれるので、より早くお腹がいっぱいになり、お通じも良くなります。 野菜と一緒に食べる しらたきのダイエット効果を高める食べ方として、できるだけ多くの野菜などの食材と一緒に調理をすることが挙げられます。 この工夫により、ダイエット中に偏りがちな栄養を野菜で補うことができるので、効率よく健康的なダイエット効果が見込めるでしょう。 低カロリー・低糖質なしらたきでも食べ方にご注意を!.

次の

海外でも人気のしらたきダイエット|驚くべきダイエットパワーとは?

しらたき 海外

日本ではしらたきはすき焼きやおでんに入れる人が多いはず。 日本での認識は細くなったこんにゃくという感じかもしれない。 しかし海外ではパスタの代わりにダイエットフードとして使っているという。 どのように使われているか『』(FYTTE編集部・著/学研プラス・刊)で紹介されている各国の使用例をチェックしてみた。 海外のスーパーやレシピサイトにも アメリカではしらたきヌードルといえばダイエットの定番で、いくつものレシピサイトもあり、ウォルマートのアジア食材コーナーにも並んでいる。 日本では鍋の具材のひとつであるしらたきだが、海外ではヌードル(麺)という扱いなのだ。 イギリスでは流行のダイエット法(週に2日プチ断食する方法)の中で、しらたきヌードルを取り入れることが推奨されているという。 しらたきヌードルの使用方法が動画で紹介されているサイトも。 日本人の知らないところでしらたきは世界の人気者となっていたのだ。 ダイエット食品として大人気 オランダでは「Shirataki」という表記ではなく「Miracle Noodle」と言われている。 痩せる魔法の麺、というわけだ。 おでんの定番である結びこんにゃくは形がオシャレ!と話題なのだとか。 確かに改めて見るとリボンみたいで可愛いかもしれない。 フランスはヨーロッパの中でもしらたきの人気が高く、しらたきヌードルのレシピ本が出版されていて、野菜などと組み合わされたおフランスなしらたきレシピが50種類も載っているという。 このほか、オーストラリアではしらたきで痩せた女性が雑誌の表紙に登場したり、スペインでは「Slim Pasta」「Pasta Zero」などと言われ、女性に人気なのだという。 もはやしらたきは私たちの知っているしらたきとは違う、グローバルな存在になりつつあるようだ。 しらたきは麺の代用品 『しらたきヌードルダイエット!』では、パスタ風、フォー風、うどん風、焼きそば風など、しらたきを麺に見立てたレシピが30種類以上も載っている。 確かに冷やし中華など、少し濃いめの味付けにしてしまえば、違和感なく食べられてしまいそうだ。 日本ではダイエット麺というとおから入りこんにゃく麺が人気だ。 しらたきよりもしっとりとして柔らかく、口当たりがいい。 しらたきはこんにゃくそのものなので、噛み応えがややありすぎる感じがあるのでおからを入れて緩和させているのかもしれない。 海外での人気の理由 日本人は月に1回食べる人が27. 麺食の際、うどんやラーメンやソバを選ぶ人も少なくないのだろう。 海外は米食の日本人よりもパスタを食べる機会が多く、イタリア人のパスタ年間消費量は日本人の約14. 2倍ある。 アメリカも日本の約3. 5倍ある(日本パスタ協会調べ)。 それだけに、麺をしらたきに置き換えた時の効果がはっきりと出やすいのだろう。 海外での電子書籍も! 気になったのでAmazonで検索してみると「Shirataki」の英語のレシピ電子書籍を数冊発見できた。 無料の『HCG Shirataki Noodle Recipes for Phase 2』を読んでみると、「冷たいキュウリのスープとロブスターのメダリオン添え」などなど、とてもオシャレな感じのレシピが並んでいた。 何しろほぼノンカロリーで糖質もゼロ、さらに食物繊維が豊富というのは魅力的だ。 未開封のままなら1ヶ月以上は日持ちするので、保存しておき、小腹を満たすために使うのも良さそうだ。 日本でも、もっとしらたきをオシャレに活躍させてあげてもいいのかもしれない。 【著書紹介】 しらたきヌードルダイエット! 著者:フィッテ編集部(編) 出版社:学研プラス 昔からある日本の食材「しらたき」が、今、欧米の女性たちの間で「ダイエットヌードル」として大流行中! 新たな食べ方、ダイエット法として逆輸入し、日本のダイエッターたちに、おいしくて、ヘルシーな「しらたきヌードル」のレシピを提案する。

次の

しらたき(糸こんにゃく)が海外で定番化!その理由とは・・・(download.pocketinformant.com)

しらたき 海外

5月29日は、こん(5)、にゃ(2)、く(9)、こんにゃくの日! 5月に植え付けが行われる種芋からは、さまざまなこんにゃく製品が作られています。 なかでも、近年海外セレブたちのダイエット食品として話題なのが「しらたき」。 パスタ的に扱われ、なんと本場イタリアでも定番化されているそうです。 夏を前に体をスッキリさせたいこの季節、世界で注目されている日本の伝統食品を見直してみませんか。 そのお芋をこのように食べようとは! コンニャクイモからこんにゃくが作られていることはわりと知られていますが、そのお芋自体は食べられないのでしょうか? 見た目はサトイモっぽいし、ちょっとかじってみよう・・・そんな試みは、たいへんキケンです。 コンニャクイモは「あまりのエグさにネズミも寄りつかない」といわれているほど強いエグみをもち、かじれば半日くらい口の中がヒリヒリ痛くなるといいます。 そのままでは茹でてもふかしても食べられません。 じつはコンニャクイモ、育てるのに3年くらいかかります。 しかも寒さに弱く腐りやすいので、わざわざ冬に掘りかえして暖かい場所に保管しておき、春になったらまた植えるのだそうです。 そんなエグくて手のかかる芋を、さらに手間ひまかけてアク抜きするなんて。 それをアルカリ物質でプリプリに固めてみたら、なんと美味しくなってしまったなんて! こんにゃく化を思いついた昔の人は、本当にすごいですよね。 一年中食べられているこんにゃくですが、もともとの旬は秋。 昔は生の芋をすりつぶして作っていたので、芋の収穫できる秋にしか食べられなかったのです。 こんにゃくは、お供え物や貴族たち限定のセレブな食べ物でした。 江戸時代になると、芋を乾燥させて製粉した粉からこんにゃくを作れるようになり、庶民も一年中食べられるようになったのですね。 こんにゃくの原産地はインドシナのあたりといわれていますが、現在なんといってもこんにゃくをいちばん食べているのは、私たち日本人です! 真っ黒なコンニャクイモ。 直径30センチ以上になるものも こんにゃくはミラクルなダイエット食? 中国の明(みん)時代の『本草綱目』には「糖尿病や呼吸器の病気、顔のできものにも効く」とあり、こんにゃくが体に良いということは古くから知られていたようです。 コンニャクイモには、人間のエネルギーのもとになるデンプンがほとんどありません。 そのかわり、「コンニャクマンナン」という食物繊維が含まれています。 人間の消化酵素では消化吸収されない食物繊維なので、お腹いっぱい食べても太りにくいのですね(ただし、こんにゃくは食べすぎると腸に負担がかかるのでご注意を)。 食物繊維には、コレステロールの増加を抑えたり、糖尿病を防ぐ効果があります。 便秘も改善します。 また、ゲル状になったコンニャクマンナンには他の物質を取り込む性質があるので、発ガン物質や有害な食品添加物を包み込んで、体の中に吸収するのを防いでくれます。 こんにゃくのカロリーは、100gあたり7kcalほど。 アメリカでは、しらたきが『ミラクルヌードル』などの名で販売されています。 普通のパスタと比べるまでもなく、超低カロリーなしらたき。 食べても太らないミラクル(驚異的)な「麺」ということでしょうか。 小麦粉も不使用の自然食品。 噛み応えがあって満腹中枢も刺激されるので、ダイエット中のパスタ代用食材として最適なのだそうです。 ところで「しらたき」と「糸こんにゃく」の違いをご存じでしょうか。 シャワーヘッドのような口金からお湯の中に押し出されたこんにゃく粉などの材料が、熱が通ることで細い紐状に固まったもの。 じつは はっきりした区別はなく、その地の習慣で呼び分けられているようです。 関東では、白い糸こんにゃくを「しらたき」、灰色だと「糸こんにゃく」。 関西では、白も灰色も「糸こんにゃく」、またはさらに細いものを「しらたき」と呼んだりしています。 お住まいの地域ではいかがですか。 美味しくするコツは? 買ってきたこんにゃくの袋を開けるたび、なぜか魚みたいな生臭さ・・・この匂いこそが、「こんにゃくって海産物でしょ」という誤解を生み出している気がします。 匂いのもとは、こんにゃく粉に含まれる「トリメチルアミン」。 魚が腐敗したときの臭いの原因の一つで、悪臭防止法の規制対象にもなっている物質だそうです(苦手な人が多いのも納得)。 しかもこんにゃくの袋に詰まっているのは真水ではなく、凝固剤を溶かした上澄み液。 そのアルカリ臭と反応して、さらに刺激を増しているようです。 なま魚好きの日本人すら嫌がるのに、しらたきを食べている外国の人たちは平気なのでしょうか? じつは、生のしらたきは海外では少々高価。 それでも食べたい意識高めのセレブたちにとっては、そもそもこんにゃく臭などあまり気にならないのかもしれません。 そしてアメリカでは、さまざまなソースやガーリックなどの味付き製品が市販されているようです。 イタリアでは、乾燥させたしらたき『Zen Pasta(禅パスタ。 日本の健康食のイメージ?)』が定番です。 パスタとして食べやすいように臭みを減らした製品なのだとか。 クセがないのでいろいろな味で楽しめると、モデルさんたちにもファンが多いそうです。 日本人がパスタをお醤油で和風味にして食べるように、イタリア人はしらたきをトマト味で食べているようですよ。 生しらたきを美味しく食べるために、 臭みを消す簡単な下処理をご紹介しましょう! まず塩でもみ、熱湯でサッと茹でた後、油をひかずに「から煎り」して水分をとばします。 すると、アクや臭みがとれて、ぷるぷるした細めのパスタ状に。 日本でも最近増えている「あくぬき不要」の製品なら、から炒りだけでOK。 ぜひお試しください。 トマト味のこんにゃくパスタ。 簡単に作れて、ソースを変えれば毎日飽きずに食べられるのも嬉しいところ。 たらこソースなど和風味なら、初めてでも抵抗なく挑戦できそうです。 江戸時代の頃から「こんにゃく料理」のレシピを豊富に携えている、私たち日本人。 しらたきは他にも焼きそばの代用にしたり、野菜炒めに加えたり、こまかく刻んでご飯や挽肉料理に混ぜたりと、変幻自在です。 これからの季節は刺身こんにゃくなども美味しい季節。 手頃な値段で豊富に入手できる特権をいかして、ヘルシーなこんにゃくメニューをたくさん楽しみたいですね。 <参考> 『こんにゃくができるまで』宮崎祥子(岩崎書店) 『コンニャクの絵本』内田秀司(農文協) サッパリしたお刺身こんにゃく。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の