パン くず の 道標。 【MTGArena】「”パンくずの道標”猫と釜戸で爆発的なアドバンテージ。アブザンサクリファイス」ハイスピードMTGアリーナSeason2_34【実況】

ミシック1位到達リスト!!

パン くず の 道標

どこかの記事で読んだことがあるのですが、ウェブサイトで言う「パンくずリスト」のパンくずというのは、童話の物語の中で、主人公が道に迷わずに帰ってこれるようにパンをちぎって置いていったのが由来となっているそうです。 ウェブサイトでも同様で、サイトに訪問してきた人が、いろいろなページを観覧しても、いつでも最初のページに戻ってこられる道標のような役割を果たすのが「パンくずリスト」です。 元に戻るだけでなく、今現在、サイト内のどの位置のページを観覧しているのかも一目瞭然なので、読者にとっても、あるいはグーグルの検索エンジンにとっても必要な機能なのです。 最近では、多くのワードプレステンプレートでパンくずリストが実装されるようになってきましたが、パンくずリストが無いテンプレートもあります。 functuon. phpなどを編集してパンくずリストを表示することも出来るようですが、もっと簡単にプラグインでパンくずリストを表示することができます。 最後に 賢威8でBreadcrumb NavXTを有効化すると、header. phpにコードを貼り付けなくとも、ウィジェットからパンくずリストを表示できます。 保存してサイトを確認してみるとこんな感じになります。 記事タイトルとかカテゴリー名が短ければ良いかもしれませんね。 ただウィジェットの場合だと、少しCSSを編集して表示サイズを調整する必要がありますね。 とりあえずパンくずリストを表示するには、これまでの方法で充分だと思います。 Breadcrumb NavXTではパンくずリストの表示方法や表示項目など、細かな設定が出来るようになっていますので、必要に応じて設定してみたら良いと思います。 以上、パンくずリストを表示するプラグイン「Breadcrumb NavXT」の使い方と設定方法の解説でした。

次の

ドブフクロウのMtGブレイキングアカデミー vol.65 ~君のいない夏がやってくる~

パン くず の 道標

パンくずリストとは パンくずリストとは、ユーザーが今WEBサイト内のどの位置にいるのかを視覚的に分かりやすくするため、 上位の階層となるWEBページを階層順にリストアップしてリンクを設置したリストのことを指します。 通常はコンテンツの最上部に記載されます。 例えばのように、規模が大きなサイトの階層が深いページになればなるほど、サイト内のどの位置のページを閲覧していているのかが分かりづらくなることもありますので、パンくずリストがそれをより直観的に伝えるという役割になります。 SEO上の効果 パンくずはユーザーのナビゲーションという意味はもちろん、SEOを考える上でも重要な役割を果たします。 例えば下記のようなサイトをイメージして下さい。 この例では、製品をパソコンとデジカメに分類し、それぞれのカテゴリ内に各商品詳細ページを持っている、一般的な形です。 この形であれば、パソコンの一覧ページに対して「パソコン」をアンカーテキストとした内部リンクが集まり、「デジカメ」の一覧ページに対して「デジカメ」をアンカーテキストとした内部リンクが集まります。 これはもちろんSEOの基本である 「アンカーテキストにターゲットキーワードを含める」が実現できる形ですので、ユーザーにも検索エンジンにもテーマが分かりやすい形と言えます。 逆に、下記のようなサイトも今でも見かけます。 この場合、製品としてはパソコンもデジカメも保有しているにもかかわらず、「パソコン」「デジカメ」という一覧ページを設けていないため、上図のようなパンくずリストになります。 これでは「パソコン」や「デジカメ」などでのキーワードでのSEOが非常にやりにくくなります。 (サイト内にそれを表すページが存在しないためです。 ) パンくずリストというよりもそもそものサイト内の設計の問題になりますが、 ユーザーが検索するであろうキーワードを予め把握し、それに合わせてコンテンツを整理すると、有る程度は自然に1番目の例のように正しい内部リンク構造になります。 逆にパンくずリストでナビゲーションを設置する際に、SEOを意図したアンカーテキストが出現しないような設計をしてしまっていた場合、2番目の例のようにその後のSEOに大きなロスが生じてしまいます。 また、パンくずリストは、サイト全体の情報設計とも密接に関わっててき、サイト規模が大きくなればなるほど修正が困難になるために、サイト制作の設計段階やリニューアル時でSEOを考慮することを欠かさないようにしましょう。 「サイトの立ち上げ時やリニューアル時に、SEO視点で問題がないか確認したい」という方は、弊社のをご利用下さい。 参考 パンくずリストをはじめ、サイトのについて紹介しています。

次の

パンくずの道標|カードギャラリー|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

パン くず の 道標

僕のプレイスタイルとしては「シミックフラッシュ」の方が向いているのですが、最近台頭してきた「赤黒騎士」に弱く、練習時の勝率が良かったため「ジャンドサクリファイス」を使用しました。 最近は《》型が主流ですが、3マナが渋滞しやすいことを嫌って《》型に戻しました。 「ジャンドサクリファイス」をデッキ全体で見ると序盤のカードが不足しており、2ターン目が空白になりやすい。 《》もマナ加速後にアドバンテージを取るので実質4ターン目以降のカードで、上手く使うためにはマナ加速が必要。 ただしミラーマッチでは《》で落とされやすく、《》でマナが減るデメリットもあるので一長一短です。 「ジャンドサクリファイス」は《》《》《》のコンボが揃えばどんな相手にも勝てるデッキです。 しかしドローもサーチも少ないので毎回揃うわけではなく、特に《》《》の片方だけを偏って引いてしまうとマナ効率やカードアドバンテージで損をしやすいです。 そこでコンボが揃わなかった時に生贄シナジーを持つ《》《》をメインに採用。 《》はミラーマッチでの《》《》を破壊して相手のコンボを阻害し、自分の《》を生贄でドローに変換します。 《》は任意で食物を生贄に出来るので、《》だけを引いている状況でもアドバンテージを取りやすい。 ミラーマッチは相変わらず《》を巡るゲームですが、「シミックフラッシュ」の流行により重いカードの価値が下がりました。 アグロや「シミックフラッシュ」にはサイドアウトするカードなので3枚。 2Box獲得。 シミックフラッシュにはこんなサイドボーディングをしています。 シミックフラッシュに負けやすいので、サイドボードの《》を《》の4枚目に変えることを考えています。 その場合は《》を全部サイドアウトします。 そのため白い除去はなるべく減らしたいと考え、全体除去はWillのコストにもなる《》のみに変更。 ただこれだとデルバー系デッキに弱くなりすぎるため、除去でもありドローでもある《》を4枚にしました。 《》が効くのは主に「デルバー」「デス&タックス」「ホガーク」の3つ。 この3つの割合が増えるようならまた《》を戻すと思います。 《》《》は効く相手には100点なので、《》の価値も上がります。 土地単やエルドラージ等の《》系デッキを考えると、特殊地形対策は2枚程度欲しい。 《》はデルバー系には「置いたら勝ち」に近いカードですが、自分も赤マナだけで土地事故のリスクがあり、フェッチランドが使えず《》《》が弱くなるます。 そのため《》の方が《》よりもデッキに合っています。 オムニテルなど、コンボデッキの使用する《》は通したら負ける可能性が高く、こちらの《》を引き出されてお手軽に1:2交換されてしまい負け。 《》が流行している今だからこそ、それを打ち消す《》《》かも知れません。

次の