カワサキ w175。 カワサキ W175 はここが凄い!! ・UnderpPowerMotors

W175SE試乗

カワサキ w175

購入希望の車両の排気量は購入前に必ず販売店にご確認ください。 仕様・オプション・装備• メーカー認定• メーカー保証• 販売店保証• 改公認• ABS• 品質評価書• ワンオーナー• ノーマル車• 逆輸入車• 通信販売可能車• 社外マフラー• 社外メーター• オーディオ• セキュリティ• セル付• フルカスタム.

次の

カワサキ W175 W175 SE 国内未発売モデルの詳細 全店

カワサキ w175

まずはエンジンから。 177㏄の空冷SOHC2バルブ単気筒は最高出力13psを公称し、1㏄あたりのパワーはエストレヤとほぼ同等だ。 注目すべきは、燃料供給にFIではなくキャブレターを採用していること。 始動時にチョークレバーを引き、エンジンが暖まってきたらそれを戻すという手間はあるものの、キャブ全盛時代を知るベテランにとっては、これをむしろ懐かしく感じるだろう。 単気筒で原付二種よりも排気量が大きく、しかもエンジンはリジッドマウント。 それなりの振動を覚悟していたのだが、むしろ驚くほどスムーズで拍子抜けした。 後にパーツリストを取り寄せて確認したら、クランクの前方に1軸バランサーが存在することを発見し、思わず納得した次第。 タコメーターがないので詳しい回転数は不明だが、低回転域からの加速は水冷エンジンの原付二種勢と同等かそれ以上。 しかも、強制開閉キャブによるレスポンスもダルさを感じないレベルで良好だ。 潜在能力は非常に高いと言えるだろう。 ハンドリングもいい。 エストレヤより35kgも軽いので、倒し込みや切り返しは原付二種並みに軽快。 しかも舵角の付き方が自然で、二次旋回中にそのバンク角を軽く保持する安定性もあり、とにかくニュートラルで扱いやすい。 まだ新車だったからか、前後サスの作動性が若干渋かったこと、また軽いがゆえに高速道路で横風に煽られやすいなどの事象を確認しているが、ネガティブというほどではない。 加えて、ブレーキはフロントのディスク、リヤのドラムともこの大きさにして必要十分な制動力を発生。 これも公称126kgという軽い車体がなせる業だろう。

次の

カワサキ W175 |株式会社 ミヤコオート|新車・中古バイクなら【グーバイク】

カワサキ w175

北海道• 青森県• 岩手県• 宮城県• 秋田県• 山形県• 福島県• 甲信越・北陸• 新潟県• 富山県• 石川県• 福井県• 山梨県• 長野県• 東京都• 埼玉県• 神奈川県• 千葉県• 茨城県• 群馬県• 栃木県• 大阪府• 兵庫県• 京都府• 滋賀県• 奈良県• 和歌山県• 愛知県• 岐阜県• 三重県• 静岡県• 鳥取県• 島根県• 岡山県• 広島県• 山口県• 徳島県• 香川県• 愛媛県• 高知県• 福岡県• 佐賀県• 熊本県• 大分県• 長崎県• 宮崎県• 鹿児島県• 沖縄 価格• 10万円以下• 10万円~20万円• 40万円~50万円• 50万円~60万円• 60万円~70万円• 70万円~80万円• 80万円~90万円• 90万円~100万円• 100万円~150万円• 150万円~200万円• 200万円以上 走行距離• 5,000km~10,000km• 10,000km~15,000km• 15,000km~20,000km• 20,000km以上 色• ブルー系• ブラウン系• ワイン系• ピンク系• パープル系• メタリック系• ゴールド・シルバー系• その他 詳細条件• ワンオーナー• 社外マフラー• フルカスタム• ABS• 新着物件.

次の