亜 塩素 酸 ナトリウム。 亜塩素酸ナトリウム

亜塩素酸ナトリウムの安全性評価|人体への影響・論文調査

亜 塩素 酸 ナトリウム

次亜塩素酸ナトリウム(じあえんそさんナトリウム、sodium hypochlorite)はのである。 は NaClO で、次亜塩素酸ソーダとも呼ばれる。 された水溶液はアンチホルミンとも呼ばれる。 水溶液はを示す。 の水溶液にを通じて得られる。 物質は不安定なため、水溶液として貯蔵、使用される。 水溶液は安定で長期保存が可能だが、時間と共に自然しを放って水溶液()に変化していく。 また、も発生する。 高濃度の状態ほど分解しやすく、低濃度になると分解しにくくなる。 高温やで分解が加速するため、常温保存では濃度維持が出来ない。 独特の臭気がある。 この臭気は俗に「プールの臭い」などと表現される。 ただし、プールで利用される次亜塩素酸ナトリウムの濃度はかなり薄く、プールの匂いは実際には次亜塩素酸ナトリウムを構成する塩素と汗や尿の一成分であるが化学反応して生成されたによるものである。 生成方法としては、上記の反応のほかに、をする方法もある。 この方法は主に、海を航行するや臨海にある工場施設において、海水を流す配管に海洋生物が付着するのを防ぐために使われる。 利用 [ ] やプールのに使用されている。 家庭用に販売されている液体の塩素系や、殺菌剤(洗濯用、キッチン用、ほ乳ビンの殺菌用など)などに使用されており、製品によっては少量の(中性の主成分)やアルカリ剤などが加えられている。 また水の殺菌・にも用いられ、業務用が市販されている。 水溶液はアンチホルミンという商品名でとして使われる。 としては、、の消毒にも用いられるが、に対する使用は禁じられている。 これはゴマを漂白し、より高値の白ゴマとして販売されていたのを禁止したものである [ ]。 に使用されることも多い。 適切な濃度で使用すればを含む多くのや、に効果を示すため、医療器具やの消毒に使用されている。 殺菌効果は次亜塩素酸と次亜塩素酸イオンの酸化力に依存している。 これらが有機物に触れると相手を酸化すると同時に自身も分解して殺菌効果が急速に減少してゆく。 水溶液はアルカリ性であるが強い酸化力を持つため、金属に使用すると錆が発生しやすい。 消毒対象によって異なるが、「次亜塩素酸」は次亜塩素酸イオンに比べて殺菌力が数倍~数十倍と高い傾向にある。 水溶液のpHによって二者の存在比が変化し、それに伴って消毒効果も変化する。 次亜塩素酸ナトリウムに希塩酸を加えてpH6程度に調整し、殺菌力を増した製品が市販されている。 これはに近い殺菌力を持つ。 後述の通り、強い酸性に傾けるほど塩素ガスが発生して危険であり、保存性も下がる。 製紙分野で漂白剤 通称「」 として用いられることがある。 上述のように、水道水には次亜塩素酸ナトリウムが添加されているため、魚などの飼育にそのまま用いることはできない。 しかし、水道水を数時間日光にさらすことで次亜塩素酸ナトリウムを分解することができる。 危険性 [ ] 酸との反応 [ ] 家庭用製品に『 混ぜるな危険』の注意書きにもあるように、やといった次亜塩素酸ナトリウム水溶液を、などの強酸性物質(トイレ用洗剤など)と混合すると、黄緑色の有毒なガスが発生する。 浴室で洗剤をまぜたことによる死亡事故も起きているので、取り扱いには注意が必要である。 また、塩酸ほどではないものの、や、を多く含む物質をかける事も危険である。 いずれにせよを良くし、使用量を最小限に留める事が肝要である。 また、を原料とした空間除菌剤も販売されており、前述の次亜塩素酸を原料とした空間除菌剤と混同する向きも見られた。 消費者庁においてメーカー別の空間除菌剤の安全性を比較した情報提供が行われている。 当該製品のような、 次亜塩素酸ナトリウムのを利用した消毒薬の効果は不明である。 水溶液の噴霧による除菌 [ ] は、次亜塩素酸ナトリウム水を空間に噴霧した際に殺菌効果は得られず、肉体的、精神的に有害で有り推奨されないと報告している。 また、殺菌・除菌の有効性は未確認である。 更に塩素により電子機器が故障したとの報告がある。 医学的には呼吸器への刺激が生じ、反復曝露は全身害毒と障害のおそれがある。 次亜塩素酸ナトリウムとを混合した溶液を噴霧した空間で生活した人に喉頭肉芽腫を生じたとする報告がある。 有機塩素化合物 [ ] 次亜塩素酸ナトリウムによる漂白は、による塩素化反応なので、を始めとする多種多様なを生成する。 塩素化合物は一般的な発がん性物質と同じく、高濃度で吸入、経口摂取しなければ問題はないため、換気を良くすれば洗濯やまな板除菌の程度で恐れる必要はない。 ただし、前述のように酸性系統の薬剤(市販品含む)と反応して塩素ガスを生成したり、エタノール(消毒用を含む)と反応して有害なクロロホルムを生成する事がある。 誤りによる混合のほか、バケツなど容器に残留したものと反応する事があり事前、事後に十分な洗浄が必要である。 食品への使用 [ ] を次亜塩素酸ナトリウムで処理した場合のクロロホルムの生成量はよりも多く 、0. 07ppmであったとされる が、これはアメリカのスーパーマーケットにおける調査での食品中に含まれていたクロロホルムの平均濃度である0. 071ppm と同程度である。 脚注 [ ]• 厚生労働省法令等データベースサービス. 2020年1月1日閲覧。 厚生労働省法令等データベースサービス. 103. 2020年1月1日閲覧。 経済産業省. 化学物質排出量等管理マニュアル検討委員会. 2019年10月31日閲覧。 消費者庁 平成25年3月29日• エコーテック株式会社• 経済産業省• GSE南薩観光• 職場のあんぜんサイト 厚生労働省• 川井田政弘, 福田宏之, 加納滋 ほか, 「」『日本気管食道科学会会報』 38巻 3号 1987年 p. 日高利夫、桐ヶ谷忠司、上條昌彌 ほか、「」『食品衛生学雑誌』 33巻 3号 1992年 p. 8 厚生労働省• 42 環境省 関連文献 [ ]• 小方芳郎、木村眞「次亜ハロゲン酸塩による酸化 : 廃水浄化に関連して」『有機合成化学協会誌』第37巻第7号、有機合成化学協会、1979年、 581-594頁、 :。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 山形大学理学部物質生命化学科 天羽研究室.

次の

次亜塩素酸ナトリウムの人体やペットの影響は?安全策も含めて解説!|ペットライフを充実するメディア

亜 塩素 酸 ナトリウム

合成 [ ] にととを反応させると、亜塩素酸ナトリウムが得られる(式)。 特異な刺激臭があり、水溶液に(式)、あるいはを作用させたり、を行うと、二酸化塩素が発生する。 用途 [ ] 亜塩素酸ナトリウムは、として用いられる。 では、をへ変換する酸化剤として用いられる(式)。 この反応の活性種は亜塩素酸 HClO 2 である。 さらに、系中で発生する HOCl など、副反応を誘発する塩素化合物を捕捉するために、2-メチル-2-ブテンなどの捕捉剤(スカベンジャー)が添加される。 この反応は、収率や化学選択性が高く、後処理が簡便であるため、カルボン酸の合成法として非常に重要である。 1級をカルボン酸に変換する場合でも、強い酸化剤を用いてアルコールを1段階で直接カルボン酸に変えようとするよりも、や酸化によりアルコールをいったんアルデヒドに変え、それから上式の手法でカルボン酸とするほうが、収率や選択性が上回る場合が多い。 などで多用される手法である。 脚注 [ ].

次の

三慶グループの開発した亜塩素酸水がわかる3つのポイント

亜 塩素 酸 ナトリウム

亜塩素酸ナトリウム:化学式NaClO2 次亜塩素酸ナトリウム:化学式NaClO 亜塩素酸ナトリウムの方が殺菌力があるようです。 それを毒性が強いとみるかどうかかと。 次亜塩素酸ナトリウムは、比較的安全で安価なので食品衛生に多く用いられているようです。 いっぽう、市販の「ウイルス・細菌を除去・除菌する」製品(スプレー)などは、メインの成分となる安定化二酸化塩素を亜塩素酸ナトリウムから生成しているようです。 (主成分表示による) 使い方には気を付けた方がいいかもしれません。 似たような名前が多く、ややこしいですねよね。 基本はいずれも毒物(殺菌力があるもの)なので、配合や使い方で様々な検証が重ねられているようです。 安定化二酸化塩素という言葉も出てきましたが、これは「二酸化塩素」を発生する薬品の総称で、話題のクレベリン 大幸薬品 などが該当すると思います。 大幸薬品では安定化二酸化塩素の安全性と効果を色々と研究していて、クレベリンは、もともとインフルエンザ対策で注目を受けていたようです。 私も化学工場で、色々な化学製品の製造や販売してますので、質問に回答しますが、用途についてコメントの返信をお願いします。 使い道を間違えたら、毒ガスが出る、 事案が出てきたのでね。 私が書いた説明で、間違いが有れば訂正します。 化学式も入れます。 亜塩素酸と次亜塩素酸は、別物ですからね。 コメントが不明カ所有れば、補足します。 理解出来ない内容にになりましたら、 お許し願います。 次亜塩素酸ナトリウムは、液体で販売され、衣料品や台所での漂白剤や殺菌に使われてます。 亜塩素酸ナトリウムは、固体か粉体で 販売されて漂白や殺菌に使われます。 今回の質問の背景には、亜塩素酸ナトリウムが含まれたタブレットを、水に溶かして、次亜塩素酸水を作る事にありますね。 しかしながら、適正な濃度の次亜塩素酸水が出来るかは判りません。 ご注意下さいね。 タブレットを水で溶かす時に、違う材料を添加しないで下さいね。 異なる反応が起きて、ガス中毒を起こした事例が出てきたからね。 一例では、他の回答者の中に有る、 二酸化塩素のガスは、腐食性が高い為 ガラス以外の金属や樹脂までも、ボロボロに腐食させます。 水に溶かし混んで希釈して担体に染みこせて、ガスを通さない包装材料に密封して、 週末の間放置したら、何重にも包んだ、ビニール袋が全て劣化破損しました。 人が居ない屋外で自然分解させようと思いましたが、草や樹木、土まて 死滅しました。 濃度は不明ですけど、 臭気がないほど薄めたのに、二酸化塩素が分解しながら、草原を破壊しました。 Wikipediaにも、記載してありますよ。 クレベリンのこともそこに記載しましたが、空中除菌できない商品ですのでね。 細かい部分は、割愛しました。 とりあえず、終わります。 またね。 ! 安全性 次亜塩素酸ナトリウムや二酸化塩素の中に含まれている「塩素」は、強力な酸化力を持つ化学物質です。 その強い酸化力があるからこそ消毒剤としての効果を発揮することができるのですが、人体にも毒性や刺激性があり、塩素ガスを吸ったり、高濃度の塩素系薬品を飲んだりすると健康被害を起こします。 次亜塩素酸ナトリウムは塩素に近い化学特性を持っているため、消毒や漂白の効果は高いものの、人体や金属に対する影響力が強く、蒸気を吸うことで頭痛や吐き気を感じることがあります。 一方、二酸化塩素は体内にも存在する成分なので安全性が高く、人体や金属へもほとんど影響しないといわれています。 二酸化塩素は「有害な副産物」ができない 次亜塩素酸ナトリウムを消毒剤として使用すると、薬品のなかのナトリウムが有機物と反応し、フルオロホルム、クロロジフルオロメタン、クロロホルムなど、「トリハロメタン」と呼ばれる有害な化合物を作ることがあります。 なかでもクロロホルムは発ガン性や催奇性、肝障害や腎障害を引き起こすリスクが高い「有害な副産物」です。 一方、二酸化塩素はナトリウムを含んでいないため、有機物と反応してトリハロメタンを生成することがありません。 薬品自体の安全性が高いだけではなく、有害な副産物ができないという点からも、次亜塩素酸ナトリウムよりも安全といえます。 二酸化塩素と安定化二酸化塩素は別物 安定化二酸化塩素は二酸化塩素ではない 次亜塩素酸ナトリウムよりも安全性が高く、消毒剤としても優れた二酸化塩素ですが、二酸化塩素は多少の熱や光で分解されてしまう不安定なガスであるため、そのままの状態で保存することが難しいという問題があります。 そのため、一般的には水に溶け込ませた「二酸化塩素水溶液」として運搬・保存するのですが、二酸化塩素水溶液は少しの衝撃や紫外線に敏感に反応してガスを放出・分解するため、二酸化塩素の濃度を維持することができません。 一方、安定化二酸化塩素は、保存性が悪いという二酸化塩素の欠点を補うために、物性的に安定な状態を保ちつつ、徐々に二酸化塩素を放出するように安定化した薬剤のことです。 例えば、亜塩素酸塩という薬品に酸を加えて反応させる二酸化塩素を発生させることができます。 「安定化二酸化塩素」は、この反応がゆっくりと起こるように調節された混合物であり、二酸化塩素そのものではありません。 二酸化塩素製品を購入するときは注意が必要 空間除菌などの消毒を目的として販売されている二酸化塩素製品には、二酸化塩素水溶液に加工を行い、二酸化塩素ガスの放出と分解を抑制した製品と、安定化二酸化塩素を使った製品の2通りがあります。 二酸化塩素を保存・発生させる仕組みは製品によって異なりますが、安定化二酸化塩素製品のなかには「二酸化塩素が発生するのは最初だけ」という商品も存在します。 二酸化塩素製品、とくに安定化二酸化塩素を使った製品を購入するときは、効果の持続性などに注意して製品を選ぶ必要があります。 まとめ 二酸化塩素は、アメリカ環境保護庁、アメリカ食品薬品局、世界保健機構(WHO)において安全性、殺菌消毒性能、脱臭性能、防腐等の効果が認められている、安心・安全な消毒剤です。 しかし、二酸化塩素製品は品質や効果にばらつきがあるため、利用する時は「どの製品を選ぶか」がより重要となります。 空間除菌を目的に、二酸化塩素製品をオフィスなどに置くときは、成分や効果をしっかり確認し、使用法を守って使いましょう。

次の