五所川原 観光。 泊まる・温泉|五所川原観光情報局

楽天トラベル:津軽半島・五所川原の観光スポット(たびノート)

五所川原 観光

太宰治記念館「斜陽館」 太宰治は、当時の金木村、現在の五所川原で生まれました。 こちらの「斜陽館」は明治40年6月に資産家の父が建てた太宰治の生家で、青森特産のヒバ材が多用される大変豪華な屋敷です。 太宰ファンにとっては外せない観光スポットですね。 現在は五所川原市立の記念館となり、内部は和洋折衷で、当時の趣が残る部屋をそのまま見ることができます。 初期の原稿や写真、太宰が愛用した品なども展示されています。 63畳の大広間や、身分によって分けられた格差のある部屋などを見学しながら、幼少期の太宰に思いを馳せましょう。 斜陽館へいく道中にある「太宰思い出広場」もファン必見の観光ポイント。 休憩スペースになっており、太宰の作品名が書かれた板が壁に埋め込まれています。 この辺りは、太宰も利用していた通学路。 自分の好きな作品と並んで写真を撮るもよし、ちょっとした休息所としてもよしの観光場所です。 html 2. 芦野公園 2000本ものサクラが咲き誇る青森屈指のサクラ名所「芦野公園」は、太宰治が子供の頃によく遊んでいた場所。 公園内には津軽鉄道「芦野公園駅」があり、「走れメロス号」が走っています。 春にはサクラのトンネルの下を「走れメロス号」で通過できて、とてもロマンチック!芦野公園は五所川原の方に愛される行楽地であり、五所川原の観光名所でもあります。 園内には太宰治の文学碑があり、毎年、太宰の誕生日である6月19日には碑の前で「生誕祭(旧桜桃忌)」が行われます。 また「津軽三味線発祥の碑」も建てられており、五所川原の深い伝統を物語っています。 芦野公園は散策にピッタリな公園で、児童動物園やオートキャンプ場などもあります。 人気の高い公園なので、五所川原を観光するなら一度は訪れてみてください。 十三湖 青森県で3番目に大きな湖、「十三湖(じゅうさんこ)」。 青森にある十三の河が流れ込むことから「十三湖」と呼ばれています。 ここでは五所川原市の特産である「ヤマトシジミ」が採れるほか、幻の鳥・オオセッカなどの珍しい鳥が多いバードウォッチングにも最適な観光スポット。 十三湖に浮かぶ島が「中の島ブリッジパーク」で、約250mの橋でつながっています。 キャンプ場やプラネタリウム、アスレチックなどがあり、シジミ採りの体験もできますよ。 十三湖の西側にあるのは「十三湊遺跡(とさみなといせき)」。 昔は十三湖の付近で貿易が盛んに行われていて、その繁栄ぶりは博多や堺と並ぶほどだったとか。 遠い国との交流があった湊町にロマンを感じますね。 十三湊遺跡について興味がある方は、五所川原市の「市浦歴史民俗資料館」で詳しく学べます。 十三湖を一望できる高台にある道の駅「十三湖高原トーサムグリーンパーク」には、約50畳の和室休憩所や物産販売コーナーがあります。 レイクデューテラスから望む十三湖は、風が心地よくランチにぴったり。 林間遊歩道やモウ林公園を歩くと気持ちいいですよ。 観光や散策に疲れた時におすすめなのが、レストラン「わらび」でいただける「しじみラーメン」。 十三湖特産のシジミを使った味覚をぜひ味わってみてくださいね。

次の

五所川原市(青森県)のおでかけ情報・イベント・駅

五所川原 観光

津軽半島・五所川原の 「歴史」観光スポット(全6件)• 龍飛崎まで逃げてきた源義経が荒れ狂う海を前に観音像に祈ると、3頭の龍馬が現れ海峡を渡ることができたという伝説が残る寺。 義経が祈りを捧げたとされる観音像が安置されている。 奥津軽随一の規模を誇る寺。 太宰治の作品『思い出』の中で太宰が子守であったタケに連れられて足を運び、寺宝である十王曼陀羅(地獄絵)に恐れおののいた。 十三湖から引き上げられた雄鐘を鳴らすと湖底に沈む雌鐘と呼応して「十三恋し」「長円寺恋し」と鳴くという雄鐘と雌鐘の伝説で知られる。 県文化財の梵鐘も見もの。 幸福(しあわせ)観音も人気。 見晴らしの良い高台にある史跡公園。 縄文時代から室町時代にかけての遺物が発見されており、壕と柵で守られた平安時代の防御性集落の様子が復元整備されている。 津軽半島・五所川原の 「自然」観光スポット(全10件)• 龍飛崎へと向かう細い道の階段。 青地に白い数字の国道マークがあり、ここは村道が県道になり、さらに国道に格上げされたという総延長388mの歩行者専用国道になっている。 日本海に接しており、優れた自然環境や歴史的景観に恵まれている。 特にしじみは全国でも有数の産地で、様々なしずみ料理があり。 しじみ狩りも体験できる。 人里離れた山間の森の中に、ひっそりとたたずむ神秘的な沼。 沼周辺の樹上で産卵をするモリアオガエルやハコネサンショウウオなどが確認されている自然豊かな場所だ。 三厩駅から竜泊ライン入口までの約15kmは、7〜9月の間、紫や白のアジサイが咲き誇り、道行く人の目を楽しませる。 途中には義経寺や厩石などの観光スポットもある。 津軽半島・五所川原の 「買う」観光スポット(全13件)• 青森ねぶたや弘前ねぷたと並んで、五所川原の夏の風物詩として全国的に有名になった立佞武多を常設展示している。 映像、音響で祭りの雰囲気を体感できる施設。 津軽三味線の歴史や郷土芸能を紹介する施設。 世界の弦楽器が展示されていて、音色を聴くことができる。 パネルやビデオの解説で、津軽三味線の魅力に迫ってみよう。 地元金山地区の良質な粘土で作る陶器で、釉薬を使用しない素朴な風合いが特徴。 大小登り窯などが見学できるほか、陶芸体験もできる。 明治の大地主であった太宰治の父・津島源右衛門が建てた入母屋造りの豪邸。 青森ヒバやケヤキを使った贅を凝らした造りで、蔵を利用した展示室には太宰の遺品や初版本を展示している。

次の

フラワー観光 国内旅行・海外旅行・弘前・五所川原・青森

五所川原 観光

津軽半島・五所川原の 「歴史」観光スポット(全6件)• 龍飛崎まで逃げてきた源義経が荒れ狂う海を前に観音像に祈ると、3頭の龍馬が現れ海峡を渡ることができたという伝説が残る寺。 義経が祈りを捧げたとされる観音像が安置されている。 奥津軽随一の規模を誇る寺。 太宰治の作品『思い出』の中で太宰が子守であったタケに連れられて足を運び、寺宝である十王曼陀羅(地獄絵)に恐れおののいた。 十三湖から引き上げられた雄鐘を鳴らすと湖底に沈む雌鐘と呼応して「十三恋し」「長円寺恋し」と鳴くという雄鐘と雌鐘の伝説で知られる。 県文化財の梵鐘も見もの。 幸福(しあわせ)観音も人気。 見晴らしの良い高台にある史跡公園。 縄文時代から室町時代にかけての遺物が発見されており、壕と柵で守られた平安時代の防御性集落の様子が復元整備されている。 津軽半島・五所川原の 「自然」観光スポット(全10件)• 龍飛崎へと向かう細い道の階段。 青地に白い数字の国道マークがあり、ここは村道が県道になり、さらに国道に格上げされたという総延長388mの歩行者専用国道になっている。 日本海に接しており、優れた自然環境や歴史的景観に恵まれている。 特にしじみは全国でも有数の産地で、様々なしずみ料理があり。 しじみ狩りも体験できる。 人里離れた山間の森の中に、ひっそりとたたずむ神秘的な沼。 沼周辺の樹上で産卵をするモリアオガエルやハコネサンショウウオなどが確認されている自然豊かな場所だ。 三厩駅から竜泊ライン入口までの約15kmは、7〜9月の間、紫や白のアジサイが咲き誇り、道行く人の目を楽しませる。 途中には義経寺や厩石などの観光スポットもある。 津軽半島・五所川原の 「買う」観光スポット(全13件)• 青森ねぶたや弘前ねぷたと並んで、五所川原の夏の風物詩として全国的に有名になった立佞武多を常設展示している。 映像、音響で祭りの雰囲気を体感できる施設。 津軽三味線の歴史や郷土芸能を紹介する施設。 世界の弦楽器が展示されていて、音色を聴くことができる。 パネルやビデオの解説で、津軽三味線の魅力に迫ってみよう。 地元金山地区の良質な粘土で作る陶器で、釉薬を使用しない素朴な風合いが特徴。 大小登り窯などが見学できるほか、陶芸体験もできる。 明治の大地主であった太宰治の父・津島源右衛門が建てた入母屋造りの豪邸。 青森ヒバやケヤキを使った贅を凝らした造りで、蔵を利用した展示室には太宰の遺品や初版本を展示している。

次の